Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4

    ...

    Sv translation
    languageja


    インストーラは3つのモードのいずれかで実行できます。GUIおよびサイレントインストールの方法を以下で説明します。インストーラをインタラクティブなコンソールモードで始めるには、-c スイッチを使用してインストーラを起動します。コンソールモードは、後述するGUIインストーラ画面に表示されるのと同等の情報を入力するよう求めます。

    また、応答ファイルを使ってインストーラを起動(無人インストール)することもできます。詳細については、「サイレントインストーラを使用したインストール作業」を参照してください。

    デモインストールについて

    このモードはデモンストレーションおよびライトテストのみを目的としています。イベントサービスを使用している場合は、別のホスト上に存在する必要があります。

    既存のオンプレミスコントローラがない場合は、「Custom Install」の説明に従ってインストールします。 

    インストール要件

    Demo環境をインストールするには、以下の作業を行う必要があります。

    • コントローラインスタンスを同じホストマシンでインストールし実行した後で、EUMサーバーのインストールを開始します。
    • コントローラをインストールした際と同じユーザーアカウントを使用するか、またはコントローラのhomeディレクトリに対して読み取り、書き取りおよび実行権限を持つアカウントを使用して、EUMサーバーをインストールします。

    GUIインストーラでのインストール

    1. 以下のようにして、インストーラを起動します。
      • Linuxの場合:

        1. コマンドプロンプトから EUM サーバインストーラをダウンロードしたディレクトリに移動します。 

        2. 以下のように、ダウンロードしたインストーラスクリプトの権限を実行可能に変更します。

          No Format
          chmod 775 euem-64bit-linux-4.5.x.x.sh
        3. 以下のようにスクリプトを実行します。

          No Format
          ./euem-64bit-linux-4.5.x.x.sh
      • Windowsの場合:

        1. 管理者特権でコマンドプロンプトを開き(管理者として実行)、EUM サーバインストーラをダウンロードしたディレクトリに移動します。 
        2. インストーラを実行。

          No Format
          euem-64bit-windows-4.5.x.x.exe
    2. ウェルカム画面で [Next] をクリックします。
      [License Agreement] ページが表示されます。  
    3. 使用許諾契約を最後までスクロールし、これに同意します。次に [Next] をクリックして先に進みます。 
    4. サーバをインストールするディレクトリを選択し、[Next] をクリックします。  
    5. インストールモードとして [Demo] を選択します。このモードでは、インストーラは現在のホストのコントローラおよび異なるホストのイベントサービスを検索します。その後、コントローラと同じホストに EUM サーバをインストールします。Next をクリックします。
    6. データベースのセットアップダイアログボックスで、以下のようにします。
      1. パスワードを [Root User Password] フィールドに入力します。
      2. eum_user用データベースユーザーアカウントのパスワードを入力し、確認のためもう一度入力します。
    7. End User Monitoringサーバーのセットアップ画面で以下のようにします。
      1. コントローラがEUMサーバーとの接続に使用する、EUMサーバーのHTTP用またはHTTPS用のリスニングポート(デフォルトのHTTP用ポートは7001、HTTPS用ポートは7002)を入力します。
      2. キーストア用の新しいパスワードを入力し、確認のためもう一度入力します。

      Warning

      ユーザー名とパスワードにはASCII文字を使用します。また、パスワードには「^」、「/」、「$」を使用できません。


      ここに示したポートは、EUM エージェントがビーコンを送信する場所であり、コントローラがビーコンの処理済みデータを取得する場所でもあります。[Next ] をクリックし、[ Finish.] をクリックします。

    インストール後のタスク

    EUMサーバーをインストールした後、さらに3つのインストール後タスクを実行する必要があります。

    • EUMライセンスの設定
    • eum.propertiesファイルのイベントサービスプロパティを構成する(オプション)

    • EUMサーバーとAppDynamicsコントローラとの接続

    EUMライセンスの設定

    EUMライセンスを設定するには、以下のようにします。

    Tabs Containerappd-tabs-container
    Width800px
    directionhorizontal
    Tabs Page
    Appd tab item
    tabNameLinux
    titleLinux
    1. EUM サーバにログインします。 
    2. ライセンスをプロビジョニングするスクリプトが保存されているディレクトリに変更します。ライセンスを設定するスクリプトが保存されているディレクトリに変更します。$> cd $EUM_HOME/eum-processor
    3. EUM サーバで次のコマンドを実行して、各ライセンスをプロビジョニングします。コマンド サーバで次のコマンドを実行して、各ライセンスを設定します。コマンド 1 回につき、1 つのライセンスがプロビジョニングされます。つのライセンスが設定されます。$> ./bin/provision-license <PATH_TO_EUM_LICENSE>



