Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width410px

    Related pages:

    The Controller is the central component of the AppDynamics platform. Other components such as the Events Service connect to the Controller and stream metrics to be displayed. The Enterprise Console Custom Install option provides you with a configurable way to install a fresh Controller and Events Service. You can also Discover & Upgrade older platform services using Custom Install.

    This page describes how to use Custom Install to install the Controller. Before you install the Controller with the Enterprise Console, verify that the Enterprise Console is running and the host machine meets the requirements for the Controller.

    If you use the GUI to install the Controller, you can create the platform at the same time. If you use the command line, you must create the platform prior to installing the Controller. For more information, see Administer the Enterprise Console. If instead, you would like to get started with your platform as soon as possible, see Express Install.

    Install the Controller Using GUI

    Installing a fresh Controller, HA-pair, or Events Service cluster is simple with Custom Install. You can use it to configure your platform deployment freely.

    After you install the Enterprise Console, you can complete the platform installation process with the GUI:

    1. Check that you have fulfilled the Enterprise Console prerequisites before starting.

    2. Open a browser and navigate to the GUI: 

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      9191 is the default port.

    3. Navigate to the Install homepage and click Custom Install.

    4. Name the Platform:

      1. Enter a Name and the Installation Path for your platform.

        Info

        The Installation Path is an absolute path under which all of the platform components are installed. The same path is used for all hosts added to the platform. Use a path which does not have any existing AppDynamics components installed under it.
        The path you choose must be writeable, i.e. the user who installed the Enterprise Console should have write permissions to that folder. Also, the same path should be writable on all of the hosts that the Enterprise Console manages.

        Example path: /home/appduser/appdynamics/product

    5. Add a Host:

      Note

      If the Controller is to be installed on a Windows machine, the Enterprise Console should be on the same machine. This is because Windows hosts are not supported on the Enterprise Console.

      1. Enter the host machine-related information: Host Name, Username, and Private Key. This is where the Controller and Events Service will be installed onto. For more information about how to add credentials and hosts, see Administer the Enterprise Console.

    6. Install Controller:
      1. Select Install.
      2. Select an available Target Version from the dropdown list.

        Info

        The list is populated by versions that the Enterprise Console is aware of. This means that you can install the Controller to any intermediate version or to the latest version as long as the Enterprise Console installer has been run for those versions.

      3. Select a Profile size for your Controller. See Controller System Requirements for more information on the sizing requirements.
      4. Enter the Controller Primary Host.
      5. Enter the Controller Secondary Host if you would like to install an HA pair.

        Info
        It is highly recommended that you have the Enterprise Console on its own separate dedicated host, especially in the case of HA installations. This means you would need three hosts for the recommended HA setup. If the Enterprise Console and Controller are on the same host and that host becomes unavailable, the Enterprise Console will not be able to failover to the other Controller.
        You can set up an HA pair at a later time. See Set Up a High Availability Deployment for additional setting requirements and to learn how to add a secondary controller after your initial installation.
      6. Optional: Enter the Tenancy Mode.
      7. Under Advanced, enter additional information for your HA pair.
      8. Enter the required Username and Passwords. The default Controller Admin Username is admin.

        Info
        If you do not install a Controller at this time, you can always do so later by navigating to the Controller page in the GUI and clicking Install Controller.
    7. Install Events Service:
      1. Select Install.
      2. Select the Profile size for your Events Service. See Controller System Requirements for more information on the sizing requirements.
      3. Optional: Enter the Installation and Data Directory.

        Note

        You do not need to specify the installation or data directory for the Events Service installation. If you do, use a different one from the platform or mysql data directory.

      4. Optional: Enter the Elastic Search, REST API Admin, REST API, and Unicast Ports.
      5. Enter the Events Service Host. You can deploy a single Events Service node or an Events Service cluster made up of three or more nodes. The minimum size of an Events Service cluster is three. You can always add more at a later time on the Events Service page.

        Info
        You can set up a scaled up Events Service at a later time. See Install the Events Service on Linux for additional setting requirements and to learn how to scale up an embedded Events Service.
        Info
        If you do not install an Events Service at that time, you can always do so later by navigating to the Events Service page in the GUI and clicking Install Events Service.
    8. Click Install.

    After clicking Install you can monitor the status of your platform creation jobs on the Jobs page, which include Add Hosts, Controller Install, and Events Service Install Jobs. Note that the Controller Install Job takes a considerably longer time to complete than the other two jobs. When the jobs successfully complete, you can check the status of your platform, obtain the URL of the Controller, update platform configurations, and manage the lifecycle of your services.

    Once any high availability controllers are installed, they can be found under the Controller page. All high availability lifecycle operations such as start, stop, upgrade, and failover can be performed from this page.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width410px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    コントローラは、AppDynamicsプラットフォームのセントラルコンポーネントです。イベントサービスなどの他のコンポーネントは、コントローラに接続され、表示されるメトリックをストリームします。Enterprise ConsoleのCustom Installオプションにより、新規のコントローラおよびイベントサービスを構成可能な方法でインストールできます。また、Custom Install を使用して、古いプラットフォームサービスを発見およびアップグレードすることもできます。

    このページでは、Custom Installを使用したコントローラのインストール方法について説明します。コントローラをEnterprise Consoleを使用してインストールする前に、Enterprise Consoleが実行中であり、ホストマシンがコントローラの要件を満たしていることを確認してください。

