Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7

    ...

    sv-

    ...

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    ...

    translation
    languageen

    This page describes how to upgrade a scaled-out Events Service on primarily Linux machines using the Enterprise Console. 

    Upgrade the Events Service Using GUI

    If there is a Events Service upgrade available, you can begin the upgrade process either on the Custom Install or Events Service page in the GUI. 

    Info

    You do not need to stop the Events Service before upgrading because the Enterprise Console does this for you.

    After you upgrade the Events Service, upgrade the EUM server if it is part of your deployment. Then, upgrade the Controller.

    Upgrade the Events Service from 4.1.x, 4.2.x, and 4.3.x to 4.4.x or Latest

    Info

    The Enterprise Console supports the installation of the Events Service on a Windows environment for a single node install. If you have several remote nodes, you will need to do a manual upgrade of the Events Service cluster and set the keys manually. See Connect to the Events Service

    Tip

    The Enterprise Console manages the Controller and Events Service together, so their keys found in events-service-api-store.properties are set and synced to each other upon upgrade. However, we recommend confirming that the keys were synced correctly: appdynamics.on.premise.event.service.key == ad.accountmanager.key.controller

    To upgrade the Events Service from 4.1.x, 4.2.x, and 4.3.x to 4.4.x or the latest version, you can use the Discover and Upgrade feature:

    1. Check that you have fulfilled the Enterprise Console prerequisites before starting.

    2. Open a browser and navigate to the GUI: 

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      9191 is the default port.

    3. Navigate to the Install homepage and click Custom Install.

    4. Name the Platform:

      1. Enter a Name and the Installation Path for your platform.

        Info

        The Installation Path is an absolute path under which all of the platform components are installed. The same path is used for all hosts added to the platform. Use a path which does not have any existing AppDynamics components installed under it.
        The path you choose must be writeable, i.e. the user who installed the Enterprise Console should have write permissions to that folder. Also, the same path should be writable on all of the hosts that the Enterprise Console manages.

        Example path: /home/appduser/appdynamics/product

    5. Add a Host:

      Note

      Note that all services on Windows machines must be installed on the Enterprise Console host

    ...

    1. since the Enterprise Console does not support remote operations on Windows. Therefore, you cannot add a host in a Windows Enterprise Console machine.

      1. Enter the host machine-related information: Host Name, Username, and Private Key. This is where the Events Service will be upgraded. Therefore, this needs to point to the host machine where the Events Service is currently up and running. For more information about how to add credentials and hosts, see Administer the Enterprise Console.

    2. Click on Platforms. Select the newly created platform and navigate to the Events Service page.
    3. Discover Events Service:
      1. Select Discover & Upgrade Events Service.
      2. Select an available Target Version from the dropdown list.

        Info

        The list is populated by versions that the Enterprise Console is aware of. This means that you can upgrade the Events Service to any intermediate version or to the latest version as long as the Enterprise Console installer has been run for those versions.

      3. Enter the Installation Directory.
      4. Enter the Events Service Host.
    4. Click Submit. 

    The Enterprise Console will onboard the Events Service on the selected host machine to the application build. When the Enterprise Console discovers a component, it also checks to see if an upgrade is available and performs the upgrade. Plan for a downtime of the Events Service availability during this time. You can view the status of the upgrade job on the Jobs page. 

    Once the upgrade is complete, the Events Service Health status and related information can be accessed from the Events Service page.

    Note

    After upgrading to 4.4.x or the latest, the commands to start and stop the Events Service change. See Administer the Events Service for more information.

    Upgrade the Events Service from 4.4.x to Latest

     To upgrade the Events Service from 4.4.x to the latest version, you can use the Upgrade Events Service feature:

    1. Check that you have fulfilled the Enterprise Console prerequisites before starting.

    2. Upgrade the Enterprise Console to the

    ...

    1. latest version.
    2. Open a browser and navigate to the GUI: 

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      9191 is the default port.

    3. Navigate to the Events Service page of the platform.
    4. Select the Events Service host you would like to upgrade.
    5. Click Upgrade Events Service.
    6. Select an available Target Version from the dropdown list.

