Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5
    Sv translation
    languageen

    This page describes administration and advanced configuration options for the EUM Server. 

    Configure Data Store Expiration 

    As part of the Analytics functionality used by EUM, the Server stores some data, like crash reports and resource snapshots, in a local blob store. The default setting of 30 days, but you can change the storage period to be longer or shorter by following these steps:

    1. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties with a text editor.
    2. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.sample.properties with a text editor.
    3. Copy the onprem.crashReportExpirationDays property and the onprem.resourceSnapshotExpirationDays property from the sample file into eum.properties and set it to whatever value you wish. The unit is days.
    4. Restart the Server.

    Anchor
    max-page-url
    max-page-url
    Set the Maximum Length of Page URLs Read From Beacons

    By default, after the EUM Collector receives beacons, the EUM Processor will only read 512 characters of page URLs contained in the beacon. If the page URL exceeds 512 characters, the EUM Processor will truncate the page URL. You can configure the EUM Processor to read a longer page URL with the configuration beaconReader.maxUrlLength. The maximum length that can be set is 2048, which is imposed by the JavaScript Agent creating the beacon.

    To change the maximum length of the page URL read by the EUM Processor:

    1. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties with a text editor.
    2. Add the property beaconReader.maxUrlLength to the desired length (maximum is 2048):

      Code Block
      languagebash
      beaconReader.maxUrlLength=<max_length>
    3. Restart the Server.

    Anchor
    update-geo-database
    update-geo-database
    Update the EUM Server's Geo Server

    The on-prem EUM Server ships with Neustar's IP GeoPoint database for managing the geolocation of IP addresses. You can get daily updates of the Neustar IP GeoPoint from the AppDynamics download site.

    To keep your version of the database current, you need to update your copy of the database manually:

    Tabs Container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    tabNameLinux
    titleLinux
    1. From the AppDynamics download site, search for and download the Neustar data file (neustar.dat).
    2. Replace neustar.dat in $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin.
    3. In the $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor.log, verify that the new data file has been loaded. 
    4. Update the JVM's -Xmx option in the $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum-processor-launcher.vmoptions file.

      • Increase the JVM max memory (-Xmx) for the Server by at least 800M.

    Tabs Page
    tabNameWindows
    titleWindows
    1. From the AppDynamics download site, search for and download the Neustar data file (neustar.dat).
    2. Replace neustar.dat in $APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor\bin.
    3. In the $APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor.log, verify that the new data file has been loaded. 
    4. Update the JVM's -Xmx option in the $APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor\bin\eum-processor-launcher.vmoptions file.

      • Increase the JVM max memory (-Xmx) for the Server by at least 800M.

    Anchor
    eum-server-collector-port-config
    eum-server-collector-port-config
    Configure the Port for the EUM Agent

    The on-prem EUM Server by default uses the same port to collect data from the EUM agent and to send data through the API server to the Controller. You can configure the EUM Server to use a different port to collect data from the EUM agent by following the instructions below. 

    1. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties with a text editor.
    2. Add the following lines to $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties, replacing <PORT> with the port you want the EUM server to listen to.

      Code Block
      languagetext
      processorServer.collectorHttpPort=<PORT>
      processorServer.collectorHttpsPort=<PORT>
    3. Restart the EUM Server.
    4. From the Controller Admin UI, change the ports for the properties eum.beacon.hosteum.beacon.https.host, eum.cloud.host, and eum.mobile.screenshot.host so that they are the same as those assigned to processorServer.collectorHttpPort and processorServer.collectorHttpsPort. This allows the beacon to communicate with the collector. 

      For example, if you set processorServer.collectorHttpPort=7050 and processServer.collectorHttpsPort=7051, you would then set the ports for the properties eum.beacon.host and eum.mobile.screenshot.host to 7050 for HTTP and eum.beacon.https.host to 7051 for HTTPS as shown below: 

    Anchor
    limit-eum-snapshots
    limit-eum-snapshots
    Limit the Number of EUM Snapshots 

    When an application has a high number of Ajax requests per page, the EUM Server retains a large number of snapshots that can include base, virtual, and Ajax pages as well as iFrames. You can limit the number of snapshots retained by the EUM server by setting a global maximum, reducing the time that they are retained, or by filtering snapshots based on the network response time.

