Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.4
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox

    Related pages:

    The following notes describe 4.5.x updates to the AppDynamics on-premises platform, including the Controller, Events Service, and EUM Server components.

    If an artifact has been updated, the version number of the updated artifact and its availability date are listed below. The version number corresponds to that shown on the download portal (http://download.appdynamics.com).

    The most recent releases appear at the top of the page.

    4.5.17 Updates 

    Version 4.5.17.21652 – January 29, 2020

    Enhancements 

    Enterprise Console and Controller
    • The latest AppDynamics release now bundles MySQL version 5.7.28 with the Controller.
    • Using the Enterprise Console UI or the CLI, you can now upgrade the HA Modules without having to upgrade the Controller.
    • The Controller and Enterprise Console package has been upgraded to include the JRE 1.8.0_231 version.
    • The HA Module now supports MySQL5.7 parallel replication. You can enable database parallel replication from the Enterprise Console UI or from the CLI.
    • To provide parallelization with the UI to set the number of parallel rsync threads, a new optional argument, numberThreadForRsync, has been added to the --job incremental-replication and --job finalize-replication CLI commands.
    • For customers who are on an older Controller version earlier than version 4.3.8, to upgrade to version 4.5.17, you must first upgrade your Controller(s) to version 4.3.8, then from version 4.3.8 to version 4.4.3, and then subsequently upgrade to version 4.5.17.

    4.5.15 Updates 

    November 1, 2019

    Enhancements 

    Enterprise Console
    • The Enterprise Console includes an updated version of the init scripts that are part of the High Availability (HA) Module to automatically restart the Controller and MySQL services when the machine reboots. 
    • Enterprise Console provides a new Controller HA Upgrade wizard for upgrading your HA Controller pair (primary and secondary Controllers). The wizard isolates the secondary Controller that serves as a backup and provides a quick reversion path in the event you encounter issues during the upgrade. This requires that you migrate both your primary and secondary Controllers into the Enterprise Console. In past versions, you were only able to upgrade HA Controller pairs from the command line.

    4.5.14 Updates

    Version 4.5.14.20848 – October 11, 2019

    Enterprise Console

    Enhancements

    This version of Enterprise Console (EConsole) provides significant enhancements to the High Availability (HA) management functionality previously available. In this version of EConsole, the HA Toolkit has been integrated into EConsole via the HA Module that EConsole installs onto the HA Controller cluster. The HA Module manages high availability functionality such as replication and failover even if EConsole is not running or is otherwise unavailable. For more information, see Migrate to the New HA Module Using Enterprise Console.

    4.5.13 Updates

    Version 4.5.13.1289 – September 6, 2019

    Synthetic Private Agent

    Enhancements

    You can change the administration port for Synthetic Private Agent through the adminConnectors field in the appdynamics/synthetic-agent/synthetic-driver/conf/synthetic-driver.yml file. This enables you to avoid port collision with the default port 8081.

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    SYNTH-4505Synthetic Private Agent unable to successfully post job results

    Version 4.5.13.29096 – August 26, 2019

    Synthetic Server

    Enhancements

    The AppDynamics Platform now supports Synthetic Hosted Agents with the Synthetic Server for dispatching synthetic jobs, collecting the measurement results, and reporting those results to the EUM Server. To deploy the Synthetic Hosted Agents and Server, you need to deploy the EUM Server. See Synthetic Server Deployment for more information.

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE-4956MySQL 5.7.26 package or latest version now included with product

    SYNTH-4212

    On-prem Synthetic Server default log level should be INFO, not DEBUG

    4.5.12 Updates

    Version 4.5.12.20340 - July 31, 2019

    Enhancements
    • Custom Permission to Cross-Launch a Connection in Cisco APIC Controller
      As an AppDynamics administrator, you can now customize the permissions for various roles to include permission to cross-launch a connection issue in Cisco APIC controller. See Set Custom Permission to Cross-Launch Cisco APIC controller for more information.

    4.5.11 Updates 

    Version 4.5.11.20318 - July 08, 2019

    Enterprise Console

    Enhancements
    • When upgrading the Controller on AWS, you no longer have to specify the domain name of the Aurora database when running the job discover_upgrade or upgrade. The job will use the domain host to the Aurora Database specified in domain.xml.

    • To prevent failed Controller upgrades because of customized keystore passwords for the reporting-instance artifact used by the Reporting Service, the Enterprise Console no longer allows you to change the password for the reporting-service.pfx file. 
    Known Issues

    The upgrade to Controller 4.5.11 will fail if the MySQL root user password for your Controller contains either a single quote ('), a double-quote ("), or the "@" symbol. If the MySQL root user password contains one of these special characters, you can upgrade the Controller to 4.5.11 by first resetting the root user password and then upgrading.

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    PLATCPS-10919The JAR file 'mysql-timezone-util.jar' throws the error "Cannot determine system time zone." when calling systemTimezone.getId()
    ECONSOLE-4183Upgrade the Enterprise Console's and Controller's MySQL version to include the latest security updates
    ECONSOLE-4409EC upgrade fails with long SSH command
    ECONSOLE-4523Controller upgrade fails when the "$" character is used in the db "root" and Controller password
    ECONSOLE-4560Enterprise Console expects the AWS instance type r4.4xlarge for medium-profile Controllers using the Aurora DB
    ECONSOLE-4345Upgrade fails with no error message when resuming from checkpoint
    ECONSOLE-4431Ensure the MySQL SSL key file has the appropriate permissions and ownership
    ECONSOLE-4475Update the platform bundled JRE to the latest 1.8.x release to resolve performance problems
    ECONSOLE-4550If domain.xml is large, upgrading a remote controller will fail
    ECONSOLE-4632Using the Enterprise Console to upgrade the Controller from 4.4. to 4.5 results in several changes to domain.xml
    ECONSOLE-4677Case-sensitivity naming of “primary” and “secondary” in high availability (HA) deployments causes a NullPoint exception when Enterprise Console executes a job

    Version 4.5.11.28578 - July 08, 2019

    EUM Server

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    BRUM-4126Improve EUM processor log
    MRUM-4532Setting the EUM Server property 'lifespanInDays' Does Not Purge Mobile Crashes
    Known Issues

    If you are using SSL with the EUM Server, you should downgrade the version of the JRE bundled with the EUM Server to 1.8.0_152 to avoid performance issues.

    4.5.11 (Synthetic Agent) Updates

    Version 4.5.11.28455  – June 19, 2019

    Enhancements
    • Firefox was upgraded from version 61 to version 66.
    • You can now install the Synthetic Private Agent in any directory.
    • ChromeDriver was upgraded from version 2.35 to version 2.37.

    4.5.10 Updates 

    Version 4.5.10.28177 - June 21, 2019

    EUM Server

    Resolved Issues
    Key
    Summary

    MRUM-4647

    EUM Server failing with Data too long for column 'symbol_name'

    Known Issues

    If you are using SSL with the EUM Server, you should downgrade the version of the JRE bundled with the EUM Server to 1.8.0_152 to avoid performance issues.

