アクセス方法:AppDynamics ホーム > [Servers] > [Dashboard]

リストからサーバを選択し、サーバ名をダブルクリックします。選択したサーバのダッシュボードが表示されます。このダッシュボードでは、次のことができます

  • サーバの可用性を含む、選択したモニタ対象サーバの主要パフォーマンスメトリックのチャートを確認する。
    • CPU、メモリ、およびネットワークの使用パーセンテージ
    • サーバのプロパティ
    • ディスク、パーティション、およびボリュームのメトリック
    • CPU リソースとメモリを消費する上位 10 のプロセス
  • 表示されるメトリックの期間を変更する。
  • 正常性ルールに違反しているかどうかによって決定される、サーバの全体的な正常性のアセスメントを確認する。次を参照してください。

    UI で正常性ルールのステータスを表示」 

  • machine-path 設定プロパティを使用して controller-info.xml で指定されているサーバの階層またはグループを確認する。
  • チャート上の任意のポイントをクリックして、その時点のメトリック値を表示する。
  • ソートキーとして列のいずれかを使用して、チャートをソートする
  • 他のサーバダッシュボードを見つけてそれに切り替える(上部左のサーバ階層の横にあるプルダウンメニュー)。
  • CPU 使用率が高い上位 10 のプロセス、およびメモリ使用率が高い別の上位 10 のプロセスをまとめて確認する。

サーバダッシュボードのメトリック

ホスト ID、正常性、階層(上部ペイン

  • Host id:これは、AppDynamics コントローラに固有のサーバの ID です。
  • Health:サーバの全体的な正常性を示します。[health] アイコンにカーソルを合わせると詳細が表示されます。たとえば、赤いボックス内の感嘆符(!)にカーソルを合わせると、「There are Critical Health Rule Violations on this machine during the time range.」と表示されます。
  • Hierarchy:これは、マシン階層プロパティで指定された、サーバをグループ化するための任意の階層です。  

負荷平均(Load Average)

CPU 負荷は、過去 1 分間、5 分間、および 15 分間の平均として表示されます。CPU 負荷は、現在実行されている、または実行を待機しているプロセスによって消費された CPU のパーセンテージです。これらのメトリックは、サーバダッシュボードではパーセンテージとして表示され、メトリックブラウザでは 100 倍されます

利用状態

  • Availability:サーバが使用可能であった時間のパーセンテージ。スタンドアロン マシン エージェントは、エージェントが稼働していることを示すハートビートを AppDynamics コントローラに 1 分に 1 回送信します。 
  • time series chart:時間の経過に伴うサーバの可用性の傾向を表示します。

CPU

  • CPU Usage:選択した時間範囲における CPU の平均使用率。
  • # of Cores:CPU のコアの数。
  • time series chart:時間の経過に伴う CPU ビジー率の傾向を表示します。

メモリ

  • Installed:サーバのメモリの合計容量(空き容量と使用済み用量) 
  • Memory Usage:使用されているメモリのパーセンテージ。
  • Swap Usage[Swap usage] では、スワップファイルの使用状況が追跡されます。スワップファイルにより、オペレーティングシステムはハードディスク領域を使用して追加のメモリをシミュレートできます。システムでメモリが不足している場合、システムはアイドル状態のプログラムが使用している RAM のセクションをハードディスクにスワップして、他の実行中のプログラムのためにメモリを解放します。アイドル状態のスワップアウトされたプログラムが再び実行開始すると、そのプログラムは RAM に戻され、他のアイドル状態のプログラムが置き換えられる場合があります。これにより、ハードディスクの読み取りと書き込みが大量に行われ、コンピュータの速度が大幅に低下する可能性があります。 
  • time series chart:時間の経過に伴うメモリ使用率の傾向を示します。

Network

  • Interfaces:サーバのネットワーク インターフェイスの数。
  • Outgoing:モニタ対象のすべてのネットワークデバイスで 1 秒あたりに送信されたデータのキロバイト数。
  • Incoming:モニタ対象のすべてのネットワークデバイスで 1 秒あたりに受信されたデータのキロバイト数。
  • time series chart:時間の経過に伴うネットワークの受信量および送信量の傾向を示します。

ボリューム

  • Total:ディスク、パーティション、またはボリュームのストレージ容量(空き容量と使用済み容量)。Linux システムの場合、これにはカーネルによって予約されているディスク容量は含まれません。
  • Free:使用可能なストレージ容量の合計。Linux システムの場合、これにはカーネルによって予約されているディスク容量は含まれません。
  • Usage(%):各ディスク、パーティション、およびボリュームで使用されているストレージ容量のパーセンテージ。
  • time series chart:時間の経過に伴うストレージ使用率の傾向を示します。

CPU を消費する上位 10 のプロセス

  • Count:このクラスのプロセスの数。
  • CPU (%)このクラスのすべてのプロセスによって消費された CPU リソースのパーセンテージ。
  • Memory (%):クラスのすべてのプロセスによって消費されたメモリのパーセンテージ。
  • PID:プロセス ID。
  • PPID:親プロセス ID。

メモリを消費する上位 10 のプロセス

  • Count:このクラスでメモリリソースを消費しているプロセスの数。
  • CPU (%)このクラスのすべてのプロセスによって消費された CPU のパーセンテージ。
  • Memory (%):このクラスのすべてのプロセスによって消費されたメモリのパーセンテージ。
  • PID:プロセス ID。
  • PPID:親プロセス ID。