Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5

    ...

    sv-

    ...

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    ...

    translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related Pages:

    This page provides an introduction to installing the Universal Agent in AppDynamics.

    The AppDynamics Universal Agent runs on each app server machine where you want to deploy runtime agents. The first step in using the Universal Agent to manage your agent deployment, therefore, is installing the Universal Agent on the monitored machines.

    ...

    When you are ready to install the Universal Agent, see the topic specific to your operating system:

    Supported Environments and Requirements

    The Universal Agent occupies about 20 MB of disk space. When you start the installation, the script first checks the system for sufficient space. Using the Universal Agent to add more runtime agents to your target machine later will require additional space.

    The installation process installs the Universal Agent as an automatically started system service. Therefore, you need to

    ...

    install on the system as a user with sufficient privileges for this type of installation. On Linux, for example, you typically need to run the script as a user with sudo privileges. See Permissions for Running the Universal Agent. 

    The Universal Agent can support the deployment and management of the following runtime agents: 

    • Standalone Machine Agent
    • Java Agent
    • .NET Agent (Windows only)
    • Analytics Agent
    • Network Agent (Linux only) 

    Supported environments and requirements for the runtime agents still apply even when

    ...

    the Universal Agent is managing them. For example, in 4.4, the Network Agent is only available on Linux. Be sure to review the requirements for each runtime agent. 

    Some Universal Agent features (such as automatic JVM attachment and dynamic rulebook value propagation) have additional requirements and limitations, which are discussed in separate topics.

    The Universal Agent is available on the following Linux and Windows versions:

    Windows

    Installing the Universal Agent on Windows requires the Universal C Runtime. If it the Universal C Runtime is not installed on your Windows server you should install the Update for Universal C Runtime in Windows.

    AppDynamics supports the Universal Agent

    ...

    on:

    • Windows Server 2008 SP2 and higher

    Linux

    Installing the Universal Agent on Linux requires the GNU C Library version 2.12, commonly known as glibc 2.12. The minimum versions of the common distributions that meet this requirement are:

    • Ubuntu 11.04+
    • CentOS 6+
    • Red Hat Enterprise Linux 6+

    Controller Connection Settings

    The initial configuration for the Universal Agent specifies the Controller host, port, account name, and account key, so you will need to know the values to use before starting. These settings are equivalent to those used by other types of agent. You can find out more in the Agent-to-Controller Connections topic. Note that, on Linux, if you acquire the Universal Agent from the Controller, the settings are preconfigured. 

    Maintaining Universal Agents

    After initial installation, you can update new versions of the Universal Agent itself using the Universal Agent rulebook. For more information, see Universal Agent Rules.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages

    AppDynamicsユニバーサルエージェントはランタイムエージェントをデプロイする各アプリケーションサーバーマシンで実行されます。このため、ユニバーサルエージェントを使用してエージェントのデプロイを管理するための最初の手順は、モニタリング対象マシンにユニバーサルエージェントをインストールすることです。

    このトピックでは、ユニバーサルエージェントのインストールについて説明します。ユニバーサルエージェントをインストールする準備ができたら、ご使用のオペレーティングシステムに対応するトピックを参照してください。

    サポートされる環境と要件

    ユニバーサルエージェントは約20 MBのディスクスペースを占有します。インストールを開始すると、まず、スクリプトによってシステムに十分なスペースがあるかどうかがチェックされます。ユニバーサルエージェントを使用して、後でターゲットマシンにさらにランタイムエージェントを追加するには、さらにスペースが必要になります。

    インストールプロセスでは、ユニバーサルエージェントを自動で開始されるシステムサービスとしてインストールします。このため、このタイプのインストールに対して十分な権限を持つユーザーとしてシステムでインストールを実行する必要があります。たとえば、Linuxでは、sudo権限を持つユーザーとしてスクリプトを実行する必要があります。詳細については、Permissions for Running the Universal Agentを参照してください。 

    ユニバーサルエージェントは、次のランタイムエージェントのデプロイと管理をサポートできます。

    • スタンドアロンマシンエージェント
    • Javaエージェント
    • .NETエージェント(Windowsのみ)
    • 分析エージェント
    • ネットワークエージェント(Linuxのみ) 

    ランタイムエージェントのサポートされる環境と要件は、ユニバーサルエージェントでそれらが管理されていても、引き続き適用されます。たとえば、4.4では、ネットワークエージェントはLinuxでのみ使用できます。必ず、各ランタイムエージェントの要件を確認してください。 

    ユニバーサルエージェントの一部の機能(自動JVM添付や動的ルールブック値の伝搬など)には、その他の要件と制限がありますが、それらについては別のトピックで説明します。

    ユニバーサルエージェントは、次のLinuxバージョンとWindowsバージョンで使用できます。

    Windows

    ユニバーサルエージェントをWindowsでインストールするには、Universal C Runtimeが必要です。Universal C Runtime が Windows サーバにインストールされていない場合、Update for Universal C Runtime in Windows をインストールする必要があります。

    AppDynamicsは、以下でのユニバーサルエージェントの使用をサポートしています。

    • Windowsサーバー2008 SP2以降

    Linux

    Linux でユニバーサルエージェントをインストールするには、GNU C ライブラリバージョン 2.12(一般的には glibc 2.12 と呼ばれている)が必要です。この要件を満たす、一般的なディストリビューションの最小バージョンは次のとおりです。

    • Ubuntu 11.04 以降
    • CentOS 6 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 6 以降

    コントローラの接続設定

    ユニバーサルエージェントの初期設定では、コントローラのホスト、ポート、アカウント名、およびアカウントキーが指定されるため、開始する前に使用する値を把握しておく必要があります。これらの設定は、他のタイプのエージェントで使用される設定と同等です。詳細については、トピック「Agent-to-Controller Connections」を参照してください。Linux では、コントローラからユニバーサルエージェントを取得すると、設定が事前に設定されていることに注意してください。 

    ユニバーサルエージェントの保守

    初期インストール後、ユニバーサルエージェントルールブックを使用して、新しいバージョンのユニバーサルエージェント自体を更新できます。詳細については、「Universal Agent Rules」を参照してください。