Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen

    The AppDynamics Enterprise Console automates the task of installing and administering the Controller and Events Service. Before installing these components, you need to install the Enterprise Console, as described on this page. 

    About the Enterprise Console Installation

    Though the Enterprise Console can run on the same host as the Controller and, if installed, the embedded Events Service, it is recommended that you install it on a separate host. Regardless, the machine that runs the Enterprise Console must meet the requirements for all the components that run on that machine, as outlined below. The Enterprise Console and Controller must run on separate MySQL instances allowing the Enterprise Console to manage the Controller's instance independent of the Controller host, creating a lightweight setup that consumes less memory.

    Note
    If you install the Enterprise Console on the Controller machine, it must be in a different directory in order to keep data separate. For instance, if the Controller is installed in /opt/appdynamics/controller, the Enterprise Console might be in /opt/appdynamics/enterpriseconsole.

    You must also avoid port conflicts with the Controller database, which is 3388 by default, whereas the Enterprise Console database is 3377 by default.

    The Enterprise Console installation path you choose must be writeable, i.e. the user who installed the Enterprise Console should have write permissions to that directory.

    The Enterprise Console prevents multiple users from running commands at the same time. If a second user attempts to run a command while another command is in progress, the second command is not completed and an error message appears indicating that another command is in progress. To avoid such conflicts, the Enterprise Console should generally be used by a single user at a time.

    You can enable HTTPS for the Enterprise Console during installation. See HTTPS Support for the Enterprise Console for more information.

    Note
    Cross-platform (OS) installation, e.g., installing the Enterprise Console on Linux and the Controller on Mac or Windows is not supported.

    Installing on AWS Host

    When installing the Enterprise Console on an AWS host, you must add the values for the following hostnames and IP addresses to the SAN:

    • Public DNS (IPv4)

    • IPv4 Public IP

    • Private DNS

    • Private IPs

    Disk and Memory Space Requirements

    The host must have enough disk space for the Enterprise Console and a platform, which includes a Controller. There is no need for additional memory for the Enterprise Console when it shares the same host as the Controller. However, when the Enterprise Console host is not shared with the Controller host, then it requires additional disk and memory space. See Enterprise Console Requirements and Prepare the Controller Host to make sure you meet the minimum space requirements.

    Software Requirements

    On systems that run Linux, you must have cURL and netstat installed. Linux systems must also have the libaio library installed. This library provides for asynchronous I/O operations on the system. 

    See Required Libraries for how to install libaio and other libraries on some common flavors of the Linux operating system.

    Password Requirements

    Due to browser incompatibilities, AppDynamics recommends using only ASCII characters for usernames, account names, and passwords

    Configure your installation using these password settings:

    GUI Mode Screen or Option LabelResponse File variableDescription
    Database Root User's Password

    mysqlRootUserPassword

    The password of the user account that the Controller uses to access its MySQL database.

    Do not use the single quotation mark ('), double quotation mark ("), or at sign (@) characters in this password.

    Controller root User's PasswordrootUserPasswordThe Controller root user password. The root user is a Controller user account with privileges for accessing the system Administration Console.
    This password is used for the admin user of the built-in Glassfish application server as well. The Glassfish admin user lets you access the Glassfish console and the asadmin utility. See Access the Administration Console for more information about the console.
    Allowed characters in the password are: a-z, A-Z, 0-9, ., +, =, @, _, -, $, :, #, ,, (, ), !, {, }
    User Name (Admin User Setup)userNameThe username of the administrator account in the Controller UI. This is the administrator for the built-in account if single-tenant systems, or for the initial account for multi-tenant. See User Management.
    Usernames and password cannot include the @ or ! character.
    Also note that if this account will be used to access the REST API, additional limitations on the use of special characters in usernames apply. See Manage Users and Groups for more information.

    In the password field, you may include the space character at the beginning as well as in the middle of the password string. However, you cannot start passwords with the space character when using the response.varfile.

    GUI Installation

    Before starting, get the Enterprise Console installer version appropriate for your target system. You can get the installer from the AppDynamics download site. When ready, follow these steps to install the Enterprise Console:

    1. Navigate to the directory where you downloaded the install file.
    2. Run the following commands:

      Linux

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh
      Info

      You can run the installer as non-root or root.

