インストーラは3つのモードのいずれかで実行できます。GUIおよびサイレントインストールの方法を以下で説明します。インストーラをインタラクティブなコンソールモードで始めるには、-c スイッチを使用してインストーラを起動します。コンソールモードは、後述するGUIインストーラ画面に表示されるのと同等の情報を入力するよう求めます。

また、応答ファイルを使ってインストーラを起動(無人インストール)することもできます。詳細については、「サイレントインストーラを使用したインストール作業」を参照してください。

はじめに

インストールを始める前に、配布されているインストーラをダウンロードして作業対象のマシン上で開いてください。EUM インストーラは AppDynamics ダウンロードセンターから取得できます。 

エージェントからEUMサーバーへの接続を確保するため、ネットワークパス上でEUMサーバーの前にありEUMサーバーに接続を転送するリバースプロキシでSSLトラフィックを終了させることを、AppDynamicsは強く推奨します。ご使用のインストール環境でこれが不可能な場合でも、下で説明するとおり、HTTPSをEUMサーバーに直接接続できます。実稼働用カスタムキーストアの設定については、「EUMサーバーの保護」を参照してください。

イベントサービスをインストールし、HTTPSをサポートするように構成する場合、EUMサーバーのインストールを適切に完了させるための措置が必要になります。イベントサービスの証明書の構成が終わったら、分析を有効にしないままEUMサーバーをインストールしてください。次に「EUMサーバーの保護」で説明する手順に従って、EUM サーバのキーストアに証明書をインストールします。イベントサービスプロパティで分析を構成したら、EUM サーバを再起動します。

Linux システムでは、libaio ライブラリをインストールしてから EUM サーバをインストールする必要があります。詳細については、「EUM サーバの要件」を参照してください。

GUIインストーラを使用した実稼働デプロイ用EUMサーバーのインストール

以下のように、EUMサーバーをインストールするマシン上でオンプレミス用のEUMインストーラを実行します。

  1. 以下のようにして、インストーラを起動します。
    • Linuxの場合:

      1. コマンドプロンプトから、EUM インストーラをダウンロードしたディレクトリに移動します。 

      2. 以下のように、ダウンロードしたインストーラスクリプトの権限を実行可能に変更します。

        chmod 775 euem-64bit-linux-4.5.x.x.sh
      3. 以下のようにスクリプトを実行します。

        ./euem-64bit-linux-4.5.x.x.sh
    • Windowsの場合:

      1. 管理者特権でコマンドプロンプトを開き(管理者として実行)、EUM インストーラをダウンロードしたディレクトリに移動します。 
      2. インストーラを実行。

        euem-64bit-windows-4.5.x.x.exe
  2. ウェルカム画面で [Next] をクリックします。
  3. 使用許諾契約書を最後までスクロールし、これに同意します。次に [Next] をクリックして先に進みます。 
  4. インストールモードとして [Product] を選択します。このモードでマシンにEUMサーバーがインストールされます。AppDynamicsエンドユーザーモニタリングとAppDynamicsコントローラが別のホストにインストールされている場合にこの種別を使用してください。これを選択すると、対象のマシンにMySQLインスタンスが別個にインストールされます。[Next] をクリックします。
  5. データベースのセットアップ画面で以下の作業を行います。
    1. 新しい [Root User Password] を入力し、確認します。
    2. 新しい [eum_user Password] を入力し、確認します。
    3. クリック Next.
      Database Setup

      ユーザー名とパスワードにはASCII文字を使用します。また、パスワードには「^」、「/」、「$」を使用できません。

  6. AppDynamicsエンドユーザーモニタリングのセットアップ画面で以下の作業を行います。

    1. 新しい [key store password] を入力し、確認します。
    2. [Next] をクリックして、[Finish] をクリックします。

Completing Setup

インストーラは収集した初期構成情報を使ってEUMサーバーを設定します。それが終了すると、EUMサーバーが稼働します。

インストール後のタスク

EUM サーバをインストールした後、さらにインストール後タスクを実行する必要があります。

EUMサーバーインストーラで構成されるのはHTTPポートのみです。バージョン4.5のEUMサーバーをインストールまたはバージョン4.5のEUMサーバーにアップグレードする場合は、HTTPSポートに接続できるようにEUMサーバーの構成とAppDynamicsコントローラの設定変更を行う必要があります。詳しい手順については、「EUM サーバ 4.5 向けの HTTPS ポートの構成」を参照してください。

JVM オプションの構成

Windows

$APPDYNAMICS_HOME\EUM\eum-processor\bin\eum-processor-launcher.vmoptions ファイルの JVM オプションを変更します。 

-XX:+UseConcMarkSweepGC
-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError
-XX:CMSInitiatingOccupancyFraction=50
-XX:NewRatio=1
-Xms4096m
-Xmx4096m
-DEUM_COMPONENT=processor
-Dlogback.configurationFile=bin/logback.xml
-Dcom.mchange.v2.c3p0.cfg.xml=bin/c3p0.xml
POWERSHELL