    4.5.9 Updates

    April 22, 2019

    Controller

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE-3814

    "Array Index Out of Bounds" exception occurs, although installation succeeds, when installing the 4.5 Enterprise Console from a terminal and using the "$" character in the password

    ECONSOLE-4036

    Controller with AuroraDB always shows Critical Unhealthy

    ECONSOLE-4050

    Enterprise Console UI artifacts are not versioned, which causes UI problems across Enterprise Console upgrades

    ECONSOLE-4264

    CLI - Phased upgrade - Enterprise Console breaks replication if the upgrade job is terminated

    ECONSOLE-4342

    Upgrade primary job fails at "Create glassfish password file" stage

    ECONSOLE-4344

    Add secondary controller (also finalize replication) fails when files vanish

    Events Service

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ANALYTICS-10647Unable to persist segment number for Custom Service Endpoint with payload splitting

    EUM Server

    Known Issues

    If you are using SSL with the EUM Server, you should downgrade the version of the JRE bundled with the EUM Server to 1.8.0_152 to avoid performance issues.

    4.5.8 Updates

    Version 4.5.8 – March 28, 2019

    Controller

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE-4218Enterprise Console fails to check for ncurses/libncurses as an installation or upgrade prerequisite
    ECONSOLE-4222Enterprise Console upgrade from 4.4.3 to 4.5.5.4 fails on Windows 2012 R2 VMWare machine
    PLATCPS-7736API client is not returning application names with the Administrator role

    EUM Server

    Known Issues

    If you are using SSL with the EUM Server, you should downgrade the version of the JRE bundled with the EUM Server to 1.8.0_152 to avoid performance issues.

    4.5.7 Updates

    Version 4.5.7.17784 – February 25, 2019

    Controller

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    PLATCPS-5172NullPointException thown while loading admin.jsp > Account Settings > By Account page
    PLATCPS-8848Nullpointer from snapshot when embedded flag is set to false
    PLATCPS-9723LDAP sync fails with error

    Enterprise Console

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE-3318"Upgrade" and "Discover and Upgrade" tasks need to check for required service states and provide clear user feedback before attempting an upgrade
    ECONSOLE-4033Controller AuroraDB install system check issue
    ECONSOLE-4305Incorrect Controller DB user password validation error message

    EUM Server

    Known Issues

    If you are using SSL with the EUM Server, you should downgrade the version of the JRE bundled with the EUM Server to 1.8.0_152 to avoid performance issues.

    4.5.6 Updates

    Version 4.5.6.17299 – February 11, 2019

    Controller

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    METADATA-5548Fix class cast exception and break the migration servlet issues
    PLATCPS-8508Incorrect license exception message: Not licensed for account
    PLATCPS-8848Nullpointer from a snapshot when the embedded flag is set to false

    EUM Server

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    MRUM-4287On-prem provisioner should be able to update license key
    Known Issues

    If you are using SSL with the EUM Server, you should downgrade the version of the JRE bundled with the EUM Server to 1.8.0_152 to avoid performance issues.

    Enterprise Console

    Enhancements
    • The new phased upgrade feature allows you to retain the HA roles of the Controllers, so that the primary and secondary roles do not switch after an upgrade. After first upgrading the primary, you can verify the upgrade before proceeding with the secondary upgrade. This allows you to quickly restore the older deployment version and service from the preserved secondary in the case of any issues. See Upgrade an HA Pair for more information.
    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE-3327Enterprise Console at times fails to configure complex/extra-large Controllers
    ECONSOLE-3362Enterprise Console CLI performance profile upgrade dropped -javaagent from domain.xml
    ECONSOLE-3526Supportability - Need to print a relevant error message when Aurora DB host is not reachable
    ECONSOLE-3597Add Hosts should not overwrite remote platform JRE
    ECONSOLE-3803Controller upgrade fails with customized keystore passwords
    ECONSOLE-3804Controller upgrade fails with customized reporting service keystore password
    ECONSOLE-3993Enterprise Console Events Service master count is incorrect
    ECONSOLE-4005Upgrading an HA pair fails with an incorrect error message when MySQL Controller user password is incorrect
    ECONSOLE-4006Free RAM checks fail on Windows

    4.5.5 Updates

    Version 4.5.5.16412 – December 21, 2018

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE-3488Unix socket conflict for Controller when there is a stale /tmp/mysql.sock owned by non-appd user
    ECONSOLE-3825Capture correct error message when the Enterprise Console does not find an alias in the keystore
    METADATA-5306ADDMetricHierarchyBuilder::getADDForMetricNode needs to be optimized
    PLATCPS-7723Database health rules not evaluating with an external user who has roles Account Owner(default) and Administrator (default)
    PLATCPS-8652Optimize the canViewUser call

    4.5.4 Updates

    Version 4.5.4.15417 – November 19, 2018

    Controller

    Enhancements

    Your Controller MySQL 5.7 will be upgraded to the latest minor version to avoid MySQL DoS Vulnerability CVEs. If you are on MySQL 5.5, it is recommended that you upgrade to version 5.7.

    Resolved Issues
    KeySummary
    DBMON-4221(4.5.4) Broken compatibility between DB Agent pre-4.3.4 and the Controller post-4.5.2
    BRUM-4329Upgrade the MySQL database for the on-prem EUM Server to fix security vulnerability
    MQS-348When checking data points limits for a request, rollupDataPoints weren't taking into account
    MQS-331Flow Map error caused by a null point exception
    PLATCPS-7216LicenseEnforcerResourceImpl.leaseInternal() returns exception message for RuntimeException
    PLATCPS-7805Error generating Signed SAML requests

    Enterprise Console 

    Enhancements
    • You can configure the SSL protocol channel. To do so, select "Enable mixed SSL channel" on Enterprise Console Appserver Configurations UI. See Configure SSL Termination at the Reverse Proxy for more information.
    • After a fresh installation or upgrade, the DB Controller password is now hidden in domain.xml as an alias.
    Known Issues
    • For Enterprise Console version 4.5.3, you are not able to update the Controller user DB password for HA pairs using either the UI or CLI. The job will fail while updating the alias in Glassfish for the secondary Controller.
    • You may run into UI issues, such as unavailable components after you upgrade the Enterprise Console due to the browser caching older UI assets. This is due to unversioned Enterprise Console UI artifacts and their JavaScript files. To workaround this issue:
      1. Delete the following browser data:
        • Cached images and files
        • Hosted app data
      2. Install the Enterprise Console 4.4.3.x.
      3. Add a Controller host.
      4. Install the Controller.
      5. Remove the Controller.
      6. Upgrade Enterprise Console to the latest 4.5.x version.
      7. Attempt to install the Controller.
        The Controller installation dialog will only contain Cancel and Submit buttons.
      8. Delete the following browser data:
        • Cached images and files
        • Hosted app data
      9. Attempt again to install the Controller.
        The Controller installation dialog will contain all of the expected fields, drop-down menus, and buttons.

