AppDynamics オペレータをインストールするには、コマンドプロンプトを開き、次の手順を実行します。Kubernetes を使用していない場合は、「Red Hat OpenShift での AppDynamics オペレーターの展開」を参照してください。

  1. kubectl が Kubernetes クラスタを指していることを確認します。詳細については、Kubernetes のマニュアルの「Install and Set Up kubectl」を参照してください。

  2. クラスタ管理者としてログオンします。

  3. Kubernetes クラスタで appdynamics の名前空間を作成します。

    $ kubectl create namespace appdynamics
    CODE
  4. 名前空間が次の実行によって作成されていることを確認します。

    $ kubectl get namespace
    CODE

    出力例:

    NAME				STATUS			AGE
    appdynamics			Active			5s
    default				Active			41d
    kube-node-lease		Active			41d
    kube-public			Active			41d
    kube-system			Active			41d
    TEXT
  5. コントローラアクセスキーを使用してシークレットを作成します。

    kubectl -n appdynamics create secret generic cluster-agent-secret \
    --from-literal=controller-key="<controller-access-key>" \
    CODE
  6. Kubernetes の最新バージョンの AppDynamics オペレーターをインストールするには、次のコマンドを実行します。

    $ kubectl create -f cluster-agent-operator.yml
    CODE

    AppDynamics オペレーターは、カスタムリソース定義を作成します。これにより、Kubernetes API が拡張され、clusteragents と呼ばれる新しい Kubernetes タイプが作成されます。また、AppDynamics オペレーターは、名前空間の serviceaccountclusterroleclusterrolebinding も作成します。

    出力例:

    customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io/clusteragents.appdynamics.com created
    customresourcedefinition.apiextensions.k8s.io/infravizs.appdynamics.com created
    serviceaccount/appdynamics-operator created
    serviceaccount/appdynamics-infraviz created
    podsecuritypolicy.extensions/appdynamics-infraviz created
    clusterrole.rbac.authorization.k8s.io/appdynamics-operator created
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/appdynamics-operator created
    clusterrolebinding.rbac.authorization.k8s.io/appdynamics-infraviz created
    role.rbac.authorization.k8s.io/appdynamics-infraviz created
    rolebinding.rbac.authorization.k8s.io/appdynamics-infraviz created
    deployment.apps/appdynamics-operator created
    CODE
  7. AppDynamics オペレーターが実行されていることを確認するには、次のように入力します。

    kubectl -n appdynamics get pods
    CODE

    出力例:

    NAME									READY		STATUS		RESTARTS	AGE
    appdynamics-operator-95ffb549c-m8tjv	1/1			Running		0			30s
    CODE

    この出力は、Kubernetes が指定したカスタムリソース定義を拡張していることを示しています。これで クラスタ エージェント コンテナ イメージの作成 の準備ができました。