Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.5

    ...

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    AppDynamicsの正常性ルール違反およびイベントの通知をアラートまたはチケットシステムと統合するために、コントローラインスタンス上でカスタムアクションをセットアップできます。アラートシステムに情報を渡すカスタム通知を作成することによって、プッシュアプ​​ローチを使用します。AppDynamicsの正常性ルール違反およびイベントの通知をアラートまたはチケットシステムと統合するために、コントローラインスタンス上でカスタムアクションをセットアップできます。アラートシステムに情報を渡すカスタム通知を作成することによって、プッシュアプローチを使用します。

    カスタム通知とカスタムアクション

    カスタム通知により、AppDynamicsの正常性ルール違反およびイベントに関するアラートを、お使いのアラートシステムに統合できます。この統合の拡張には次のものが必要です。

    • カスタム通知に関する情報を提供する custom.xml ファイル
    • アラートをトリガーするイベントおよび正常性ルール違反に関するAppDynamicsからのパラメータを受け取る実行可能スクリプト
    • カスタムアクションによってカスタム通知をトリガーするためのAppDynamicsイベントまたはポリシーの構成

    このトピックでは、スクリプトとXMLファイルの作成方法について説明します。アクションのトリガー方法については、上記関連ページのアラートおよび応答機能に関するドキュメントを参照してください。

    カスタムアクションの作成

    スクリプトの作成

    実装するカスタムアクションごとに、AppDynamics から渡されるパラメータを受け取って処理できる実行可能スクリプト(Windows では .bat 拡張子、Linux では .sh 拡張子)を作成します。パラメータに関する詳細は、「Information Passed to the Custom Action Script from AppDynamics」を参照してください。スクリプトごとに、次のようにします。

    • Linux環境でシェルスクリプトの適切な実行権限を設定します。たとえば、chmod 770 script1.sh とします。
    • スクリプトファイルで正しく文字がエンコードされていることを確認します。これは、Windowsマシン上でUnixシェルスクリプトを作成する場合は特に重要です。

    オンプレミスコントローラへのスクリプトのインストール

    To install the script on an on-premises controller:

    1. コントローラのインストールディレクトリの直下に「custom」という名前のディレクトリを作成し、その下に「actions」サブディレクトリを作成します。

      No Format
        <controller_home>/custom/actions
      
    2. <controller_home>/custom/actions ディレクトリで、インストールする各カスタム アクション スクリプトのためのサブディレクトリを作成します(たとえば、JIRA システムと連動するアクション用など)。

      No Format
      <controller_home>/custom/actions/jira
      
    3. ステップ2で作成した適切なサブディレクトリにスクリプトを移動します。

    XMLファイルの作成

    1. カスタム アクション スクリプトの場所と名前を記述した custom.xml ファイルを作成します。「Contents of the custom.xml File」を参照してください。
    2. オンプレミスコントローラの場合は、ファイルを <controller_home>/custom/actions ディレクトリに移動します。SaaSコントローラの場合の手順については、AppDynamicsの営業担当者までお問い合わせください。

    オンプレミスコントローラでのスクリプトの検証

    1. スクリプトとcustom.xmlファイルをインストールしたら、コントローラを再起動します。
    2. スクリプトを手動で検証します。スクリプトの検証方法:
      a. コントローラホストマシンでコマンドラインコンソールを開く。
      b. コマンドラインコンソールからスクリプトファイルを実行。

    カスタムアクションの作成

    AppDynamics UIでカスタムアクションを作成して、カスタムアクションがどのようにトリガーされるかを調整します。詳細については、Custom Actionsを参照してください。

    custom.xmlファイルのコンテンツ

    custom.xml ファイルには、コントローラ上のあらゆるカスタムアクションに対する <actions> 要素があります。 

    <type> 要素にはスクリプトファイルを含むサブディレクトリがあります。 

    <executable> 要素にはスクリプトの名前があります。

    Sample custom.xml file

    No Format
    <custom-actions>
      <action>
         <type>jira</type>
         <executable>script1.bat</executable>
      </action>
      <action>
        <type>bugzilla</type>
        <executable>script2.sh</executable>
      </action>
    </custom-actions>
    