    Version 4.5.4.25740 – 11/2/2018

    On-Premises Synthetic Server

    The on-premises AppDynamics Platform now offers the on-premises Synthetic Server for dispatching synthetic jobs, collecting the measurement results, and reporting those results to the EUM Server. To deploy the on-premises Synthetic Server, you need to deploy the on-premises EUM Server and install the Synthetic Private Agent Deployment. See Synthetic Server Deployment for more information.

    4.5.2 Updates

    Version 4.5.2.14478 – October 15, 2018

    Controller

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    APMPLAT-8883Not able to create applications and register new nodes after upgrade to 4.5.1 at On-Premise Controller
    METADATA‑4921RBAC not working on Upgrade 4.2 to 4.5

    Enterprise Console

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    ECONSOLE‑3195Adding modifying listeners with SSL parameters fails
    ECONSOLE-3215Customizations in services-config.xml are not retained after upgrade
    ECONSOLE-3325Modifying Controller app server config with services stopped launches the app server, but not the database
    ECONSOLE-3419Enterprise Console is not in sync with Controller HA states
    ECONSOLE-3467Enterprise Console UI does not show replication status when both controllers are active/primary
    ECONSOLE-3475Final replication stops mysql on primary before it checks if all files to be replicated are owned by AppDynamics user
    ECONSOLE-3516Installing Enterprise Console fails when HTTPS is enable on CentOS 6.7
    ECONSOLE-3520Events Service installation dialog does not pre-populate port or path fields
    ECONSOLE-3554"mysql_upgrade" job does not check for the presence of libnuma before running
    ECONSOLE-3578Enterprise Console upgrade discards db/.rootpw.obf
    ECONSOLE-3581Enterprise Console corrupts MySQL during upgrade if mysql.user has single user user='root' row
    ECONSOLE-3624Enterprise Console HA manual failover does not wait for MySQL replication logs to be applied on secondary
    ECONSOLE-3644Enterprise Console key sync job does not run post Events Service discovery
    ECONSOLE-3660Stopping and Starting an HA Controller creates passive running Appserver
    ECONSOLE-3664Fix for NUMA configurations issues with the Enterprise Console
    ECONSOLE-3698Enterprise Console is unable to query the state of the process running state when symlinks are created

    Version 4.5.2.25039 – October 15, 2018

    EUM Server

    Resolved Issues
    Key
    Summary
    MRUM-3514Error updating crash group name because the name is too long for an SQL column


    4.5.1 Updates

    Version 4.5.1.12922 – September 5, 2018 

    Enterprise Console / Events Service

    Enhancements
    • When using the Enterprise Console to install the Events Service on a Windows host, you can specify an Events Service directory path that includes use either forward slashes (/) or backslashes (\). You can also choose to not specify a path.
    • The controller.sh start-events-service and stop-events-service commands are no longer valid. You must use the Enterprise Console commands platform-admin.sh start-events-service and stop-events-service instead.
    Known Issues
    • Upgrading the Controller may fail when using customized keystore and truststore passwords. Customized passwords and CA-signed certificates are not retained after a failed upgrade.

    Controller

    Resolved Issues
    KeySummary
    METADATA‑4194User with Configure Transaction Detection permission is unable to update or delete a Scope
    METADATA-4666Slow permission check when filtering dashboards when calls initiated from DashboardManagerBean.getAllDashboardSummaries
    METADATA-4808Controller upgrade failure due to lack of permission to execute create_default_roles
    METADATA-4907Unable to create API Client due to failed permission check on create of Entity
    METRICSVC‑2045Modify baseline calculation based on passed timezone instead of UTC
    PLATCPS-5766SAML requests are getting encoded

    Enterprise Console

    Resolved Issues
    KeySummary
    ECONSOLE‑1993Discover/upgrade fails when http port (8090) is disabled on Controller
    ECONSOLE-3073Events Service install fails with exit code 127 through Enterprise Console 4.4.2.7140
    ECONSOLE-3097Enterprise Console takes longer than HA Auto Failover Interval to trigger a failover
    ECONSOLE-3140HA failure job keeps triggering after upgrading the Enterprise Console from 4.4.x to 4.4.3 HF build
    ECONSOLE-3196Enterprise Console UI fails - Retry button for Job or Discover Controller screen is inoperable
    ECONSOLE-3205'platform-admin.sh update-certificate -h' help output fails to define acceptable input file formats
    ECONSOLE-3213Enterprise Console Events Service Installer doesn't respect windows directory structure (backslashes)
    ECONSOLE-3220Secondary MySQL does not start due to space ID collisions
    ECONSOLE-3265Enterprise Console upgrade from 4.4.2 to 4.4.3 for Windows Controller failed
    ECONSOLE-3270Enterprise Console is unable to remove stanzas from a domain network listener configuration
    ECONSOLE-3274Controller stop operation fails when service is in STOP_PENDING
    ECONSOLE-3279Enterprise Console should validate all Controller passwords before upgrading
    ECONSOLE-3313controller.sh does not work with long Controller home path prefixes
    ECONSOLE-3326Enterprise Console upgrade fails when correct passwords are provided on the second time
    ECONSOLE-3357bin/controller.sh stop-events-service does not work
    ECONSOLE-3372Add secondary fails when primary Controller was previously part of an HA pair
    ECONSOLE-3465Fix to prevent HA pair upgrade if both Controllers are in a primary state prior to the upgrade
    ECONSOLE-3470Incremental replicate susceptible to space ID collisions when running on older Linuxes
    ECONSOLE-3473Controller Upgrade from 4.4.3 to 4.5.1 fails for new versions of Ubuntu due to undocumented dependency on tzdata package
    ECONSOLE-3350Adding a secondary Controller fails if the external URL is the same as the Controller URL
    ECONSOLE-3508Controller upgrade to 4.5 requires massive amounts of free disk

    4.5.0 Updates

    July 11, 2018

    Enhancements

    Controller / Events Service
    • The JRE of the Controller and Events Service has been upgraded to version 8u162.
    Enterprise Console
    • There is support for major-version upgrades for the Enterprise Console application. This means you can install, upgrade, and manage multiple versions of Controllers and Event Services.
      You can choose which version you would like to install/upgrade the Controller/Events Service to as long as the Enterprise Console is aware of that version. This means that you can upgrade the components to any intermediate version or to the latest version as long as the Enterprise Console installer has been run for those versions.

    • Starting in 4.5, during a Controller discover and upgrade scenario, the Enterprise Console expects a .passwordfile to be present in the Controller home directory. The Enterprise Console reads this password and validates it against the Controller. Once the upgrade is complete, the Enterprise Console removes the file, and stores the password in its encrypted database.
      Note: If you change the Glassfish Admin Password manually, you also need to update it in the Enterprise Console Controller Settings.