    GUIを使用してコントローラをインストールする場合、プラットフォームを同時に作成できます。コマンドラインを使用する場合は、コントローラをインストールする前にプラットフォームを作成する必要があります。詳細については、「Administer the Enterprise Console」を参照してください。プラットフォームの使用をできるだけ早く開始する必要がある場合には、「Express Install」を参照してください。

    GUIを使用したコントローラのインストール

    Custom Installによる新規のコントローラ、HAペア、またはイベントサービスクラスタのインストールは、シンプルです。これにより、プラットフォームデプロイを自由に構成できます。

    Enterprise Consoleをインストールした後、GUIでプラットフォームのインストールプロセスを完了できます。

    1. 開始する前に、Enterprise Console の前提条件を満たしていることを確認します。

    2. ブラウザを開き、GUIに移動します。

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      デフォルトのポートは9191です。

    3. [Install] ホームページに移動して、[Custom Install] をクリックします。

    4. プラットフォームの指定:

      1. プラットフォームの名前とインストールパスを入力します。

        Info

        インストールパスは、すべてのプラットフォーム コンポーネントがインストールされる絶対パスです。プラットフォームに追加されたすべてのホストに同じパスが使用されます。既存の AppDynamics コンポーネントがインストールされていないパスを使用します。
        選択したパスは、書き込み可能である必要があります。すなわち、Enterprise Console をインストールしたユーザに、そのフォルダへの書き込み権限がある必要があります。また、Enterprise Console で管理されるすべてのホストで同じパスが書き込み可能である必要があります。

        パスの例:/home/appduser/appdynamics/product

    5. ホストの追加:

      Note

      コントローラがWindowsマシンにインストールされる場合、Enterprise Consoleも同じマシンにインストールされている必要があります。これは、Enterprise ConsoleでWindowsホストがサポートされていないためです。

      1. ホストマシンの関連情報(ホスト名、ユーザ名、秘密鍵)を入力します。ここにコントローラとイベントサービスがインストールされます。認証情報とホストを追加する方法の詳細は、「Administer the Enterprise Console」を参照してください。

    6. コントローラのインストール:
      1. Install を選択します。
      2. ドロップダウンリストから、利用可能な対象バージョンを選択します。

        Info

        この一覧には、Enterprise Consoleで認識されるバージョンが含まれています。すなわち、Enterprise Consoleインストーラがこれらのバージョンに対して実行されていれば、コントローラを中間バージョンまたは最新バージョンにインストールできます。

      3. コントローラのプロファイルサイズを選択します。サイジング要件の詳細は、「Controller System Requirements」を参照してください。
      4. コントローラプライマリホストを入力します。
      5. HAペアをインストールする場合、コントローラセカンダリホストを入力します。

        Info
        特にHAインストールの場合、Enterprise Consoleを個別の専用ホストにインストールすることが強く推奨されています。そのため、推奨されるHA設定では、3つのホストが必要になります。Enterprise Console とコントローラが同じホストにある場合、そのホストが利用できなくなると、Enterprise Console で他のコントローラにフェールオーバーできなくなります。
        HAペアは、後で設定できます。追加の設定要件と、初期インストール後のセカンダリコントローラの追加方法については、「Set Up a High Availability Deployment」を参照してください。
      6. オプション:テナンシーモードを入力します。
      7. Advancedで、HAペアの追加情報を入力します。
      8. 必要なユーザー名とパスワードを入力します。デフォルトのコントローラ管理ユーザー名は、adminです。

        Info
        この時点でコントローラをインストールしない場合でも、後から GUI で [Controller] ページに移動し、[Install Controller] をクリックして、いつでもインストールできます。
    7. イベントサービスのインストール:
      1. [Install] を選択します。
      2. イベントサービスのプロファイルサイズを選択します。サイジング要件の詳細は、「Controller System Requirements」を参照してください。
      3. オプション:インストールおよびデータディレクトリを入力します。

        Note

        イベントサービスのインストールでインストールディレクトリやデータディレクトリを指定するする必要はありません。指定する場合、プラットフォームまたはmysqlデータディレクトリとは異なるディレクトリを使用してください。

      4. オプション:Elastic Search、REST API管理、REST API、およびユニキャストポートを入力します。
      5. Events Service Hostにイベントサービスホストを入力します。単一のイベントサービスノードか、3つ以上のノードで構成されるイベントサービスクラスタをデプロイできます。イベントサービスクラスタの最小サイズは、3つです。Events Serviceページから、後でいつでも追加できます。

        Info
        スケールアップされたイベントサービスを、後で設定できます。追加の設定要件と、埋め込みイベントサービスのスケールアップ方法は、「Install the Events Service on Linux」を参照してください。
        Info
        その時点でイベントサービスをインストールしない場合、GUI で [Events Service] ページに移動し、[Install Events Service] をクリックすることで、後からいつでもインストールできます。
    8. [Install] をクリックします。

    [Install] をクリックした後、[Jobs] ページでプラットフォーム作成ジョブのステータスをモニタリングできます。これには、Add Hosts、Controller Install、および Events Service Install ジョブが含まれます。Controller Install ジョブは、他の 2 つのジョブと比べて完了までに大幅に長い時間がかかることに注意してください。ジョブが正常に完了したら、プラットフォームのステータスチェック、コントローラの URL 取得、プラットフォーム構成の更新、およびサービスのライフサイクル管理を実行できます。

    インストールされた高可用性コントローラは、Controllerページに表示されます。すべての高可用性ライフサイクル操作(起動、停止、アップグレード、フェイルオーバーなど)を、このページから実行できます。