    AppDynamicsからカスタムアクションスクリプトに渡される情報

    カスタムアクションスクリプトは、コントローラが正常性ルール違反またはその他のイベントから渡すパラメータを処理する必要があります。パラメータの値は文字列の配列として伝えられます。

    スクリプト名のパラメータは $0 として伝えられます。$1, $2, . . . $n.  $1 は最初のパラメータ(アプリケーション名)、$2 はアプリケーション ID と順番に続きます。以下のセクションでその順番を確認できます。

    正常性ルール違反には、イベントとは異なるパラメータセットがあります。

    正常性ルール違反によって渡されるパラメータ

    パラメータにより、アクションをトリガーした正常性ルール違反が記述されます。

    配列内の要素の総数は、正常性ルールにより評価されるエンティティの数と、評価エンティティごとのトリガーされる条件の数によって異なります。評価エンティティの例としては、アプリケーション、ティア、ノード、ビジネストランザクション、JMX などがあります。スクリプトは、評価エンティティごとにエンティティタイプ、エンティティ名、エンティティID、トリガーされる条件の数を期待し、トリガーされる条件ごとに一連の条件パラメータを期待します。

    パラメータの値は、次に記述する順で渡されます。

    正常性ルール違反により送信されるパラメータの構造

    • APP_NAME
    • APP_ID
    • PVN_ALERT_TIME
    • PRIORITY
    • SEVERITY // INFO, WARN, ERROR 
    • ACTION_NAME
    • HEALTH_RULE_NAME
    • HEALTH_RULE_ ID
    • PVN_TIME_PERIOD_IN_MINUTES
    • AFFECTED_ENTITY_TYPE
    • AFFECTED_ENTITY_NAME
    • AFFECTED_ENTITY_ID
    • NUMBER_OF_EVALUATION_ENTITIES—次のパラメータが、評価エンティティごとに渡されます。
      • EVALUATION_ENTITY_TYPE
      • EVALUATION_ENTITY_NAME
      • EVALUATION_ENTITY_ID
      • NUMBER_OF_TRIGGERED_CONDITIONS_PER_EVALUATION_ENTITY—次のパラメータが、この評価エンティティのトリガー条件ごとに渡されます。
        • SCOPE_TYPE_x
        • SCOPE_NAME_x
        • SCOPE_ID_x
        • CONDITION_NAME_x
        • CONDITION_ID_x
        • OPERATOR_x
        • CONDITION_UNIT_TYPE_x
        • USE_DEFAULT_BASELINE_x
        • BASELINE_NAME_x
        • BASELINE_ID_x
        • THRESHOLD_VALUE_x
        • OBSERVED_VALUE_x
    • SUMMARY_MESSAGE
    • INCIDENT_ID
    • DEEP_LINK_URL
    • EVENT_TYPE
    • ACCOUNT_NAME
    • ACCOUNT_ID

    正常性ルール違反によって送信されるパラメータの定義

    正常性ルール違反パラメータ

    定義

    APP_NAME

    ビジネスアプリケーションの名前

    APP_ID

    アプリケーションID番号

    PVN_ALERT_TIME

    アラート時刻(例:Thu Dec 22 15:03:56 PST 2011)

    PRIORITY

    正常性ルール違反の是正の緊急度を指定する整数。最小値(0)が最も高い緊急度を表す

    SEVERITY

    INFOWARN、または ERROR— AppDynamics UI では InfoWarning、および Critical

    ACTION_NAME正常性ルール違反後に呼び出されるアクションの名前。

    HEALTH_RULE_NAME

    違反のあった正常性ルールの名前

    HEALTH_RULE_ ID

    正常性ルールID

    PVN_TIME_PERIOD_IN_MINUTES

    正常性ルール違反の期間(分単位)