      Windows

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe
      Tip

      It is recommended that you right-click the .exe file and select Run as Administrator.

    3. After the GUI launches, use it to complete the installation. In Linux, you may also follow the steps in the installation wizard to complete the console installation.

      Info
      If you install the Enterprise Console on AWS, use the public DNS for the Enterprise Console hostname when prompted.

    Anchor
    silent-install
    silent-install
    Silent Installation

    To use the silent installation method, add the -q option, the response file, and destination directory to the command to run the installer. For example, in Linux, run the following command:

    No Format
    ./platform-setup-64bit-linux.sh -q -varfile ~/response.varfile

    It is recommended that, if possible, you provide an absolute path as the installation path specified as the dir argument value and not a relative path as shown in the example. 

    For a Windows system:

    No Format
    platform-setup-64bit-windows.exe -q -varfile c:/response.varfile

    Sample response files for silent installation

    Linux

    Expand
    No Format
    serverHostName=HOST_NAME
    sys.languageId=en
    disableEULA=true
    
    platformAdmin.port=9191
    platformAdmin.databasePort=3377
    platformAdmin.dataDir=/opt/appdynamics/platform/mysql/data
    platformAdmin.databasePassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.databaseRootPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.adminPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.useHttps$Boolean=false
    sys.installationDir=/opt/appdynamics/platform

    The sys.languageID and platformAdmin.dataDir properties are optional. If not specified, the data directory will be in the /mysql directory under the platform directory.

    Windows

    Expand
    No Format
    serverHostName=HOST_NAME
    sys.languageId=en
    disableEULA=true
    sys.adminRights$Boolean=true
    
    platformAdmin.port=9191
    platformAdmin.databasePort=3377
    platformAdmin.dataDir=C\:\\AppDynamics\\Platform\\platform-admin\\mysql\\data
    platformAdmin.databasePassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.databaseRootPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.adminPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.useHttps$Boolean=false
    sys.installationDir=C\:\\AppDynamics\\Platform

    The sys.languageID and platformAdmin.dataDir properties are optional. If not specified, the data directory will be in the \mysql directory under the platform directory.

    Info
    If you install the Enterprise Console on AWS, use the public DNS for the serverHostName value.

    After the Installation

    After you install the Enterprise Console, you can use the following methods to install the AppDynamics Platform:

    • GUI: A graphical interface within a web browser to install the Controller and Events Service. You can select from Express Install or Custom Install of the platform, which includes the option to install a Controller and Events Service.
    • Command line: A CLI to install the Controller and Events Service.

    After installing the Enterprise Console, you can select from the Express Install or Custom Install of the platform, which includes the option to install a Controller. For more information about those options, see Enterprise Console.

    For information on installing the Controller or Events Service in unattended mode or via the command line, see Enterprise Console Command Line.

    Anchor
    access-the-ec
    access-the-ec
    Accessing the Enterprise Console

    Access the GUI for the Enterprise Console with the following URL:

    No Format
    http(s)://<hostname>:<port>

    Specify the port and hostname you used when you installed the Enterprise Console. The default port is 9191. This port needs to be exposed from your firewall rules so you can access the port from any place. See Port Settings for more information.

    For example: 

    No Format
    http(s)://aHost.aDomain:9191

    With the GUI, you can install and manage the components of the AppDynamics platform, including tasks such as adding hosts or credentials, installing a Controller, and monitoring jobs.

    If you cannot access the GUI, verify that the host name and port number are correct. Additionally, ensure that the Enterprise Console is running. 

    The first time you access the GUI, the Enterprise Console shows the following options for installing the AppDynamics Platform:

      • Express: Select this option for new installations of the Controller and Events Service. The services are installed on the same host.
      • Custom: Select this option to customize your installation, including installing or upgrading the Controller and Events Service on separate hosts. By installing the Events Service on a separate host, you can create a 1 or 3+ node Events Service based on your needs. Installing an Events Service on a separate host with the Enterprise Console is only supported on Linux. If you want to install the Events Service on a separate host on Windows, see Install the Events Service on Windows

        Info

        The Events Service is installed by default with a Custom Installation unless you choose to unselect the Install Events Service option.