    Anchor
    set-global-limits
    set-global-limits
    Setting the Global Limit for Snapshots

    You set the global limit on the number of snapshots to be retained per minute with the configuration browserBeaconSampling.maxSamples. The default value is 1000. Once the limit is reached, all snapshots will be dropped indiscriminately. The limit can be globally configured through the eum.properties file.

    1. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties with a text editor.
    2. Add the following line to eum.properties, replacing <global_limit> with the global maximum number of snapshots to retain.

      Code Block
      browserBeaconSampling.maxSamples = <global_limit>
    3. Restart the EUM Server.

    Anchor
    reduce-lifespan
    reduce-lifespan
    Reduce the Lifespan of Event Snapshots

    Another way to limit the number of EUM snapshots is to reduce the number of days that the event snapshots are retained. Event snapshots only apply to the crash reports, code issues, and IoT errors and are stored in the local blob store: $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/store

    By default, the EUM Server retains the event snapshots for 90 days. If your Events Service retains events for fewer days (e.g., 14 days), you can safely change the EUM Server's retention period to be the same as the Events Service's retention period. If the EUM Server retains the event snapshots for fewer days than the Events Service, however, you may run into errors when viewing older events in the Controller UI.

    Info

    When reducing the lifespan of event snapshots, you are not modifying the retention period of the Controller or the Events Service.

    Setting the Lifespan for the Event Snapshots

    1. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties with a text editor.
    2. Add the following line to eum.properties, replacing <no_of_days> with the number of days that you'd like to retain the event snapshots. The default is 90.

      Code Block
      eventSnapshotStore.lifespanInDays = <no_of_days>
    3. Restart the EUM Server.

    Anchor
    filter-snapshots
    filter-snapshots
    Filtering Snapshots Based on the Network Response Time

    You set a threshold that filters the snapshots based on the network response time. If the network response time is at or below the configured threshold, the snapshot is then retained. You set the threshold with the configuration browserBeaconSampling.hierarchyAwareSamplerPageUXThreshold.

    Below are the supported threshold values and the snapshots that would be retained. The default value is Slow.

    • Normal - Using this threshold value will retain all snapshots.

    • Slow - Using this threshold value will retain snapshots having a network response time of slow, very slow, and stalled.

    Setting the Threshold for the Network Response Time

    1. Open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties with a text editor.
    2. Add the following line to eum.properties, replacing <threshold> with one of the supported thresholds (Normal or Slow) for retaining snapshots.

      Code Block
      browserBeaconSampling.hierarchyAwareSamplerPageUXThreshold = "<threshold>"
    3. Restart the EUM Server.

    Turn On Access Logs

    By default, server access logging for the EUM Server's underlying application server is turned off. To turn it on, open $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/conf/local-eum-processor.yml with a text editor and find the following section under the server entry:

    Code Block
     requestLog:
            appenders: []

     Add the following information:

    Code Block
    requestLog:
            timeZone: UTC
            appenders:
              - type: file
                archive: true
                currentLogFilename: ../logs/access.log
                archivedLogFilenamePattern: ../log/accedd-%d.log.gz

     Save the file and restart the EUM Server.

    Anchor
    eum-server-config-file
    eum-server-config-file
    EUM Server Configuration File

    You can configure the EUM Server by setting properties in the file  $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties. You are recommended to copy the reference sample file $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.sample.properties to $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties, modify the settings to fit your needs, and then restart the EUM Server so that the new settings are applied. 

