Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    Sv translation
    languageen

    You can use the GUI or command line to perform the following platform administration tasks with the Enterprise Console:

    • Create new platforms
    • Remove existing platforms
    • Manage credentials
    • Manage hosts
    Info
    Some tasks may not be available through both the GUI and command line. Most of the commands described here are based on the Linux command line and cover common tasks for managing the platform. You can run similar commands with the Windows command prompt by replacing the platform-admin.sh script with platform-admin.exe cli.

    Run the commands from the <Enterprise Console installation directory>/platform-admin directory. This page contains the minimum options and parameters required to run a command. 

    Some commands may have more options and parameters. To see these additional options, run the command with -h specified. For example, run the following command to see all the options and parameters for the create a platform command:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh create-platform -h
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli create-platform -h

    Start or Stop the Enterprise Console

    The Enterprise Console must be running before you can perform other tasks or use the GUI.

    Info

    The same user who installed the Enterprise Console should be the same user who starts or stops the Enterprise Console.

    Use the following commands to start or stop the Enterprise Console

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh start-platform-admin
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli start-platform-admin

    To stop the Enterprise Console, replace start with stop.

    Manage Platforms

    The platform is the collection of AppDynamics components and their hosts. The Enterprise Console supports up to 20 platforms at a time by default.

    Anchor
    create-platform
    create-platform
    Create a Platform

    To use the Enterprise Console for end-to-end installation and management, you must first create a platform. The Enterprise Console creates the platform when you complete the Express or Custom installations or discover existing components in the GUI. 

    To use the command line to create a platform, run the following command:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform name> --installation-dir <platform installation directory>
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli create-platform --name <platform name> --installation-dir <platform installation directory>


    The platform installation directory is the absolute directory where the Enterprise Console installs all AppDynamics components on all of its hosts. Once you add a host to the platform, you can no longer change the directory. Additionally, the directory cannot contain a space.  

    Delete a Platform

    You can use the Enterprise Console to delete a platform that is no longer in use. You may also want to consider editing the Platform's configuration instead. You can perform either action on the Platform view page of the GUI.

    To use the command line to delete a platform, run the following command:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh delete-platform --name <platform name>
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli delete-platform --name <platform name>
    Note
    If you just deleted your current platform, you must clear the value of the APPD_CURRENT_PLATFORM variable to prevent unexpected errors when running future commands.

    Anchor
    manage-credentials
    manage-credentials
    Manage Credentials

    Manage the credentials that the Enterprise Console uses to access and perform tasks on hosts, such as adding a node to an Events Service. You can use the Credentials page in the GUI or the command line to manage credentials. You should add credentials to the platform before you add hosts.

    Generate an RSA Key Pair

    An RSA private key file is required to add credentials to a platform. The following steps will generate an RSA key pair that consists of the public key file ~/.ssh/id_rsa.pub and the private key file ~/.ssh/id_rsa.

    1. Log in to the Enterprise Console host machine via SSH.
    2. Switch to the user that is the owner of the Enterprise Console:

      Code Block
      languagebash
      sudo -i -u <user-owner of the EC>
    3. Create the RSA key pair:

      Code Block
      languagebash
      ssh-keygen -t rsa -b 2048 -N '' -m pem
    4. Accept the default location for the key pair at ~/.ssh.

    5. Confirm that the RSA public and private key files have been created:

      Code Block
      languagebash
      ls ~/.ssh/
      id_rsa
      id_rsa.pub

    Add Credential

    When you add a credential, you need the following information:

    • Credential name
    • Username
    • Private key file

    The credential name is the unique identifier for a credential and is used to specify the credential when you perform tasks such as adding a host. AppDynamics recommends that you follow the naming convention for all of your credential names. The id_rsa, RSA private key, should be created using the OpenSSL PEM encoding format over the Open SSH standard encoding.

    Info
    The Unix system user specified in the username field must have writeable access to the platform directory.

    You can add a credential in the GUI by clicking Add.