        • Discover and Upgrade: When performing a custom installation, you have the option to discover and upgrade an existing AppDynamics deployment, such as a Controller or Events Service. For example, if you use the package installer to install the Controller in a previous version of AppDynamics, you can use the discover and upgrade option to add the Controller to the AppDynamics platform that the Enterprise Console manages. The application will then upgrade the Controller to the same version of the Enterprise Console. Verify that the Controller and MySQL are running before you attempt to discover and upgrade them. 

    Troubleshooting the Installation

    This section provides troubleshooting information for issues that may arise during the Enterprise Console installation.

    Installation Stuck at License Agreement

    If your installation becomes stuck at displaying the license agreement on the console, then the EULA may be having issues with special characters. To fix this issue, add the -VdisableEULA=true flag to your installation command or response.varfile. For example:

    No Format
    ./platform-setup-64bit-linux.sh -c -VdisableEULA=true

    "Enterprise Console Application Is in Use" Error

    If you get an error that states that the "Enterprise Console Application (9191/3377) is in use," you should check that you have specified the correct hostname during the installation.

    Default Font Change on Linux Machines

    If your Enterprise Console installation fails on a Red Hat system, it may be due to an install4j issue. If the default font has been changed, the JRE cannot interpret it, leading to a "could not display the GUI" error. You can fix this error by running the installation with -VdisableEULA=true and creating the file /etc/fonts/local.conf with the following contents:

    Expand
    No Format
    <?xml version='1.0'?>
    <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM
    'fonts.dtd'>
    <fontconfig>
      <alias>
        <family>serif</family>
    
    <prefer><family>Utopia</family></prefer>
      </alias>
      <alias>
    
    <family>sans-serif</family>
        <prefer><family>Utopia</family></prefer>
    
    </alias>
      <alias>
        <family>monospace</family>
    
    <prefer><family>Utopia</family></prefer>
      </alias>
      <alias>
    
    <family>dialog</family>
        <prefer><family>Utopia</family></prefer>
    
    </alias>
      <alias>
        <family>dialoginput</family>
    
    <prefer><family>Utopia</family></prefer>
      </alias>
    </fontconfig>

    "Rename the Directory" Error on Windows Machines

    If the Enterprise Console installation fails with an error "on rename of the directory," it may be due to an antivirus scan. Stopping the antivirus scan on the machine fixes the issue. You should also exclude the Enterprise Console directory from the scan if it sits outside of the Controller directory. See Prepare Windows for the Controller for more information.


    Sv translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    AppDynamics Enterprise Consoleにより、コントローラとイベントサービスのインストールおよび管理タスクが自動化されます。 これらのコンポーネントをインストールする前に、このページの説明に従って Enterprise Console をインストールする必要があります。 

    Enterprise Consoleのインストールについて

    Enterprise Consoleはコントローラ(およびインストールされている場合は埋め込みイベントサービス)と同じホストで実行できますが、別のホストにインストールすることが推奨されます。ただし、どちらのケースでも、Enterprise Consoleの実行に対して選択したマシンは、そのマシン上で実行されるすべてのコンポーネントの要件を満たしている必要があります(下記参照)。Enterprise Consoleとコントローラが同じマシンで実行される場合でも、Enterprise Consoleはコントローラとは別のMySQLインスタンスで実行されます。これにより、Enterprise Consoleで、コントローラホストから独立してコントローラのインスタンスを管理できるようになり、メモリの消費量が少ない軽量設定が実現します。

    Note
    Enterprise Consoleをコントローラマシンにインストールする場合、個別のディレクトリにインストールする必要があります。これは、Enterprise Consoleデータディレクトリをコントローラデータディレクトリと別のフォルダに含める必要があるためです。コントローラが /opt/appdynamics/controller にインストールされている場合、Enterprise Console は /opt/appdynamics/enterpriseconsole などにインストールすることが推奨されます。

    また、デフォルトで3388となっているコントローラデータベースとのポートコンフリクトを回避する必要もあります。Enterprise Consoleデータベースは、デフォルトで3377です。

    選択したEnterprise Consoleインストールパスは、書き込み可能である必要があります。すなわち、Enterprise Consoleをインストールしたユーザーに、そのディレクトリへの書き込み権限がある必要があります。