    The table below lists and describes the supported EUM properties, lists defaults, and specifies whether the property is required. The values for the database properties must conform with the MySQL syntax rules given in Schema Object Names

    EUM PropertyDefaultRequired?Description

    onprem.dbHost

    dbHost
    YesThe name of the database host.

    onprem.dbPort

    3388YesThe port to the database host.

    onprem.dbSchema

    eum_dbYesThe name of the EUM database.

    onprem.dbUser

    eum_userYesThe user name for the EUM database.

    onprem.dbPassword

    N/AYesThe user password to the EUM database. The password can consist of any ASCII character except the characters '^', '/', or '$'.
    onprem.eventSnapshotDiskAllowance-1NoThe maximum disk space allotted for storing event snapshots. The default value of -1 allots unlimited disk space to store event snapshots. You can specify a positive integer representing the maximum number of bytes for storing event snapshots.

    onprem.fileStoreRoot

    ../storeNoThe path to the directory storing EUM data such as snapshots.

    onprem.crashReportExpirationDays

    365NoThe number of days that crash reports are retained.
    onprem.resourceSnapshotExpirationDays15NoThe number of days that resource snapshots are retained.

    onprem.resourceSnapshotDiskAllowance

    21474836480  (20 GB)

    No

    The maximum disk space allotted for storing resource snapshots. The default maximum disk space is 20 GB or 21474836480 bytes. You can specify a positive integer representing the maximum number of bytes for storing resource snapshots.

    processorServer.httpPort

    7001NoThe HTTP port to the EUM Processor.  The EUM Processor runs in one process containing the collector, aggregator, crash-processor, and monitor services.

    processorServer.httpsPort

    7002NoThe HTTPS port to the EUM Processor.

    processorServer.httpsProduction

    trueNoThe flag for turning enabling (true) or disabling HTTPS to the EUM Processor.

    processorServer.keyStorePassword

    N/ANoThe password to the Key Store for the EUM Processor.

    processorServer.keyStoreFileName

    bin/ssugg.keystoreNoThe path to the file that stores the password to the Key Store for the EUM Processor.

    processorServer.collectorHttpPort

    7001NoThe HTTP port of the EUM Collector. By default, the EUM Collector shares the same port as the EUM Processor, but you can configure the port to be different. The EUM Collector receives the metrics sent from the JavaScript agent.

    processorServer.collectorHttpsPort

    7002NoThe HTTPS port of the EUM Collector.

    analytics.enabled

    trueYesThe flag for enabling or disabling the Analytics Server.

    analytics.serverScheme

    httpNoThe network protocol for connecting to the Analytics Server. It is only required with analytics.enabled=true.

    analytics.serverHost

    events.service.hostnameNoThe hostname of the Analytics Server. It is only required with analytics.enabled=true.

    analytics.port

    9080NoThe port to the Analytics Server. It is only required when analytics.enabled=true.
    analytics.accountAccessKey
    access-keyNoThe access key for connecting to the Analytics Server. It is only required with analytics.enabled=true.
    analytics.eventTypeLifeSpan.0.eventType
    BrowserRecord
    No

    The type of event to be saved.

    The following values are supported:

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    If this property is set, you must also set analytics.eventTypeLifeSpan.0.lifeSpan.

    analytics.eventTypeLifeSpan.0.lifeSpan
    8
    No

    The number of days to retain the event records specified by analytics.eventTypeLifeSpan.0.eventType. If this property is set, you must also set analytics.eventTypeLifeSpan.0.eventType. 

    analytics.eventTypeLifeSpan.1.eventType
    MobileSnapshot
    No

    The type of event to be saved.

    The following values are supported:

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    If this property is set, you must also set analytics.eventTypeLifeSpan.1.lifeSpan.

    analytics.eventTypeLifeSpan.1.lifeSpan
    8
    No

    The number of days to retain the event records specified by analytics.eventTypeLifeSpan.1.eventType. If this property is set, you must also set analytics.eventTypeLifeSpan.1.eventType.

    analytics.eventTypeLifeSpan.2.eventType

    SessionRecord

    No

    The type of event to be saved.

    The following values are supported:

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    If this property is set, you also must set analytics.eventTypeLifeSpan.2.lifeSpan.

    analytics.eventTypeLifeSpan.2.lifeSpan
    8NoThe number of days to retain the event records specified by analytics.eventTypeLifeSpan.2.eventType. If this property is set, you must also set analytics.eventTypeLifeSpan.2.eventType.
    analytics.eventTypeLifeSpan.3.eventType
    MobileSessionRecordNo

    The type of event to be saved.

