Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4

    ...

    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages

    AppDynamicsによって提供されるデフォルトの正常性ルールをそのまま使用する、要件に合わせてデフォルトのルールを修正する、またはカスタムの正常性ルールを定義することができます。

    正常性ルールウィザードにアクセス

    1. メニューバーの [Alert & Respond] をクリックします。
    2. 右のパネルまたは左のナビゲーションペインで [Health Rules] をクリックします。
    3. プルダウンメニューから正常性ルールのコンテキストを選択します。
    4. 以下のいずれかを実行。
      • 新しい正常性ルールを作成するには、[+] アイコンをクリックします。
      • 既存の正常性ルールを編集するには、正常性ルールを選択して編集アイコン(鉛筆)をクリックします。
      • 既存の正常性ルールを削除するには、正常性ルールを選択して、削除アイコンをクリックします。

    正常性ルールの詳細の設定

    [Overview] パネルで正常性ルールの詳細を設定します。

    1. 名前を入力します。名前がすでに存在する場合は、変更できます。
    2. ルールを有効にするには [Enabled] チェックボックスをオンにし、ルールを無効にするにはチェックボックスをオフにします。
    3. [Always] オプションは、[When is the rule enabled?] ドロップダウンリストで事前に選択されています。正常性ルールが特定の時間にのみ有効になっている場合は、[When is the rule enabled?] ドロップダウンリストからその他の定義済みスケジュールを選択します。 

      Info

      カスタム正常性ルールスケジュールを定義するか、または事前定義された時間間隔を変更するには、[Manage Health Rule Schedules] をクリックします。「正常性ルールスケジュールの作成と管理」を参照してください。

    4. ドロップダウンリストの [Use data from last <> min(s)] をクリックして、1 ~ 360 分の範囲で数値を選択します。指定する値は、正常性ルール違反があるかどうかを判断するためにデータが収集される最近の時間間隔です。この値は重大と警告の両方の基準に適用されます。「正常性ルール評価のタイムフレーム」を参照してください。

      Info

      正常性ルール条件の永続的しきい値を定義している場合は、30 分以下の評価のタイムフレームを定義していることを確認します。

    5. [Wait Time after Violation] フィールドで、違反が起き、同じ影響を受けたエンティティに対するルールを再評価する前に待つ分数を入力します。「違反後の正常性ルール待機時間」を参照してください。

    6. 構成を保存します。

    Anchor
    Create_Manage_HRSchedules
    Create_Manage_HRSchedules
    正常性ルールスケジュールの作成と管理

    1. [Create Health Rule] ウィザードの [Overview] パネルで、[Manage Health Rule Schedules] をクリックします。[Manage Health Rule Schedules] ウィンドウに、すべての定義済み時間間隔の一覧が表示されます。
    2. [Manage Health Rule Schedules] ウィンドウで事前定義されたスケジュールを選択し、[Edit] アイコンをクリックすると、事前定義されたスケジュールの詳細が表示されます。

    3. 正常性ルール評価のために定義済みスケジュールを編集するには:
      1. [Edit Schedule] ウィンドウで、必要な変更を行います。
      2. [Save] をクリックします。

        Info

        バージョン 4.5.15 以前で作成されたスケジュールは、デフォルトでは [Custom] タイプに設定され、タイムゾーンは自動的にコントローラのタイムゾーンに設定されます。

    4. 新しい正常性ルールスケジュールを作成するには:
      1.  + アイコンをクリックします。[Create New Policy Schedule] ウィンドウが表示されます。
      2. 次の詳細を入力します。
        1. スケジュールの名前。
        2. スケジュールのオプションの説明。
      3. 正常性ルールを 1 回だけ評価する場合
        1. [One Time] を選択します。
        2. [Start Date] と [Start Time] を入力します。
        3. スケジュールの [End Date] と [End Time] を入力します。
      4. 正常性ルールを評価するための定期スケジュールを定義する場合
        • 正常性ルールを評価する頻度を選択します。

          発生回数
          追加のステップ

          毎日

          1. [Start Time] および [End Time] を入力します。

          週 1 回

          1. スケジュールを実行する特定の日を選択します。
          2. [Start Time] および [End Time] を入力します。

          月 1 回

          スケジュールを実行する特定の日付を選択する場合:

          1. [Start Date] と [Start Time] を入力します。
          2. [End Date] と [End Time] を入力します。

          たとえば、毎月 1 日 6.00 AM から 5 日 6.00 PM まで正常性ルールを評価します。

          スケジュールを実行する特定の曜日を選択する場合:

          1. 発生と曜日を選択します。
          2. [Start Time] および [End Time] を入力します。

          たとえば、毎月月曜日の 6.00 AM から 6.00 PM まで正常性ルールを評価します。

          カスタム

          1. スケジュールの [Start Date] と [Start Time] を cron 式で入力します。
          2. スケジュールの [End Date] と [End Time] を cron 式で入力します。

          たとえば、次のようにカスタムスケジュールで指定します。

          開始時刻の値は 0 0 13 ?  * 2-6 および

          終了時刻は 0 0 15 ? * 2-6

          月曜日から金曜日の午後 1 時から午後 3 時の間に正常性ルールを評価するよう指示します。

      5. アプリケーションに適用可能なタイムゾーンを選択します。
    5. 構成を保存します。

    正常性ルールスケジュールの削除

    正常性ルール評価スケジュールを削除するには、[Manage Health Rule Schedules] ウィンドウでスケジュールを選択し、最上部にある [Delete] アイコンをクリックします。[OK] をクリックして削除を確認します。