Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4

    ...

    sv-

    ...

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    This section uses a loan application, AD-Capital, to show the workflow and several milestones or steps involved in processing a loan. Similar to a typical loan application process, the workflow in this Business Journey starts with application submission, followed by document verification, credit check, underwriting, and finally, loan approval. 

    About the Milestones Data

    Data for each milestone comes from different applications and different AppDynamics event types, such as business transactions, logs, or end-user events. 

    In this workflow, the data associated with application submission comes from business transaction events, whereas document verification status comes from logs. Credit check and underwriting are performed by third-party service providers and the status is updated in logs. The loan approval status is then updated in the transaction events.

    Extract Fields: Primary Key and Additional Fields

    Choose a distinct primary key that uniquely identifies and ties together these independent milestones to represent loan application. In this example, loanId is used as the primary key.You enter loanid in the Primary Key field in each milestone. 

    In addition to the default information collected by the Business Journey, such as event timestamp, you can extract additional business information, such as customer details, loan amount, loan type, bank name, and so on using the optional fieldsThese additional fields provide further context for your Business Journey definition. You can also use these fields to run ADQL queries later on.

    Define Milestones

    In this example, the application submission milestone is defined. The mandatory filters to limit the events for this milestones are TypeApplicationTier, and Business Transaction. You can see that loanId is used as the primary key. Additionally, fields such as accountidloanTypeemail, and so on are extracted in this milestone. 

    Image Modified

    Similarly, the milestone for underwriting is defined as shown below: 

    Image Modified

    Underwriting is performed by third-party service providers and the status is updated in logs. Therefore, Logs is used as the Type of event source.

    Similarly, define all other milestones. Validate and save the Business Journey. It takes a few minutes to display the generated records from the associated events.

    Troubleshoot the Example Business Journey

    If you think the combination of fields and filters that are selected for each milestone is incorrect, you can validate it with an ADQL query search or by using the Analytics Searches widget as shown below:

    Image Modified

    The Search page shows all the valid values for your selection. On the screen, you see the valid Tiers and associated Business Transactions for

    ...

    AD-Capital. 

    Alternatively, you can visit the Tiers & Nodes page of the AD-Capital application in the Controller.

    Image Modified

    Run Analytics on the Example Business Journey

    Use one of the search methods from the Searches screen to view data, run analytics, or visualize the performance of the Business Journey you have just created. In this example, the progress of the credit check process is displayed for different types of loans defined in AD-Capital.

    Image Modified

    View the Example Business Journey

    You can view dashboards and widgets of the loan approval Business Journey on the Dashboards & Reports UI. The visualization makes it easy to understand the performance of loan application workflow.

    Image Modified

    The funnel widget is given on the left side of the image. This widget represents the overall conversion rate, the health of participating events, and the number of abandoners at each critical step in the loan application process. At the center of the dashboard is a widget that illustrates slow business transactions at each step in the Business Journey. The widget on the lower right side of the image compares credit check providers on the basis of credit approvals. The widget on the upper right side displays the number of loans approved in different cities.

     


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox



    Related pages

    このセクションでは、ローンアプリケーション AD-Capital を使用してワークフローとローンの処理に関連するいくつかのマイルストーンまたは手順を示します。一般的なローン アプリケーション プロセスと同様に、このビジネスプロセスのワークフローは、アプリケーションの申請から始まり、書類審査、信用調査、引受と続いた後、最後にローンの承認が行われます。 

    マイルストーンデータについて

    各マイルストーンのデータは、さまざまなアプリケーションと、ビジネストランザクション、ログ、またはエンドユーザイベントなどのさまざまな AppDynamics イベントタイプから取り込まれます。 

    このワークフローでは、「アプリケーションの申請」に関連するデータがビジネス トランザクション イベントによって発生する一方で、「書類審査」のステータスはログから取得されます。「信用調査」と「引受」は第三者機関が提供し、それらのステータスがログにも反映されます。その後、トランザクションイベントで「ローンの承認」ステータスが更新されます。

    フィールドの抽出:プライマリキーおよび追加フィールド

    これらの独立したマイルストーンを一意に識別して結合する別のプライマリキーを選択して、ローンアプリケーションを表します。この例では、loanId  がプライマリキー.として使用されます。各マイルストーンの [loanid] フィールドに「Primary Key」と入力します。 

    イベントタイムスタンプなどのビジネスプロセスによって収集されたデフォルト情報に加えて、顧客の詳細、ローン金額、ローンタイプ、銀行名などの追加のビジネス情報をオプションフィールドを使用して抽出できます。これらの追加フィールドで、ビジネスプロセスの定義に関する詳細なコンテキストを提供します。また、これらのフィールドを使用して、後で ADQL クエリを実行することもできます。

    マイルストーンの定義

    この例では、「アプリケーションの申請」マイルストーンが定義されています。このマイルストーンのイベントを制限するための必須フィルタは、TypeApplicationTierBusiness Transaction です。loanId がプライマリキーとして使用されていることがわかります。さらに、accountidloanTypeemail などのフィールドがこのマイルストーンで抽出されます。 

    Image Added

    同様に、「引受」のマイルストーンは次のように定義されています。

    Image Added

    「引受」は第三者機関が実施し、それらのステータスがログにも反映されます。したがって、Logs はイベントソースの Type として使用されます。

    同様に、他のすべてのマイルストーンを定義します。ビジネスプロセスを検証し、保存します。関連するイベントから生成されたレコードを表示するには数分かかります。

    ビジネスプロセスの例に関するトラブルシューティング

    各マイルストーンに対して選択されているフィールドとフィルタの組み合わせが正しくない場合は、ADQL クエリ検索を使用するか、または次のように分析検索用のウィジェットを使用して検証することができます。

    Image Added

    [Search] ページには、選択したすべての有効な値が表示されます。画面には、有効な階層と、関連する AD-Capital のビジネストランザクションが表示されます。 

    または、コントローラで AD-Capital アプリケーションの [Tiers & Nodes] ページにアクセスすることもできます。

    Image Added

    ビジネスプロセスの例で分析を実行する

    いずれかの検索メソッドを 検索画面で使用して、作成したばかりのビジネスプロセスのパフォーマンスに関するデータの表示、分析、または可視化を行います。この例では、信用調査処理の進行状況が、AD-Capital で定義されているさまざまなタイプのローンについて表示されます。

    Image Added

    ビジネスプロセスの例を表示する

    Dashboards & Reports UI で、ローン承認ビジネスプロセスのダッシュボードとウィジェットを表示できます。可視化により、ローン アプリケーション ワークフローのパフォーマンスを簡単に理解できるようになります。

    Image Added

    ファネルウィジェットは、画像の左側に示されます。このウィジェットは、全体的なコンバージョン率、参加イベントの正常性、およびローン申請プロセスにおける重要な各ステップでの取り下げ数を表します。ダッシュボードの中央には、ビジネスプロセスの各ステップで停滞しているビジネストランザクションを示すウィジェットがあります。画像の右下にあるウィジェットは、クレジットの承認に基づいて信用調査機関を比較します。右上のウィジェットには、異なる都市で承認されたローンの数が表示されます。