    The following values are supported:

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    If this property is set, you also must set analytics.eventTypeLifeSpan.3.lifeSpan.

    analytics.eventTypeLifeSpan.3.lifeSpan
    8
    The number of days to retain the event records specified by analytics.eventTypeLifeSpan.3.eventType. If this property is set, you must also set analytics.eventTypeLifeSpan.3.eventType.
    onprem.mobileAppBuildTimeSeriesRequestCountRollupDays
    7
    NoThe EUM Collector searches for the dSYM file in the beacon traffic for the configured number of days. If the dSYM file is not present during the configured time frame, a warning message is displayed in the Controller UI.
    onprem.maxNumberOfMobileBuildsWithoutDsym
    10
    NoThe maximum number of visible missing dSYM files in the Controller UI.
    collection.sessionEnabled
    true
    NoThe flag for enabling or disabling browser/mobile session collection. If you are upgrading the EUM Server from versions 4.2 and lower to 4.3 or higher, the default is false.
    collection.accessControlAllowOrigins.0*No

    You can use this property to limit the cross original resource sharing (CORS). By default, the EUM Collector responds with the following: Access-Control-Allow-Origin: *

    eventSnapshotStore.lifespanInDays
    90No

    The number of days that the event snapshots stored in the EUM Server's local blob store ($APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/store) are retained. The event snapshots only apply to crash reports, code issues, and IoT errors.

    sessionization.webSessionRetentionMins
    5NoThe number of minutes that browser sessions are retained after they are closed. This allows browser sessions that begin and end at different times to be retained. The longer the configured retention time, the larger the number of closed sessions held in memory, resulting in higher memory usage.
    sessionization.mobileSessionRetentionMins5NoThe number of minutes that mobile sessions are retained after they are closed. This enables mobile sessions that begin and end at different times to be retained. The longer the configured retention time, the larger the number of closed sessions held in memory, resulting in higher memory usage.
    throttling.resourceSnapshot.maxTotalPerMinPerAccount
    1000NoThe maximum number of total resource snapshots retained each minute for an account.
    throttling.resourceSnapshot.maxNormalPerMinPerAccount
    800NoThe maximum number of resource snapshots of pages with a "Normal" user experience that are retained each minute for an account. In general, you want the number for this property to be smaller than that for throttling.resourceSnapshot.maxTotalPerMinPerAccount, so you can also retain resource snapshots of pages with a "Slow", "Very Slow", or "Stall" user experience.
    throttling.session.maxTrackedSessionsPerAccount
    50000NoThe maximum number of active sessions and unexpired closed sessions that are stored in memory for an account. When the maximum is reached, events that create new sessions will be dropped. This setting helps to control the memory used for sessions at the account level.
    Info

    From EUM Server version 4.5.1 and later, the property crashProcessing.sessionEnabled is no longer supported. Instead, the association of crashes with sessions is enabled by default. If you are using an earlier version (<4.5.1) of the EUM Server and want to upgrade to 4.5.1 or higher, you will need to remove the property crashProcessing.sessionEnabled from the eum.properties file to prevent the EUM Server from throwing errors.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2

    このページでは、EUM サーバの管理構成および高度な構成のオプションについて説明します。 

    データ保存期限の構成

    EUMで使用される分析機能の一環として、サーバーはクラッシュレポートやリソーススナップショットなど一部のデータをローカルのBlobstoreに保存します。30日間のデフォルト設定を変更する場合は、コントローラが存在しなくなったBlobstoreからデータを要求しないように、EUMサーバー自体とコントローラのデータ期限が矛盾しないようにする必要があります。これにより、コントローラが存在しなくなった Blobstore からデータを要求しなくなります。EUM サーバでの値は、コントローラの値より少なくとも 1 日長くする必要があります。

    EUMサーバーのデータ保存期限の設定

    1. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties を開きます。
    2. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.sample.properties を開きます。
    3. onprem.crashReportExpirationDays プロパティと onprem.resourceSnapshotExpirationDays プロパティをサンプルファイルから eum.properties にコピーし、目的の値に設定します。単位は日数です。
    4. サーバーを再起動します。

    コントローラのデータ保存期限の設定

    1. ルートアカウントのパスワードを使用してコントローラの管理コンソールにログインします。詳細については、Access the Administration Consoleを参照してください。