    • The Enterprise Console installer now uses version 6 of i4j. This resolves issues with warnings seen when installing in console mode.

    • When adding the Enterprise Console host machine, you should stop using the alias, 'platformadmin', and instead start using the following:

      • On the CLI, you should use 'localhost', the loopback address '127.0.0.1', or the machine's actual hostname.
      • From the UI, you should use the Add Enterprise Console Host button, which will automatically populate the text field with the hostname of the Enterprise Console machine.
    • You can edit credentials from Custom Installation.
    • You can manage your Controller SSL certificate on the Enterprise Console UI under Configurations.
    • The Enterprise Console CLI commands now consistently use hyphens (-) instead of underscores (_). For example, the job discover_upgrade is now discover-upgrade.
    • The Enterprise Console supports up to 20 platforms at a time by default.

    Upgrade Notes

    Ubuntu version 16 and higher requires the tzdata package in order to install the 4.5 Enterprise Console and Controller.

    Info

    The tzdata package is also required by the MySQL connector.

    Resolved Issues

    KeySummary
    ECONSOLE-1529Windows Controller installation fails when special characters are used in the Controller admin password
    ECONSOLE-1923Enterprise Console UI does not show where to upgrade an existing Controller
    ECONSOLE-1924Enterprise Console upgrade procedure shows Install instead of Upgrade at the bottom
    ECONSOLE-1951Service name is not displayed in the error message when the Windows service registration fails
    ECONSOLE-1978Enterprise Console startup script should unset CDPATH
    ECONSOLE-1992Enterprise Console does not back up configuration files when any configuration is updated
    ECONSOLE-2068Internal app agent does not report to internal monitoring Controller automatically after Controller installation on Windows
    ECONSOLE-2087Enterprise Console should check available disk space before taking controller backup
    ECONSOLE-2563Verify SSH connection fails due to incorrect SSH setup
    ECONSOLE-2608Upgrading MySQL task does not update the database version correctly if the job fails halfway
    ECONSOLE-2656Enterprise Console fails on SuSE
    ECONSOLE-2693

    Enable edit of platform path within Enterprise Console UI

    ECONSOLE-2712orcha-modules.log contains no dates
    ECONSOLE-2796Misleading Enterprise Console error message in platform-admin-server.log - attempted to reach unknown host
    ECONSOLE‑2806db/lib backup does not cope well with Linux symbolic links
    ECONSOLE-2851Add current Linux effective user name to rsync/ssh UI error messages
    ECONSOLE-2936Intermittent HA primary Glassfish availability leads to two active controllers running
    ECONSOLE-2938Glassfish server.log file size reduced by 60%
    ECONSOLE-3220Secondary MySQL does not start due to space ID collisions
    ECONSOLE-3238Failover Job does not trigger
    ECONSOLE-3274

    Controller stop operation fails when service is in STOP_PENDING

    METADATA-1843User login exception when using old password format
    METADATA-2198Description of audit.log.file.size property in admin.jsp does not mention units
    METADATA‑3606Controller startup failure due to login audit failure in 4.4.1
    METADATA-4242Upgrade fails if dropping mds database fails in execute setup.xml ant tasks

    Known Issues

    Controller audit reports do not work immediately after upgrading the controller to 4.5. Audit table migration messages are logged in the server.log file when audit reports are run before completing the audit database table migration process. Try running the audit reports again at least an hour after the upgrade.






    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox

    Related pages:

    次の注意事項は、コントローラ、イベントサービス、および EUM サーバコンポーネントなど、AppDynamics オンプレミス プラットフォームの 4.5.x の更新について説明します。

    アーティファクトが更新されている場合は、更新されたアーティファクトのバージョン番号とそのアベイラビリティの日付が次のように表示されます。バージョン番号は、ダウンロードポータル(http://download.appdynamics.com)に表示されるものに対応しています。

    最新のリリースがページ上部に表示されます。

    4.5.17 Updates 

    Version 4.5.17.21652 – January 29, 2020

    拡張機能

    Enterprise Console and Controller
    • The latest AppDynamics release now bundles MySQL version 5.7.28 with the Controller.
    • Using the Enterprise Console UI or the CLI, you can now upgrade the HA Modules without having to upgrade the Controller.
    • The Controller and Enterprise Console package has been upgraded to include the JRE 1.8.0_231 version.
    • The HA Module now supports MySQL5.7 parallel replication. You can enable database parallel replication from the Enterprise Console UI or from the CLI.
    • To provide parallelization with the UI to set the number of parallel rsync threads, a new optional argument, numberThreadForRsync, has been added to the --job incremental-replication and --job finalize-replication CLI commands.
    • For customers who are on an older Controller version earlier than version 4.3.8, to upgrade to version 4.5.17, you must first upgrade your Controller(s) to version 4.3.8, then from version 4.3.8 to version 4.4.3, and then subsequently upgrade to version 4.5.17.

    4.5.15 の更新

    2019 年 11 月 1 日

    拡張機能

    Enterprise Console
    • Enterprise Console には、マシンの再起動時にコントローラと MySQL サービスを自動的に再起動するための高可用性(HA)モジュールの一部である、更新されたバージョンの init スクリプトが含まれています。 
    • Enterprise Console には、HA コントローラペア(プライマリおよびセカンダリコントローラ)をアップグレードするための新しい Controller HA Upgrade ウィザードがあります。このウィザードは、バックアップとして機能するセカンダリコントローラを分離し、アップグレード中に問題が発生した場合にクイック復帰パスを提供します。このためには、プライマリとセカンダリの両方のコントローラを Enterprise Console に移行する必要があります。過去のバージョンでは、コマンドラインから HA コントローラペアをアップグレードすることしかできませんでした。

    4.5.14 の更新

    バージョン 4.5.14.20848 – 2019 年 10 月 11 日

    Enterprise Console

    拡張機能

    このバージョンの Enterprise Console(EConsole)は、以前に使用可能であったハイアベイラビリティ(HA)管理機能を大幅に拡張します。このバージョンの EConsole では、HA ツールキットは、Econsole が HA コントローラクラスタにインストールする HA モジュールを介して EConsole に統合されています。HA モジュールは、EConsole が実行されていないか、または使用できない場合でも、レプリケーションやフェールオーバーなどのハイアベイラビリティ機能を管理します。詳細については、「Enterprise Console を使用した新しい HA モジュールへの移行」を参照してください。

    4.5.13 の更新

    バージョン 4.5.13.1289 – 2019 年 9 月 6 日

    合成プライベートエージェント

    拡張機能

    合成プライベートエージェントの管理ポートは、appdynamics/synthetic-agent/synthetic-driver/conf/synthetic-driver.yml ファイルの adminConnectors フィールドを使用して変更できます。これにより、デフォルトポート 8081 とのポートコリジョンを回避できます。

