Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The topics in this section describe how to install and administer the Python Agent, the runtime agent used to monitor Python with AppDynamics Application Monitoring. 

    Python Agent Architecture

    The Python Agent discovers, and maps and tracks metrics for business transactions, app services, and backends in your web application by injecting instrumentation into the Python application at runtime. The agent operates from inside the WSGI server that contains the instrumented application.

    The agent proxy is a Java process that handles the communication between the Python Agent and Controller. The proxy reports performance metrics to the Controller, where the data is stored, analyzed, and presented. 

    As shown in the following figure, the proxy can serve multiple Python Agents simultaneously.

    In pure Python environments, the proxy is automatically started when you start the Python Agent. In other types of environments, you need to start the proxy manually. See Instrument the Application in Python Agent for more information. 

    However the proxy is started, the commands that start the agent check whether the proxy is running before attempting to start it.

    Install the Agent Overview

    If you have never installed the agent, the best way to start is with the Getting Started Wizard in the Controller. This installer configures your agents with the values that you supply in the wizard. 

    If you downloaded the agent from PyPI, use the instructions in Install the Python Agent to instrument your application manually. In this case, see Python Agent Settings for a complete list of all the Python Agent settings that you can use to instrument the agent.

    Getting Started with the Download Wizard

    The Getting Started Wizard walks you through configuration steps and helps you download the agent. To access the wizard, from the home page of the Controller, click Getting Started and then Python.

    The wizard provides for a minimally configured agent, with settings for the Controller connection, the business application name, and tier name. For advanced scenarios, see Install the Python Agent.


     


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related pages:

    Appd noprint

    Search Python Agent topics:

    Page Tree Search

    このセクションのトピックでは、Python エージェントのインストールと管理の方法を説明します。これは AppDynamics アプリケーション モニタリングでの Python のモニタに使用される、ランライムエージェントです。 

    Pythonエージェントのアーキテクチャ

    Python エージェントは、実行時に Python アプリケーションにインストゥルメンテーションを挿入することにより、ビジネストランザクション、アプリケーションサービス、およびバックエンドのメトリックを Web アプリケーションで検出、マップ、追跡します。エージェントはインストゥルメント化されたアプリケーションを含むWSGIサーバーの内部から動作します。

    エージェントプロキシとは、Python エージェントとコントローラ間の通信を処理する Java プロセスです。プロキシはパフォーマンスメトリックをコントローラに報告します。コントローラでは、データを保存、分析、表示します。 

    次の図に示すように、プロキシは同時に複数のPythonエージェントにサービスを提供できます。

    Pure Python環境では、プロキシはPythonエージェントを起動すると自動で起動します。その他の環境ではプロキシを手動で起動する必要があります。詳細については、「Python Agent」の「アプリケーションのインストゥルメンテーション」を参照してください。 

    ただし、プロキシを開始すると、エージェントを起動するコマンドは、起動を試みる前にプロキシが実行中であるかを確認します。

    エージェントのインストール概要

    エージェントをインストールしていない場合は、コントローラの Getting Started ウィザードを使用して開始することをお勧めします。このインストーラは、ウィザードで指定した値を使用してエージェントを構成します。 

    エージェントを PyPI からダウンロードした場合は、Install the Python Agent」の手順を使用してアプリケーションを手動でインストゥルメント化します。この場合、エージェントのインストゥルメント化に使用できる Python エージェント設定に関する完全なリストは、「Python Agent Settings」を参照してください。

    ダウンロードウィザードの概要

    Getting Startedウィザードが構成手順を説明し、エージェントのダウンロードをお手伝いします。ウィザードにアクセスするには、コントローラのホームページで [Getting Started] をクリックして、[Python] をクリックします。

    ウィザードにより、コントローラ接続、ビジネスアプリケーション名およびティア名が設定された最小構成のエージェントが指定されます。高度なシナリオについては、「Install the Python Agent」を参照してください。