Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8
    Sv translation
    languageen

    This page provides an overview of how to configure and administer Controller data storage. 

    About Controller Data Storage

    The Controller requires persistent data storage to store the following type of information:

    • Design of your applications (all metadata about business transactions, tiers, policies, and so on)
    • History of the performance of your applications (metric data)
    • Transaction snapshot data and events
    • History of incidents that occurred (both resolved and unresolved incidents)

    Controller Data Directory Location

    By default, the AppDynamics Controller uses MySQL as its storage mechanism. The Controller bundles a MySQL instance with the Controller. At installation time, the Enterprise Console creates the necessary tables and artifacts in the database.

    By default, the database files and data are stored in: <controller_home>/db.

    Manage the Database User Password

    The Enterprise Console creates the user account that the Controller uses to log into the database to perform database-related operations. The username of the account is "root", and the password is the one you supply to the Enterprise Console during the Controller installation process.   

    When attempting to access the data, the Controller reads the database user password from these sources and in the priority shown: 

    • From the MYSQL_ROOT_PASSWD environment variable 
    • From user input to a command line prompt   

    If you do not keep the password in the environment variable, you will need to supply it in response to a command-line prompt whenever performing an operation that involves accessing the database, starting the database, stopping the database, or logging into the database.

    Moving the Controller Data Directory

    After installation, you can move the data directory to a new location. This may be necessary, for example, if there is not enough disk space available during Controller installation.

    If you are using symlinks, you must create the symlink outside of the root Controller install directory and move the data directory to the new volume after you install the Controller.

    Warning: Do not mount a file system on <controller_home>/db/data. During Controller upgrade, the Enterprise Console moves the data directory to data_orig. Upgrade will fail if the Enterprise Console cannot complete this move.

    You can also update the datadir path on the Controller Database Configurations page of the Enterprise Console GUI.

    To relocate the Controller data directory
    1. Stop the Controller and its database. See Start or Stop the Controller.
    2. Modify following properties in the <controller_home>/db/db.cnf file to point to the new location of the data directory.

      Code Block
      datadir
      tmpdir
      log
      slow_query_log_file
    3. Copy (or move) the existing data directory <controller_home>/db to the new location. 
      For example, to copy the data on Linux:

      Code Block
      cd <controller_home>/db/
      cp data <new-location>
    4. Start the Controller. See Start or Stop the Controller.
    5. Check the database.log and server.log for any errors related to the database connection.
    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width410px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    このトピックでは、コントローラのデータストレージを構成および管理する方法の概要を説明します。 

    コントローラのデータストレージについて

    コントローラは、次のような情報を格納するために永続的なデータストレージを必要とします。

    • アプリケーションの設計(ビジネストランザクション、ティア、ポリシーなどに関するすべてのメタデータ)
    • アプリケーションのパフォーマンス履歴(メトリックデータ)
    • トランザクションのスナップショットデータとイベント
    • 発生したインシデントの履歴(解決済みのインシデントと未解決のインシデントの両方)

    コントローラのデータディレクトリの場所

    デフォルトでは、AppDynamics コントローラは、ストレージメカニズムとして MySQL を使用します。コントローラは、MySQL インスタンスをコントローラとバンドルします。インストール時に、Enterprise Console はデータベースに必要なテーブルとアーティファクトを作成します。

    デフォルトでは、データベースのファイルおよびデータは、<controller_homeector>/dbに保存されます。

    データベースユーザーのパスワードの管理

    Enterprise Consoleは、コントローラがデータベース関連の操作を実行するためにデータベースにログインする際に使用するユーザーアカウントを作成します。アカウントのユーザ名は「root」で、パスワードはコントローラのインストール時に Enterprise Console に 入力するものです。点滅します。   

    コントローラはデータへのアクセスを試みる際、データベースユーザーのパスワードを以下のソースから記載されている優先順位で読み取ります。 

    • MYSQL_ROOT_PASSWD環境変数から
    • コマンドラインプロンプトへのユーザー入力から  

    環境変数にパスワードを保持しない場合は、データベースへのアクセス、データベースの起動、データベースの停止、またはデータベースへのログインといった操作を実行するたびに、コマンドラインプロンプトに応えてパスワードを入力する必要があります。

    コントローラのデータディレクトリの移動

    インストール後にデータディレクトリを新しい場所に移動できます。この操作は、コントローラのインストール時にディスク容量が不足していた場合などに必要となる可能性があります。

    シンボリックリンクを使用している場合は、シンボリックリンクをコントローラのルートインストールディレクトリ外に作成し、コントローラをインストールした後で、その新しいボリュームにデータディレクトリを移動する必要があります。

    Warning:<controller_home>/db/data にファイルシステムをマウントしないでください。Enterprise Consoleはコントローラのアップグレード時にこのデータディレクトリをdata_origに移動します。Enterprise Consoleがこの移動を完了できない場合、アップグレードは失敗します。

    Enterprise Console GUIのコントローラのDatabase Configurationsページでdatadirパスもアップグレードできます。

    コントローラのデータディレクトリを再配置するには
    1. コントローラとそのデータベースを停止します。詳細については、Start or Stop the Controllerを参照してください。
    2. <controller_home>/db/db.cnfファイルで以下のプロパティを変更し、データディレクトリの新しい場所を指定するようにします。

      Code Block
      datadir
      tmpdir
      log
      slow_query_log_file
    3. 既存のデータディレクトリ <controller_home>/db を新しい場所にコピー(または移動)します。
      たとえば、Linux 上でデータをコピーするには、以下のようにします。

      Code Block
      cd <controller_home>/db/
      cp data <new-location>
    4. コントローラを起動します。詳細については、Start or Stop the Controllerを参照してください。
    5. database.logおよびserver.logでデータベース接続に関連するエラーがないか確認します。