Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen

    AppDynamics End User Monitoring (EUM) gives you visibility on the performance of your application from the viewpoint of the end user. 

    While Application Performance Monitoring (APM) measures user interaction starting at the web server or application server entry point, EUM extends that visibility all the way to the web browser, mobile, or IoT application. As a result, EUM reveals the impact the network and browser rendering time have on the user experience of your application.

    The diagram below provides an overview of the different components, deployment models (SaaS/on-premises), and the Controller UI as seen by AppDynamics end users. The SaaS deployment employs services (Controller Service, Events Service, EUM Service, EUM Synthetic Monitoring Service) to collect, store, and process data, whereas, the on-premises deployment requires customers to install discrete components such as the Controller and servers (Events Server, EUM Server) that run processes to collect, store, and process data.

    Annotations are provided for each label below the diagram.

    StepDescriptionComponent(s)
    Step One

    The Browser, Mobile, and IoT Agents run in web/mobile/IoT applications, collect metrics, and then transmit that data to either a SaaS or an on-premises deployment of AppDynamics.

    • Browser/Mobile/IoT Apps
    • EUM Agents
    Step Two
    The AppDynamics SaaS Cloud, consisting of the components listed to the right, stores, processes, and analyzes data, and then delivers RUM metrics to the Controller UI.
    (A)
    Controller Service - stores data and metadata, makes calls to the EUM Server for raw data and the Events Service for analytic data.
    (B)
    Events Service - stores short-term RUM data (such as sessions, network requests, snapshots) for heavier analysis.
    (C)
    EUM Service - verifies, aggregates, and packages raw browser/mobile app metrics.
    (D)
    EUM Synthetic Monitoring Service - schedules and executes Browser Synthetic jobs and returns session data to the Controller.
    Step Three

    The on-premises deployment of AppDynamics has most of the same components and data as the SaaS model. In this model, DevOps install and administer their own Controller, Events Service, and EUM Server. The EUM Synthetic Monitoring Service and sessions data, however, are not available in the on-premises deployment.

    • Controller
    • Events Server
    • EUM Server
    Info

    See the descriptions for each component above in step 2. The EUM Server performs the same functions as the EUM Service.

    Step Four

    AppDynamics users can go to the AppDynamics Controller UI to view and analyze RUM metrics as snapshots, pages, Ajax requests, sessions, network requests, or in the form of charts and graphs.

    Controller UI

    Info

    See the description for the Controller UI in step 2.

    Understand End User Activity

    Using EUM, you can determine: 

    • Where geographically your heaviest application load is originated.
    • Where geographically your slowest End User response times occur.
    • How performance varies by
      • location.
      • client type, device, browser and browser version, and network connection for web requests.
      • application and application version, operating system version, device, and carrier for mobile requests.
    • What your slowest web/Ajax requests are, and where the problem may lie.
    • What your slowest mobile and IoT network requests are, and where the problem may lie.
    • How application server performance impacts the performance of your web and mobile traffic.
    • Whether your mobile or IoT applications are experiencing errors or crashes and the root cause of the issues. For example, for mobile applications, EUM provides stack traces and event trails for the crash or error, helping you troubleshoot and optimize mobile applications.

    View EUM Data

    The performance information generated by EUM is distinct from the application monitoring data generated by app server agents.

    EUM data appears in various locations in the Controller UI, including in the User Experience dashboard, Metric Browser, and AppDynamics Analytics pages.

    When linked to application business transactions, EUM data gives you a complete view of your end users' experience from the client request, through the application environment, and back to the client as the user response. 

    You can view EUM performance data in the Controller UI in the User Experience tab. From there, you can access information specific to browser applications, mobile applications, or connected devices (IoT applications). 

    On-Premises EUM Deployments

    By default, EUM is configured to use an AppDynamics-hosted component called the EUM Cloud. For a fully on-premises installation, the EUM Server provides the functionality of the EUM Cloud. For information, see EUM Server Deployment.

    Some functionality for EUM depends on the AppDynamics Platform Events Service. In a SaaS environment, this is managed by AppDynamics, but it is also possible to use this functionality in an on-premises form. 

