Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.8-next
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    AppDynamics includes many tools and views designed to help you diagnose application-related problems, as introduced in this section. 

    Accessing Troubleshooting

    When starting to troubleshoot an application problem, a good place to start is in the Troubleshoot section of the UI. You can access from the left-hand navigation pane of the Controller UI in an application context.

    The area includes pages for analyzing slow response times, errors and exceptions, and health rule violations. It also provides access to war rooms, an area of the UI dedicated to troubleshooting a specific problem.  

    Need more help?

    If slow response time persists even after you've completed the steps outlined above, you may need to perform deeper diagnostics. If you can't find the information you need on how to do so in the AppDynamics documentation, consider posting a note about your problem in the Community Discussion Boards. These discussions are monitored by customers, partners, and AppDynamics staff.  


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    AppDynamics には、アプリケーションに関する問題の診断に役立つ数々のツールとビューが含まれています。このセクションでは、これらのツールとビューについて紹介します。 

    トラブルシューティングへのアクセス

    アプリケーションの問題のトラブルシューティングを始める場合、最初に UI の [Troubleshoot] セクションに移動するとよいでしょう。アプリケーション コンテキストで、コントローラ UI の左のナビゲーションペインからアクセスできます。

    このエリアには、応答遅延、エラーと例外、および正常性ルール違反を分析するためのページが含まれています。また、特定の問題をトラブルシューティングする専用の UI エリアであるウォールームにもアクセスできます。  

    それでも問題が解決しない場合

    上記の手順を完了した後も応答遅延が続く場合は、さらに診断を行う必要があります。AppDynamics ドキュメントで診断方法に関する必要な情報が見つからない場合は、コミュニティ掲示板に問題に関するメモを投稿することを検討してください。AppDynamicsドキュメントで診断方法に関する必要な情報が見つからない場合は、コミュニティ掲示板に問題に関するメモを投稿することを検討してください。