Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.10

    ...

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    このクイックスタートガイドでは、Enterprise Consoleを使用して、コントローラなどの既存のAppDynamicsコンポーネントを発見し、アップグレードする方法について説明します。発見できるコンポーネントは、バージョン4.1以上を実行するコンポーネントに限られることに注意してください。Consoleを使用して、コントローラなどの既存のAppDynamicsコンポーネントを発見し、アップグレードする方法について説明します。

    Enterprise Consoleのインストール

    Enterprise Consoleは、コントローラと同じホストにインストールすることができます。また、別のホストを指定してインストールすることもできます。

    1. 以下のコマンドを使用してEnterprise Consoleをインストールします。

      Linux 

      No Format
      ./platform-setup-64bit-linux.sh

      Windows

      No Format
      platform-setup-64bit-windows.exe

      インストールウィザードが起動します。ウィザードを完了してEnterprise Consoleをインストールします。アプリケーションのインストール方法の詳細は、「Enterprise Console」を参照してください。

    2. インストールの際に指定したホストとポートを使用してGUIを開き、Enterprise Consoleが問題なくインストールされたことを確認します。

      No Format
      http(s)://<hostname>:<port>

      デフォルトのポートは9191です。

    発見とアップグレード:Enterprise ConsoleGUI 

    Enterprise Console GUI を使用した検出とアップグレード

    表示されるオプションは、プラットフォームの状態に基づきます。プラットフォームを作成していない場合、表示されるオプションから [Discovery] を選択します。ウィザードを完了してプラットフォームを作成します。次に、ホストを追加して、コントローラとイベントサービスを検出します。

    CLIなどですでにプラットフォームを作成している場合、次の手順を完了してください。

    1. コントローラとイベントサービスがインストールされているホストを特定します。 
    2. リモートホストを使用している場合は、[Credentials] ページでプラットフォームに認証情報を追加します。 ページでプラットフォームにログイン情報を追加します。 

      Info
      認証情報を追加するときに、Enterprise Consoleマシンの秘密鍵ファイルを必ず提供してください。
    3. Hostsページに移動し、ホストを追加します。
      1. コントローラとイベントサービスが Enterprise Console と同じホストにインストールされている場合は、[Add Enterprise Console Host] を選択します。
      2. コントローラとイベントサービスがEnterprise Consoleと異なるホストにインストールされている場合、ホストを入力します。ホストの認証情報を選択し、プラットフォームに認証情報を追加します。

    CLIでの発見とアップグレード

    1. Enterprise Consoleをインストールしたディレクトリに移動します。
    2. 以下のコマンドを使用して、プラットフォームを作成します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh create-platform --name <platform_name> --installation-dir <platform_installation_directory>
    3. 以下のコマンドを使用して、ホストにアクセスするためにプラットフォームで使用できる認証情報を追加します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-credential --credential-name <name> --type ssh --user-name <username> --ssh-key-file <file_path_to_the_key_file>

      <file path to the key file>は Enterprise Console マシンの秘密キーです。インストールプロセスで、キーがホストにデプロイされます。 

       


    4. ホストをプラットフォームに追加します。

      No Format
      bin/platform-admin.sh add-hosts --hosts localhost host_2 host_3 --credential <credential_name>

      最低限として、AppDynamics サーバ側のコンポーネント(コントローラとイベントサービス)がインストールされているホストをすべてブートストラップしてください。

      Info

      「localhost」の代わりに、ループバックアドレス「127.0.0.1」やマシンの実際のホスト名を使用することもできます。