Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    Sv translation
    languageen

    This page describes how to check version information and the version of bundled components. This information is useful when troubleshooting the system or performing other administrative tasks. 

    Important: AppDynamics maintains and updates the bundled components as part of the AppDynamics Platform. Do not attempt to upgrade a bundled component independently of the platform upgrade procedure.

    Controller Version

    You can retrieve the Controller version in two ways:

    1. From the AppDynamics UI:
      1. Click the Settings gear () icon.
      2. Select About AppDynamics. 
      3. Note the Controller build number.
    2. From the command line of the Controller machine:
      1. Access the README.txt file located in the Controller home directory.  

    Bundled Glassfish Server Version

    The Glassfish server is installed in <controller_home>/appserver.

    The Glassfish server version is Glassfish 4.1.1.

    Anchor
    mysqlversion
    mysqlversion
    Bundled MySQL Database Version

    The AppDynamics Controller uses MySQL as its default database, where it stores configuration data, metrics data, transaction snapshot data and events, and the history of incidents that occurred (both resolved and unresolved incidents are stored). The MySQL database files are installed in <controller_home>/db by default.

    The latest AppDynamics release bundles MySQL version 5.7.28.

    Check MySQL Version

    To check what your MySQL version is in your Controller, you can run the following command:

    No Format
    <controller_home>/bin/controller.sh login-db
    select version();

    Upgrade MySQL Version

    Optionally, after you install or upgrade the Controller, you can upgrade the MySQL version with the Enterprise Console. Note that you cannot reverse this process.

    Info
    A newly installed 4.5 Controller packages and uses MySQL 5.7. However, a Controller that is upgraded to 4.5 from a previous version where MySQL 5.5 is used, will also use version 5.5.

    You can upgrade the MySQL version on the Controller page in the GUI or with the following command:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh submit-job --job mysql-upgrade --service controller --args newDatabaseRootPassword=<database root password>
    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.exe cli submit-job --job mysql-upgrade --service controller --args newDatabaseRootPassword=<database root password>

    Bundled Java Version

    The Controller bundles and uses Java 1.8.0_162. 

    Enterprise Console Version

    Run the command in the <Enterprise Console installation directory>/platform-admin to check the version:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh show-platform-admin-version
    Tabs Page
    tabNameWindows
    title Windows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli show-platform-admin-version

    Other Component Versions

    See Legal Notices for a complete list of the latest components that are included in the AppDynamics products and modules.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    このトピックでは、バージョン情報と、バンドルされたコンポーネントのバージョンを確認する方法について説明します。この情報は、システムのトラブルシューティングやその他の管理タスクを実行する場合に役立ちます。 

    Important:AppDynamicsでは、バンドルされているコンポーネントをAppDynamics Platformの一部として維持および更新しています。バンドルされているコンポーネントをプラットフォームのアップグレード手順以外でアップグレードしないでください。

    コントローラのバージョン

    AppDynamics UI で、ヘルプメニューの下にある [About AppDynamics] ダイアログボックスからコントローラのバージョンを確認できます。 

    コントローラマシンのコマンドラインで、コントローラ ホーム ディレクトリにある README.txt ファイルからバージョン番号を取得できます。  

    バンドルされるGlassfishサーバーのバージョン

    Glassfishサーバーは、<controller_home>/appserverにインストールされています。

    GlassfishサーバーのバージョンはGlassfish 4.1.1です。

    Anchor
    mysqlversion
    mysqlversion
    バンドルされるMySQLデータベースのバージョン

    AppDynamics コントローラは、構成データ、メトリックデータ、トランザクション スナップショット データ、イベント、および発生したインシデントの履歴(解決済、未解決のインシデントを格納)を格納するデフォルトのデータベースとして MySQL を使用します。MySQL データベースファイルは、デフォルトでは <controller_home>/db にインストールされます。

    AppDynamics の最新リリースは MySQL バージョン 5.7.26 とバンドルされています。

    MySQLバージョンの確認

    コントローラで使用されているMySQLのバージョンを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    No Format
    <controller_home>/bin/controller.sh login-db
    select version();

    MySQLバージョンのアップグレード

    必要に応じて、コントローラをインストールまたはアップグレードした後、Enterprise Consoleを使用してMySQLのバージョンをアップグレードできます。このプロセスは逆の順序で行うことはできないことに注意してください。

    Info
    新たにインストールした4.5コントローラはMySQL 5.7がパッケージされており、これを使用します。ただし、MySQL 5.5を使用する以前のバージョンから4.5にアップグレードされたコントローラは、バージョン5.5を使用します。

    MySQL のバージョンは、GUI の [Controller] ページで、または次のコマンドでアップグレードできます。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh submit-job --job mysql-upgrade --service controller --args newDatabaseRootPassword=<database root password>
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.exe cli submit-job --job mysql-upgrade --service controller --args newDatabaseRootPassword=<database root password>

    バンドルされるJavaのバージョン

    コントローラでは Java 1.8.0_162 がバンドルされ使用されます。 

    Enterprise Consoleのバージョン

    <Enterprise Console のインストールディレクトリ>/platform-admin でコマンドを実行してバージョンを確認します。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    Code Block
    languagebash
    bin/platform-admin.sh show-platform-admin-version
    Appd tab item
    tabNameWindows
    Code Block
    languagebash
    bin\platform-admin.exe cli show-platform-admin-version

    その他のコンポーネントのバージョン

    AppDynamics の製品とモジュールに含まれる最新のコンポーネントの全一覧については、「特記事項」を参照してください。