      Info

      The list is populated by versions that the Enterprise Console is aware of. This means that you can upgrade the Events Service to any intermediate version or to the latest version as long as the Enterprise Console installer has been run for those versions.

    7. Confirm the Upgrade.

    Upgrade the Events Service Using CLI

    If there is

    ...

    an Events Service upgrade available, you can begin the upgrade process using the application CLI

    Info

    You do not need to stop the Events Service before upgrading because the Enterprise Console does this for you.

    After you upgrade the Events Service, upgrade the EUM server if it is part of your deployment. Then, upgrade the Controller.

    Upgrade the Events Service from 4.1.x, 4.2.x, and 4.3.x to 4.4.x or Latest

    To upgrade the Events Service software from 4.1.x, 4.2.x, and 4.3.x to 4.4.x or the latest version, you will need to first download and install the Enterprise Console installer before performing the following steps:

    1. Create a platform as follows:

      No Format
      bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform_name> --installation-dir <platform_installation_directory>

      The installation directory is the directory where the Enterprise Console installs all platform components.

      Info

      To avoid any failures, do not use the 4.3 or earlier Platform Admin installation directory. Instead, provide a new/empty directory.

    2. Add the SSH key that the Enterprise Console will use to access and manage the Events Service hosts remotely. (See Create the SSH Key for more information): 

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type ssh --user-name <username> --ssh-key-file <file path to the key file>

      <file path to the key file> is the private key for the Enterprise Console machine. The installation process deploys the keys to the Events Service hosts. 

     


    1. Add hosts to the platform, passing the credential you added to the platform: 

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts es_host_1 es_host_2 es_host_3 --credential <credential name>
    2. Discover the Events Service nodes that are not yet integrated:

      No Format
      bin/platform-admin.sh submit-job --service events-service --job discover

    ...

    1. -upgrade --platform-name <name_of_the_platform> --args destinationDirectory=<path_to_events_service> serviceActionHost=<es_host_1 es_host_2 es_host_3>

      This command integrates the nodes into the Enterprise Console and also upgrades them. If your upgrade fails, you can resume by passing the flag useCheckpoint=true as an argument after --args.

    Note

    After upgrading to 4.4.x or the latest, the commands to start and stop the Events Service change. See Administer the Events Service for more information.

    Upgrade the Events Service from 4.4.x to Latest

    Upgrades from 4.4.x to the latest version can be performed on the Events Service page of the Enterprise Console or with the following commands:

    1. Upgrade the Enterprise Console to the

    ...

    1. latest version.
    2. Navigate to the <Enterprise Console home directory>/platform-admin directory.
    3. If it has been more than one day since your last session, you will have to log in with the following command:

      No Format
      bin/platform-admin.sh login --user-name <admin_username> --password <admin_password>
    4. Apply the upgrade to the Events Service nodes with the following command:

      No Format
      bin/platform-admin.sh submit-job --service events-service --job upgrade --platform-name <name_of_the_platform>

      If your upgrade fails, you can resume by passing the flag useCheckpoint=true as an argument after --args.

    sv-translation
    languageja

    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    このトピックでは、Linux マシン上のスケールアウト済みのイベントサービスを Enterprise Console を使用してアップグレードする方法について説明します。 

    GUIを使用したイベントサービスのアップグレード

    イベントサービスの利用可能なアップグレードがある場合は、GUI にある [Custom Install] または [Events Service] ページのいずれかでアップグレードプロセスを開始できます。 

    Info

    Enterprise Consoleがイベントサービスを自動的に停止するため、アップグレードする前にユーザーがイベントサービスを停止する必要はありません。

    イベントサービスをアップグレードした後に、EUMサーバーがデプロイの一部である場合はEUMサーバーをアップグレードします。その後にコントローラをアップグレードします。

    イベントサービスの4.1.x、4.2.x、4.3.xから4.4.xまたは最新バージョンへのアップグレード

    Info

    Enterprise Console は、Windows 環境で単一ノードインストール用にイベントサービスのインストールをサポートしています。複数のリモートノードがある場合は、イベントサービスクラスタの手動アップグレードを実行し、キーを手動で設定する必要があります。参照: Connect to the Events Service