    AFFECTED_ENTITY_TYPE

    APPLICATION, APPLICATION_COMPONENT (別名 Tier)、APPLICATION_COMPONENT_NODE, BUSINESS_TRANSACTION, APPLICATION_DIAGNOSTIC_DATA ( 別名 Error)

    AFFECTED_ENTITY_NAME

    影響を受けるエンティティ名

    AFFECTED_ENTITY_ID

    影響を受けるエンティティID

    NUMBER_OF_EVALUATION_ENTITIES

    正常性ルールの条件に違反しているエンティティ(ビジネストランザクション、アプリケーション、ティア、ノード、エラー、JMXカウンタなど)の数

    EVALUATION_ENTITY_TYPE

    APPLICATION, APPLICATION_COMPONENT(別名ティア)、APPLICATION_COMPONENT_NODE, BUSINESS_TRANSACTION, APPLICATION_DIAGNOSTIC_DATA(別名エラー)、JMX

    EVALUATION_ENTITY_NAME

    評価エンティティ名(JMXの場合はカウンタ名)

    EVALUATION_ENTITY_ID

    評価エンティティ ID、または JMX の場合は <NULL>

    NUMBER_OF_TRIGGERED_CONDITIONS_PER_EVALUATION_ENTITY 

    トリガーされる条件パラメータを評価エンティティごとにループする回数。複数の条件がトリガーされる場合、トリガーされる条件ごとにパラメータが複製されてxは条件の位置を示す

    SCOPE_TYPE_x

    パラメータのスコープ(アプリケーション、ティア、またはノード):
    APPLICATION, APPLICATION_COMPONENT, APPLICATION_COMPONENT_NODE

    SCOPE_NAME_x

    スコープの名前(例:ACME Book Store Application)

    SCOPE_ID_x

    スコープID

    CONDITION_NAME_x

    正常性ルールの条件名

    CONDITION_ID_x

    正常性ルールの条件ID

    OPERATOR_x

    許可されたオペレータ: LESS_THAN, LESS_THAN_EQUALS, GREATER_THAN, GREATER_THAN_EQUALS, EQUALS, NOT_EQUALS

    CONDITION_UNIT_TYPE_x

    しきい値パラメータの条件: ABSOLUTE, BASELINE_STANDARD_DEVIATION, BASELINE_PERCENTAGE, BASELINE_PERCENTILE

    USE_DEFAULT_BASELINE_x

    条件のユニットタイプが BASELINE_ タイプのいずれかである場合にのみ該当するブール型パラメータ(true または false)

    BASELINE_NAME_x

    条件ユニットのタイプが BASELINE_ タイプのいずれかであり、デフォルトベースラインの使用パラメータが false の場合にのみ該当

    BASELINE_ID_x

    条件ユニットのタイプが BASELINE_ タイプのいずれかであり、デフォルトベースラインの使用パラメータが false の場合にのみ該当

    THRESHOLD_VALUE_x

    正常性ルールのしきい値の設定

    OBSERVED_VALUE_x

    正常性ルールのしきい値に違反した値

    SUMMARY_MESSAGE

    正常性ルールに違反しています」のような通知のサマリー

    INCIDENT_ID

    この正常性ルール違反のインシデント ID 番号。インシデント ID はコントローラ内で一意。フィールドは int(11) として定義され、4 バイト(32 ビット)の空間を使用し、最大値は 2^(31) - 1 = 2147483647、最小値は -2147483648。1 ビットは符号用。

    DEEP_LINK_URL

    コントローラのディープリンクURL。例:

    http://<controller-host-url>/#location=APP_INCIDENT_DETAIL&incident=<incident-id>

    インシデントIDをURLに追加し、このポリシー違反に対するコントローラUIへのリンクを提供

    EVENT_TYPE

    POLICY_OPEN_WARNING, POLICY_OPEN_CRITICAL, POLICY_CLOSE_WARNING, POLICY_CLOSE_CRITICAL, POLICY_UPGRADED, POLICY_DOWNGRADED, POLICY_CANCELED_WARNING, POLICY_CANCELED_CRITICALPOLICY_CONTINUES_CRITICAL、および POLICY_CONTINUES_WARNING