    2. [Controller Settings] をクリックします。
    3. データ期限プロパティ  events.retention.period を、eum.properties で設定した値より 1 日以上短い値に変更します。このプロパティの単位は時間です。
    4. 変更を保存します。

    Anchor
    max-page-url
    max-page-url
    ビーコンから読み取るページURLの最大長の設定

    デフォルトでは、EUMコレクタがビーコンを受信し、EUMプロセッサはビーコン内のページURLの512文字のみを読み取ります。ページURLが512文字を超えている場合、EUMプロセッサはそのページURLを切り捨てます。EUM プロセッサがそれより長いページ URL を読み取るように beaconReader.maxUrlLength で構成できます。設定可能な最大長は2048であり、この値はビーコンを作成するJavaScriptエージェントでの制約です。

    EUMプロセッサが読み取るページURLの最大長を変更するには

    1. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties を開きます。
    2. 目的の長さ(2048 以内)をプロパティ beaconReader.maxUrlLength に追加します。

      Code Block
      languagebash
      beaconReader.maxUrlLength=<max_length>
    3. サーバーを再起動します。

    Anchor
    update-geo-database
    update-geo-database
    EUMサーバーのGeoサーバーの更新

    オンプレミスの EUM サーバには、IP アドレスの地理的位置を管理するために Neustar の IP GeoPoint データベースが付属しています。Neustar の IP GeoPoint の日次更新を AppDynamics のダウンロードサイトから取得できます。

    データベースを最新バージョンにしておくには、以下のようにして、データベースのコピーを手動で更新する必要があります。

    Appd tabs container
    Width800px
    Appd tab item
    tabNameLinux
    1. AppDynamics のダウンロードサイトで、Neustar データファイル(neustar.dat)を検索してダウンロードします。
    2. $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin 内の neustar.dat を置き換えます。
    3. $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor.log で、新しいデータファイルがロードされていることを確認します。 
    4. $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum-processor-launcher.vmoptions ファイルで JVM の -Xmx オプションを更新します。

      • サーバーのJVM最大メモリ(-Xmx)を800 MB以上増やします。

    Appd tab item
    tabNameWindows
    1. AppDynamics のダウンロードサイトで、Neustar データファイル(neustar.dat)を検索してダウンロードします。
    2. $APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor\bin 内の neustar.dat を置き換えます。
    3. $APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor.log で、新しいデータファイルがロードされていることを確認します。 
    4. $APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor\bin\eum-processor-launcher.vmoptions ファイルで JVM の -Xmx オプションを更新します。

      • サーバーのJVM最大メモリ(-Xmx)を800 MB以上増やします。

    Anchor
    eum-server-collector-port-config
    eum-server-collector-port-config
    EUMエージェント用ポートの構成

    オンプレミスのEUMサーバーは、デフォルトではEUMエージェントからデータを収集するためのポートと同じポートを使用して、APIサーバーを介してコントローラにデータを送信します。以下の手順に従って、EUM サーバが別のポートを使用して EUM エージェントからデータを収集するように構成できます。 

    1. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties を開きます。
    2. 以下の行を $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties に追加し、EUM サーバがリスンするポートで <PORT> を置き換えます。

      Code Block
      languagetext
      processorServer.collectorHttpPort=<PORT>
      processorServer.collectorHttpsPort=<PORT>
    3. EUMサーバーを再起動します。
    4. Controller Admin UI で、プロパティ eum.beacon.hosteum.beacon.https.hosteum.cloud.host、および eum.mobile.screenshot.host のポートを、processorServer.collectorHttpPortprocessorServer.collectorHttpsPort に割り当てられているポートと同じになるように変更します。そうすることによって、ビーコンがコレクタと通信できるようになります。

      たとえば、processorServer.collectorHttpPort=7050processServer.collectorHttpsPort=7051 を設定している場合、HTTP ではプロパティ eum.beacon.hosteum.mobile.screenshot.host のポートを 7050 に、HTTPS では eum.beacon.https.host のポートを 7051 に設定します(下図を参照)。