    Enterprise Consoleでは、複数のユーザーがコマンドを同時に実行することが禁止されています。2人目のユーザーが別のコマンドの実行中にコマンドを実行しようとすると、2つ目のコマンドは完了せず、別のコマンドが実行中であることを示すエラーメッセージが表示されます。このようなコンフリクトを回避するため、通常、Enterprise Consoleは同時に複数のユーザーが使用しないようにする必要があります。

    インストール時に、Enterprise Consoleに対してHTTPSを有効化できます。詳細については、HTTPS Support for the Enterprise Consoleを参照してください。

    Note
    クロスプラットフォーム(OS)インストール(Enterprise Console を Linux、コントローラを Mac または Windows にインストールするなど)は、サポートされていません。

    AWSホストへのインストール

    Enterprise Console を AWS ホストにインストールする場合、以下のホスト名および IP アドレスの値を SAN に追加する必要があります。

    • 公開 DNS(IPv4)

    • IPv4 パブリック IP

    • プライベートDNS

    • プライベート IP

    ディスクおよびメモリスペースの要件

    ホストのディスクスペースが、Enterprise Consoleと、コントローラを含むプラットフォームに対して十分である必要があります。Enterprise Consoleでコントローラと同じホストを共有している場合、追加のメモリは必要ありません。ただし、Enterprise Consoleホストがコントローラホストと共有されていない場合は、追加のディスクおよびメモリスペースが必要になります。最小スペース要件を満たしていることを確認するには、「Enterprise Console Requirements」および「Prepare the Controller Host」を参照してください。

    ソフトウェアの要件

    Linux を実行するシステムでは、cURL および netstat がインストールされている必要があります。また、Linux システムでは libaio ライブラリもインストールされている必要があります。このライブラリにより、システムにおける非同期 I/O オペレーションが提供されます。 

    Linux オペレーティングシステムの一部の共通フレーバーにおける libaio およびその他のライブラリのインストール方法については、「必要なライブラリ」を参照してください。

    パスワードの要件

    ブラウザの互換性の問題のため、AppDynamics ではユーザ名、アカウント名、およびパスワードには ASCII 文字のみを使うことを推奨しています。

    これらのパスワード設定を使用して、インストールを構成します。

    GUIモードスクリーンまたはオプションラベル応答ファイル変数説明
    データベースルートユーザーのパスワード

    mysqlRootUserPassword

    コントローラでMySQLデータベースへのアクセスに使用されるユーザーアカウントのパスワードです。

    単一引用符(')、二重引用符(")、またはアットマーク(@)は、このパスワードでは使用しないでください。

    コントローラ ルートユーザーのパスワードrootUserPasswordコントローラルートユーザのパスワード。ルートユーザは、システム管理コンソールへのアクセス権限を持つコントローラ ユーザ アカウントです。
    このパスワードは、ビルトイン Glassfish アプリケーションサーバの管理ユーザにも使用されます。Glassfish 管理ユーザを使用して、Glassfish コンソールおよび asadmin ユーティリティにアクセスできます。コンソールの詳細は、「Access the Administration Console」を参照してください。
    パスワードで使用できる文字は、a-z、A-Z、0-9、.、+、=、@、_、-、$、:、#、,、(、)、!、{、} です。
    ユーザー名(管理ユーザーのセットアップ)userNameコントローラUIにおける管理者アカウントのユーザー名です。これは、シングルテナントシステムの場合には組み込みアカウントの管理者、マルチテナントの場合には初期アカウントの管理者になります。「User Management」を参照してください。
    ユーザー名とパスワードに「@」および「!」を使用することはできません。
    また、このアカウントがREST APIへのアクセスに使用される場合、ユーザー名における特殊文字の使用に関する追加制限が適用されることに注意してください。詳細については、「Manage Users and Groups」を参照してください。

    パスワードフィールドでは、パスワード文字列の末尾以外には特殊文字を含めることができます。ただし、response.varfileを使用している場合、パスワードの1文字目をスペースにすることはできません。

    GUIインストール

    開始する前に、対象システムに適したEnterprise Consoleインストーラバージョンを取得します。インストーラは、AppDynamics ダウンロードサイトから取得できます。準備ができたら、次の手順に従ってEnterprise Consoleをインストールします。

