Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    sv-translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    You can search Analytics data in two ways:

    • Basic mode, where you can add search criteria to filter your data and return a subset of available events. In Basic mode, you see the list of events that match your search criteria, along with a count of those events. This mode is referred to in the UI as Drag and Drop Search.
    • Advanced Mode, where you can use the AppDynamics Query Language (ADQL). ADQL is a SQL-like query language that provides additional operators and functions to enable more complicated searches. This mode is referred to in the UI as Query Language Search.

    For each mode, you see the analytics data sources that are licensed and enabled for your application. The applications, data sources, and other fields that you see depend on how the administrator has set the permissions for your role. When creating new roles, remember that granting permissions to view transaction analytics data does not automatically grant permissions to see all application data associated with a specific transaction analytics record. You need to grant at least read-only permissions to the application to enable the user to see associated transaction snapshot data such as flow maps. 

    Search Results Limits

    Search results in the UI can return up to 1000 records. By default, each page displays 50 results at a time. In Advanced mode, you can explicitly set a LIMIT to see more than 50 results on a page. Setting a limit disables pagination and shows up to 1000 records on a single page. The total number of records for the query shows at the bottom right. The UI caps the number of search results at 1000 regardless of mode or the value of an explicit LIMIT. To return more than 1000 records, you must use the Analytics Events Query API.

    See LIMIT Clause for more details.

    Exporting Analytics Data

    Application Analytics allows you to export data to a file in CSV format for external use. 

    Before you export a set of data, consider the following guidelines:

    • The maximum number of records exported for a non-aggregation query is 65000. Use the LIMIT clause to restrict the records to a number below the upper bound. The LIMIT clause does not return any additional records that satisfy the export selection criteria.
    • The number of records exported for an aggregation query by default is 10. If you want more than 10 records, use the LIMIT clause. You can export up to 1000 records by using the LIMIT clause.
    • The CSV file format is RFC4180.
    • Response from all valid ADQL queries can be exported. The method of writing ADQL queries remains the same.

    • Only the fields that you specify in the SELECT clause are exported to the CSV file. ADQL query supersedes the UI selection. The fields selected to be displayed in the Data tab has no impact on the exported data even if the query includes SELECT *. 
    • Fields having nested representation are flattened and appear as separate fields in the CSV file. Additionally, the corresponding unflattened nested fields also appear in the exported records. Flattening fields refers to separating nested fields into individual fields.
    • The supported datetime format is ISO, yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ssZZ, without the millisecond value. The timezone is local to the browser from which export is requested. A timestamp field in a nested field is converted to the local timezone only in the flatten fields, not in the unflattened nested field. The format in the UI, that is MM/DD/YYYY HH:MM:SS AM/PM, is different from the format that you see in the exported data.
    • The time required to export data varies with the size of the record you are trying to export. Exporting tends to slow down for larger set of records because executing the query on and retrieving a large data set takes longer to complete.

    You can export metrics the Metric Browser and search results from the Searches screen. Use the Export option under Actions on the toolbar to do so. While you are on the Searches screen, use the Data mode to export your search result. 

    Access the Analytics Search UI

    1. Navigate to the Analytics interface in the Controller UI by clicking Analytics in the top navigation bar. 

      An alternate way to access Analytics is from the Home screen: select a data source to see a default search for that event type. 

    2. Click Searches to create new searches and see a list of previously saved searches. 

      The saved searches list displays any pre-existing, saved searches for which you have view permissions. The default sort order for the list is alphabetical by saved search name.


    3. To view your saved searches, click View Options and select Filter by Current User.
    4. Click +Add to create a new search or select an existing search to activate the actions on the action toolbar.
    5. When you click +Add, you see options to select the search mode.

      For details on the two search modes, see:

    On the Search details page, you see two tabs for displaying the results for the Search.

    • All event types share the same basic layout on the Data tab of the Search details screen. 
    • Use the Data tab to search and filter the data that you want to review and analyze. 
    • Use the Visualization tab to create graphic representations based on that data. 
    • Search actions are available for each search. The actions vary according to the type of search and the tab you use. Generally, the following actions are available:
      • Rename
      • Export (to CVS - only from the Data tab)
      • Create Metric
      • Add to Dashboard (only from the Visualization tab)

    Basic and Advanced Search Comparison

    The following table provides a comparison of the functionality available in each search mode.

    FunctionalityBasicAdvanced
    Drag and drop fields to the criteria search baryesno
    Type-ahead (auto-complete)N/Ayes
    Visualization canvas widget supportmultiple widgetsone widget per search query
    Grouping of events with the GROUP BY keywordyesyes

    Wild cards with comma-separated text (Basic mode) or IN operator (Advanced mode)

    nono
    Percentile Histogram widgetyesno



    sv-translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    分析データは、次の 2 つの方法で検索できます。

    • Basic モード:データをフィルタリングするための検索条件を追加し、使用可能なイベントのサブセットを返すことができます。Basic モードでは、検索条件に一致するイベントのリストとともに、それらのイベント数が表示されます。このモードは、UI で [Drag and Drop Search] と呼ばれます。
    • Advanced モード:AppDynamics クエリ言語(ADQL)を使用できます。ADQL は SQL に似たクエリ言語であり、さらに複雑な検索を可能にする追加の演算子と関数が提供されます。このモードは、UI で次の名称があります。Query Language Search.

