Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.3
    Sv translation
    languageen

    The AppDynamics Query Language (ADQL) is a query language for searching data available in Application Analytics. ADQL is similar to the SELECT statement in the widely used Structured Query Language (SQL) but is designed specifically for AppDynamics Analytics data. Like the SELECT command in SQL, ADQL enables you to specify the data source (such as transaction events, EUM events, or logs), a list of fields to retrieve, and conditions for selecting events from the analytics data store.

    With ADQL, you can construct queries in the following environments:

    • Analytics Search window in the Controller UI using Advanced Mode
    • Analytics Query Events APIs, in the body of the query request

    To simplify entering your queries in the Analytics Search Advanced mode UI, the ADQL "auto-complete" feature displays many keywords, a list of available fields, or functions based on the stage of your typed search. For details on using auto-complete, see Creating Advanced Searches for Analytics.

    Sv translation
    languageja

    AppDynamics クエリ言語(ADQL)は、Application Analytics で使用可能なデータを検索するためのクエリ言語です。 ADQL は、広く使用されている構造化照会言語(SQL)の SELECT ステートメントに似ていますが、AppDynamics Analytics データ専用に設計されています。 SQL の SELECT コマンドと同様に、ADQL では、データソース(トランザクションイベント、EUM イベント、ログなど)、取得するフィールドのリスト、分析データストアからイベントを選択するための条件を指定できます。

    ADQL では、次の環境でクエリを作成できます。

    • Advanced モードを使用したコントローラ UI の Analytics Search ウィンドウ
    • クエリ要求の本文での Analytics クエリイベント API

    Analytics Search Advanced モード UI でのクエリの入力を簡素化するために、ADQL の「オートコンプリート」機能によって、多くのキーワード、使用可能なフィールドのリスト、または関数が、入力した検索の段階に基づいて表示されます。オートコンプリートの使用について詳しくは、「Analytics での拡張検索の作成」を参照してください。