Linux

$APPDYNAMICS_HOME/EUM/eum-processor/bin/eum-processor ファイルの JVM オプションを変更します。

# Add default JVM options here. You can also use JAVA_OPTS and EUM_PROCESSOR_OPTS to pass JVM options to this script.
DEFAULT_JVM_OPTS="\
\"-server\" \
\"-XX:+UseConcMarkSweepGC\" \
\"-XX:CMSInitiatingOccupancyFraction=50\" \
\"-XX:+HeapDumpOnOutOfMemoryError\" \
\"-XX:NewRatio=1\" \
\"-Xms4096m\" \"-Xmx4096m\" \
\"-DEUM_COMPONENT=processor\" \
\"-Dlogback.configurationFile=bin/logback.xml\" \
\"-Dcom.mchange.v2.c3p0.cfg.xml=bin/c3p0.xml\""
BASH

EUM ライセンスの設定

デプロイメントのプロビジョニング手順に従います。

イベントサービスプロパティの構成

eum.properties ファイル内のイベントサービスプロパティを構成するには、以下のようにします。

  1. イベントサービスが実行中であることを確認します。
  2. CLI を使用して EUM/eum-processor ディレクトリの bin に移動します。
  3. eum.properties ファイルを開いて編集します。
  4. eum.properties ファイルに以下の値を入力します。

    Sample

    analytics.enabled=true
    analytics.serverScheme=http
    analytics.serverHost=events.service.hostname
    analytics.port=9080
    analytics.accountAccessKey=1a59d1ac-4c35-4df1-9c5d-5fc191003441
    CODE

    <eum_key> は、管理コンソールの appdynamics.es.eum.key 値として表示されるイベントサービスキーです。
    Events Service Key
    設定は次の例のように表示されます。
    Configuration example

  5. eum.properties ファイルの更新が終わったら EUM サーバを再起動します。

EUMサーバーとAppDynamicsコントローラとの接続

EUMサーバーをAppDynamicsコントローラに接続するには、次のようにします。

  1. 管理コンソールにログインします。
  2. コントローラの以下のプロパティを設定します。
    1. eum.cloud.host: http://eum-host-name:7001 – コントローラが EUM のメトリックをポーリングする場所を示します。
    2. eum.beacon.host: eum-host-name:7001 – JavaScript エージェントが HTTP プロトコルを介してどこにビーコンを送信するように構成されるかを示します。
    3. eum.beacon.https.host: https://eum-host-name:7002 – JavaScript エージェントが HTTPS プロトコルを介してどこにビーコンを送信するように構成されるかを示します。
    4. eum.mobile.screenshot.host: eum-host-name:7001 – コントローラがモバイルスクリーンショットを検索する場所を示します。

サイレントインストーラを使用したインストール作業

GUIモードでインストーラを使用する代わりに、サイレントインストーラを使用して無人インストールを実行することができます。サイレントインストーラは応答ファイルを初期構成設定用のソースとして使用します。これはインストール作業のスクリプト化や大規模なデプロイを実行する際に有用です。 

インストール作業に応答ファイルを使用する場合は、以下のようにします。

  1. 以下のように、EUMインストーラを実行するマシン上でresponse.varfileという名前のファイルを作成します。

    sys.adminRights$Boolean=false
    sys.languageId=en
    sys.installationDir=/AppDynamics/EUM
    euem.InstallationMode=split
    euem.Host=eumhostname
    euem.initialHeapXms=1024
    euem.maximumHeapXmx=4096
    euem.httpPort=7001
    euem.httpsPort=7002
    mysql.databasePort=3388
    mysql.databaseRootUser=root
    mysql.dbHostName=localhost
    mysql.dataDir=/usr/local/AppDynamics/EUM/data
    mysql.rootUserPassword=singcontroller
    mysql.rootUserPasswordReEnter=singcontroller
    eumDatabasePassword=secret
    eumDatabaseReEnterPassword=secret
    keyStorePassword=secret
    keyStorePasswordReEnter=secret
    eventsService.isEnabled$Boolean=true
    eventsService.serverScheme=http
    eventsService.host=eventsservice_host
    eventsService.port=9080
    eventsService.APIKey=1a234567-1234-1234-4567-ab123456
  2. インストールパラメータの値をご使用の環境および要件に応じて変更します。特に、ディレクトリパスとパスワードがご使用の環境と一致することを確認します。  

  3. 次のコマンドを使用してインストーラを実行します。

    ./euem-64bit-linux-4.5.x.x.sh -q -varfile response.varfile

    Windowsの場合、以下を使用します。

    euem-64bit-windows-4.5.x.x.exe -q -varfile response.varfile