    1. インストールファイルをダウンロードしたディレクトリに移動します。
    2. 次のコマンドを実行します。

      Linux

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh
      Info

      インストーラは、非ルートとルートのいずれかとして実行できます。

      Windows

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe
      Tip

      .exe ファイルを右クリックし、[Run as Administrator] を選択することが推奨されます。

    3. GUIが起動した後、GUIを使用してインストールを完了します。Linuxでは、インストールウィザードの手順に従ってコンソールのインストールを完了することもできます。

      Info
      AWS に Enterprise Console をインストールする場合、プロンプトが表示されたら、Enterprise Console ホスト名の公開 DNS を使用します。

    Anchor
    silent-install
    silent-install
    サイレントインストール

    サイレントインストールの方法を使用するには、-q オプション、応答ファイル、および宛先ディレクトリをインストーラの実行コマンドに追加します。たとえば、Linux では以下のコマンドを実行します。

    No Format
    ./platform-setup-64bit-linux.sh -q -varfile ~/response.varfile

    可能な場合、引数値として指定されたインストールパスとして、例で示されている相対パスではなく、dir絶対パスを入力することが推奨されます。 

    Windowsシステムの場合:

    No Format
    platform-setup-64bit-windows.exe -q -varfile c:/response.varfile

    サイレントインストールのサンプル応答ファイル

    Linux

    Expand
    No Format
    serverHostName=HOST_NAME
    sys.languageId=en
    disableEULA=true
    
    platformAdmin.port=9191
    platformAdmin.databasePort=3377
    platformAdmin.dataDir=/opt/appdynamics/platform/mysql/data
    platformAdmin.databasePassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.databaseRootPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.adminPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.useHttps$Boolean=false
    sys.installationDir=/opt/appdynamics/platform

    sys.languageID および platformAdmin.dataDir プロパティは、オプションです。指定されていない場合、データディレクトリはプラットフォーム ディレクトリの下の /mysql ディレクトリにあります。

    Windows

    Expand
    No Format
    serverHostName=HOST_NAME
    sys.languageId=en
    disableEULA=true
    sys.adminRights$Boolean=true
    
    platformAdmin.port=9191
    platformAdmin.databasePort=3377
    platformAdmin.dataDir=C\:\\AppDynamics\\Platform\\platform-admin\\mysql\\data
    platformAdmin.databasePassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.databaseRootPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.adminPassword=ENTER_PASSWORD
    platformAdmin.useHttps$Boolean=false
    sys.installationDir=C\:\\AppDynamics\\Platform

    sys.languageID および platformAdmin.dataDir プロパティは、オプションです。指定されていない場合、データディレクトリはプラットフォーム ディレクトリの下の \mysql ディレクトリにあります。

    Info
    Enterprise Console を AWS にインストールする場合、serverHostName 値に公開 DNS を使用します。

    インストール後

    Enterprise Consoleをインストールした後、次のいずれかのメソッドを使ってAppDynamicsプラットフォームをインストールできます。

    • GUI:コントローラおよびイベントサービスをインストールするための Web ブラウザ内のグラフィカル インターフェイスです。プラットフォームの Express Install または Custom Install を選択できます。これには、コントローラおよびイベントサービスをインストールするオプションが含まれます。
    • コマンドライン:コントローラおよびイベントサービスをインストールするためのCLIです。

    実践後Enterprise Console をインストールした後、プラットフォームの Express Install と Custom Install のいずれかを選択できます。これには、コントローラをインストールするオプションが含まれます。 これらのオプションの詳細は、「Enterprise Console」を参照してください。

    無人モードまたはコマンドラインでのコントローラまたはイベントサービスのインストールについては、次を参照してください。Enterprise Console Command Line

    Anchor
    access-the-ec
    access-the-ec
    Enterprise Consoleへのアクセス

    次のURLを使用して、Enterprise ConsoleのGUIにアクセスします。

    No Format
    http(s)://<hostname>:<port>

    Enterprise Consoleのインストール時に使用したポートとホスト名を指定します。デフォルトポートは9191です。 このポートは、どこからでもアクセスできるよう、ファイアウォールのルールから除外する必要があります。詳細については、Port Settingsを参照してください。

    例: 

    No Format
    http(s)://aHost.aDomain:9191

    GUIで、AppDynamicsプラットフォームのコンポーネントをインストールおよび管理できます。これには、ホストや認証情報の追加、コントローラのインストール、ジョブのモニタリングなどのタスクが含まれます。