    To host the Events Service on premises, see:

    If you are adding EUM to an existing on-premises Controller installation, you should evaluate your current configuration's ability to handle the additional load imposed by EUM. For more information, see Additional Sizing Considerations.

    Anchor
    access-eum-cloud
    access-eum-cloud
    Access the SaaS EUM Server

     The SaaS EUM Server consists of the components listed below. Each component may have different endpoints depending on the region of your Controller. 

    • EUM Services - The Mobile Agents, JavaScript Agent, and IoT SDKs send data to the EUM Services. The Controller fetches data from the EUM Server.
    • Events Service - The EUM Server sends analytics data to the Events Service. The Controller also queries the Events Service.
    • Synthetic Services - The Synthetic Private Agent and Synthetic Hosted Agent send data to the Synthetic Services.

    If your SaaS or on-prem deployment requires access to any of these components on the Internet, make sure the URLs given in SaaS Domains and IP Ranges are accessible from your network. 

    Info

    For on-prem deployments, however, the EUM Server can either be located on the Internet or hosted inside your own data center/network. On-premises access points are configured at installation or through the UI. See EUM Server Deployment and Events Service Deployment for more information.

    How EUM Works with other AppDynamics Products

    This section describes how other App iQ Platform products work with EUM to provide complete, full visibility on application health and user experience.

    EUM and Application Performance Monitoring

    Using APM with EUM provides you with greater insight into how the performance of your business application affects the end-user experience. To integrate APM with EUM, you correlate business transactions with browser snapshots. This enables you to trace bad user experiences to issues with your backends such as an unresponsive web service, bad database query or slow server response. To learn how to integrate APM with EUM, see Correlate Business Transactions for Browser RUM.

    You can also use the server app agents running on business applications that serve your browser applications to inject JavaScript agent into the code that runs on the browser. This obviates the need to manually inject the JavaScript agent. For more information, see Automatic Injection and Assisted Injection.  

    Info

    You must assign unique names to EUM applications and business applications. For example, if you created the business application "E-Commerce", you cannot create a browser, mobile, or IoT application with that same name or vice versa.

    EUM and Application Analytics

    AppDynamics Application Analytics enables you to use the powerful AppDynamics Query Language (ADQL) to analyze different types of EUM data through complex queries. The Analytics components are based on the Events Service, which is also the source of data for Browser Analyze, Crash AnalyzeNetwork Requests Analyze, and all IoT data. Analytics requires a license separate from the EUM licenses except for IoT Monitoring. 

    Learn More

    For more information on the type of user monitoring you interested in, see:

    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width200

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Search the EUM topics:

    Page Tree Search

    AppDynamics エンドユーザモニタリング(EUM)を使用すると、エンドユーザの視点からアプリケーションのパフォーマンスを可視化できます。 

    アプリケーション パフォーマンス モニタリング(APM)は、Web サーバまたはアプリケーションサーバのエントリポイントからのユーザインタラクションを測定しますが、EUM はその可視性を Web ブラウザ、モバイル、または IoT アプリケーションにまで拡張します。その結果、EUM によって、ネットワークとブラウザのレンダリング時間がアプリケーションのユーザエクスペリエンスに及ぼす影響が明らかになります。

    次の図は、AppDynamics エンドユーザが認識するさまざまなコンポーネント、導入モデル(SaaS/オンプレミス)、およびコントローラ UI の概要を示しています。SaaS 展開では、サービス(コントローラサービス、イベントサービス、EUM サービス、EUM 合成モニタリングサービス)を利用してデータを収集、保存、および処理します。一方、オンプレミス展開では、データを収集、保存、および処理するためにプロセスを実行するコントローラおよびサーバ(イベントサーバ、EUM サーバ)などの個別のコンポーネントをお客様がインストールする必要があります。

    図の下には各ラベルについての説明があります。

    ステップ説明コンポーネント
    Step One

    ブラウザ、モバイル、および IoT エージェントは、Web/モバイル/IoT アプリケーションで実行され、メトリックを収集してから、そのデータを SaaS または AppDynamics のオンプレミス展開のいずれかに送信します。