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type <ssh> --user-name <username> --ssh-key-file <file path to the key file>

    Where <file path to the key file> is the private key for the Enterprise Console machine. The installation process deploys the keys to the hosts.  

    Remove Credential

    Remove a credential that is no longer used. You cannot remove a credential that is still used by a host. You can remove a credential in the GUI by selecting the credential and clicking Delete.

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-credential --credential-name <name>

    List Current Credentials

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh list-credentials

    Anchor
    manage-hosts
    manage-hosts
    Manage Hosts

    The hosts are the machines used to run AppDynamics components such as the Controller and Events Service. For example, the Events Service can run on the same host as the Controller, a single host, or a cluster of three or more hosts.

    You must properly configure the credential you use to add a new host on a remote host. This means that for a private key that you have specified, you must add the corresponding public key to the remote host ~/.ssh/authorized_hosts file.

    The Controller and Events Service must reside on the same local network and communicate by internal network. Do not deploy the cluster to nodes on different networks, whether relative to each other or to the Controller where the Enterprise Console runs. When identifying cluster hosts in the configuration, you will need to use the internal DNS name or IP address of the host, not the externally routable DNS name.

    For example, in terms of an AWS deployment, use the private IP address such as 172.31.2.19 rather than public DNS hostname such as ec2-34-201-129-89.us-west-2.compute.amazonaws.com. You must then go to the Appserver Configurations under Controller Settings in the Enterprise Console GUI, and edit the external URL so you can access the page.

    The host that runs the Enterprise Console is automatically created and added to the platform as the hostname of the Enterprise Console machine if you use the GUI to install or discover components. If you do not use the GUI, you must manually add this host.

    Hosts can be managed through the Enterprise Console GUI on the Hosts page or the command line.

    Note
    The id_rsa, RSA private key, should be created using the OpenSSL PEM encoding format over the Open SSH standard encoding.

    Set Up Remote Hosts

    To set up seamless Enterprise Console communications with remote hosts, perform the following steps:

    From the command line:

          1. Set up the following passwordless SSH:

      • From the Enterprise Console to the Controller.
      • If HA then:
        • from the Enterprise Console to the primary Controller.
        • from the Enterprise Console to the secondary Controller.
        • From the primary Controller to the secondary Controller.
        • from the secondary Controller to the primary Controller.

    From the Enterprise Console:

          2. Identify the Enterprise Console Linux AppDynamics user's public/private key pair (usually in ~/.ssh).

          3. Add the Enterprise Console Linux AppDynamics user's public key (~/.ssh/id_rsa.pub) into the remote Controller server Linux user's ~/.ssh/authorized_keys.

          4. Then chmod 600 /.ssh/authorized_keys.

          5. Test the SSH connection from the Enterprise Console server with the following:

    Code Block
    languagebash
    ssh <remote user>@<remote-server> hostname


          6. Verify that the remote hostname is printed. You may have to first answer yes to trust the server fingerprint.

          7. Access the Enterprise Console UI Credential page, and add or edit the existing credentials.

          8. Create a single credential, which will likely be the same for all remote hosts, with a name like: EC-<ec linux user name>-<remote appd user name> For example, EC-ecappduser-appduser , or EC-appdyn if the username is the same on the Enterprise Console and remote server.

          9. Enter the remote server Linux username. It might be the same as the local Enterprise Console AppDynamics user.

          10. Supply the Enterprise Console Linux user's ~/.ssh/id_rsa contents as the private key as chosen in step 2.

    Add Hosts

    Before you add hosts to the platform, ensure that the required credentials are added to the platform.

    Info

    You should also check that the user ID created matches those in the credentials. Additionally, the path you specify for the platform base directory must exist.

    You can add a host in the GUI by clicking Add.

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts host_1 host_2 host_3 --credential <credential name>


    Instead of listing the hosts with --hosts, you can specify a text file with a line-separated list using the following command:

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-hosts --host-file <file path to host file> --credential <credential name>


    If you do not use the GUI, you must add the host for the Enterprise Console. This is also the host used by the Controller and embedded Events Service. The host is named "localhost" and does not require credentials. For example, run the following command:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts localhost
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli add-hosts --hosts localhost
    Info

    You may also use the loopback address '127.0.0.1' or the machine's actual hostname.

