Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.3
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    You can upgrade the Events Service either manually or by using the Enterprise Console.

    You must upgrade manually if you:

    • Do not use the Enterprise Console to deploy the Events Service
    • Upgrade Events Service nodes hosted on remote Windows machines. The Enterprise Console does not support remote operations on Windows.

    For on-premises deployments, 4.5.2 is the latest version of the Events Service. If you upgrade to a version of the Events Service other than the latest, run the Enterprise Console installer for the desired Events Service version. 

    Info

    For SaaS deployments upgrading to Events Service version 4.5.3 or later, modify your data field names to conform to the latest requirements, as described here.

    Before Upgrading

    Note

    AppDynamics removed Search Guard from the on-premises Events Service version 4.5.2.20561. If your deployment requires Search Guard or a comparable feature, do not upgrade to this version of the Events Service.

    AppDyanmics will provide an alternative security feature with the next major release of the on-premises Events Service.

    See the Support Advisory for more details.


    1. Download and install the new Enterprise Console.
    2. Plan the order in which to upgrade platform components (not just Events Service).
    3. Modify the events-service-api-store.properties file.
      • Replace the absolute path APPLICATION_HOME property in the file with an actual path.
      • This is required because while performing a discover and upgrade job, the Enterprise Console is unable to migrate the data directory for custom environment variables in the file. Failure to modify the file causes the upgraded Events Service to start with a new, blank data set.
    4. Back up your events-service.vmoptions file.
      • This is required because the events-service.vmoptions file is not maintained when the Events Service is upgraded. After the upgrade completes, merge your backup copy of events-service.vmoptions into the new file.
    Info
    titleUpgrading to a pre-4.1 Events Service

    To upgrade the Events Service software to a version earlier than 4.1, you must first manually upgrade the service to 4.1, and then use the Enterprise Console to discover the Events Service nodes.

    Upgrade the Events Service

    1. Run the upgrade Events Service command. 
    2. Discover the Events Service nodes using the Enterprise Console.

    Verify the Upgrade

    Once the upgrade completes: 

    1. The Events Service process should have restarted—verify its health status in the Enterprise Console GUI.
    2. Merge your backup copy of the events-service.vmoptions file into the new copy of the file created by the upgrade.
    Info
    titleStartup Script Paths

    After an upgrade, you will find the Events Service startup script paths here:

    No Format
    <installDir>/appdynamics/events-service/processor/bin/events-service.sh

    This may be different from their paths before the upgrade.


    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    イベントサービスは、手動または Enterprise Console 使用のいずれかでアップグレードできます。

    次の場合は、手動でアップグレードする必要があります。

    • Enterprise Console を使用せずにイベントサービスをデプロイした
    • リモートの Windows マシンでホストされているイベントサービスノードをアップグレードする。Enterprise Console では Windows 上でのリモートオペレーションがサポートされていません。

    オンプレミスデプロイメントの場合、4.5.2 はイベントサービスの最新バージョンです。 最新以外のバージョンのイベントサービスにアップグレードする場合は、そのイベントサービスバージョン用の Enterprise Console インストーラを実行します。 

    Info

    SaaS デプロイメントでイベントサービスバージョン 4.5.3 以降にアップグレードする場合は、ここの説明に従って、最新の要件に準拠するようにデータフィールド名を変更します。

    アップグレードの前に

    Note

    AppDynamics はオンプレミスのイベントサービスバージョン 4.5.2.20561 から検索ガードを削除しました。デプロイメントで検索ガードまたは同等の機能が必要な場合は、このバージョンのイベントサービスにアップグレードしないでください。

    AppDynamics は、オンプレミス イベント サービスの次のメジャーリリースで代替のセキュリティ機能を提供する予定です。

    詳細については、「サポートアドバイザリ」を参照してください。


    1. 新しい Enterprise Console をダウンロードしてインストールします
    2. プラットフォーム コンポーネントをアップグレードする(イベントサービスだけでなく)順序を計画します。
    3. events-service-api-store.properties ファイルを変更します。
      • このファイル内の APPLICATION_HOME プロパティの値の絶対パスを実際のパスで置き換えます。
      • ジョブの検出およびアップグレード中にEnterprise Consoleはこのファイル内のカスタム環境変数のデータディレクトリを移行できないために、この置き換えは必須です。このファイルを変更できなかった場合、アップグレード後のイベントサービスは新規の空のデータセットを使用して開始されます。
    4. events-service.vmoptions ファイルをバックアップします。
      • events-service.vmoptions ファイルはイベントサービスのアップグレード時に維持されないため、バックアップしておく必要があります。アップグレードの完了後に、バックアップしておいた events-service.vmoptions ファイルの内容を新しいファイルにマージする必要があります。
    Info
    titleバージョン4.1より前のイベントサービスへのアップグレード

    イベント サービス ソフトウェアを 4.1 より前のバージョンにアップグレードする場合は、イベントサービスをバージョン 4.1 に手動でアップグレードした後に、Enterprise Console を使用してイベントサービスノードを検出する必要があります。

    イベントサービスのアップグレード

    1. イベントサービスのアップグレードコマンドを実行します。 
    2. Enterprise Console を使用してイベントサービスモードを検出します。

    アップグレードの検証

    アップグレードが完了したら、以下のことを行います。

    1. イベントサービスプロセスを再起動する必要があります。Enterprise Console GUI で、その正常性ステータスを確認します。
    2. events-service.vmoptions ファイルの内容を、アップグレードにより作成されている新しいファイルにマージします。
    Info
    titleスタートアップスクリプトのパス

    アップグレード後のイベントサービスのスタートアップスクリプトのパスは次のとおりです。

    No Format
    <installDir>/appdynamics/events-service/processor/bin/events-service.sh

    このパスはアップグレード前のパスと異なっていることがあります。