コマンドラインから合成サーバーインストーラを実行します。インストーラは、inputs.groovy ファイルに依存し、オンプレミス EUM サーバーへのネットワーク接続を設定します。また、合成ホステッドエージェントを使用している場合は、SaaS EUM サーバーと SaaS 合成サーバーにもネットワーク接続を設定します。

合成サーバーをインストールするには、以下の手順に従います。

インストールの準備

インストールを開始する前に、以下が完了していることを確認してください。

  • コントローラ、EUM サーバー、イベントサービスが正常に展開されている。
  • AppDynamics ダウンロードセンターから合成サーバー インストーラ パッケージがダウンロードされている。インストーラパッケージは、「合成サーバー(zip)」としてダウンロードサイトに表示されます。

EUMサーバーのMySQLデータベースへのアクセス権の付与

合成サーバーインストーラが EUM MySQL データベーススキーマを変更し、合成サーバーが EUM MySQL データベースにデータを保存します。そのため、合成サーバーをホストするマシンから MySQL ユーザーに EUM サーバーの MySQL データベースへの権限を付与する必要があります。

  1. EUM MySQLデータベースが配置されているマシンにログオンします。
  2. EUMサーバーデータベースを搭載したMySQLサーバーに接続します。たとえば、デフォルトのEUM MySQLデータベースを使用している場合、以下を行います。
    1. <installDir>/AppDynamics/EUM に変更します。
    2. EUM MySQLデータベースに接続します。

      mysql/bin/mysql -u root -h <eum_server_hostname> -S <eum_server_mysql_sock> -P <eum_server_mysql_port> -p
      BASH
  3. MySQL モニターから、合成サーバーマシンの MySQL ユーザー root に権限を付与します。インストーラは MySQL ユーザー root を使用して EUM データベーススキーマを更新します。<on-prem-synthetic_server_hostname> を合成サーバーの URL に必ず置き換えてください。

    mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON eum_db.* TO 'root'@'<on-prem_synthetic_server_hostname>' IDENTIFIED BY <db-root-password>;;
    SQL

    合成サーバーの MySQL root ユーザーは、合成サーバーをインストールしている Linux ユーザーアカウントとは関係ありません。たとえば、Linux ユーザーアカウント ubuntu はインストーラを実行できますが、インストーラは EUM サーバー MySQL データベースに接続してデータベーススキーマを更新するときに MySQL ユーザー root を使用します。

  4. また、データを EUM データベース(eum_db)に書き込むために MySQL ユーザー eum_user へのアクセス権を付与する必要があります。<on-prem-synthetic_server_hostname> を合成サーバーの URL に必ず置き換えてください。

    mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON eum_db.* TO 'eum_user'@'<on-prem_synthetic_server_hostname>' IDENTIFIED BY <db_eum_user_password>;
    SQL
  5. MySQL ユーザー root. のパスワードを設定します。パスワードは、inputs.groovy ファイル内の db_root_pwd で指定されたパスワードと同じである必要があります。

    mysql> SET PASSWORD FOR 'root'@'<on-prem-synthetic_server_hostname>' = PASSWORD('<root_password>');
    SQL
  6. eum_user と root に権限が付与されていることを確認します。

    show grants for eum_user@<on-prem_synthetic_server_hostname>;
    show grants for root@<on-prem_synthetic_server_hostname>;
    SQL

合成サーバーインストーラパッケージを解凍します

  1. 合成サーバー インストーラ パッケージ(appdynamics-synthetic-server-<version>.zip)を、合成サーバーをホストするマシンにコピーします。
  2. 合成サーバーインストーラを保存するディレクトリ(synthetic-server など)を作成します。
  3. 合成サーバーインストーラパッケージを、作成したディレクトリに移動します。
  4. 合成サーバーインストーラの保存用に作成したディレクトリに変更します。
  5. 合成サーバーインストーラパッケージを解凍します。

インストールの構成

  1. コマンドプロンプトから、合成サーバーインストーラパッケージを解凍したディレクトリに移動します。

  2. サンプル構成ファイルをコピーします。cp inputs.groovy.sample inputs.groovy
  3. ファイル inputs.groovy を編集して、プロパティを以下のように変更します。