    Anchor
    limit-eum-snapshots
    limit-eum-snapshots
    EUMスナップショットの数の制限

    アプリケーションでページあたりの Ajax リクエストの数が大きい場合、EUM サーバは多数のスナップショットを保持し、その中にはベース、仮想、および Ajax のページだけでなく iFrame も含まれている可能性があります。グローバルの最大値を設定してスナップショットの保持時間を制限するか、ネットワークの応答時間に応じてスナップショットをフィルタすることで、EUM サーバが保持するスナップショットの数を制限できます。

    Anchor
    set-global-limits
    set-global-limits
    スナップショットのグローバル制限の設定

    1 分あたりに保持されるスナップショットの数のグローバル上限を構成 browserBeaconSampling.maxSamples で設定します。デフォルトは 1000 です。上限に達すると、すべてのスナップショットが無差別にドロップされます。この上限は eum.properties ファイルを使用してグローバルに構成できます。

    1. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties を開きます。
    2. 以下の行を eum.properties に追加し、保持するスナップショットのグローバルな最大数で <global_limit> を置き換えます。

      Code Block
      browserBeaconSampling.maxSamples = <global_limit>
    3. EUMサーバーを再起動します。

    Anchor
    reduce-lifespan
    reduce-lifespan
    イベントスナップショットの存続期間の短縮

    EUMスナップショットの数を制限するもうひとつの方法は、イベントスナップショットが保持される日数を短くすることです。デフォルトでは、EUM サーバはイベントスナップショットを、イベントサービスで許容されている最長日数である 90 日間保持します。 

    イベントサービスでイベントが保持される期間が短い(例:14 日間)場合は、EUM サーバの保持期間をイベントサービスの保持期間と同じ期間に変更しても構いません。ただし、EUM サーバでイベントスナップショットが保持される期間がイベントサービスより短い場合は、コントローラ UI でその期間より前のイベントを表示するときにエラーが発生することがあります。

    イベントスナップショットの存続期間の設定

    1. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties を開きます。
    2. 以下の行を eum.properties, に追加し、イベントスナップショットを保持する日数で <no_of_days> を置き換えます。デフォルト値は90です。

      Code Block
      eventSnapshotStore.lifespanInDays = <no_of_days>
    3. EUMサーバーを再起動します。

    Anchor
    filter-snapshots
    filter-snapshots
    ネットワーク応答時間に基づいたスナップショットのフィルタリング

    ネットワーク応答時間に基づいてスナップショットをフィルタリングするためのしきい値を設定します。ネットワーク応答時間が構成しきい値以下であれば、そのスナップショットは保持されます。このしきい値は browserBeaconSampling.hierarchyAwareSamplerPageUXThreshold で設定します。

    サポートされているしきい値と保持されるスナップショットは以下のとおりです。デフォルトは Slow です。

    • Normal - このしきい値を使用すると、すべてのスナップショットが保持されます。

    • Slow - このしきい値を使用すると、ネットワーク応答時間が「Slow」、「Very Slow」、または「Stall」であるスナップショットが保持されます。

    ネットワーク応答時間のしきい値の設定

    1. テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties を開きます。
    2. 以下の行を eum.properties に追加し、スナップショットの保持期間としてサポートされているしきい値(Normal または Slow)のいずれかで <threshold> を置き換えます。

      Code Block
      browserBeaconSampling.hierarchyAwareSamplerPageUXThreshold = "<threshold>"
    3. EUMサーバーを再起動します。

    アクセスログの有効化

    EUM サーバの下層のアプリケーションサーバに対するサーバアクセスログはデフォルトでは無効になっています。このログを有効にするには、テキストエディタで $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/conf/local-eum-processor.yml を開いて、server エントリ内にある以下のセクションを見つけます。

    Code Block
     requestLog:
            appenders: []

    以下の情報を追加します。

    Code Block
    requestLog:
            timeZone: UTC
            appenders:
              - type: file
                archive: true
                currentLogFilename: ../logs/access.log
                archivedLogFilenamePattern: ../log/accedd-%d.log.gz

    ファイルを保存し、EUMサーバーを再起動します。

    Anchor
    eum-server-config-file
    eum-server-config-file
    EUMサーバー構成ファイル

    ファイル $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties でプロパティを設定することによって EUM サーバを構成できます。参照サンプルファイル $APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.sample.properties$APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum.properties, にコピーし、必要に応じて設定を変更してから、新しい設定が適用されるように EUM サーバを再起動することをお勧めします。 