    Tip

    Enterprise Console はコントローラとイベントサービスをまとめて管理するため、events-service-api-store.properties にあるキーはアップグレード時に設定され相互に同期されます。ただし、キーが正しく同期されていることを確認することをお勧めします。appdynamics.on.premise.event.service.key == ad.accountmanager.key.controller

    イベントサービスを4.1.x、4.2.x、4.3.xから4.4.xまたは最新バージョンにアップグレードするには、検出とアップグレード機能を使用します。

    1. 開始する前に、Enterprise Console の前提条件を満たしていることを確認します。

    2. ブラウザを開き、GUIに移動します。

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      デフォルトのポートは9191です。

    3. [Install] ホームページに移動して、[Custom Install] をクリックします。

    4. プラットフォームの指定:

      1. プラットフォームの名前とインストールパスを入力します。

        Info

        インストールパスは、すべてのプラットフォーム コンポーネントがインストールされる絶対パスです。プラットフォームに追加されたすべてのホストに同じパスが使用されます。既存の AppDynamics コンポーネントがインストールされていないパスを使用します。
        選択したパスは、書き込み可能である必要があります。すなわち、Enterprise Console をインストールしたユーザに、そのフォルダへの書き込み権限がある必要があります。また、Enterprise Console で管理されるすべてのホストで同じパスが書き込み可能である必要があります。

        パスの例:/home/appduser/appdynamics/product

    5. ホストの追加:

      Note

      Enterprise Console では Windows 上でのリモートオペレーションはサポートされていないため、Windows マシン上のすべてのサービスは Enterprise Console ホストにインストールする必要があります。そのため、Windows Enterprise Console マシンでは、ホストは追加できません。

      1. ホストマシンの関連情報(ホスト名、ユーザ名、秘密鍵)を入力します。ここでイベントサービスがアップグレードされます。そのため、これは、現在イベントサービスが起動されているホストマシンを指している必要があります。認証情報とホストを追加する方法の詳細は、「Administer the Enterprise Console」を参照してください。

    6. [Platforms] をクリックします。新しく作成したプラットフォームを選択して [Events Service] ページに移動します。
    7. イベントサービスを検出します。
      1. Discover & Upgrade Events Service を選択します。
      2. ドロップダウンリストから、利用可能な対象バージョンを選択します。

        Info

        この一覧には、Enterprise Consoleで認識されるバージョンが含まれています。すなわち、Enterprise Consoleインストーラがこれらのバージョンに対して実行されていれば、イベントサービスを中間バージョンまたは最新バージョンにインストールできます。

      3. Installation Directoryにインストールディレクトリを入力します。
      4. Events Service Hostにイベントサービスホストを入力します。
    8. [Submit] をクリックします。 

    Enterprise Console は、選択されたホストマシンのイベントサービスをアプリケーションビルドにオンボードします。Enterprise Consoleがコンポーネントを発見すると、アップグレードが利用可能かどうかもチェックしてアップグレードを実施します。この間のイベントサービスのダウンタイムを計画してください。[Jobs] ページでアップグレードジョブのステータスを確認できます。 

    アップグレードが完了すると、[Events Service] ページでイベントサービスの正常性ステータスと関連情報にアクセスできます。

    Note

    4.4.xまたは最新バージョンにアップグレードしている場合は、イベントサービスを開始および停止するためのコマンドが変更されています。詳細については、Administer the Events Serviceを参照してください。

    イベントサービスの4.4.xから最新バージョンへのアップグレード

    イベントサービスをバージョン 4.4.x から最新バージョンにアップグレードするには、イベントサービスのアップグレード機能を使用します。

    1. 開始する前に、Enterprise Console の前提条件を満たしていることを確認します。

    2. Upgrade the Enterprise ConsoleEnterprise Console を最新バージョンにアップグレードします。
    3. ブラウザを開き、GUIに移動します。

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      デフォルトのポートは9191です。

    4. プラットフォームの [Events Service] ページに移動します。
    5. アップグレードするイベントサービスホストを選択します。
    6. Upgrade Events Service をクリックします。
    7. ドロップダウンリストから、利用可能な対象バージョンを選択します。

