Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    To upgrade the Enterprise Console, you run the installer for the version of the application to which you want to upgrade on the Enterprise Console machine. The installer detects the Enterprise Console installation and upgrades that instance.

    About the Upgrade

    • You can upgrade across multiple versions at a time; that is, you do not need to run the installer individually for each intermediate version.
    • If you upgrade the Enterprise Console to 4.5.x version, it will copy the Controller and Events Service artifacts into the platform-admin/archives/<service>/<version> folder. When you upgrade to the next version of the Enterprise Console, the same will be repeated for newer binary versions, e.g. 4.5.1, 4.5.2, 4.6. Note that it is not possible to downgrade the Enterprise Console to any intermediate version.

      Note
      If you are upgrading from Platform Admin 4.3.x to the Enterprise Console, make sure you specify a different installation path from the Platform Admin 4.3.x. This is will ensure that any existing Events Service managed by the Platform Admin 4.3.x can be discovered and upgraded using the Enterprise Console.
    • You can enable HTTPS for the Enterprise Console during upgrades. See HTTPS Support for the Enterprise Console for more information.

    Before Upgrading

    • Before you start upgrading the Enterprise Console and your platform, make sure that you are using the correct upgrade order.
    • Make sure your Enterprise Console is running before you run the upgrade. This is to validate the Database Root User Password and Platform Admin Database Password. You will need to input the passwords when upgrading through the GUI.
    • For first-time upgrades, you need to use the same response file you used for your silent install. See Silent Installation.
    • Irrespective of first time or subsequent upgrades, you need to provide the relevant passwords in the response file.

    Upgrade the Enterprise Console

    The following steps describe how to upgrade the Enterprise Console on Linux and Windows. You use the Enterprise Console installer in GUI mode, console mode, or silent mode to perform the upgrade.

    GUI Installation

    If there is a newer version of Enterprise Console available, you can begin the upgrade process by downloading and installing the latest version from the AppDynamics download site on top of the existing application.

    Before starting, get the Enterprise Console installer version appropriate for your target system. You can get the installer from the AppDynamics download site. When ready, follow these steps to install the Enterprise Console: 

    1. Navigate to the directory where you downloaded the install file.
    2. Run the following commands:

      Linux

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh
      Info
      You can run the installer as non-root or root. 

      Windows

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe
      Tip

      It is recommended that you right-click the exe and select Run as Administrator.

    3. After the GUI launches, use it to complete the installation. In Linux, you may also follow the steps in the installation wizard to complete the console installation.

      Info
      If you install the Enterprise Console on AWS, use the public DNS for the Enterprise Console host name when prompted.

    Silent Installation

    To use silent mode, pass the response file that the installer generated at first installation to the installer. This response file is at the following location

    •  <Enterprise_Console_home_directory>/.install4j/response.varfile

    If you have made any changes to the settings as originally configured by the installer—such as to the connection port numbers, tenancy mode, or data directory—make the same change in the response file before starting the upgrade. 

    You must also add the existing passwords to the file:

    No Format
    platformAdmin.databasePassword= ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.databaseRootPassword= ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.adminPassword= ENTER_PASSWORD

    If you do not, the installer prompts you to add the password.  

    After Upgrading

    If you are upgrading the Enterprise Console from a version earlier than 4.5.9, you must clear your browser cache after the upgrade process completes.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    Enterprise Consoleをアップグレードするには、Enterprise Consoleマシンでアップグレード先のアプリケーションのバージョンに対するインストーラを実行します。インストーラでEnterprise Consoleのインストールが検出され、そのインスタンスがアップグレードされます。

    アップグレードについて

    • 一度に複数のバージョンをアップグレードできます。そのため、各中間バージョンに対して個別にインストーラを実行する必要はありません。
    • Enterprise Console を 4.5.x バージョンにアップグレードすると、コントローラおよびイベント サービス アーティファクトが platform-admin/archives/<service>/<version> フォルダにコピーされます。次のバージョンの Enterprise Console にアップグレードすると、同じ処理がより新しいバイナリバージョン(4.5.1、4.5.2、4.6 など)に対して繰り返されます。Enterprise Console は、中間バージョンにダウングレードできないことに注意してください。

      Note
      Platform Admin 4.3.xからEnterprise Consoleにアップグレードする場合は、Platform Admin 4.3.xとは別のインストールパスを必ず指定してください。そうすることで、Platform Admin 4.3.xによって管理される既存のイベントサービス を、Enterprise Consoleを使用して確実に発見してアップグレードできます。
    • アップグレード時に、Enterprise Consoleに対してHTTPSを有効化できます。詳細については、「HTTPS Support for the Enterprise Console」を参照してください。

    アップグレードの前に

    • Enterprise Console とプラットフォームのアップグレードを開始する前に、アップグレードの順序が正しいことを確認してください。
    • アップグレードを実行する前に、Enterprise Consoleが実行中であることを確認してください。これにより、データベースルートユーザーパスワードとプラットフォーム管理データベースパスワードを検証します。GUIからのアップグレード時には、パスワードを入力する必要があります。
    • 初回アップグレードの場合、サイレントインストールで使用した同じ応答ファイルを使用する必要があります。「サイレントインストール」を参照してください。
    • 初回のアップグレードか、2回目以降のアップグレードかに関係なく、応答ファイルで関連パスワードを提供する必要があります。

    Enterprise Consoleのアップグレード

    下記の手順は、LinuxおよびWindowsにおけるEnterprise Consoleのアップグレード方法を説明するものです。Enterprise ConsoleインストーラをGUIモード、コンソールモード、またはサイレントモードで使用し、アップグレードを実行します。

    GUIインストール

    より新しいバージョンの Enterprise Console を利用できる場合、AppDynamics ダウンロードサイトから既存アプリケーションに代わる最新バージョンをダウンロードおよびインストールし、アップグレードプロセスを開始できます。

    開始する前に、対象システムに適したEnterprise Consoleインストーラバージョンを取得します。インストーラは、AppDynamics ダウンロードサイトから取得できます。準備ができたら、次の手順に従ってEnterprise Consoleをインストールします。

    1. インストールファイルをダウンロードしたディレクトリに移動します。
    2. 次のコマンドを実行します。

      Linux

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh
      Info
      インストーラは、非ルートとルートのいずれかとして実行できます。 

      Windows

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe
      Tip

      exe を右クリックし、[Run as Administrator] を選択することが推奨されます。

    3. GUIが起動した後、GUIを使用してインストールを完了します。Linuxでは、インストールウィザードの手順に従ってコンソールのインストールを完了することもできます。

      Info
      AWSにEnterprise Consoleをインストールする場合、プロンプトが表示されたら、Enterprise Consoleホスト名の公開DNSを使用します。

    サイレントインストール

    サイレントモードを使用するには、初回インストール時にインストーラで生成された応答ファイルをインストーラに渡します。この応答ファイルは、次の場所にあります。

    •  <Enterprise_Console_home_directory>/.install4j/response.varfile

    インストーラで最初に構成されている設定(接続ポート番号、テナンシーモード、データディレクトリなど)を変更した場合、アップグレードを開始する前に、応答ファイルでも同じ変更を行います。 

    また、ファイルに既存のパスワードを追加する必要もあります。

    No Format
    platformAdmin.databasePassword= ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.databaseRootPassword= ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.adminPassword= ENTER_PASSWORD

    この処理を実行しないと、インストーラでパスワードを追加するよう指示されます。  

    アップグレード後

    Enterprise Console を 4.5.9 よりも前のバージョンからアップグレードする場合は、アップグレードプロセスの完了後にブラウザのキャッシュをクリアする必要があります。