Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.6

    On this page:

    appdsv-tocbox
    Table of Contents
    maxLevel3
    minLevel2

    translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    ...

    To enable Server Visibility, review these system requirements guidelines

    System Requirements

    Server Visibility requires a supported version of the

    ...

    Machine Agent to be installed on the monitored server. See Standalone Machine Agent Requirements and Supported Environments

    ...

    Server Visibility features are available for Linux, Windows, and Solaris. You need a Server Visibility license to enable and use Server Visibility features. Server Visibility is enabled by default on AppDynamics

    ...

    Controllers. You must explicitly enable Server Visibility on your Standalone Machine Agent to start sending the expanded set of Server Visibility metrics.

    You can install and run

    ...

    Machine Agents on other supported platforms,

    ...

    however, Server Visibility features are not available. 

    Limitations

    • Total number of

    ...

    • Machine Agents and containers reporting to a single Controller is 30,000.
    • Total number of

    ...

    • App Agents reporting to a single Controller is 100,000.
    • Monitored servers are considered stale 30 days after they go offline. They are purged from the Controller database when that time limit is reached.
    • Docker Visibility is supported on Linux only. 

    Server Visibility on Windows

    ...

    Review these notes:

    • It is good practice to check the server frequently to

    ...

    • ensure that it has the latest Windows updates installed. WMI (Windows Management Instrumentation) updates are especially important

    ...

    • because the

    ...

    • Agent uses WMI to collect Server Visibility metrics.
    • The monitored server should have at least

    ...

    • four cores or multiple CPUs. WMI processes can be highly resource-intensive, especially on Windows Server 2012.
    • If you do not have a Server Visibility license, or

    ...

    • to collect Basic metrics only, configure the

    ...

    • Agent to use the JavaHardwareMonitor extension. Server Visibility should not be enabled on the Agent.
    • The Windows Machine Agent uses

    ...

    • these extensions by default:
      • JavaHardwareMonitor (for Basic metrics)

    ...

      • ServerMonitoring (for Server Visibility metrics)
    • The HardwareMonitor extension is not recommended on Windows.

    ...

    • To enable Server Visibility on a Windows server with a .NET APM

    ...

    • Agent installed, you must enable .NET Compatibility Mode on both the Controller and the Standalone Machine Agent.
    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel3
    minLevel2

    Related pages:

    サーバの可用性を有効にする場合、次のガイドラインと注意事項を確認してください。 

    システム要件

    サーバの可視性を使用するには、サポートされているバージョンのスタンドアロン マシン エージェントがモニタ対象サーバにインストールされている必要があります。「Standalone Machine Agent Requirements and Supported Environments」を参照してください。 

    サーバの可視性機能は、Linux、Windows、および Solaris で使用できます。サーバの可視性機能を有効にして使用するには、サーバの可視性のライセンスが必要です。AppDynamics コントローラでは、サーバの可視性はデフォルトで有効になっています。サーバの可視性メトリックの拡張セットの送信を開始するには、スタンドアロン マシン エージェントでサーバの可視性を明示的に有効にする必要があります。

    スタンドアロン マシン エージェントは、サポートされている他のプラットフォームにインストールして実行できますが、サーバの可視性機能は使用できません。 

    制限

    • 1 つのコントローラにレポートするマシンエージェントとコンテナの合計数は 30,000 です。
    • 1 つのコントローラにレポートするアプリケーション エージェントの合計数は 100,000 です。
    • モニタ対象サーバは、オフラインになってから 30 日後に失効と見なされます。この時間制限に達すると、コントローラデータベースから消去されます。
    • Docker の可視性は Linux でのみサポートされます。 

    Windows でのサーバの可視性

    次の点に注意してください。

    • サーバを頻繁に確認して、最新の Windows アップデートがインストールされているか確認することをお勧めします。エージェントは WMI(Windows Management Instrumentation)を使用してサーバの可視性メトリックを収集するため、WMI の更新は特に重要です。
    • モニタ対象サーバには、少なくとも 4 つのコアまたは複数の CPU が必要です。WMI プロセスは、特に Windows Server 2012 で大量のリソースを消費する可能性があります。
    • サーバの可視性のライセンスがない場合、または基本メトリックのみを収集する場合は、JavaHardwareMonitor 拡張機能を使用するようにエージェントを設定します。
    • Windows マシンエージェントは、デフォルトで次の拡張機能を使用します。
      • JavaHardwareMonitor(基本メトリックの場合)
      • ServerMonitoring(サーバの可視性メトリックの場合)
    • HardwareMonitor 拡張機能は、Windows では推奨されません。
    • サーバの可視性のライセンスがない場合、または基本メトリックのみ収集する場合、エージェントでサーバの可視性は有効にしないでください。
    • .NET APM エージェントがインストールされている Windows サーバでサーバの可視性を有効にする場合は、コントローラとスタンドアロン マシン エージェントの両方で .NET Compatibility Mode を有効にする必要があります。