    次の表は、サポートされている EUM プロパティと、その説明、デフォルト値、および必須かどうかの一覧を示しています。データベースプロパティの値はスキーマオブジェクト名で示されている MySQL 構文ルールに適合している必要があります。 

    EUMプロパティデフォルト必須かどうか説明

    onprem.dbHost

    dbHost
    必須データベースホストの名前。

    onprem.dbPort

    3388ありデータベースホストへのポート。

    onprem.dbSchema

    eum_dbありEUMデータベースの名前。

    onprem.dbUser

    eum_userありEUMデータベース用のユーザー名。

    onprem.dbPassword

    なしはいEUMデータベースのユーザーパスワード。このパスワードでは「^」、「/」、「$」以外のASCII文字を使用できます。

    onprem.fileStoreRoot

    ../storeなしスナップショットなどのEUMデータを保存するディレクトリのパス。

    onprem.crashReportExpirationDays

    年中無休なしクラッシュレポートが保持される日数。
    onprem.resourceSnapshotExpirationDays15なしリソーススナップショットが保持される日数。

    onprem.resourceSnapshotDiskAllowance

    20 * 1024 * 1024 * 1024なし

    リソーススナップショットの保存に割り当てられる最大ディスク容量。デフォルトの最大ディスク容量は20 GB(21474836480バイト)です。この値は整数または数式で指定する必要があります。

    processorServer.httpPort

    7001なしEUMプロセッサへのHTTPポート。EUMプロセッサは、コレクタ、アグリゲータ、クラッシュプロセッサ、モニタリングサービスが含まれている1つのプロセスで実行されます。

    processorServer.httpsPort

    7002なしEUMプロセッサへのHTTPSポート。

    processorServer.httpsProduction

    trueなしEUMプロセッサに対しHTTPSを有効(true)または無効にするフラグ。

    processorServer.keyStorePassword

    該当なしなしEUMプロセッサのキーストアのパスワード。

    processorServer.keyStoreFileName

    bin/ssugg.keystoreなしEUMプロセッサのキーストア用パスワードを保存するファイルのパス。

    processorServer.collectorHttpPort

    7001なしEUMコレクタのHTTPポート。デフォルトでは、EUMコレクタはEUMプロセッサと同じポートを共有しますが、異なるポートに構成できます。EUMコレクタはJavaScriptエージェントから送信されたメトリックを受信します。

    processorServer.collectorHttpsPort

    7002なしEUMコレクタのHTTPSポート。

    analytics.enabled

    trueあり分析サーバーを有効または無効にするフラグ。

    analytics.serverScheme

    httpなし分析サーバーに接続するためのネットワークプロトコル。これは analytics.enabled=true の場合のみ必要です。

    analytics.serverHost

    events.service.hostnameなし分析サーバーのホスト名。これは analytics.enabled=true の場合のみ必要です。

    analytics.port

    9080なし分析サーバーへのポート。これは analytics.enabled=true の場合のみ必要です。
    analytics.accountAccessKey
    access-keyなし分析サーバーに接続するためのアクセスキー。これは analytics.enabled=true の場合のみ必要です。
    analytics.eventTypeLifeSpan.0.eventType
    BrowserRecord
    なし

    保存されるイベントのタイプ。

    以下の値がサポートされています。

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.0.lifeSpan も設定する必要があります。

    analytics.eventTypeLifeSpan.0.lifeSpan
    8
    なし

    analytics.eventTypeLifeSpan.0.eventType で指定されているイベントレコードが保持される日数。このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.0.eventType も設定する必要があります。 

    analytics.eventTypeLifeSpan.1.eventType
    MobileSnapshot
    なし

    保存されるイベントのタイプ。

    以下の値がサポートされています。

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.1.lifeSpan も設定する必要があります。

    analytics.eventTypeLifeSpan.1.lifeSpan
    8
    なし

    analytics.eventTypeLifeSpan.1.eventType で指定されているイベントレコードが保持される日数。このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.1.eventType も設定する必要があります。

    analytics.eventTypeLifeSpan.2.eventType

    SessionRecord

    なし

    保存されるイベントのタイプ。

    以下の値がサポートされています。

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.2.lifeSpan も設定する必要があります。

    analytics.eventTypeLifeSpan.2.lifeSpan
    8いいえanalytics.eventTypeLifeSpan.2.eventType で指定されているイベントレコードが保持される日数。このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.2.eventType も設定する必要があります。
    analytics.eventTypeLifeSpan.3.eventType
    MobileSessionRecordなし