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    SYNTH-4505合成プライベートエージェントがジョブ結果を正常に送信できません

    バージョン 4.5.13.29096 – 2019 年 8 月 26 日

    合成サーバ

    拡張機能

    AppDynamics プラットフォームは、合成ジョブをディスパッチし、測定結果を収集し、それらの結果を EUM サーバに報告するために、合成サーバを使用して合成ホストテッドエージェントをサポートできるようになりました。合成ホステッドエージェントおよびサーバを展開するには、EUM サーバを展開する必要があります。詳細については、「合成サーバの展開」を参照してください。

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE-4956MySQL 5.7.26 パッケージまたは最新バージョンが製品に含まれるようになりました

    SYNTH-4212

    オンプレミスの合成サーバのデフォルトのログレベルは、DEBUG ではなく INFO である必要があります

    4.5.12 の更新

    バージョン 4.5.12.20340 - 2019 年 7 月 31 日

    拡張機能
    • Custom Permission to Cross-Launch a Connection in Cisco APIC Controller
      As an AppDynamics administrator, you can now customize the permissions for various roles to include permission to cross-launch a connection issue in Cisco APIC controller. 詳細については、「Cisco APIC コントローラを相互起動するためのカスタム権限の設定」を参照してください。

    4.5.11 の更新

    バージョン 4.5.11.20318 - 2019 年 7 月 8 日

    Enterprise Console

    拡張機能
    • AWS でコントローラをアップグレードする場合、ジョブ discover_upgrade または upgrade を実行するときに Aurora データベースのドメイン名を指定する必要がなくなりました。ジョブは、domain.xml で指定された Aurora データベースにドメインホストを使用します。

    • レポーティングサービスで使用されるレポーティング インスタンス アーティファクトに対してカスタマイズされたキーストアパスワードが原因によるコントローラのアップグレードの失敗を防ぐために、Enterprise Console では reporting-service.pfx ファイルのパスワードを変更することができなくなりました。 
    既知の問題

    コントローラの MySQL ルートユーザパスワードに、一重引用符(')、二重引用符(")、または「@」記号のいずれかが含まれている場合、コントローラ 4.5.11 へのアップグレードは失敗します。MySQL ルートユーザパスワードにこれらの特殊文字のいずれかが含まれている場合は、ルートユーザパスワードをリセットしてからアップグレードすることで、コントローラは 4.5.11 をアップグレードできます。

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    PLATCPS-10919JAR ファイル「mysql-timezone-util.jar」は、systemTimezone.getId() を呼び出すときに「Cannot determine system time zone.」というエラーをスローします。
    ECONSOLE-4183最新のセキュリティアップデートを含むように Enterprise Console とコントローラの MySQL バージョンをアップグレードします。
    ECONSOLE-4409ロング SSH コマンドによる EC のアップグレードが失敗する
    ECONSOLE-4523「$」文字が db「root」およびコントローラパスワードで使用されると、コントローラのアップグレードが失敗する
    ECONSOLE-4560Enterprise Console では、Aurora DB を使用して中規模プロファイルのコントローラの AWS インスタンスタイプが r4.4xlarge と想定されます
    ECONSOLE-4345チェックポイントからの再開時にエラーメッセージが表示されずにアップグレードが失敗する
    ECONSOLE-4431MySQL SSL キーファイルに適切な権限と所有権があることを確認します
    ECONSOLE-4475パフォーマンスの問題を解決するために、プラットフォームバンドル JRE を最新の 1.8. x リリースに更新します
    ECONSOLE-4550domain.xml が大きい場合、リモートコントローラのアップグレードは失敗する
    ECONSOLE-4632Enterprise Console を使用してコントローラを 4.4 から 4.5 にアップグレードすると、domain.xml の一部が変更される
    ECONSOLE-4677高可用性(HA)展開で「プライマリ」と「セカンダリ」の大文字と小文字を区別して命名すると、Enterprise Console がジョブを実行するときに NullPoint 例外が発生する

    バージョン 4.5.11.28578 - 2019 年 7 月 8 日

    EUMサーバ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    BRUM-4126EUM プロセッサログの改善
    MRUM-4532EUM サーバのプロパティ 「lifespanInDays」を設定しても、モバイルクラッシュが消去されない
    既知の問題

    EUM サーバで SSL を使用している場合は、パフォーマンスの問題を回避するために、EUM サーバにバンドルされている JRE のバージョンを 1.8.0_152 にダウングレードする必要があります。

    4.5.11(合成エージェント)の更新

    バージョン 4.5.11.28455  – 2019 年 6 月 19 日

    拡張機能
    • Firefox がバージョン 61 からバージョン 66 にアップグレードされました。
    • 任意のディレクトリに合成プライベートエージェントをインストールできるようになりました。
    • ChromeDriver がバージョン 2.35 からバージョン 2.37 にアップグレードされました。

    4.5.10 の更新

    バージョン 4.5.10.28177 - 2019 年 6 月 21 日

    EUMサーバ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)

    MRUM-4647

    列「symbol_name」のデータが長すぎて EUM サーバが失敗する

    既知の問題

    EUM サーバで SSL を使用している場合は、パフォーマンスの問題を回避するために、EUM サーバにバンドルされている JRE のバージョンを 1.8.0_152 にダウングレードする必要があります。

    4.5.9 の更新

    2019 年 4 月 22 日

    コントローラ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE-3814

    端末から 4.5 Enterprise Console をインストールし、パスワードに「$」文字を使用すると、インストールは成功しますが、「配列インデックスの範囲外」の例外が発生する

    ECONSOLE-4036

    AuroraDB を使用するコントローラが常に重大な異常を示す

    ECONSOLE-4050

    Enterprise Console の UI アーティファクトがバージョン管理されていないため、Enterprise Console のアップグレードで UI の問題が発生する

    ECONSOLE-4264

    CLI 段階的アップグレード:アップグレードジョブが終了すると、Enterprise Console がレプリケーションを切断する

    ECONSOLE-4342

    アップグレードのプライマリジョブが「glassfish パスワードファイルの作成」ステージで失敗する

    ECONSOLE-4344

    ファイルが消えるとセカンダリコントローラの追加(またはレプリケーションの完了)が失敗する

    イベントサービス

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ANALYTICS-10647ペイロード分割を使用してカスタム サービス エンドポイントのセグメント番号を保持できない

    EUMサーバ

    既知の問題

    EUM サーバで SSL を使用している場合は、パフォーマンスの問題を回避するために、EUM サーバにバンドルされている JRE のバージョンを 1.8.0_152 にダウングレードする必要があります。