    Remove Hosts

    Before you remove a host, ensure that you remove all AppDynamics components from the host. You can remove a host in the GUI by selecting the host and clicking Remove.

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-hosts --hosts host_1 host_2 host_3


    Instead of listing the hosts with --hosts, you can specify a text file with a line-separated list using the following command:

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-hosts --host-file <file path to host file>

    If a host becomes unreachable, you can use the following command to remove it:

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-dead-hosts --hosts <host name>


    This removes the host and all of its associated metadata from the Enterprise Console database.

    Warning

    Running remove-dead-hosts could leave various services in an inconsistent state.

    List Current Hosts

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh list-hosts
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli list-hosts

    Update Host Credentials

    Change the credential that the Enterprise Console uses to access hosts. You can change the host credential in the GUI by selecting the host and clicking Change Credentials.

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh update-host-credential --hosts host_1 host_2 host_3 --credential <credential name>

    Similar to the add and remove host commands, you can specify a text file instead of providing a list of hosts within the command.

    Manage the Enterprise Console Admin User Password

    Change the Admin User Password

    You can change the password for the admin user with the following command: 

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh change-password --user-name <username> --password <current password> --new-password <new password>
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli change-password --user-name <username> --password <current password> --new-password <new password>

    Reset the Admin User Password

    You can reset the password for the Enterprise Console's root user with the following command: 

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh reset-password
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli reset-password

    Resetting the password sets it to "admin".

    Manage the Enterprise Console Database root User Password

    Change the Database root User Password

    To change the platformAdmin.databaseRootPassword, follow these steps:

    1. Stop the Enterprise Console by running the following command in <EC_home>/Platform/platform-admin/bin:

      No Format
      bin/platform-admin.sh stop-platform-admin
    2. Run the following command in <EC_home>/Platform/mysql/bin:

      No Format
      bin/mysqld --defaults-file="/<EC_home>/Platform/mysql/db.cnf" --skip-grant-tables

      Replace <EC_home> before running the command.

    3. Open a new command prompt window.
    4. Connect to the database without using a password by running the following command in <EC_home>/Platform/mysql/bin:

      No Format
      bin/mysql -u root -h 127.0.0.1 -P 3377 --protocol=TCP
    5. Execute the following queries:

      No Format
      update mysql.user set authentication_string=password('<new_password_here>') where user like 'root%';
      flush privileges;
      quit;

      Replace <new_password_here> before executing the queries.

    6. Quit the command prompt.
    7. Start the Enterprise Console by running the following command in <EC_home>/Platform/platform-admin/bin:

      No Format
      bin/platform-admin.sh start-platform-admin
    8. Verify the login by running the following command in <EC_home>/Platform/mysql/bin:

      No Format
      bin/mysql -u root -p -P 3377 -h 127.0.0.1

    Manage the Enterprise Console Database User Password

    Change the platformAdmin Database User Password

    To change the platformAdmin.databasePassword, follow these steps:

    Info
    Use the application ID that owns the AppDynamics platform installation when running the commands.
    1. Start the Enterprise Console, if it is not already running. 
      Run the following command, replacing <EC_home> before running the command

      No Format
      <EC_home>/platform/platform-admin/bin: ./platform-admin.sh start-platform-admin
    2. Navigate to the <EC_home>/platform/mysql/bin directory.
    3. Log in to the database as the root user by running the following command:

      No Format
      ./mysql -u root -p -h 127.0.0.1 -P 3377 --protocol=TCP
    4. Execute the following queries, replacing <new_password_here> before executing the query.

      No Format
      update mysql.user set authentication_string=password('<new_password_here>') where user like 'platformadmin%'; flush privileges; quit;
    5. Verify the login by running the following command in the <EC_home>/Platform/mysql/bin directory:

      No Format
      ./mysql -u platformadmin -p -P 3377 -h 127.0.0.1
    6. Navigate to the <EC_home>/platform/platform-admin/bin directory.
    7. Run the command below to encrypt the new password that was set for platformadmin in step 4.