    • Browser/Mobile/IoT Apps
    • EUM Agents
    Step TwoAppDynamics SaaS クラウドは、右側にリストされているコンポーネントで構成され、データを保存、処理、分析してから、RUM メトリックをコントローラ UI に配信します。
    (A)Controller Service:データとメタデータを保存し、raw データの場合は EUM サーバに、分析データの場合はイベントサービスにコールを発信します。
    (B)Events Service:より重い分析のため、短期の RUM データ(セッション、ネットワークリクエスト、スナップショットなど)を保存します。
    (C) EUM Service:raw のブラウザ/モバイル アプリケーション メトリックを検証、集約、およびパッケージ化します。
    (D) EUM Synthetic Monitoring Service:ブラウザ合成ジョブをスケジュールして実行し、セッションデータをコントローラに返します。
    Step Three

    AppDynamics のオンプレミス展開には、SaaS モデルと同じコンポーネントとデータのほとんどがあります。このモデルでは、DevOps は独自のコントローラ、イベントサービス、および EUM サーバをインストールして管理します。ただし、EUM 合成モニタリングサービスとセッションデータは、オンプレミス展開では使用できません。

    • Controller
    • Events Server
    • EUM Server
    Info

    手順 2 の上記各コンポーネントの説明を参照してください。

    Step Four

    AppDynamics ユーザは、AppDynamics コントローラ UI に移動すると、スナップショット、ページ、Ajax リクエスト、セッション、ネットワークリクエスト、またはチャートとグラフの形式で RUM メトリックを表示および分析できます。

    Controller UI

    Info

    手順 2 の Controller UI の説明を参照してください。

    エンドユーザアクティビティの把握

    EUM を使用して、次のことを確認できます。

    • 最も重いアプリケーション負荷は地理的にどこで発生しているか。
    • 最も低速なエンドユーザの応答時間は地理的にどこで発生しているか。
    • 以下によってパフォーマンスがどのように変化するか。
      • 位置が報告されます。
      • Web リクエストのクライアントタイプ、デバイス、ブラウザとブラウザバージョン、およびネットワーク接続。
      • モバイルリクエストのアプリケーションとアプリケーションバージョン、オペレーティング システム バージョン、デバイス、およびキャリア。
    • 最も低速な Web/Ajax リクエストと、問題が発生している可能性がある場所。
    • 最も低速なモバイルおよび IoT ネットワークリクエストと、問題が発生している可能性がある場所。
    • アプリケーションサーバのパフォーマンスが Web およびモバイルトラフィックのパフォーマンスにどのように影響するか。
    • モバイルまたは IoT アプリケーションでエラーまたはクラッシュが発生しているかどうか、および問題の根本原因。たとえば、モバイルアプリケーションの場合、EUM はクラッシュまたはエラーのスタックトレースとイベント証跡を提供し、モバイルアプリケーションのトラブルシューティングと最適化を支援します。

    EUM データの表示

    EUM によって生成されるパフォーマンス情報は、アプリケーション サーバ エージェントによって生成されたアプリケーション モニタリング データとは異なります。

    EUM データは、[User Experience] ダッシュボード、Metric Browser、および AppDynamics Analytics ページを含め、コントローラ UI のさまざまな場所に表示されます。

    アプリケーション ビジネス トランザクションにリンクすると、EUM データによって、クライアントリクエストからアプリケーション環境を通じたエンド ユーザ エクスペリエンスを完全に把握し、ユーザ応答としてクライアントに戻すことができます。 

    EUM パフォーマンスデータは、コントローラ UI の [User Experience] タブで確認できます。そこから、ブラウザアプリケーション、モバイルアプリケーション、または接続されたデバイス(IoT アプリケーション)に固有の情報にアクセスすることができます。 

    オンプレミスの EUM 展開

    デフォルトでは、EUM は EUM クラウドと呼ばれる AppDynamics ホステッドコンポーネントを使用するように構成されています。完全にオンプレミスのインストールでは、EUM サーバが EUM クラウドの機能を提供します。詳細については、「EUM Server Deployment」を参照してください。