    ACCOUNT_NAMEアクションがトリガーされたアカウントの名前
    ACCOUNT_IDアクションがトリガーされたアカウントのID

    イベントによって渡されるパラメータ

    パラメータにより、アクションをトリガーしたイベントが記述されます。

    配列内の要素の総数は、アクションをトリガーしたイベントタイプおよびイベントサマリーの数によって異なります。 

    パラメータの値は、次に記述する順で渡されます。

    イベントにより送信されるパラメータの構造

    • APP_NAME
    • APP_ID
    • EN_TIME 
    • PRIORITY
    • SEVERITY 
    • EN_NAME
    • EN_ ID
    • EN_INTERVAL_IN_MINUTES
    • NUMBER_OF_EVENT_TYPES
      T
      次のパラメータが、イベントタイプごとに渡されます。
      • EVENT_TYPE_x
      • EVENT_TYPE_NUM_x
    • NUMBER_OF_EVENT_SUMMARIES
      次のパラメータが、イベントサマリーごとに渡されます。
      • EVENT_SUMMARY_ID_x
      • EVENT_SUMMARY_TYPE_x
      • EVENT_SUMMARY_SEVERITY_x
      • EVENT_SUMMARY_STRING _x
    • DEEP_LINK_URL
    • ACCOUNT_NAME
    • ACCOUNT_ID

    イベントによって送信されるパラメータの定義

    イベント通知パラメータ

    定義

    APP_NAME

    ビジネスアプリケーションの名前

    APP_ID

    アプリケーションID番号

    EN_TIME

    イベント通知時刻(例:Wed Jan 04 09:36:55 PST 2012)

    PRIORITY

    正常性ルール違反の是正の緊急度を指定する整数。最小値(0)が最も高い緊急度を表す

    SEVERITY

    許容値:INFOWARN、または ERROR.。AppDynamics UI では Info、Warning、および Critical

    EN_NAME

    イベント通知の名前

    EN_ID

    イベント通知ID番号

    EN_INTERVAL_IN_MINUTES

    分単位のイベント通知間隔

    NUMBER_OF_EVENT_TYPES

    イベントタイプのマップパラメータでループする回数を決定

    EVENT_TYPE_x

    1つ以上のイベントタイプがある場合、パラメータは各イベント タイプで繰り返し(イベント タイプを示す数字がx分増加)

    EVENT_TYPE_NUM_x

    このタイプのイベントの数

    NUMBER_OF_EVENT_SUMMARIES

    通知内のイベントサマリの数(イベントサマリパラメータをループする回数を決定)

    EVENT_SUMMARY_ID_x

    イベントサマリID番号

    EVENT_SUMMARY_TIME_x

    イベントサマリ時刻(例:Wed Jan 04 09:34:13 PST 2012)

    EVENT_SUMMARY_TYPE_x

    次のようなイベントのタイプ。 APPLICATION_CONFIG_CHANGE, APP_SERVER_RESTART, DIAGNOSTIC_SESSION, STALL

    EVENT_SUMMARY_SEVERITY_x

    イベントの重大度:INFOWARN 、または ERROR。AppDynamics UIではInfo、Warning、およびCritical。

    EVENT_SUMMARY_STRING_x

    イベントサマリ文字列(例:Application Server environment variables changed)

    DEEP_LINK_URL

    http://<controller-host-url>/#location=APP_EVENT_VIEWER_MODAL&eventSummary=
    各イベントサマリー ID を URL に追加して、このイベントに対するコントローラ UI へのリンクを提供

    ACCOUNT_NAMEアクションがトリガーされたアカウントの名前
    ACCOUNT_IDアクションがトリガーされたアカウントのID

    カスタムアクションスクリプトのサンプル

    AppDynamics の正常性ルール違反によってトリガーされる ServiceNow チケットを作成するスクリプトの例については、CreateServiceNow スクリプトを参照してください。