      No Format
      ./platform-admin.sh encrypt --text '<new_password_here>'

      Take note of the encrypted password.

    8. Navigate to the <EC_home>/Platform/platform-admin/conf directory.
    9. Backup the PlatformAdminApplication.yml file. 
    10. Using a text editor, such as vi, open the PlatformAdminApplication.yml file and find the encrypted password: line in the database: section.
    11. Update the encrypted password, replacing the text after the password: entry with the password noted after step 7 and save the changes.
    12. Stop the Enterprise Console by running the following command in the <EC_home>/Platform/platform-admin/bin directory:

      No Format
      ./platform-admin.sh stop-platform-admin
    13. Start the Enterprise Console by running the following command in the <EC_home>/Platform/platform-admin/bin directory:

      No Format
      ./platform-admin.sh start-platform-admin
    14. Validate that the Enterprise Console started successfully.

    Anchor
    change-install-path
    change-install-path
    Change the Installation Directory

    The installation directory you specify when creating the platform is used to install all AppDynamics components. This directory can be changed but requires that you uninstall all AppDynamics components.

    1. Uninstall all AppDynamics components that you installed.
    2. Remove all hosts from the platform, including the localhost. For example, run the following command to remove the localhost:

      Code Block
      languagebash
      bin/platform-admin.sh remove-hosts --hosts localhost
    3. Change the installation directory:

      Code Block
      languagebash
      bin/platform-admin.sh update-platform --installation-dir <directory>
      Info

      The installation directory cannot contain a space

    After you change the installation directory, you must add hosts and reinstall AppDynamics components.

    Troubleshooting Administration Tasks

    Check Availability of the Enterprise Console

    You can use the following API to check the availability of the Enterprise Console:

    http://econsole-host:9191/service/version

    Error While Adding Hosts

    While adding hosts to your platform, you may run into an "Enterprise Console host expansion failed" error. If you do, you should ensure that SFTP is enabled in your sshd_config, and restart the SSH service.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    GUI またはコマンドラインを使用して、Enterprise Console で次のプラットフォーム管理タスクを実行できます。

    • 新しいプラットフォームの作成
    • 既存のプラットフォームの削除
    • 認証情報
      の管理
    • ホストの管理
    Info
    GUI からも、コマンドラインからも利用できないタスクもあることに注意してください。ここで説明するコマンドの多くは Linux コマンドラインに基づき、プラットフォーム管理の一般的なタスクに対応しています。Windows コマンドプロンプトでも、platform-admin.sh スクリプトを platform-admin.exe cli で置換することで類似するコマンドを実行できます。

    <Enterprise Console インストールディレクトリ>/platform-admin ディレクトリから、コマンドを実行します。このページには、コマンドの実行に必要な最低限のオプションおよびパラメータが含まれています。 

    より多くのオプションとパラメータがあるコマンドもあります。これらの追加オプションを確認するには、-h を指定してコマンドを実行します。たとえば、次のコマンドを実行して、プラットフォーム作成コマンドに関するオプションおよびパラメータをすべて表示します。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh create-platform -h
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli create-platform -h

    Enterprise Console の起動または停止

    他のタスクを実行するか GUI を使用する前に、Enterprise Console が実行中である必要があります。次のコマンドを使用して、Enterprise Console を起動または停止します。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh start-platform-admin
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli start-platform-admin
    Enterprise Console を停止するには、startstop で置換します。

    プラットフォームの管理

    プラットフォームは、AppDynamics コンポーネントとそのホストの集合です。Enterprise Console では、デフォルトで同時に最大 20 のプラットフォームがサポートされます。

    Anchor
    create-platform
    create-platform
    プラットフォームの作成

    Enterprise Console をエンドツーエンドのインストールおよび管理に使用する場合、最初にプラットフォームを作成する必要があります。Enterprise Console では、Express または Custom インストールを完了するか、GUI で既存のコンポーネントを発見した場合に、プラットフォームが作成されます。 