    EUM の一部の機能は、AppDynamics プラットフォーム イベント サービスに依存します。SaaS 環境では、これは AppDynamics によって管理されますが、オンプレミスの形でこの機能を使用することもできます。 

    イベントサービスをオンプレミスでホストするには、次を参照してください。

    既存のオンプレミスのコントローラインストールに EUM を追加する場合は、現在の構成で EUM による追加の負荷を処理できるかを評価する必要があります。詳細については、「サイズ指定に関するその他の考慮事項」を参照してください。

    Anchor
    access-eum-cloud
    access-eum-cloud
    SaaS EUM サーバへのアクセス

     SaaS EUM サーバは、以下に示すコンポーネントで構成されています。各コンポーネントには、コントローラの地域に応じて異なるエンドポイントが存在する場合があります。 

    • EUM サービス:モバイルエージェント、JavaScript エージェント、および IoT SDK は、EUM サービスにデータを送信します。コントローラは、EUM サーバからデータを取得します。
    • イベントサービス:EUM サーバは、イベントサービスに分析データを送信します。コントローラもまた、イベントサービスに対してクエリを実行します。
    • 合成サービス:合成プライベートエージェントと合成ホステッドエージェントは、合成サービスにデータを送信します。

    SaaS またはオンプレミス展開でインターネット上のこれらのコンポーネントのいずれかにアクセスする必要がある場合は、SaaS ドメインと IP 範囲で指定された URL がネットワークからアクセス可能であることを確認してください。 

    Info

    ただし、オンプレミス展開では、EUM サーバはインターネット上に配置することも、独自のデータセンター/ネットワーク内でホストすることもできます。オンプレミス アクセス ポイントは、インストール時に構成するか、または UI を使用して構成します。詳細については、「EUM Server Deployment」および「Events Service Deployment」を参照してください。

    EUM が他の AppDynamics 製品と連携するしくみ

    このセクションでは、その他の App iQ プラットフォーム製品が EUM と連携して、アプリケーションの正常性とユーザエクスペリエンスを完全かつ全面的に可視化するしくみについて説明します。

    EUM とアプリケーション パフォーマンス モニタリング

    EUM とともに APM を使用することにより、ビジネスアプリケーションのパフォーマンスがエンドユーザ エクスペリエンスにどのように影響するかについての洞察が得られます。APM と EUM を統合するには、ビジネストランザクションとブラウザスナップショットを関連付けます。これにより、応答しない Web サービス、不正なデータベースクエリ、低速なサーバ応答など、バックエンドで問題のあるユーザエクスペリエンスをトレースできます。APM と EUM を統合する方法については、「Correlate Business Transactions for Browser RUM」を参照してください。

    また、ブラウザアプリケーションにサービスを提供するビジネスアプリケーション上で実行されるサーバ アプリケーション エージェントを使用すると、ブラウザ上で実行されるコードに JavaScript エージェントを挿入することができます。これにより、JavaScript エージェントを手動で挿入する必要がなくなります。 詳細は、次を参照してください。自動インジェクション および 補助インジェクション。  

    Info

    EUM アプリケーションとビジネスアプリケーションに一意の名前を割り当てる必要があります。たとえば、ビジネスアプリケーション「E-Commerce」を作成した場合、その同じ名前を持つブラウザ、モバイル、または IoT アプリケーションを作成することはできません。その逆も同様です。

    EUM とアプリケーション分析

    AppDynamics アプリケーション分析では、強力な AppDynamics クエリ言語(ADQL)を使用して複雑なクエリによってさまざまなタイプの EUM データを分析できます。分析コンポーネントは、イベントサービスに基づいています。このサービスは、ブラウザ分析Crash Analyzeネットワークリクエスト分析、およびすべての IoT データのデータソースでもあります。IoT モニタリングの場合を除き、分析には EUM ライセンスとは別のライセンスが必要です。 

    さらに詳しく

    関心のあるユーザモニタリングのタイプの詳細については、次を参照してください。