このページには、EUMサーバーの要件、サイズ指定のガイダンス、構成を使用してデフォルト設定を変更する方法が示されています。EUM プロセッサのサイズ情報に関する詳細については、AppDynamics コミュニティの「Analytics' Recipe Book for on-prem configuration」を参照してください。 

ハードウェア要件

EUMサーバーマシン(基本的な用途)の要件およびガイドラインは以下のとおりです。

  • 50GB以上の空きディスク容量。それ以上のディスク容量が必要な場合は、「リソース タイミング スナップショットに基づくディスク要件」を参照してください。
  • Windows 64ビットまたはLinuxオペレーティングシステム
  • 処理:4コア
  • ネットワーク帯域幅:10Mbps
  • 合計8GB以上のメモリ(JVMの最大ヒープサイズは4GB)。それ以上の RAM が必要な場合は、「ビーコンのロードに基づく RAM 要件」を参照してください。
  • EUMサーバーホストとコントローラマシンの両方でNTPが有効であること。マシンのクロックを同期できること。

上記の仕様を備えたマシンは、1分あたり約1万件のページリクエストまたは同時に1万のモバイルユーザーを処理できることが期待できます。オンプレミスの分析機能を追加するには、使途に応じてこれらの要件、特にディスク容量を大幅に増量する必要があります。

ビーコンのロードに基づくRAM要件

ビーコンは 10 秒ごとに EUM サーバに送信されます。各ビーコンは複数のイベントに関するデータを含む場合があります。Ajax リクエストの数を制限するように JavaScript エージェントを構成できます。

次の表は、1分あたりのビーコンのロードに基づく必須RAM容量と、一般的なビーコンの内容を示したものです。

1分あたりのピークビーコン数ビーコンの一般的な構成RAM
~ 3K
  • 600セッション
  • 1K基本ページ
  • 2K仮想ページ
  • 7K Ajaxリクエスト
8 GB
~ 16K
  • 1.8Kセッション
  • 5K基本ページ
  • 10K仮想ページ
  • 40K Ajaxリクエスト
16 GB
~ 26K
  • 3.6Kセッション
  • 8K基本ページ
  • 17K仮想ページ
  • 62 Ajaxリクエスト
16 GB
~ 33K
  • 3.9Kセッション
  • 10K基本ページ
  • 20K仮想ページ
  • 74K Ajaxリクエスト
32 GB
> 40K

12K 基本ページ

32 GB

リソース タイミング スナップショットに基づくディスク要件

デフォルトでは、EUMサーバーで許容されるリソースタイミングスナップショットは1分につき1000件までで、そのスナップショットは15日間保持されます。各スナップショットは平均 3 KB のディスク容量を消費します。 

リソースタイミングスナップショットの数はディスク使用量に影響するため、以下の表に示すガイドラインに従ってください。

リソースタイミングスナップショットの数推奨ディスク容量
~500≥ 40 GB
~ 1000≥ 64 GB
~ 1500≥ 96 GB
~ 2000≥ 128 GB

必要に応じて次に示す(いずれかの、あるいは複数の)方法により、リソースタイミングスナップショットの数やリソーススナップショットの保存用に割り当てられているディスク容量を減らすことができます。

  • JavaScript エージェントを構成して、モニタリングするリソース数の変更と制限を行います。 
  • リソーススナップショットの保存用に割り当てるディスク容量の最大値を指定するには、EUM サーバ構成 onprem.resourceSnapshotAllowance を使用します。構成の全リストについては、「EUM サーバ構成ファイル」を参照してください。
  • グローバルの最大値を設定してスナップショットの保持時間を制限するか、ネットワークの応答時間に応じてスナップショットをフィルターすることで、EUMサーバーが保持するスナップショットの数を制限できます。手順については、「EUM のスナップショットの数の制限」を参照してください。

ファイルシステム要件

EUMをインストールするマシンのファイルシステムは、多数の小さなファイルを扱えるように調整する必要があります。実際的には、ファイルシステムに多数の i ノードを割り当てる必要があるか、ファイルシステムが動的 i ノード割り当てに対応している必要があるかということです。 

コントローラのバージョン

AppDynamicsプラットフォームをEUMサーバーで使用する場合、対応バージョンのコントローラがインストールされている必要があります。コントローラは、同じバージョンまたはより新しいバージョンのEUMサーバーと組み合わせた場合にのみ動作します。たとえば、EUMサーバーのバージョン4.5は、AppDynamicsコントローラのバージョン4.5以前との組み合わせで動作します。

オープンファイル記述子とユーザープロセス制限

Linuxでは、EUMサーバーマシン上のオープンファイル記述子とユーザープロセス制限が十分な値に設定されていることも確認してください。EUMサーバーの場合、ハードおよびソフト制限は以下のとおりです。

  • オープンファイル記述子の制限(nofile):65535
  • プロセス制限(nproc):8192

Prepare the Controller Hostユーザ制限の確認と設定方法については、以下の「Linux におけるユーザ制限の構成」を参照してください。 

Linuxにおけるユーザー制限の構成

以下のログでの警告は、制限が不十分であることを示している可能性があります。

  • データベースログでの警告: 「max_open_filesの数をxxxx以上に増やせませんでした。」
  • サーバーログでの警告: 「これ以上の接続を割り当てられません。」

