マシンエージェントと .NET エージェントがインストールされているサーバで、マシンメトリックまたはサーバメトリックを収集して表示する場合、次の点に注意してください。

  • 同じサーバ上のスタンドアロン マシン エージェントと .NET エージェントからのメトリックを、コントローラ UI で同じノードに明確に関連付けるために、.NET 互換モードが必要です。
  • 平均レートと測定方法が異なるため、マシンエージェントと .NET エージェントによってレポートされるメトリック値に違いがある場合があります。
  • マシンエージェントで .NET 互換モードを有効にする必要があります。  
  • .NET 互換モードを有効にすると、次のようになります。
    • サービスの可用性とカスタム拡張機能からのイベントは [Servers] タブに表示されますが、コントローラ UI で .NET アプリケーションには関連付けられません。
    • コントローラ UI には、ホスト ID に「-java-MA」が付加されたサーバ名が表示される場合があります。したがって、<unique-host-id> が「ABC」に設定されたスタンドアロン マシン エージェントは、コントローラ UI で「ABC-java-MA」として表示される場合があります。これは正常な動作です。「-java-MA」サフィックスは、ホストに .NET 互換モードで稼働しているスタンドアロン マシン エージェントがあることを示します。 
  • スタンドアロン マシン エージェントに対して <application-name><tier-name>、または <node-name> プロパティは指定しないでください。これらのプロパティは、他の AppDynamics エージェントがインストールされていないホスト上のスタンドアロン マシン エージェントで使用することを目的としています。

.NET 互換モードを有効にするには

  1. エージェントで .NET 互換モードを有効にする必要があります。これを行うには、次の 2 つの方法があります。
    • <machine_agent_home>/conf/controller-info.xml で次のオプションを設定します。
      1. <dotnet-compatibility-mode>true</dotnet-compatibility-mode>  
         この行を controller-info.xml ファイルに追加する必要がある場合があります。
      2. <unique-host-id><unique-host-id-of-dot-net-agent></unique-host-id> 
        両方のエージェントが同じノードにメトリックをレポートするようにするために、スタンドアロン マシン エージェントで、.NET エージェントが使用するのと同じ大文字と小文字が区別された一意のホスト ID を使用する必要があります。「FAQ およびトラブルシューティング」を参照してください。 
    • ./bin/machine-agent システムプロパティを次のように設定します。

      ./bin/machine-agent -Dappdynamics.machine.agent.dotnetCompatibilityMode=true

  2. controller-info.xml ファイルを保存します。 
  3. マシンエージェントを起動または再起動します。前の変更を適用するために、これを行う必要があります。

 

また、./bin/machine-agent システムプロパティを次のように設定することで、マシンエージェントで .NET 互換モードを有効にすることもできます。

./bin/machine-agent -Dappdynamics.machine.agent.dotnetCompatibilityMode=true