    コマンドラインを使用してプラットフォームを作成するには、次のコマンドを実行します。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform name> --installation-dir <platform installation directory>
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli create-platform --name <platform name> --installation-dir <platform installation directory>
     

    プラットフォーム インストール ディレクトリは、Enterprise Console ですべての AppDynamics コンポーネントがそのすべてのホストにインストールされる絶対ディレクトリです。ホストがプラットフォームに追加された後は、ディレクトリを変更できません。ディレクトリにスペースを含めることはできません。  

    プラットフォームの削除

    Enterprise Consoleを使用して、使用されなくなったプラットフォームを削除することができます。また、代わりにプラットフォームの構成を編集することも検討できます。GUIのPlatformビューページで、いずれかのアクションを実行できます。

    コマンドラインを使用してプラットフォームを削除するには、次のコマンドを実行します。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh delete-platform --name <platform name>
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli delete-platform --name <platform name>

    Note
    現在のプラットフォームを削除したばかりである場合、将来のコマンドの実行時に予期しないエラーが発生しないよう、APPD_CURRENT_PLATFORM 変数の値を消去する必要があります。

    Anchor
    manage-credentials
    manage-credentials
    認証情報の管理

    Enterprise Console でホストにアクセスし、ホストでイベントサービスへのノードの追加などのタスクを実行するために使用できる認証情報を管理します。GUIのCredentialsページまたはコマンドラインを使用して、認証情報を管理できます。ホストを追加する前に、プラットフォームに認証情報を追加する必要があります。

    RSA キーペアの生成

    プラットフォームに認証情報を追加するには、RSA 秘密キーファイルが必要です。次の手順では、公開キーファイル ~/.ssh/id_rsa.pub と秘密キーファイル ~/.ssh/id_rsa で構成される RSA キーペアを生成します。

    1. SSH を使用して、Enterprise Console ホストマシンにログインします。
    2. Enterprise Console の所有者であるユーザに切り替えます。

      Code Block
      languagebash
      sudo -i -u <user-owner of the EC>
    3. RSA キーペアを作成します。

      Code Block
      languagebash
      ssh-keygen -t rsa -b 2048 -N '' -m pem
    4. ~/.ssh をキーペアのデフォルトの場所として受け入れます。

    5. RSA 公開キーファイルと秘密キーファイルが作成されていることを確認します。

      Code Block
      languagebash
      ls ~/.ssh/
      id_rsa
      id_rsa.pub

    認証情報の追加

    認証情報を追加する場合、情報として認証情報名、ユーザー名、および秘密鍵ファイルが必要です。

    • 資格情報名
    • ユーザ名
    • 秘密キー ファイル(Private key file)

    認証情報名は認証情報の一意 ID であり、ホストの追加などのタスクの実行時に、認証情報を指定するために使用されます。AppDynamics では、すべての認証情報名で命名規則に従うことが推奨されます。RSA 秘密キーである id_rsa は、Open SSH 標準エンコーディングよりも OpenSSL PEM エンコーディング形式を使用して作成する必要があります。

    Info
    usernameフィールドで指定されたUnixシステムユーザーに、プラットフォームディレクトリへの書き込み可能アクセス権がある必要があります。

    GUI で [Add] をクリックし、認証情報を追加することができます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type <ssh> --user-name <username> --ssh-key-file <file path to the key file>

    <file path to the key file> は、Enterprise Console マシンの秘密キーです。インストールプロセスで、キーがホストにデプロイされます。  

    認証情報の削除

    使用されなくなった認証情報を削除します。ホストでまだ使用されている認証情報は、削除できません。GUI で認証情報を選択し、[Delete] をクリックすることで、認証情報を削除できます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-credential --credential-name <name>

    現認証情報の一覧表示

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh list-credentials

    Anchor
    manage-hosts
    manage-hosts
    ホストの管理

    ホストは、コントローラやイベントサービスなどのAppDynamicsコンポーネントを実行するために使用されるマシンです。たとえば、イベントサービスはコントローラと同じホスト、単一ホスト、または3つ以上のホストのクラスタで実行できます。