    保存されるイベントのタイプ。

    以下の値がサポートされています。

    • BrowserRecord
    • MobileSnapshot
    • SessionRecord
    • MobileSessionRecord

    このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.3.lifeSpan も設定する必要があります。

    analytics.eventTypeLifeSpan.3.lifeSpan
    8 analytics.eventTypeLifeSpan.3.eventType で指定されているイベントレコードが保持される日数。このプロパティが設定されている場合は analytics.eventTypeLifeSpan.3.eventType も設定する必要があります。
    onprem.mobileAppBuildTimeSeriesRequestCountRollupDays
    7
    なしEUM コレクタは、構成されている日数の間ビーコントラフィックで dSYM ファイルを検索します。その構成されている期間内にdSYMファイルが見つからなかった場合はコントローラUIに警告メッセージが表示されます。
    onprem.maxNumberOfMobileBuildsWithoutDsym
    10
    なしコントローラUIで表示可能な不足dSYMファイルの最大数。
    collection.sessionEnabled
    true
    なしブラウザ/モバイルセッションのコレクションを有効または無効にするフラグ。EUM サーバをバージョン 4.2 以前から 4.3 以降にアップグレードしている場合、デフォルトは false です。
    collection.accessControlAllowOrigins.0*なし

    このプロパティを使用して Cross Original Resource Sharing(CORS)を制限できます。デフォルトでは、EUM コレクタは次を使用して応答します。 Access-Control-Allow-Origin: *

    sessionization.webSessionRetentionMins
    5なしブラウザセッションの終了後にそのセッションが保持される分数。この設定によって、開始時刻と終了時刻が異なるブラウザセッションを保持できるようになります。保持時間を長くするほど、メモリに保持される終了済みセッションの数が多くなって、メモリ使用量が多くなります。
    sessionization.mobileSessionRetentionMins5[いいえ(No)]モバイルセッションの終了後にそのセッションが保持される分数。この設定によって、開始時刻と終了時刻が異なるモバイルセッションを保持できるようになります。保持時間を長くするほど、メモリに保持される終了済みセッションの数が多くなって、メモリ使用量が多くなります。
    throttling.resourceSnapshot.maxTotalPerMinPerAccount
    1000なし1つのアカウントで保持される1分ごとの総リソーススナップショットの最大数。
    throttling.resourceSnapshot.maxNormalPerMinPerAccount
    800なし1 つのアカウントで保持される 1 分ごとの、ユーザエクスペリエンスが「Normal」であるページのリソーススナップショットの最大数。通常は、このプロパティの値を throttling.resourceSnapshot.maxTotalPerMinPerAccount の値より小さくして、ユーザエクスペリエンスが「Slow」、「Very Slow」、または「Stall」であるページのリソーススナップショットも保持できるようにします。
    throttling.session.maxTrackedSessionsPerAccount
    50000なし1つのアカウントでメモリに保存されている、アクティブなセッションと期限前に終了したセッションの最大数。最大数に達すると、新たなセッションを作成するイベントはドロップされます。この設定は、セッションに使用されるメモリをアカウントレベルで制御するのに役立ちます。
    Info

    EUM サーババージョン 4.5.1 以降では、プロパティ crashProcessing.sessionEnabled はサポートされなくなりました。代わりに、セッションとクラッシュの関連付けはデフォルトで有効になっています。EUM サーバの以前のバージョン(4.5.1 より前)を使用していて、4.5.1 以降にアップグレードする場合は、EUM サーバがエラーをスローしないようにするために、crashProcessing.sessionEnabled プロパティを eum.properties ファイルから削除する必要があります。