    Note
    iconfalse

    このコマンドは $EUM_HOME/eum-processor ディレクトリで実行する必要があります。それ以外のディレクトリで実行した場合、コマンドは失敗します。

    Tabs Pageappd-tab-item
    tabNameWindows
    titleWindows
    1. EUM サーバにログインします。 
    2. ライセンスをプロビジョニングするスクリプトが保存されているディレクトリに変更します。ライセンスを設定するスクリプトが保存されているディレクトリに変更します。$> cd $EUM_HOME\eum-processor
    3. EUM サーバで次のコマンドを実行して、各ライセンスをプロビジョニングします。コマンド サーバで次のコマンドを実行して、各ライセンスを設定します。コマンド 1 回につき、1 つのライセンスがプロビジョニングされます。つのライセンスが設定されます。$> .\bin\provision-license.bat <PATH_TO_EUM_LICENSE>


    Note
    iconfalse

    このコマンドは $EUM_HOME\eum-processor ディレクトリで実行する必要があります。それ以外のディレクトリで実行した場合、コマンドは失敗します。

    イベントサービスプロパティの構成

    デモインストールの場合、EUMサーバーを起動するのにイベントサービス構成は必要ありません。

    eum.properties ファイル内のイベントサービスプロパティを構成するには、以下のようにします。

    1. コントローラに移動し、コントローラを起動します。
    2. CLI を使用して bin ディレクトリに移動します。
    3. eum.properties ファイルを開いて編集します。
    4. eum.properties ファイルに以下の値を入力します。
      1. analytics.enabled=true
      2. analytics.serverHost=<hostname>。<hostname> はイベントサービスが実行されているホストです。
      3. analytics.accountAccessKey=<eum_key>。<eum_key> はイベントサービスキーです。[Administration Console] では、appdynamics.es.eum.key の値で確認できます。
        Image RemovedImage Added
        この構成は、以下の例のような状態になります。

    5. eum.properties ファイルの更新が終わったら EUM サーバを再起動します。

    EUMサーバーとAppDynamicsコントローラとの接続

    EUMサーバーをAppDynamicsコントローラに接続するには、次のようにします。

    1. 管理コンソールにログインします。
    2. コントローラの以下のプロパティを設定します。
      1. eum.cloud.host: http://localhost:7001– コントローラが EUM のメトリックをポーリングする場所を示します。
      2. eum.beacon.host: eum-host-name:7001 – HTTP プロトコルを介したページリクエストに対してどこにビーコンが送信されるかを示します。
      3. eum.beacon.https.host: https://eum-host-name:7002– HTTPS プロトコルを介したページリクエストに対してどこにビーコンが送信されるかを示します。
      4. eum.mobile.screenshot.host: eum-host-name:7001– コントローラがモバイルスクリーンショットを検索する場所を示します。

    Anchor
    response
    response
    サイレントインストーラを使用したインストール作業

    GUIモードでインストーラを使用する代わりに、サイレントインストーラを使用して無人インストールを実行することができます。サイレントインストーラは応答ファイルを初期構成設定用のソースとして使用します。これはインストール作業のスクリプト化や大規模なデプロイを実行する際に有用です。 

    Demoのインストール作業で応答ファイルを使用する場合は、以下のようにします。

    1. EUM インストーラを実行するマシン上に response.varfile という名前のファイルを作成します。使用する情報は 以下のとおりです。

      No Format
      sys.adminRights$Boolean=false
      sys.languageId=en
      sys.installationDir=/AppDynamics/EUM
      euem.InstallationMode=demo
      euem.Host=controller
      euem.initialHeapXms=1024
      euem.maximumHeapXmx=4096
      euem.httpPort=7001
      euem.httpsPort=7002
      mysql.databasePort=3388
      mysql.databaseRootUser=root
      mysql.dbHostName=localhost
      mysql.dataDir=/usr/local/AppDynamics/EUM/data
      mysql.rootUserPassword=singcontroller
      mysql.rootUserPasswordReEnter=singcontroller
      eumDatabasePassword=secret
      eumDatabaseReEnterPassword=secret
      keyStorePassword=secret
      keyStorePasswordReEnter=secret
      eventsService.isEnabled$Boolean=true
      eventsService.serverScheme=http
      eventsService.host=eventsservice_host
      eventsService.port=9080
      eventsService.APIKey=1a234567-1234-1234-4567-ab123456
    2. インストールパラメータの値をご使用の環境および要件に応じて変更します。特に、ディレクトリパスとパスワードがご使用の環境と一致することを確認します。  

    3. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

      No Format
      ./euem-64bit-linux-4.5.x.x.sh -q -varfile response.varfile

      Windowsの場合、以下を使用します。

      No Format
      euem-64bit-windows-4.5.x.x.exe -q -varfile response.varfile