Versions Compared

    Key

    • This line was added.
    • This line was removed.
    • Formatting was changed.
    Comment: Published by Scroll Versions from this space and version 20.3
    Sv translation
    languageen
    Appd tocbox
    Width410px

    Works with:

    Image Modified Image Modified

    Related pages:

    A business transaction offers a view of application performance that cuts across the environment, reflecting all services that participate in fulfilling the transaction. Another way of viewing application performance, however, focuses on the performance of a particular service independently of the business transactions that use it. 

    Like business transactions, service endpoints give you key performance indicators, metrics, and snapshots. However, they provide that information exclusively in the context of that service, omitting business transaction context or downstream performance data. 

    Monitor Service Endpoints

    From the Applicationnavigation menu in the Controller, click Service Endpoints to view a list of service endpoints with key performance metrics. Service endpoints that have performance data during the selected time range appear in the list. Use the filter view options to show inactive service endpoints for the time range. Other view options include showing transactions of certain types or ones that exceed a configurable average response time, among others.

    The Actions menu lets you view, delete, and exclude selected service endpoints. Excluding service endpoints from this menu hides the service endpoint from the list. To completely disable metric collection for the service endpoint, create an exclude rule. See Service Endpoint Detection.

    Diagnostic sessions are not intended to run in the context of a service endpoint alone. Therefore you cannot directly start a diagnostic session from a service endpoint. If you run a diagnostic session on the business transactions that include calls to the service endpoint, the transaction snapshots from these diagnostic sessions appear in the service endpoint dashboard. 

    Service Endpoint Limits

    A service endpoint adds a small amount of system overhead. Agents capture approximately three metrics per service endpoint, so monitoring each service endpoint results in additional metric traffic.

    To prevent the possibility of a boundless expansion of service endpoints, the Controller and agent configurations apply the following limits:


    ElementLimitFor more information
    Application Agent25 service endpoints per entry point typeSee max-service-end-points-per-entry-point-type on App Agent Node Properties Reference.
    Java Agent40 asynchronous worker thread service endpoints

    See max-service-end-points-per-async-type on App Agent Node Properties Reference.


    Node100 service endpointsSee max-service-end-points-per-node on App Agent Node Properties Reference.
    Controller account4000 service endpointsFor an on-prem Controller, the limit is configurable using the sep.ADD.registration.limit configuration property accessible in the Administration Console.
    Execution thread1 endpointSee max-service-end-points-per-thread on App Agent Node Properties Reference.

    Service Endpoint Metrics

    Service endpoint metrics appear under Service Endpoints in the metric browser. Service endpoint metrics are subject to the same operations as other metrics, including those around metric registration, metric rollups for tiers, and limits on the number of metrics. Custom metrics are not available for service endpoints.  

    Customize Service Endpoints

    For Java applications, AppDynamics automatically detects and registers service endpoints. For either Java or .NET, you can configure custom service endpoint detection rules.

    For information on customizing service endpoints, see Service Endpoint Detection.


    Sv translation
    languageja
    Appd tocbox
    Width410px

    Works with:

    Image Added Image Added

    Related pages:

    ビジネストランザクションは、環境全体に及ぶアプリケーションパフォーマンスのビューを提供し、トランザクションの遂行に関与するすべてのサービスを反映します。ただし、アプリケーション パフォーマンスを表示するもう 1 つの方法として、それを使用するビジネストランザクションとは別に、特定のサービスのパフォーマンスに焦点を当てるというものがあります。 

    ビジネストランザクションのように、サービスエンドポイントにより KPI、メトリック、スナップショットが提供されます。しかし、ビジネス トランザクション コンテキストやダウンストリーム パフォーマンス データは省略され、サービスのコンテキスト内でのみその情報を提供します。 

    サービスエンドポイントのモニタリング

    コントローラの [Applications] ナビゲーション メニューで、[Service Endpoints] をクリックして、KPI メトリックを伴うサービスエンドポイントのリストを表示します。選択された期間にパフォーマンスデータがあるサービスエンドポイントのリストが表示されます。その期間にアクティブでないサービスエンドポイントを表示するには、フィルタを使用します。他には、特定の種類のトランザクションの表示や構成可能な平均応答時間を超えたトランザクションの表示をするオプションなどがあります。

    Actionsメニューでは、選択したサービスエンドポイントの表示、削除、除外ができます。このメニューでサービスエンドポイントを除外すると、リストでサービスエンドポイントが非表示になります。サービスエンドポイントのメトリックの収集を完全に無効化する場合は、除外ルールを作成します。詳細については、「Service Endpoint Detection」を参照してください。

    診断セッションは、サービスエンドポイントのみで実行するようデザインされていません。そのため、サービスエンドポイントから直接診断セッションを開始することはできません。サービスエンドポイントへの呼び出しを含むビジネストランザクションの診断セッションを実行すると、診断セッションから抽出されるトランザクションのスナップショットはサービスエンドポイントのダッシュボードに表示されます。 

    サービスエンドポイントの制限

    サービスエンドポイントにより、システムオーバーヘッドが少し増えます。エージェントは1つのサービスエンドポイントに対し約3つのメトリックをキャプチャするため、各サービスエンドポイントのモニタリングで追加のメトリックトラフィックが発生します。

    サービスエンドポイントが無限に増加しないよう、コントローラとエージェントの構成には次の制限が適用されます。


    エレメント上限詳細
    アプリケーション エージェントエントリポイントの種類ごとに25個のサービスエンドポイント アプリケーション エージェントのノードプロパティ参照資料」の max-service-end-points-per-entry-point-type を参照
    Javaエージェント40個の非同期ワーカースレッドサービスエンドポイント

    アプリケーション エージェントのノードプロパティ参照資料」の max-service-end-points-per-async-type を参照


    ノード100個のサービスエンドポイントアプリケーション エージェントのノードプロパティ参照資料」の max-service-end-points-per-node を参照
    コントローラアカウント4000個のサービスエンドポイントオンプレミスのコントローラの場合、管理コンソールの sep.ADD.registration.limit 構成プロパティを使用して上限を設定可能。
    実行スレッド1個のサービスエンドポイント アプリケーション エージェントのノードプロパティ参照資料」の max-service-end-points-per-thread を参照

    サービスエンドポイントのメトリック

    サービスエンドポイントのメトリックは、メトリックブラウザの [Service Endpoints] に表示されます。サービスエンドポイントのメトリックは他のメトリックと同じオペレーション、たとえばメトリック登録、ティアにおけるメトリックのロールアップ、およびメトリック数の制限などが対象となります。サービスエンドポイントのメトリックは他のメトリックと同じオペレーション、たとえばメトリック登録、ティアにおけるメトリックのロールアップ、およびメトリック数の制限などが対象となります。  

    サービスエンドポイントのカスタマイズ

    Java アプリケーションの場合、AppDynamics は自動的にサービスエンドポイントを検出して登録します。Java または .NET のどちらでも、カスタム サービス エンドポイント検出ルールを設定できます。

    サービスエンドポイントのカスタマイズについては、「Service Endpoint Detection」を参照してください。