    プロパティ必要な変更説明
    db_hostオンプレミス EUM サーバーをホストするマシンの URL を db_host プロパティに割り当てます。 EUMサーバーをホストするマシンの公開DNS。
    db_port値を「3388」に変更します。これは、EUMサーバーのMySQLデータベースのデフォルトポートです。EUM サーバーの MySQL データベースがリスンしているポート。
    db_username値を eum_user に変更します。これはEUMサーバーのデフォルトユーザーです。EUM サーバーの MySQL データベースにアクセスする MySQL ユーザー。
    db_passwordEUM サーバーの MySQL データベースにリモートアクセスするための MySQL ユーザー eum_user のパスワードを割り当てます。 db_username で指定されたユーザーに対して設定したパスワード。db_username の値は eum_user である必要があります。
    collector_hostオンプレミス EUM サーバーをホストするマシンの公開 DNS を collector_host プロパティに割り当てます。EUMサーバーをホストするマシンの公開DNS。
    collector_port値が「7001」であることを確認します。これは、EUMサーバーのデフォルトポートです。EUM API サーバーとの EUM コレクタがリスンしているポート。デフォルトは「7001」です。
    key_store_passwordオンプレミス EUM サーバーのインストール時に設定したキーストアパスワードを key_store_password プロパティに割り当てます。EUMサーバーのインストール中に設定したキーストアパスワード。

    localFileStoreRootPath

    合成サーバーでデータを保存するファイルパスを localFileStoreRootPath プロパティに割り当てます。合成サーバーはそのパスとパス内のファイルに対し、読み取りおよび書き込みできる必要があります。合成サーバーが測定結果やスクリーンショットなどのデータを保存するパス。

インストーラの実行

インストーラの root ディレクトリから、root ユーザーとして次のコマンドを実行します。

 unix/deploy.sh install
BASH

install コマンドの出力には、以下のような完了したタスクのログが表示されます。

Task [facts for localhost] completed executing in [274] ms.
Task [Create the encryption directory] completed executing in [78] ms.
Task [Create keystore for encryption] completed executing in [796] ms.
Task [Create the encrypted password] completed executing in [566] ms.
Task [Obfuscate the key store password] completed executing in [397] ms.
Task [Read created password] completed executing in [46] ms.
Task [Read the obfuscated key store password] completed executing in [43] ms.
Task [Change configurations for the shepherd and scheduler conf] completed executing in [81] ms.
Task [Read created password] completed executing in [24] ms.
Task [Read the obfuscated key store password] completed executing in [26] ms.
Task [Change configurations for the shepherd and scheduler conf] completed executing in [76] ms.
Task [Read created password] completed executing in [29] ms.
Task [Read the obfuscated key store password] completed executing in [20] ms.
Task [Change configurations for the shepherd and scheduler conf] completed executing in [31] ms.
Task [Delete the encryption directory] completed executing in [47] ms.
Task [Change configurations for the liquibase properties file] completed executing in [26] ms.
Task [Update schema of SQL DB to include synthetic schema] completed executing in [2412] ms.
Task [Install flake8 for script linting] completed executing in [1671] ms.
Task [Start the synthetic services] completed executing in [67] ms.
BASH

インストールの成功の確認

  1. 合成サーバーが実行されていることを確認します。

    ps aux | grep synthetic-processor
    BASH

    jps がインストールされている場合、これを実行して、合成サーバーが実行されていることを確認することもできます。

  2. 合成スケジューラと合成シェパードがデフォルトポートをリスンしていることを確認します。

     netstat -lan | grep "1[0,2,6]10[1,2]"
    BASH
  3. 合成サーバーマシンにインストールされている mysql を使用して、合成サーバーマシンが EUM サーバーの MySQL eum_db データベースに接続できることを確認できます。

    mysql -h <eum_server_instance> -P 3338 -D eum_db -u eum_user -p
    BASH
  4. EUM サーバーの MySQL データベースに接続できない場合には、EUM サーバーの MySQL データベースへの権限の付与に戻って手順を再実行してください。 

インストール後タスクの実行

合成サーバーをインストールした後、さらに以下のインストール後タスクを実行する必要があります。

  1. 合成サーバーのコントローラの構成
  2. 合成プライベートエージェントのインストール(オプション)
  3. 次のいずれかまたは両方の合成エージェントを使用するように設定します。
    1. 合成プライベートエージェント
    2. 合成ホステッドエージェント
  4. 合成サーバーのセキュリティ保護(推奨)
  5. 合成サーバーの監視 (推奨)