    リモートホストで新しいホストを追加するために使用する認証情報を、適切に構成する必要があります。すなわち、指定した秘密鍵に対し、対応する公開鍵をリモートホスト ~/.ssh/authorized_hosts ファイルに追加する必要があります。

    コントローラとイベントサービスは、同じローカルネットワーク上に配置されていて、内部ネットワークで通信できる必要があります。互いに関連していても、Enterprise Console が実行されているコントローラに関連していても、別のネットワークにあるノードにクラスタをデプロイしないでください。構成でクラスタホストを特定する場合は、そのホストの外部ルーティング対応の DNS 名ではなく、ホストの内部 DNS 名または IP アドレスを使用する必要があります。

    たとえば、AWS デプロイの場合、ec2-34-201-129-89.us-west-2.compute.amazonaws.com などの公開 DNS ホスト名ではなく、172.31.2.19 などのプライベート IP アドレスを使用します。その場合、Enterprise Console GUI の [Controller Settings] から [Appserver Configurations] に移動し、ページにアクセスできるよう外部 URL を編集する必要があります。

    GUI を使用してコンポーネントをインストールまたは発見する場合、Enterprise Console を実行するホストが自動的に作成され、Enterprise Console マシンのホスト名としてプラットフォームに追加されます。GUIを使用しない場合は、このホストを手動で追加する必要があります。

    ホストは、Enterprise Console GUI の [Hosts] ページか、またはコマンドラインから管理できます。

    Note
    RSA 秘密キーである id_rsa は、Open SSH 標準エンコーディングよりも OpenSSL PEM エンコーディング形式を使用して作成する必要があります。

    リモートホストの設定

    Enterprise Console とリモートホストのシームレスな通信を設定するには、以下の手順を実行します。

    From the command line:

          1. パスワード不要な次のSSHを設定します。

      • Enterprise Console からコントローラ
      • HAの場合:
        • Enterprise Consoleからプライマリコントローラ
        • Enterprise Consoleからセカンダリコントローラ
        • プライマリコントローラからセカンダリコントローラへ
        • セカンダリコントローラからプライマリコントローラへ

    From the Enterprise Console:

          2. Enterprise Console Linux AppDynamics ユーザの公開/秘密キーペアを特定します(通常は ~/.ssh)。

          3. Enterprise Console Linux AppDynamics ユーザの公開キー(~/.ssh/id_rsa.pub)を、リモート コントローラ サーバ Linux ユーザの ~/.ssh/authorized_keys に追加します。

          4. 次に、chmod 600 /.ssh/authorized_keys を実行します。

          5. 以下を使用し、Enterprise ConsoleサーバーからのSSH接続をテストします。

    Code Block
    languagebash
    ssh <remote user>@<remote-server> hostname


          6. リモートホスト名が印刷されていることを確認します。最初に、はいと答えてサーバーフィンガープリントを信頼する必要がある場合があります。

          7. Enterprise Console UI Credentialページにアクセスし、認証情報を追加するか、または既存の認証情報を編集します。

    8. すべてのリモートホストで同じになる可能性がある単一の認証情報を作成します。名前は、EC-<ec linux user name>-<remote appd user name>(例:EC-ecappduser-appduser)のようになります。また、ユーザ名が Enterprise Console とリモートサーバで同じである場合は、EC-appdyn のようになります。

          9. リモートサーバーのLinuxユーザー名を入力します。これは、ローカルのEnterprise Console AppDynamicsユーザーと同じである場合があります。

          10. Enterprise Console Linux ユーザの ~/.ssh/id_rsa コンテンツを、ステップ 2 で選択された秘密キーとして入力します。

    ホストの追加

    プラットフォームにホストを追加する前に、必要な認証情報がプラットフォームに追加されていることを確認してください。

    Info

    作成されたユーザ ID が、認証情報のユーザ ID と一致していることも確認する必要があります。また、プラットフォーム ベース ディレクトリに対して指定されたパスが存在する必要があります。

