Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width320px

    Related links:

    This page provides an overview of how to get started with the AppDynamics Application Performance Management (APM) Platform, from setting up the Enterprise Console to deploying APM Agents. 

    Get the Enterprise Console

    The first step in using the AppDynamics APM Platform is to download the Enterprise Console. The Enterprise Console is the installer for the Controller and Events Service. You can use it to install and manage the entire lifecycle of new or existing on-premises platforms and components.

    To get the Enterprise Console:

    1. Start a free trial.
    2. Download the Enterprise Console from the AppDynamics Download Portal.

    Install the Controller

    The Controller sits at the center of an AppDynamics deployment. Agents collect data from a monitored environment and send it to the Controller. The Controller UI is where you can view, understand, and analyze the data.

    After creating your account and starting your trial, you can choose whether to install an on-premises Controller or use a SaaS Controller hosted by AppDynamics. If you are investigating or learning about AppDynamics, the quickest way to get started is with a SaaS Controller. For an on-premises deployment, see AppDynamics Application Performance Monitoring Platform

    • SaaS: AppDynamics hosts the Controller for you, and you do not need to install the Controller. 
    • On-premises: Follow the instructions in the AppDynamics Download Portal to install the Controller on a host machine.  

    Log in to the Controller UI

    Once you have installed the Controller or arranged for a hosted Controller, you can log in to the Controller UI.

    • SaaS: Access the email from the AppDynamics Operations team. This contains the URL and access details for your hosted Controller instance. 
    • On-premises: Log in using the administrator credentials you created during the installation.   

    Install Agents

    An AppDynamics deployment consists of multiple application agents to monitor different components of your application environment. For installing most types of agents, you can use the Getting Started Wizard in the Controller UI. The Wizard appears the first time you log in, or by navigating to Applications > Create an Application > Create an Application using the Getting Started Wizard. Follow the instructions in the Wizard to install agents in your application environment.

    For more information on installing an application agent, see the following: 

    HTML Table
    styleborder:none; padding:22px; text-align: center;
    Table Row (tr)
    stylepadding: 12px 12px 22px 12px;
    valigntop
    Table Cell (td)

    Install the Java Agent

    Table Cell (td)

    Install the .NET Agent for Windows

    Table Cell (td)

    Install the PHP Agent

    Table Cell (td)

    Install the Python Agent

    Table Cell (td)

    Install the Node.js Agent

    Table Row (tr)
    Table Cell (td)
    colspan5


    Table Row (tr)
    valigntop
    Table Cell (td)

    Set Up and Access Browser RUM

    Table Cell (td)

    Instrument iOS Applications

    Table Cell (td)

    Instrument Android Applications

    Table Cell (td)

    Install the Database Agent

    Table Cell (td)

    C/C++ Application Agent

    Connect Agents to the Controller

    The Getting Started Wizard automatically configures settings for connecting agents to the Controller. If you manually download agents, you must configure the Controller connections. You may need to adjust the configuration of network components, such as firewalls or proxies, to permit traffic from the agent to the Controller. The connection is unidirectional, meaning that agents always initiate the connections to the Controller.

    The graphic below shows the connections agents use to reach the platform. The actual connections vary between on-premises and SaaS platforms.


    Agents to Platform Connections Diagram


    Configure Email Notifications

    For the Controller to send notifications, such as health rule violations, the Controller needs to be configured to use a valid SMTP email server.

    • SaaS Controller: You can use the SaaS-provided SMTP server or your own SMTP server.
    • On-premises: You can configure a SMTP server after installation.

    See Enable an Email Server for information.  

    Roadmap for an AppDynamics Deployment

    After you have installed agents and restarted your applications, AppDynamics automatically builds an environment of your application. You can see the model in the dashboards and flow maps view of the Controller UI. The Controller monitors your application workload, determines what is normal for your environment, and applies sensible defaults for detecting abnormal activity and application errors.

    You can start using AppDynamics immediately without instrument and configuration. However, later on you can optimize the configuration to make the best use of AppDynamics for your environment and requirements.

    The timeline below outlines a typical "Getting Started" journey.   

