Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.7
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents

    Related pages:

    Network request snapshots capture detailed information about individual network request instances by your application. They can help you troubleshoot the causes of poorly performing mobile applications.

    When Network Request Snapshots are Captured

    Mobile RUM starts capturing snapshots when user experience becomes slow, based on how you have configured the thresholds for slow, very slow, and stalled. See Configure Mobile Network Request Thresholds.

    Periodic snapshots of normal user experience are also captured at least once per minute.

    Network Request Snapshot Content

    A network request snapshot contains summary data about the individual request as well as any business transactions associated with the request if correlation with an instrumented server-side application is available.

    The snapshot contains extensive metrics for the request in the Summary data, including:

    • User Experience:  Normal, Slow, Very Slow, or Stalled.
    • Time: when the request was received by the EUM Cloud or EUM Server collector, in UNIX epoch time. 
    • Mobile Network Request: a link to the network request dashboard for the network request of which this snapshot is an instance. See Network Request Dashboard.

    Business Transactions in Network Request Snapshots

    When a network request snapshot is associated with one or more business transactions on an instrumented server-side application, the business transactions are listed in the Business Transactions panel in the network request snapshot. You can click the link to see the business transaction dashboard for the associated business transaction.

    If transaction snapshots for an associated business transaction were captured at the same time as the network request snapshot, they are linked in the Transaction Snapshots panel of the network request snapshot. If a call graph icon is displayed for a snapshot in the transaction snapshot list, a full or partial call graph is available for that transaction snapshot. This allows you to examine the cause of performance problems on the server side. Click the link to see the associated transaction snapshot.

    Transaction snapshots are triggered on the server when slow or stalled business transactions are identified when a diagnostic session is started or periodically based on a configured interval. In general, slow, very slow, and stalled transactions are more likely to trigger a transaction snapshot on the server than transactions operating within the normal range. For more information about when server-side transaction snapshots are captured, see Transaction Snapshots.

    How to Access Network Request Snapshots from Transaction Snapshots

    If a transaction snapshot seen from the server side also has generated a correlated network request snapshot, a mobile snapshot link appears in the top right of the transaction snapshot flow map. Click the link to open the network request snapshot.

    Archiving Network Request Snapshots

    Normally network request snapshots are purged after two weeks. You can archive a snapshot beyond the normal snapshot lifespan to retain it for future analysis.

    To archive a snapshot, click the Archive button in the upper right corner of the snapshot window.

    You can view archived snapshots by checking Archived as a view option in the network request snapshots list.

    Customers with on-premises controllers can modify the default two-week period by configuring the event.retention.period property in the Controller Settings section of the Administration console.

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page

    Table of Contents

    Related pages

    ネットワーク リクエスト スナップショットは、アプリケーションによって個々のネットワーク リクエスト インスタンスに関する詳細情報をキャプチャします。これらは、モバイルアプリケーションのパフォーマンスが低下している原因をトラブルシューティングするのに役立ちます。

    ネットワーク リクエスト スナップショットがキャプチャされた場合

    モバイル RUM は、ユーザエクスペリエンスが低下するとしきい値の設定方法に基づいてスナップショットのキャプチャを開始します(低速、非常に低速、停止)。詳細については、Configure Mobile Network Request Thresholdsを参照してください。

    また、通常のユーザエクスペリエンスの定期的なスナップショットも、1 分あたり 1 回以上キャプチャされます。

    ネットワーク リクエスト スナップショットのコンテンツ

    ネットワーク リクエスト スナップショットには、個々のリクエストに関する要約データと、インストゥルメントされたサーバ側アプリケーションとの相関関係がある場合はそのリクエストに関連付けられているすべてのビジネストランザクションが含まれます。

    スナップショットには、次のようなサマリーデータのリクエストに関する広範なメトリックが含まれています。

    • User Experience:通常、低速、非常に低速、または停止しています。
    • Time:リクエストが EUM クラウドまたは EUM Server コレクタによって受信された場合、UNIX エポック時間。 
    • Mobile Network Request:このスナップショットがインスタンスになっているネットワークリクエストの、ネットワーク リクエスト ダッシュボードへのリンク。「Network Request Dashboard」を参照してください。

    ネットワーク リクエスト スナップショットのビジネストランザクション

    ネットワーク リクエスト スナップショットが、インストゥルメントされたサーバ側アプリケーションで 1 つ以上のビジネストランザクションに関連付けられている場合、ビジネストランザクションはネットワーク リクエスト スナップショットの [Business Transactions] パネルに表示されます。このリンクをクリックして、関連するビジネストランザクションのビジネス トランザクション ダッシュボードを表示できます。

    関連するビジネストランザクションのトランザクション スナップショットが、ネットワーク リクエスト スナップショットと同時にキャプチャされた場合は、ネットワーク リクエスト スナップショットの [Transaction Snapshots] パネルにリンクされます。トランザクション スナップショット リスト内のスナップショットにコールグラフアイコンが表示されている場合、そのトランザクション スナップショットに対して、コールグラフの一部またはすべてを使用できます。これにより、サーバ側のパフォーマンスに関する問題の原因を調べることができます。リンクをクリックすると、関連するトランザクション スナップショットが表示されます。

    トランザクション スナップショットは、診断セッションが開始されたとき、または設定された間隔に基づいて定期的に実行された場合に、低速または中断されたビジネストランザクションが特定されるとサーバ上でトリガーされます。一般に、低速、非常に低速、および停止したトランザクションは、通常の範囲内で動作しているトランザクションよりも、サーバ上でトランザクション スナップショットをトリガーする可能性が高くなります。サーバ側のトランザクション スナップショットがキャプチャされた場合の詳細については、「Transaction Snapshots」を参照してください。

    トランザクション スナップショットからネットワーク リクエスト スナップショットにアクセスする方法

    サーバ側に表示されたトランザクション スナップショットでもネットワーク リクエスト スナップショットが生成された場合は、モバイルスナップショットへのリンクがトランザクション スナップショット フロー マップの右上に表示されます。リンクをクリックして、ネットワーク リクエスト スナップショットを開きます。

    ネットワーク リクエスト スナップショットのアーカイブ

    通常、ネットワーク リクエスト スナップショットは 2 週間後に消去されます。スナップショットをアーカイブして、今後の分析用に通常のスナップショット保存期間より長く保存することができます。

    スナップショットをアーカイブするには、スナップショットウィンドウの右上隅にある [Archive] ボタンをクリックします。

    ネットワーク リクエスト スナップショットのリストで [Archived] を表示オプションとしてチェックすることで、アーカイブされたスナップショットを表示できます。

    オンプレミスコントローラを使用しているお客様は、管理コンソールの [Controller Settings] セクションにある event.retention.period プロパティを構成することで、デフォルトの 2 週間という期間を変更できます。