    GUI で [Add] をクリックし、ホストを追加することができます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts host_1 host_2 host_3 --credential <credential name>

     

    --hostsを使用してホストを一覧にする代わりに、次のコマンドを使用し、行区切りリストを含むテキストファイルを指定することができます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-hosts --host-file <file path to host file> --credential <credential name>

     

    GUI を使用しない場合は、Enterprise Console のホストを追加する必要があります。これは、コントローラおよび埋め込みイベントサービスで使用されるホストでもあります。このホストの名前は「localhost」であり、認証情報は必要ありません。たとえば、次のコマンドを実行します。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts localhost
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli add-hosts --hosts localhost

    Info

    ループバックアドレス「127.0.0.1」またはマシンの実際のホスト名を使用することもできます。

    ホストの削除

    ホストを削除する前に、すべての AppDynamics コンポーネントがホストから削除されていることを確認してください。GUI でホストを選択し、[Remove] をクリックすることでホストを削除できます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-hosts --hosts host_1 host_2 host_3

     

    --hostsを使用してホストを一覧にする代わりに、次のコマンドを使用し、行区切りリストを含むテキストファイルを指定することができます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-hosts --host-file <file path to host file>

    アクセスできなくなったホストを、次のコマンドを使用して削除できます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh remove-dead-hosts --hosts <host name>


    これにより、ホストとそのすべての関連メタデータがEnterprise Consoleデータベースから削除されます。

    Warning

    remove-dead-hostsを実行すると、さまざまなサービスで不整合が発生する可能性があります。

    現ホストの一覧表示

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh list-hosts
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli list-hosts

    ホスト認証情報の更新

    Enterprise Console でホストにアクセスするために使用される認証情報を変更します。GUI でホストを選択し、[Change Credentials] をクリックすることで、ホスト認証情報を変更できます。

    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh update-host-credential --hosts host_1 host_2 host_3 --credential <credential name>

    ホスト追加および削除コマンドと同様に、コマンド内でホストの一覧を入力する代わりにテキストファイルを指定することができます。

    Enterprise Console管理ユーザーパスワードの管理

    管理ユーザーパスワードの変更

    次のコマンドを実行して、管理ユーザのパスワードを変更できます。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh change-password --user-name <username> --password <current password> --new-password <new password>
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli change-password --user-name <username> --password <current password> --new-password <new password>

    管理ユーザーパスワードのリセット

    Enterprise Console のルートユーザのパスワードを、次のコマンドを実行してリセットできます。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh reset-password
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli reset-password
    パスワードをリセットすると、「admin」に設定されます。

    Enterprise Consoleデータベースルートユーザーパスワードの管理

    データベースルートユーザーパスワードの変更

    platformAdmin.databaseRootPassword を変更するには、次の手順を実行します。

    1. <EC_home>/Platform/platform-admin/bin で次のコマンドを実行し、Enterprise Console を停止します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh stop-platform-admin
    2. <EC_home>/Platform/mysql/bin でコマンドを実行します。

      No Format
      bin/mysqld --defaults-file="/<EC_home>/Platform/mysql/db.cnf" --skip-grant-tables

      コマンドを実行する前に、<EC_home> を置換します。

    3. 新しいコマンドプロンプトウィンドウを開きます。
    4. <EC_home>/Platform/mysql/bin で次のコマンドを実行することで、パスワードを使用せずにデータベースに接続します。

      No Format
      bin/mysql --user=root --host=127.0.0.1 --port=3377 --protocol=TCP
    5. 次のクエリを実行します。

      No Format
      update mysql.user set authentication_string=password('<new_password_here>') where user like 'root%';
      flush privileges;
      quit;

      クエリを実行する前に、<new_password_here>  を置換します。

    6. コマンドプロンプトを終了します。
    7. <EC_home>/Platform/platform-admin/bin で次のコマンドを実行し、Enterprise Console を起動します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh start-platform-admin
    8. <EC_home>/Platform/mysql/bin で次のコマンドを実行し、ログインを確認します。