      Info

      この一覧には、Enterprise Consoleで認識されるバージョンが含まれています。すなわち、Enterprise Consoleインストーラがこれらのバージョンに対して実行されていれば、イベントサービスを中間バージョンまたは最新バージョンにインストールできます。

    8. アップグレードを確定します。

    CLIを使用したイベントサービスのアップグレード

    適用可能なイベント サービス アップグレードがある場合、アプリケーション CLI を使用してアップグレードプロセスを開始できます。 

    Info

    Enterprise Consoleがイベントサービスを自動的に停止するため、アップグレードする前にユーザーがイベントサービスを停止する必要はありません。

    イベントサービスをアップグレードした後に、EUMサーバーがデプロイの一部である場合はEUMサーバーをアップグレードします。その後にコントローラをアップグレードします。

    イベントサービスの4.1.x、4.2.x、4.3.xから4.4.xまたは最新バージョンへのアップグレード

    イベント サービス ソフトウェアを 4.1.x、4.2.x、または 4.3.x から 4.4.x または最新バージョンにアップグレードするには、以下の手順を実行する前に、Enterprise Console のインストーラをダウンロードしてインストールしておく必要があります。

    1. 次のコマンドを使用してプラットフォームを作成します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform_name> --installation-dir <platform_installation_directory>

      インストールディレクトリは、Enterprise Consoleによってすべてのプラットフォームコンポーネントがインストールされるディレクトリです。

      Info

      障害の発生を避けるために、バージョン4.3以前のPlatform Adminのインストールディレクトリは使用しないでください。代わりに、新規または空のディレクトリを指定します。

    2. Enterprise Console がイベントサービスホストにリモートでアクセスおよび管理するために使用する SSH キーを追加します(詳細については、「SSH キーの作成」を参照してください)。

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type ssh --user-name <username> --ssh-key-file <file path to the key file>

      <file path to the key file>は Enterprise Console マシンの秘密鍵です。インストールプロセスで、鍵がイベントサービスホストにデプロイされます。 

       

    3. プラットフォームに追加した認証情報を渡して、プラットフォームにホストを追加します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts es_host_1 es_host_2 es_host_3 --credential <credential name>
    4. 統合されていないイベントサービスノードを検出します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh submit-job --service events-service --job discover-upgrade --platform-name <name_of_the_platform> --args destinationDirectory=<path_to_events_service> serviceActionHost=<es_host_1 es_host_2 es_host_3>

      このコマンドは、ノードをEnterprise Consoleに統合し、そのノードをアップグレードします。アップグレードが失敗した場合は、引数として useCheckpoint=true フラグを --args. の後に渡すことで、アップグレードを再開できます。

    Note

    4.4.xまたは最新バージョンにアップグレードしている場合は、イベントサービスを開始および停止するためのコマンドが変更されています。詳細については、Administer the Events Serviceを参照してください。

    イベントサービスの4.4.xから最新バージョンへのアップグレード

    4.4.xから最新バージョンへのアップグレードは、Enterprise ConsoleのEvents Serviceページから、または以下のコマンドを使用して実行できます。

    1. Upgrade the Enterprise ConsoleEnterprise Console を最新バージョンにアップグレードします。
    2. <Enterprise Consoleホームディレクトリ>/platform-adminディレクトリに移動します。
    3. 最後のセッションから1日以上経った場合には、以下のコマンドを使用してログインする必要があります。

      No Format
      bin/platform-admin.sh login --user-name <admin_username> --password <admin_password>
    4. 次のコマンドを使用して、イベントサービスノードにアップグレードを適用します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh submit-job --service events-service --job upgrade --platform-name <name_of_the_platform>

      アップグレードが失敗した場合は、引数として useCheckpoint=true フラグを --args. の後に渡すことで、アップグレードを再開できます。