    First Day with AppDynamics

    1. Get a Controller.
    2. Download and install an AppDynamics Agent.
    3. Add users to the Controller UI. 
    4. Configure Email/SMS settings to enable notifications. For SaaS, AppDynamics configures the SMTP server. For an on-premises Controller and SMS configuration, see Enable an Email Server
    5. Get to know the AppDynamics defaults, such as built-in health rules and baseline calculations.
    6. Learn about the key performance indicator metrics.
    7. Explore the ways that the different AppDynamics products work together.

    First Week with AppDynamics APM

    1. Create and organize your business applications.
    2. View and customize flow maps.  
    3. Create custom dashboards.
    4. Verify or adjust your tier groups, nodes, and remote services. 
    5. Customize your health rules. 

    First Month with AppDynamics APM

    1. Tune your service entry points. 
    2. Manage user roles and groups, or connect the Controller to an external authentication provider. 
    3. Capture contextual information, information points, and data collectors.
    4. Extend your health rules with custom actions. 
    5. Create custom metrics or add integration modules to AppDynamics. 

    Tutorials

    Learn more about specific areas of the AppDynamics APM Platform by following one of these tutorials: 


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width320px

    On this page:

    Table of Contents
    maxLevel2
    minLevel2

    Related links:

    このトピックでは、Enterprise Console の入手から、エージェントのデプロイの開始まで、AppDynamics アプリケーション パフォーマンス管理(APM)プラットフォームを使用してすばやく開始する方法について簡単に説明します。 

    Enterprise Console の入手

    AppDynamics APM プラットフォームを使用する最初の手順は、Enterprise Console をダウンロードすることです。Enterprise Console は、コントローラとイベントサービスのインストーラです。これを使用して新規または既存のオンプレミス AppDynamics プラットフォームやコンポーネントのライフサイクル全体を管理できます。

    Enterprise Console を入手するには、www.appdynamics.com で無料トライアルを開始します。

    Enterprise Console は、AppDynamics アプリケーション パフォーマンス管理(APM)プラットフォームの大部分のインストール可能なコンポーネントと同様に、AppDynamics ダウンロードセンター(https://download.appdynamics.com/)からダウンロードできます。  

    コントローラのインストール

    コントローラは、AppDynamics デプロイの中心であり、AppDynamics エージェントが監視対象環境のアクティビティにデータを送信する場所です。また、そのデータを表示、理解、分析することもできます。

    アカウントを作成し、トライアルを開始すると、コントローラを自分でインストールするか、AppDynamics によってホストされているコントローラを使用するかを選択できます。  

    • SaaS コントローラを選択すると、AppDynamics によってコントローラが自動的にホストされます。ユーザがコントローラをインストールする必要はありません。 
    • オンプレミスのコントローラインスタンスを選択する場合、AppDynamics ポータルの説明に従ってコントローラをインストールしてください。  

    AppDynamics について調べたり、学習したりすることで、SaaS コントローラを最短で使い始めることができます。ただし、AppDynamics をよく検討する準備が整っていて、オンプロミスデプロイに関心がある場合は、詳細について「AppDynamics Application Performance Monitoring Platform」を参照してください。  

    コントローラUIへのログイン

    コントローラをインストールするか、ホストされたコントローラを構成すると、コントローラUIにログインできるようになります。

    • SaaS コントローラの場合、AppDynamics Operations チームから、ホストされたコントローラのインスタンスの URL とアクセス情報が記載されたメールを受け取ります。 
    • オンプレミスコントローラの場合、インストール中に作成した管理者認証情報を使用してログインします。   

    AppDynamicsエージェントのインストール

    コントローラを入手したら、ご使用の環境に AppDynamics エージェントをインストールします。

    AppDynamics製品モジュールタイプでは、さまざまなタイプのエージェントが使用されます。たとえば、アプリケーションモニタリングには、AppDynamicsアプリエージェントの1つが必要です。

    ほとんどのタイプのエージェントでは、コントローラ UI でエージェント ダウンロード ウィザードを使用してすぐに開始できます。コントローラ UI に初めてログインすると、エージェント ダウンロード ウィザードが表示されます。ウィザードの指示に従って、アプリケーション環境にエージェントをインストールします。ウィザードには、コントローラ UI のホームページから直接アクセスできます。 

    アプリエージェントのインストールの詳細については、次のリンクをご利用ください。

    HTML Table
    styleborder:none; padding:22px; text-align: center;
    Table Row (tr)
    stylepadding: 12px 12px 22px 12px;
    valigntop
    Table Cell (td)