    4.5.8 の更新

    バージョン 4.5.8 – 2019 年 3 月 28 日

    コントローラ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE-4218インストールまたはアップグレードの前提条件として、Enterprise Console が ncurses/libncurses をチェックできない
    ECONSOLE-42224.4.3 から 4.5.5.4 への Enterprise Console のアップグレードが Windows 2012 R2 VMWare マシンで失敗する
    PLATCPS-7736API クライアントが管理者ロールを持つアプリケーション名を返さない

    EUMサーバ

    既知の問題

    EUM サーバで SSL を使用している場合は、パフォーマンスの問題を回避するために、EUM サーバにバンドルされている JRE のバージョンを 1.8.0_152 にダウングレードする必要があります。

    4.5.7 の更新

    バージョン 4.5.7.17784 – 2019 年 2 月 25 日

    コントローラ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    PLATCPS-5172admin.jsp > Account Settings > By Account page のロード中に NullPointException がスローされる
    PLATCPS-8848組み込みフラグが false に設定されている場合のスナップショットからのヌルポインタ
    PLATCPS-9723LDAP 同期がエラーで失敗する

    Enterprise Console

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE-3318「アップグレード」および「検出およびアップグレード」タスクでは、アップグレードを試みる前に、必要なサービス状態をチェックし、ユーザフィードバックをクリアする必要があります
    ECONSOLE-4033コントローラ AuroraDB インストール システム チェック の問題
    ECONSOLE-4305不正なコントローラ DB ユーザパスワードの検証エラーメッセージ

    EUMサーバ

    既知の問題

    EUM サーバで SSL を使用している場合は、パフォーマンスの問題を回避するために、EUM サーバにバンドルされている JRE のバージョンを 1.8.0_152 にダウングレードする必要があります。

    4.5.6 の更新

    バージョン 4.5.6.17299 – 2019 年 2 月 11 日

    コントローラ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    METADATA-5548クラスキャストの例外を修正し、移行サーブレットの問題を解消します
    PLATCPS-8508不正なライセンスの例外メッセージ:アカウントのライセンスがありません
    PLATCPS-8848組み込みフラグが false に設定されている場合のスナップショットからのヌルポインタ

    EUMサーバ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    MRUM-4287オンプレミス プロビジョニングでライセンスキーを更新できる必要があります
    既知の問題

    EUM サーバで SSL を使用している場合は、パフォーマンスの問題を回避するために、EUM サーバにバンドルされている JRE のバージョンを 1.8.0_152 にダウングレードする必要があります。

    Enterprise Console

    拡張機能
    • 新しい段階的アップグレードでは、アップグレード後にプライマリロールとセカンダリロールが切り替わらないように、コントローラの HA ロールを維持します。最初にプライマリをアップグレードした後、セカンダリアップグレードを続行する前にアップグレードを確認できます。これにより、問題が発生した場合に保存されたセカンダリから古い展開バージョンおよびサービスをすぐに復元できます。詳細はUpgrade an HA Pairを参照してください。
    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE-3327Enterprise Console で複雑な/余分なコントローラを設定できない
    ECONSOLE-3362Enterprise Console CLI パフォーマンスプロファイルのアップグレードで domain.xml から -javaagent が破棄される
    ECONSOLE-3526サポート:Aurora DB ホストに到達できない場合に関連するエラーメッセージを出力する必要があります
    ECONSOLE-3597ホストの追加では、リモートプラットフォーム JRE を上書きしないようにする必要があります
    ECONSOLE-3803カスタマイズされたキーストアのパスワードによるコントローラのアップグレードが失敗する
    ECONSOLE-3804カスタマイズされたレポーティング サービス キーストア パスワードを使用すると、コントローラのアップグレードが失敗する
    ECONSOLE-3993エンタープライズ コンソール イベント サービス マスター数が正しくない
    ECONSOLE-4005MySQL コントローラのユーザパスワードが正しくない場合に、HA ペアのアップグレードに失敗し、不適切なエラーメッセージが表示される
    ECONSOLE-4006Windows で空き RAM チェックに失敗する

    4.5.5 の更新

    バージョン 4.5.5.16412 – 2018 年 12 月 21 日

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE-3488非 appd ユーザが所有している古い /tmp/mysql.sock がある場合にコントローラの Unix ソケットが競合する
    ECONSOLE-3825Enterprise Console がキーストアでエイリアスを検出しない場合に、正しいエラーメッセージがキャプチャされる
    METADATA-5306ADDMetricHierarchyBuilder::getADDForMetricNode を最適化する必要があります
    PLATCPS-7723アカウント所有者(デフォルト)と管理者(デフォルト)のロールを持つ外部ユーザとの間でデータベースの正常性ルールが評価されない
    PLATCPS-8652canViewUser コールを最適化します

    4.5.4 の更新

    バージョン 4.5.4.15417 – 2018 年 11 月 19 日

    コントローラ

    Enhancements

    MySQL DoS 脆弱性 CVE を回避するために、コントローラ MySQL 5.7 は最新マイナーバージョンにアップグレードされますMySQL 5.5 を使用している場合は、バージョン 5.7 にアップグレードすることをお勧めします。

    解決済みの問題
    [キー(Key)]要約
    DBMON-4221(4.5.4)DB エージェント pre-4.3.4 とコントローラ post-4.5.2 間の互換性の欠如
    BRUM-4329セキュリティの脆弱性を修正するために、オンプレミス EUM サーバの MySQL データベースをアップグレードします
    MQS-348要求のデータポイントの制限を確認する場合に rollupDataPoints が考慮されない
    MQS-331NULL ポイントの例外が原因で発生したフローマップエラー
    PLATCPS-7216LicenseEnforcerResourceImpl.leaseInternal() が RuntimeException の例外メッセージを返す
    PLATCPS-7805署名済み SAML 要求の生成中にエラーが発生する

    Enterprise Console

    拡張機能
    • SSL プロトコルチャネルを設定できます。このためには、Enterprise Console Appserver Configurations UI で「Enable mixed SSL channel」を選択します。詳しくは、「リバースプロキシでの SSL 終了を構成する」を参照してください。
    • 新規インストールまたはアップグレードの後、domain.xml で DB コントローラパスワードがエイリアスとして非表示になります。
    既知の問題
    • Enterprise Console バージョン 4.5.3 の場合、UI または CLI のいずれかを使用して HA ペアのコントローラユーザ DB パスワードを更新できません。セカンダリコントローラで Glassfish のエイリアス更新中にジョブが失敗します。
    • 古い UI アセットのブラウザキャッシングが原因で、Enterprise Console のアップグレード後に、使用できないコンポーネントなどの UI の問題が発生する場合があります。これは、バージョンのない Enterprise Console UI アーティファクトとその JavaScript ファイルに起因します。この問題を回避するには、次の手順を実行します。
      1. 次のブラウザデータを削除します。
        • キャッシュされたイメージおよびファイル
        • ホステッド アプリケーション データ
      2. Enterprise Console 4.4.3.x をインストールします。
      3. コントローラホストを追加します。
      4. コントローラをインストールします。
      5. コントローラを削除します。
      6. Enterprise Console を最新の 4.5.x バージョンにアップグレードします。
      7. コントローラのインストールを試行します。
        コントローラのインストールダイアログには、CancelSubmit のボタンのみが表示されます。
      8. 次のブラウザデータを削除します。
        • キャッシュされたイメージおよびファイル
        • ホステッド アプリケーション データ
      9. コントローラのインストールを再試行します。
        コントローラのインストールダイアログには、予想されるすべてのフィールド、ドロップダウンメニュー、およびボタンが表示されます。