      No Format
      bin/mysql -u root -p -P 3377 -h 127.0.0.1

    Enterprise Console データベース ユーザ パスワードの管理

    platformAdmin データベース ユーザ パスワードの変更

    platformAdmin.databasePassword を変更するには、次の手順を実行します。

    Info
    コマンドの実行時に、AppDynamics プラットフォームのインストールを所有するアプリケーション ID を使用します。
    1. Enterprise Console が実行していない場合は起動します。
      次のコマンドを実行します。コマンドを実行する前に <EC_home> を置き換えます。

      No Format
      <EC_home>/platform/platform-admin/bin: ./platform-admin.sh start-platform-admin
    2. <EC_home>/platform/mysql/bin  ディレクトリに移動します。
    3. 次のコマンドを実行して、ルートユーザとしてデータベースにログインします。

      No Format
      ./mysql --user=root -p --host=127.0.0.1 --port=3377 --protocol=TCP
    4. 次のクエリを実行します。クエリの実行前に <new_password_here> を置き換えてください。

      No Format
      update mysql.user set authentication_string=password('<new_password_here>') where user like 'platformadmin%'; flush privileges; quit;
    5. <EC_home>/Platform/mysql/bin  ディレクトリで次のコマンドを実行し、ログインを確認します。

      No Format
      ./mysql -u platformadmin -p -P 3377 -h 127.0.0.1
    6. <EC_home>/platform/platform-admin/bin ディレクトリに移動します。
    7. ステップ 4 で platformadmin に設定された新しいパスワードを暗号化するには、次のコマンドを実行します。

      No Format
      ./platform-admin.sh encrypt --text '<new_password_here>'

      暗号化されたパスワードをメモします。

    8. 次のページに移動します。<EC_home>/Platform/platform-admin/conf directory.
    9. PlatformAdminApplication.yml ファイルをバックアップします。 
    10. vi などのテキストエディタを使用して、PlatformAdminApplication.yml  ファイルを開き、database: セクションで暗号化された password: 行を見つけます。
    11. 暗号化されたパスワードを更新し、password: エントリの後のテキストをステップ 7 の後にメモしたパスワードに置き換え、変更を保存します。
    12. <EC_home>/Platform/platform-admin/bin directory で次のコマンドを実行し、Enterprise Console を停止します。

      No Format
      ./platform-admin.sh stop-platform-admin
    13. <EC_home>/Platform/platform-admin/bin directory で次のコマンドを実行し、Enterprise Console を起動します。

      No Format
      ./platform-admin.sh start-platform-admin
    14. Enterprise Console が正常に起動したことを確認します。

    Anchor
    change-install-path
    change-install-path
    インストールディレクトリの変更

    プラットフォームの作成時に指定したインストールディレクトリが、すべてのAppDynamicsコンポーネントのインストールに使用されます。このディレクトリは変更できますが、すべてのAppDynamicsコンポーネントをアンインストールする必要があります。

    1. インストールしたすべてのAppDynamicsコンポーネントをアンインストールします。
    2. プラットフォームから、localhostを含むすべてのホストを削除します。たとえば、次のコマンドを実行して localhost を削除します。

      Code Block
      languagebash
      bin/platform-admin.sh remove-hosts --hosts localhost
    3. インストールディレクトリを変更します。

      Code Block
      languagebash
      bin/platform-admin.sh update-platform --installation-dir <directory>

      Info

      インストールディレクトリにスペースを含めることはできません。

    インストールディレクトリを変更した後、ホストを追加し、AppDynamics コンポーネントを再インストールする必要があります。

    管理タスクのトラブルシューティング

    Enterprise Console の可用性の確認

    Enterprise Console の可用性を確認するには、次の API を使用できます。

    http://econsole-host:9191/service/version

    ホストの追加中のエラー

    プラットフォームへのホストの追加時に、「Enterprise Console host expansion failed」エラーが発生することがあります。その場合は、sshd_config で SFTP が有効化されるようにし、SSH サービスを再起動します。