    Install the Java Agent

    Table Cell (td)

    Install the .NET Agent for Windows

    Table Cell (td)

    Install the PHP Agent

    Table Cell (td)

    Install the Python Agent

    Table Cell (td)

    Install the Node.js Agent

    Table Row (tr)
    Table Cell (td)
    colspan5

     

    Table Row (tr)
    valigntop
    Table Cell (td)

    Set Up and Access Browser RUM

    Table Cell (td)

    Instrument iOS Applications

    Table Cell (td)

    Instrument Android Applications

    Table Cell (td)

    Install the Database Agent

    Table Cell (td)

    C/C++ Application Agent

    コントローラへのエージェントの接続

    エージェントのダウンロードウィザードを使用している場合、ウィザードによってコントローラへのエージェントの接続に関する設定が自動的に構成されます。エージェントを直接ダウンロードする場合、コントローラの接続を構成する必要があります。

    以下の図は、エージェントがプラットフォームに到達するために使用している接続を示しています。通常、オンプレミスAppDynamicsプラットフォームとSaaS AppDynamicsプラットフォームのどちらを使用しているかによって、接続は変わります。

    ファイアウォールやプロキシなど、ネットワークコンポーネントの構成を調整し、エージェントからコントローラへのトラフィックを許可する必要が生じる場合があります。接続は一方向です。つまり、常にエージェントがコントローラへの接続を開始します。

    通知の有効化(メールサーバーの構成)

    コントローラによって正常性ルール違反などの通知が送信されるようにするには、有効なメール(SMTP)サーバーが使用されるようにコントローラを構成する必要があります。

    SaaSコントローラの場合、SaaS提供のSMTPサーバーを使用することも、独自のSMTPサーバーを使用することもできます。オンプレミスコントローラの場合、インストール後にSMTPサーバーを構成する必要があります。

    メールサーバの構成について詳しくは、「Enable an Email Server」を参照してください。  

    AppDynamicsデプロイのロードマップ

    エージェントをインストールしてアプリケーションを再起動すると、AppDynamicsによってアプリケーションの環境が自動的に構築されます。コントローラ UI の dashboards and flow maps ビューでモデルを確認できます。

    AppDynamics はアプリケーション ワークロードをモニタリングするときに、ユーザ環境の標準を判断し、異常な動作やアプリケーションエラーを検知するための実用的なデフォルトを適用します。インストゥルメンテーション構成に触れずにすぐに AppDynamics を使い始めても、そのメリットを得ることはできます。ただし、時機を見て個別の環境と要件に沿って構成を最適化すると、AppDynamics を最大限に活用できます。

    以下のタイムラインは、代表的なスタートプロセスを示しています。   

    AppDynamicsの使用初日

    1. コントローラを入手します。
    2. AppDynamicsエージェントをダウンロードして、インストールします。
    3. コントローラ UI にユーザを追加します。 
    4. 通知を有効にするようにメール/SMS 設定を構成します。SaaS の場合は、AppDynamics によって SMTP サーバが事前構成されます。オンプレミスコントローラと SMS の構成については、「Enable an Email Server」を参照してください。 
    5. AppDynamicsのデフォルトを確認します(あらかじめ用意されている正常性ルールやベースラインの計算など)。
    6. 主要業績評価指標(KPI)メトリックについて学習します。
    7. さまざまなAppDynamics製品が連動する方法を確認します。

    AppDynamics APMの使用開始1週間

    1. ビジネスアプリケーションを作成し、編成します。
    2. フローマップを表示して、カスタマイズします。  
    3. カスタムダッシュボードを作成します。
    4. ティアグループ、ノード、リモートサービスを確認して調整します。 
    5. 正常性ルールをカスタマイズします。 

    AppDynamics APMの使用開始後1か月間

    1. サービスエントリポイントを調整します。 
    2. ユーザロールとグループを管理するか、コントローラを外部の認証プロバイダーに接続します。 
    3. コンテキスト情報、インフォメーションポイント、データコレクタを取得します。
    4. カスタムアクションを使用して正常性ルールを拡張します。 
    5. カスタムメトリックを作成するか、統合モジュールを AppDynamics に追加します。  

    チュートリアル

    これらのチュートリアルのいずれかに従って、AppDynamics APM プラットフォームの特定の領域についてさらに学習します。