    バージョン 4.5.4.25740 – 2018 年 11 月 2 日

    オンプレミスの合成サーバ

    オンプレミス AppDynamics プラットフォームでは、合成ジョブをディスパッチし、測定結果を収集し、それらの結果を EUM サーバに報告するために、オンプレミスの合成サーバが提供されるようになりました。オンプレミスの合成サーバを展開するには、オンプレミスの EUM サーバを展開し、Synthetic Private Agent Deployment をインストールする必要があります。詳しくは、「合成サーバの展開」を参照してください。

    4.5.2 の更新

    バージョン 4.5.2.14478 – 2018 年 10 月 15 日

    コントローラ

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    APMPLAT-8883オンプレミスのコントローラで 4.5.1 へのアップグレード後に、アプリケーションを作成して新しいノードを登録することができない
    METADATA‑49214.2 から 4.5 にアップグレードにすると RBAC が機能しない

    Enterprise Console

    解決済みの問題
    Key
    概要(Summary)
    ECONSOLE‑3195SSL パラメータを使用した変更リスナーの追加に失敗する
    ECONSOLE-3215アップグレード後に services-config.xml のカスタマイズが保持されない
    ECONSOLE-3325サービスが停止した状態でコントローラ アプリケーション サーバ設定を変更すると、アプリケーションサーバが起動するが、データベースは起動しない
    ECONSOLE-3419Enterprise Console がコントローラの HA 状態と同期していない
    ECONSOLE-3467両方のコントローラがアクティブ/プライマリの場合、Enterprise Consol UI にレプリケーションステータスが表示されない
    ECONSOLE-3475複製されるすべてのファイルが AppDynamics ユーザによって所有されているかどうかをチェックする前に、最終的なレプリケーションによって mysql がプライマリで停止される
    ECONSOLE-3516CentOS 6.7 で HTTPS が有効になっている場合に Enterprise Console のインストールに失敗する
    ECONSOLE-3520イベントサービスのインストールダイアログで、ポートまたはパスのフィールドが事前入力されない
    ECONSOLE-3554「mysql_upgrade」ジョブが、実行前に libnuma が存在するかどうかをチェックしない
    ECONSOLE-3578Enterprise Console アップグレードで db/.rootpw.obf が破棄される
    ECONSOLE-3581mysql.user にシングルユーザ user='root' 行がある場合、アップグレード中に Enterprise Console が MySQL を破壊する
    ECONSOLE-3624Enterprise Console HA 手動フェールオーバーで、MySQL レプリケーションログがセカンダリに適用されるのを待たない
    ECONSOLE-3644Enterprise Console キー同期ジョブでポスト イベント サービス ディスカバリが実行されない
    ECONSOLE-3660HA コントローラを停止して起動すると、パッシブに稼働する Appserver が作成される
    ECONSOLE-3664Enterprise Console での NUMA 設定の問題に対する修正
    ECONSOLE-3698シンボリックリンクの作成時に Enterprise Console がプロセス実行状態を照会できない

    バージョン 4.5.2.25039 – 2018 年 10 月 15 日

    EUMサーバ

    解決済みの問題
    [キー(Key)]
    要約
    MRUM-3514名前が SQL 列に対して長すぎるため、クラッシュグループ名の更新中にエラーが発生する


    4.5.1 の更新

    バージョン 4.5.1.12922 – 2018 年 9 月 5 日

    Enterprise Console/イベントサービス

    拡張機能
    • Enterprise Console を使用して Windows ホストにイベントサービスをインストールする場合は、スラッシュ(/)またはバックスラッシュ(\)のいずれかを使用するイベントサービスのディレクトリパスを指定できます。また、パスを指定しないように選択することもできます。
    • controller.sh start-events-servicestop-events-service コマンドは無効になります。代わりに、Enterprise Console コマンド platform-admin.sh start-events-service および stop-events-service を使用する必要があります。
    既知の問題
    • カスタマイズされたキーストアとトラストストアのパスワードを使用すると、コントローラのアップグレードが失敗することがあります。カスタマイズされたパスワードと CA 署名付き証明書は、アップグレードが失敗しても保持されません。

    コントローラ

    解決済みの問題
    Key概要(Summary)
    METADATA‑4194トランザクション検出の設定権限を持つユーザが範囲を更新または削除できない
    METADATA-4666コールが DashboardManagerBean.getAllDashboardSummaries から開始された場合にダッシュボードをフィルタリングするときの権限チェックが遅い
    METADATA-4808create_default_roles を実行する権限がないため、コントローラのアップグレードに失敗する
    METADATA-4907エンティティの作成時に権限チェックに失敗するため、API クライアントを作成できない
    METRICSVC‑2045UTC ではなく、経過するタイムゾーンに基づいてベースライン計算を変更する
    PLATCPS-5766SAML 要求がエンコードされている

    Enterprise Console

    解決済みの問題
    Key概要(Summary)
    ECONSOLE‑1993コントローラで http ポート(8090)が無効になっている場合に検出/アップグレードが失敗する
    ECONSOLE-3073Enterprise Console 4.4.2.7140 を使用してイベントサービスをインストールした場合に終了コード 127 で失敗する
    ECONSOLE-3097フェールオーバーのトリガーに Enterprise Console が HA 自動フェールオーバー間隔よりも時間がかかる
    ECONSOLE-3140Enterprise Console を 4.4.x から 4.4.3 HF ビルドにアップグレードした後に HA 障害ジョブがトリガーを継続する
    ECONSOLE-3196Enterprise Console UI が失敗する。ジョブの再試行ボタンまたはコントローラの検出画面が動作不能
    ECONSOLE-3205'platform-admin.sh update-certificate -h' ヘルプ出力で許容される入力ファイル形式を定義できない
    ECONSOLE-3213Enterprise Console イベント サービス インストーラが windows ディレクトリ構造(バックスラッシュ)に対応していない
    ECONSOLE-3220スペース ID の衝突が原因でセカンダリ MySQL が起動しない
    ECONSOLE-3265Windows コントローラで 4.4.2 から 4.4.3 への Enterprise Console アップグレードに失敗する
    ECONSOLE-3270Enterprise Console がドメイン ネットワーク リスナー設定からスタンザを削除できない
    ECONSOLE-3274サービスが STOP_PENDING の場合にコントローラの停止操作が失敗する
    ECONSOLE-3279Enterprise Console はアップグレード前にすべてのコントローラのパスワードを検証する必要がある
    ECONSOLE-3313controller.sh がコントローラの長いホームパスプレフィックスでは機能しない
    ECONSOLE-33262 回目に正しいパスワードが入力されると、Enterprise Console のアップグレードが失敗する
    ECONSOLE-3357bin/controller.sh stop-events-service が機能しない
    ECONSOLE-3372プライマリコントローラがすでに HA ペアの一部であった場合、セカンダリの追加に失敗する
    ECONSOLE-3465アップグレード前に両方のコントローラがプライマリ状態の場合に HA ペアのアップグレードを防止するための修正
    ECONSOLE-3470古い Linux で実行している場合、差分複製によるスペース ID 衝突の影響を受けやすい
    ECONSOLE-3473tzdata パッケージについて文書化されていない依存関係が原因で、Ubuntu の新しいバージョンでコントローラを 4.4.3 から 4.5.1 にアップグレードできない
    ECONSOLE-3350外部 URL がコントローラ URL と同じである場合、セカンダリコントローラの追加に失敗する
    ECONSOLE-3508コントローラの 4.5 へのアップグレードで大量の空きディスクが必要になる