既存の設定を確認するには、ルートユーザーで以下のコマンドを入力します。

ulimit -S -n
ulimit -S -u
BASH

出力には、オープンできるファイル記述子数のソフト制限と、プロセス数のソフト制限がそれぞれ示されます。これらの値が推奨値より低い場合は、値を変更する必要があります。 

設定を構成する場所は、ご使用の Linux ディストリビューションに応じて異なります。

  • システムに /etc/security/limits.d directory がある場合は、このディレクトリに新しいファイルを適切な名前で作成し、そこに設定を追加します。
  • /etc/security/limits.d ディレクトリがない場合は、設定を /etc/security/limits.conf に追加します。 
  • システムに /etc/security/limits.conf ファイルがない場合は、ulimit コマンドを /etc/profile に配置できます。ただし、ご使用の Linux ディストリビューションのドキュメントでシステムに固有の推奨事項を確認してください。  

制限を構成するには

  1. システムに /etc/security/limits.d ディレクトリがあるかどうかを確認し、その結果に応じて次のいずれかのステップを実行します。
    • /etc/security/limits.d ディレクトリがない場合:
      1. ルートユーザとして編集用に limits.conf ファイルを開きます(/etc/security/limits.conf)。

      2. 次の行を追加し、<login_user> を EUM サーバが実行されるオペレーティングシステムのユーザ名に置き換えて、オープンファイル記述子制限を設定します。

        <login_user> hard nofile 65535
        <login_user> soft nofile 65535
        <login_user> hard nproc 8192
        <login_user> soft nproc 8192
        BASH
    • /etc/security/limits.d ディレクトリがある場合:
      1. ルートユーザとして、limits.d ディレクトリに新しいファイルを作成します。ファイルに次のようなわかりやすい名前を付けます。/etc/security/limits.d/appdynamics.conf

      2. 作成したファイルに、次のように制限に関する構成設定を追加します。その際、<login_user> は EUM サーバが実行されるオペレーティングシステムのユーザ名に置き換えます。

        <login_user> hard nofile 65535
        <login_user> soft nofile 65535
        <login_user> hard nproc 8192
        <login_user> soft nproc 8192
        BASH
  2. 以下のように、ファイル記述子とプロセスの制限を有効にします。
    1. 以下のファイルを編集のために開きます。 /etc/pam.d/common-session

    2. 以下の行を追加します。 session required pam_limits.so

  3. 変更をファイルに保存します。 

login_user で識別されるユーザでログインしなおすと、制限が有効になります。

ネットワーク設定

オペレーティングシステムのネットワーク設定を高パフォーマンスデータ転送向けに調整する必要があります。ネットワーク設定が適切に調整されていないと、EUMサーバーで安定性の問題が発生する場合があります。

以下に、Linuxオペレーティングシステムをチューニングする際の推奨コマンドを一覧にしています。ここに示すとおり、AppDynamicsでは、TCP/FINタイムアウト設定を10秒に(デフォルトは通常60秒)、TCP接続のキープアライブ時間を1800秒に(通常の7200秒から短縮)、TCPウィンドウスケール、TCP SACK、およびTCPタイムスタンプを無効にすることを推奨しています。

echo 5 &gt; /proc/sys/net/ipv4/tcp_fin_timeout 
echo 1800 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_keepalive_time 
echo 0 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_window_scaling 
echo 0 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_sack 
echo 0 &gt;/proc/sys/net/ipv4/tcp_timestamps

これらのコマンドは、/proc システムでのネットワーク設定の構成方法を示しています。複数のシステムの再起動で設定が維持されるように、etc/sysctl.conf に同等の設定を構成するか、オペレーティングシステムに適したネットワークスタック構成ファイルを構成してください。 

必要なライブラリ

libaioの要件

EUM プロセッサは、システムに libaio ライブラリを必要とします。このライブラリは、システムでの非同期 I/O オペレーションを容易にします。NUMA ベースのアーキテクチャの場合は、numactl パッケージをインストールする必要があるので注意してください。

インストールされていない場合、ホストマシンに libaio をインストールします。以下の表は、Linux オペレーティングシステムのいくつかの一般的なフレーバーにおける libaio のインストール方法を示しています。

Linuxフレーバー
コマンド
Red Hat および CentOS

以下のように yum を使用してライブラリをインストールします。

  • yum install libaio
  • yum install numactl
Fedora

Fedora Web サイトから、ライブラリ RPM をインストールします。

  • yum install libaio
  • yum install numactl
Ubuntu

以下のように、apt-getを使用します。

  • sudo apt-get install libaio1
  • sudo apt-get install numactl
DebianAPTなどのパッケージマネージャを使用し、(上記のUbuntuの説明に従って)ライブラリをインストールします。

tar の要件

EUM サーバインストーラを解凍するには、tar ユーティリティが必要です

インストールされていない場合、ホストマシンに tar をインストールします。以下の表は、Linux オペレーティングシステムのいくつかの一般的なフレーバーにおける tar のインストール方法を示しています。

Linuxフレーバー

コマンド

Red Hat および CentOS

以下のように yum を使用してライブラリをインストールします。

  • yum install tar
Fedora

Fedora Web サイトから、ライブラリ RPM をインストールします。

  • yum install tar
Ubuntu

次のように apt-get を使用します。

  • sudo apt-get install tar
DebianAPTなどのパッケージマネージャを使用し、(上記のUbuntuの説明に従って)ライブラリをインストールします。