    各モードでは、アプリケーションに対してライセンスが付与され、有効になっている分析データソースが表示されます。表示されるアプリケーション、データソース、およびその他のフィールドは、管理者がロールの権限をどのように設定しているかによって異なります。新しいロールを作成する場合、トランザクション分析データを表示する権限を付与しても、特定のトランザクション分析レコードに関連付けられているすべてのアプリケーションデータを表示する権限は自動的には付与されないので注意してください。ユーザがフローマップなどの関連付けられたトランザクション スナップショット データを表示できるようにするには、アプリケーションに対して少なくとも読み取り専用権限を付与する必要があります。 

    検索結果の制限

    UI の検索結果は、最大 1000 レコードを返すことができます。デフォルトでは、各ページには一度に 50 の結果が表示されます。Advanced モードでは、ページでの結果を 50 より多く表示するように LIMIT を明示的に設定できます。制限を設定すると、ページネーションが無効になり、1 つのページに最大 1000 レコードが表示されます。クエリのレコードの合計数は右下に表示されます。UI は、モードまたは明示的な LIMIT の値に関係なく、検索結果数の上限を 1000 とします。1000 を超えるレコードを返すには、分析イベントクエリ API を使用する必要があります。

    詳細については、「LIMIT Clause」を参照してください。

    分析データのエクスポート

    アプリケーション分析では、外部使用のために CSV 形式のファイルにデータをエクスポートすることができます。 

    一連のデータをエクスポートする前に、次のガイドラインを検討してください。

    • 非集約クエリでエクスポートされるレコードの最大数は 65000 です。上限を下回る数にレコードを制限するには、LIMIT 句を使用します。LIMIT 句は、エクスポート選択基準を満たす追加レコードを返しません。
    • 集約クエリでエクスポートされるレコードの数は、デフォルトで 10 です。10 を超えるレコードが必要な場合は、LIMIT 句を使用します。LIMIT 句を使用して、最大 1000 レコードをエクスポートできます。
    • CSV ファイル形式は、RFC4180 です。
    • すべての有効な ADQL クエリからの応答をエクスポートできます。ADQL クエリの記述方法は変わりません。

    • SELECT 句で指定したフィールドのみが CSV ファイルにエクスポートされます。ADQL クエリは、UI の選択よりも優先されます。[Data] タブに表示されるように選択されたフィールドは、クエリに次が含まれている場合でも、エクスポートされたデータに影響しません。SELECT *. 
    • ネストされた表現を含むフィールドはフラット化され、CSV ファイルで別のフィールドとして表示されます。また、対応するフラット化されていないネストされたフィールドも、エクスポートされたレコードに表示されます。フィールドのフラット化とは、ネストされたフィールドを個々のフィールドに分離することを意味します。
    • サポートされている datetime 形式は、ミリ秒の値を含まない ISO の yyyy-MM-dd’T’HH:mm:ssZZ です。タイムゾーンは、エクスポートが要求されたブラウザのローカルです。ネストされたフィールドのタイムスタンプフィールドは、フラット化されたフィールドでのみローカルタイムゾーンに変換され、フラット化されていないネストされたフィールドでは変換されません。UI の形式(MM/DD/YYYY HH:MM:SS AM/PM,)は、エクスポートされたデータで表示される形式とは異なります。
    • データのエクスポートに必要な時間は、エクスポートしようとしているレコードのサイズによって異なります。大規模なデータセットに対してクエリを実行して取得すると、完了までに時間がかかるため、エクスポートは大きなレコードセットほど速度が低下する傾向があります。

    メトリックブラウザでメトリックをエクスポートし、[Searches] 画面から結果を検索することができます。ツールバーの [Actions] の下にある [Export] オプションを使用して、これを実行します。検索画面で、Data モードを使用して検索結果をエクスポートします。 

    Analytics Search UI へのアクセス

    1. 上部のナビゲーションバーで [Analytics ] をクリックして、コントローラ UI の Analytics インターフェイスに移動します。 

      Analytics にアクセスする別の方法は、ホーム画面からアクセスする方法です。データソースを選択すると、そのイベントタイプのデフォルトの検索が表示されます。 

    2. [Searches] をクリックして新しい検索を作成し、以前に保存した検索のリストを表示します。 

      保存済み検索リストには、表示権限を持つ既存の保存済み検索が表示されます。リストのデフォルトのソート順序は、保存された検索名でアルファベット順になっています。


    3. 保存した検索を表示するには、[View Options] をクリックし、[Filter by Current User] を選択します。
    4. [+Add] をクリックして新しい検索を作成するか、既存の検索を選択してアクションツールバーでアクションをアクティブにします。
    5. [+Add] をクリックすると、検索モードを選択するためのオプションが表示されます。

      2 つの検索モードの詳細については、以下を参照してください。

    [Search details] ページには、検索結果を表示するための 2 つのタブが表示されます。

    • すべてのイベントタイプは、[Search details] 画面の [Data] タブで同じ基本レイアウトを共有します。 
    • [Data] タブを使用して、確認および分析するデータを検索してフィルタリングします。 
    • [Visualization] タブを使用して、そのデータに基づいてグラフィック表現を作成します。 
    • 検索アクションは、検索ごとに使用できます。アクションは、検索のタイプと使用するタブによって異なります。通常、次のアクションを使用できます。
      • 名前の変更
      • (CSV に)エクスポート([Data] タブからに限る)
      • メトリックの作成
      • ダッシュボードへの追加([Visualization] タブからに限る)

    基本検索と高度な検索の比較

    次の表に、各検索モードで使用できる機能の比較を示します。

    機能Basic 版Advanced 版
    条件検索バーへのフィールドのドラッグアンドドロップ×
    先行入力(オートコンプリート)該当なし
    [Visualization] キャンバス ウィジェットのサポート複数のウィジェット検索クエリごとに 1 つのウィジェット
    GROUP BY キーワードを使用したイベントのグループ化

    カンマ区切りのテキスト(基本モード)または IN 演算子(拡張モード)を使用したワイルドカード

    ××
    パーセンタイル ヒストグラム ウィジェット×