    4.5.0 の更新

    2018 年 7 月 11 日

    拡張機能

    コントローラ/イベントサービス
    • コントローラとイベントサービスの JRE がバージョン 8u162 にアップグレードされました。
    Enterprise Console
    • Enterprise Console アプリケーションのメジャーバージョンのアップグレードがサポートされています。つまり、コントローラとイベントサービスの複数のバージョンをインストール、アップグレード、および管理できます。
      Enterprise Console がバージョンを認識している場合は、コントローラ/イベントサービスをインストール/アップグレードするバージョンを選択できます。つまり、コンポーネントを中間バージョンにアップグレードしたり、最新バージョンにアップグレードしたりできます(Enterprise Console インストーラがこれらのバージョン向けに実行されている場合)。

    • 4.5 より、コントローラの検出およびアップグレードシナリオの間、Enterprise Console は .passwordfile がコントローラ ホーム ディレクトリにあると想定します。Enterprise Console は このパスワードを読み取り、コントローラと比較して検証します。アップグレードが完了すると、Enterprise Consoleはファイルを削除し、暗号化されたデータベースにパスワードを保存します。
      注:手動で Glassfish 管理者パスワードを変更する場合は、Enterprise Console コントローラの設定でも更新する必要があります。

    • Enterprise Console インストーラは、i4j のバージョン 6 を使用できるようになりました。これにより、コンソールモードでインストール時に表示される警告の問題が解決されます。

    • Enterprise Console ホストマシンを追加する場合は、エイリアス、「platformadmin」の使用を停止し、代わりに次の使用を開始する必要があります。

      • CLI で、「localhost」、ループバックアドレス「127.0.0.1」、またはマシンの実際のホスト名を使用する必要があります。
      • UI から、Add Enterprise Console Host ボタンを使用する必要があります。これにより、テキストフィールドに Enterprise Console マシンのホスト名が自動的に入力されます。
    • カスタムインストールからクレデンシャルを編集できます。
    • コントローラのSSL証明書はEnterprise Console UIのConfigurationsで管理できます。
    • Enterprise Console CLI コマンドでは、アンダースコア(_)の代わりに、常にハイフン(-)が使用されるようになりました。たとえば、ジョブ discover_upgrade が discover-upgrade になりました。
    • The Enterprise Console supports up to 20 platforms at a time by default.

    アップグレードに関する注意事項

    Ubuntu バージョン 16 以上では、4.5 Enterprise Console とコントローラをインストールするために tzdata パッケージが必要となります。

    Info

    また、tzdataパッケージもMySQLコネクタで必要とされます。

    解決済みの問題

    Key要約
    ECONSOLE-1529コントローラの管理者パスワードで特殊文字が使用されている場合、Windows コントローラのインストールが失敗する
    ECONSOLE-1923Enterprise Console UI に既存のコントローラのアップグレード先が表示されない
    ECONSOLE-1924Enterprise Console のアップグレード手順で下部にアップグレードの代わりにインストールが表示される
    ECONSOLE-1951Windows サービスの登録が失敗した場合、サービス名がエラーメッセージに表示されない
    ECONSOLE-1978Enterprise Console のスタートアップスクリプトで CDPATH を設定解除する必要がある
    ECONSOLE-1992設定が変更されても、Enterprise Console はコンフィギュレーション ファイルをバックアップしない
    ECONSOLE-2068Windows でのコントローラのインストール後、内部アプリケーション エージェントが内部モニタリングコントローラに自動的に報告しない
    ECONSOLE-2087コントローラのバックアップの前に、Enterprise Console で使用可能なディスク領域を確認する必要があります
    ECONSOLE-2563不適切な SSH 設定が原因で SSH 接続が失敗することが確認されている
    ECONSOLE-2608ジョブが途中で失敗した場合に MySQL タスクをアップグレードしてもデータベースバージョンが正しく更新されない
    ECONSOLE-2656SuSE で Enterprise Console が失敗する
    ECONSOLE-2693

    Enterprise Console UI 内のプラットフォームパスの編集を有効にする

    ECONSOLE-2712orcha-modules.log に日付が含まれない
    ECONSOLE-2796platform-admin-server.log での誤った Enterprise Console エラーメッセージ - 不明なホストにアクセスしようとしている
    ECONSOLE‑2806db/lib バックアップが Linux シンボリックリンクには適切に対応しない
    ECONSOLE-2851Linux に現在対応しているユーザ名を rsync/ssh UI エラーメッセージに追加しました
    ECONSOLE-2936断続的な HA プライマリ Glassfish の可用性により、2 つのアクティブコントローラが実行される
    ECONSOLE-2938Glassfish server.log ファイルサイズが 60% 減少しました
    ECONSOLE-3220スペース ID の衝突が原因でセカンダリ MySQL が起動しない
    ECONSOLE-3238フェールオーバージョブがトリガーされない
    ECONSOLE-3274

    サービスが STOP_PENDING の場合にコントローラの停止操作が失敗する

    METADATA-1843古いパスワード形式を使用する場合のユーザログインの例外
    METADATA-2198admin.jsp の audit.log.file.size プロパティの説明で単位の説明がない
    METADATA‑36064.4.1 でログイン監査が失敗するため、コントローラが起動できない
    METADATA-4242setup.xml とタスクの実行中に mds データベースを破棄できない場合にアップグレードが失敗する

    既知の問題

    コントローラの 4.5 へのアップグレード直後にコントローラ監査レポートが機能しない。監査データベース移行作業完了前に監査レポートを実行すると、監査テーブル移行メッセージが server.log ファイルに記録されます。アップグレードから 1 時間以上経過してから、監査レポートの実行を再試行してください。