    GUI にアクセスできない場合、ホスト名とポート番号が正しいことを確認してください。また、Enterprise Console が実行中であることも確認してください。 

    GUIへの初回アクセス時には、Enterprise ConsoleでAppDynamicsプラットフォームのインストールに関する次のオプションが表示されます。

      • Express: このオプションは、コントローラおよびイベントサービスの新規インストールに対して選択します。サービスは、同じホストにインストールされます。
      • Custom:このオプションを選択して、インストールのカスタマイズを行います。これには、コントローラとイベントサービスの個別のホストにおける インストールまたはアップグレードを含みます。イベントサービスを個別のホストにインストールすることで、ニーズに応じ、1つまたは3つ以上のイベントサービスノードを作成することができます。Enterprise Consoleを含む個別ホストへのイベントサービスのインストールは、Linuxのみでサポートされています。Windows でイベントサービスを個別のホストにインストールする場合は、「Install the Events Service on Windows」を参照してください。 

        Info

        イベントサービスは、Install Events Serviceオプションの選択を解除しない限り、デフォルトではCustom Installによってインストールされます。

        • Discover and Upgrade:Customインストールの実行時に、既存のAppDynamicsデプロイ(コントローラやイベントサービスなど)を発見およびアップグレードするオプションがあります。たとえば、パッケージインストーラを使用してコントローラを旧バージョンのAppDynamicsにインストールする場合、発見およびアップグレードオプションを使用し、コントローラをEnterprise Consoleで管理されるAppDynamicsプラットフォームに追加することができます。それにより、アプリケーションでコントローラがEnterprise Consoleの同じバージョンにアップグレードされます。コントローラと MySQL の発見およびアップグレードを試行する前に、それらが実行中であることを確認してください。 

    インストールのトラブルシューティング

    このセクションには、Enterprise Console のインストール時に発生する可能性がある問題のトラブルシューティングに関する情報が記載されています。

    使用許諾契約書のインストールスタック

    インストールがコンソールの使用許諾契約書が表示されたまま停止した場合、EULAで特殊文字に関する問題が発生している可能性があります。この問題を解決するには、-VdisableEULA=true フラグをインストールコマンドまたは response.varfile に追加してください。例:

    No Format
    ./platform-setup-64bit-linux.sh -c -VdisableEULA=true

    「Enterprise Console Application Is in Use」エラー

    「Enterprise Console Application (9191/3377) is in use」というエラーが表示された場合、インストール時に正しいホスト名を指定したことを確認する必要があります。

    Linuxマシンでのデフォルトフォント変更

    Enterprise ConsoleのインストールがRed Hatシステムで失敗する場合、Install4jの問題が原因である可能性があります。デフォルトフォントが変更された場合、JREでそれを解釈できず、「could not display the GUI」エラーが発生します。このエラーは、-VdisableEULA=true を使用してインストールを実行し、以下のコンテンツを含むファイル /etc/fonts/local.conf を作成することで解決できます。

    Expand
    No Format
    <?xml version='1.0'?>
    <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM
    'fonts.dtd'>
    <fontconfig>
      <alias>
        <family>serif</family>
    
    <prefer><family>Utopia</family></prefer>
      </alias>
      <alias>
    
    <family>sans-serif</family>
        <prefer><family>Utopia</family></prefer>
    
    </alias>
      <alias>
        <family>monospace</family>
    
    <prefer><family>Utopia</family></prefer>
      </alias>
      <alias>
    
    <family>dialog</family>
        <prefer><family>Utopia</family></prefer>
    
    </alias>
      <alias>
        <family>dialoginput</family>
    
    <prefer><family>Utopia</family></prefer>
      </alias>
    </fontconfig>

    Windowsマシンの「Rename the Directory」エラー

    Enterprise Consoleのインストールがエラー「on rename of the directory」によって失敗する場合、アンチウィルススキャンが原因である可能性があります。その場合、マシンでのアンチウィルススキャンを停止すると、問題が解決します。また、Enterprise Consoleディレクトリがコントローラディレクトリの外にある場合、Enterprise Consoleディレクトリをスキャンから除外する必要もあります。詳細については、「Prepare Windows for the Controller」を参照してください。