Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The Apache Web Server Agent discovers, maps and tracks metrics for business transactions, app services, and backends in your web application by injecting instrumentation into the Apache server at runtime.

    About the Apache Web Server Agent

    The Apache Agent automatically discovers incoming HTTP requests to Apache Web Server nodes as business transaction entry points. AppDynamics uses URI-based naming for transactions originating at Apache Agent nodes. The agent discovers exit points to Apache modules and resolves them to the downstream tier or backend. See Apache Web Server Backend Detection.

    The Apache Agent tracks the following metrics for web servers:

    • Calls per minute and time spent in the web server tier
    • Calls per minute and time spent in Apache module backends
    • Number of errors

    The agent identifies slow and stalled transactions according to dynamic baselines. When it detects an HTTP response code greater than 400, the agent identifies the transaction as an error transaction.

    Transaction snapshots taken on Apache Web Server nodes include the following data:

    • URL
    • HTTP error codes
    • HTTP request data: 
      • Cookie, including JSESSIONID
      • Referer
      • X-Forwarded-For
      • SM_USER
    • Exit calls to Apache modules

    Agent Deployment Architecture

    The Apache Web Server Agent consists of these components:

    • Apache extension
    • AppDynamics agent proxy

    The agent proxy is a Java process that handles communication between the Apache Web Server Agent and Controller. The proxy transmits the raw performance data from the agent to the Controller, which stores, analyzes, and presents the data. 

    As a separate process, the agent proxy must be started separately from the monitored web server. You can start the proxy manually or configure it to start automatically by setting AppDynamicsLaunchProxy in appdynamics_agent.conf. Whether the proxy is started automatically or manually, the commands that start the agent check whether the proxy is already running and do not attempt to start it again if it is.

    Naming Apache Web Server Nodes

    Each web server instance maps to a node in the AppDynamics model. When naming Apache Web Server nodes, be sure to use a meaningful name. Some options are:

    • hostName-appName-nodeName
    • hostName-tierName-nodeName
    • appName-nodeName
    • tierName-nodeName
    • IP address
    • fully qualified domain name
     
    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    Appd noprint

    Search Apache Web Server Agent topics:

    Page Tree Search

    Apache Webサーバーエージェントは、実行時にインストゥルメンテーションをApacheサーバーに注入することにより、ビジネストランザクション、アプリケーションサービス、およびバックエンドのメトリックをWebアプリケーションで検出、マッピング、追跡します。

    Apache Webサーバーエージェントについて

    Apacheエージェントは、 Apache Webサーバーノードへの受信HTTPリクエストを、ビジネスアプリケーションのエントリポイントとして自動的に発見します。AppDynamics はApacheエージェントノードからのトランザクションに、URIベースの命名を使用します。エージェントはApacheモジュールへのイグジットポイントを発見し、ダウンストリームティアまたはバックエンドに解決します。詳細については、Apache Web Server Backend Detectionを参照してください。

    ApacheエージェントはWebサーバーの以下のメトリックを追跡します。

    • Web サーバティアにおける 1 分あたりのコール数と所要時間
    • Apache モジュールバックエンドにおける 1 分あたりのコール数と所要時間
    • 不具合数

    エージェントは、動的ベースラインに基づき遅延または停滞しているトランザクションを識別します。エージェントが400よりも大きいHTTP応答コードを検出した場合、トランザクションはエラーとして識別されます。

    Apache Web サーバノードで取得されるトランザクション スナップショットは、以下のデータを含みます。

    • URL
    • HTTPエラーコード
    • HTTPリクエストデータ 
      • Cookie(JSESSIONID を含む)
      • Referer ヘッダー
      • X-Forwarded-For
      • SM_USER
    • Apacheモジュールへの終了コール

    エージェントデプロイのアーキテクチャ

    Apache Webサーバーエージェントは次のコンポーネントで構成されています。

    • Apache拡張
    • AppDynamicsエージェントプロキシ

    エージェントプロキシとは、Apache Web サーバエージェントとコントローラ間の通信を処理する Java プロセスです。プロキシは、エージェントからコントローラへ未加工のパフォーマンスデータを送信します。コントローラは、このデータを保存、分析、表示します。 

    Image RemovedImage Added

    エージェントプロキシは独立したプロセスとして、モニタリング対象のWebサーバーから独立して起動する必要があります。プロキシは手動で起動することも、appdynamics_agent.conf  の AppDynamicsLaunchProxy を設定して自動で起動するように構成することもできます。プロキシが自動的に起動される場合も手動で起動される場合も、エージェントを起動するコマンドにより、プロキシがすでに実行されているかどうかがチェックされ、実行されている場合は再度起動しようとはしません。 を設定して自動で起動するように構成することもできます。プロキシが自動的に起動される場合も手動で起動される場合も、エージェントを起動するコマンドにより、プロキシがすでに実行されているかどうかがチェックされ、実行されている場合は再度起動しようとはしません。

    Apache Webサーバーノードの命名

    各 Web サーバのインスタンスは、AppDynamics モデルのノードにマップされます。Apache Web サーバノード に名前を付けるときは、わかりやすい名前を使用してください。次のオプションがあります。

    • hostName-appName-nodeName
    • hostName-tierName-nodeName
    • appName-nodeName
    • tierName-nodeName
    • [IP アドレス(IP Address)]
    • 完全修飾ドメイン名