このページは、IoT SDK または IoT REST API のどちらを使用するかを決定し、EUM アプリケーションキーを取得して、データをキャプチャおよびレポートする手順について紹介します。

SDK と REST API の比較

IoT SDK は、REST API を使用して EUM サーバにデータを送信します。HTTP リクエストを処理し、JSON をシリアル化し、イベントをメモリで管理することにより、SDK を使用するとデータのキャプチャとレポートが容易になるため、アプリケーションのインストゥルメント化に集中できるようになります。C++ または Java 以外のプラットフォームでは、さまざまな HTTP(S) および JSON ライブラリを活用し、IoT REST API を使用してデータをレポートすることができます。 

EUM アプリケーションキーの取得

EUM アプリケーションキーを取得するには、IoT アプリケーションを手動で作成するか、[Getting Started Wizard] を使用する必要があります。新規ユーザの場合には後者が推奨されます。IoT REST API または IoT SDK を使用して EUM サーバにデバイス情報とイベントをレポートするには、EUM アプリケーションキーが必要です。複数の IoT アプリケーションが同じキーを共有できます。

[Getting Started Wizard] を使用した IoT アプリケーションの作成

コントローラから、次の手順を実行します。

  1. 上部のナビゲーションバーから [User Experience] をクリックします。
  2. [Connected Devices] タブを選択します。
  3.  Get Started.
  4. [Create Application] ダイアログから、[Create an Application using the Getting Started Wizard] を選択します。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [Getting Started Wizard - Connected Devices] ページの手順 1 で、[Create a new Application] を選択します。
  7. IoT アプリケーションの名前を入力します。
  8. [Continue] をクリックします。
  9. 手順 2 で、IoT データをレポートするために使用する方法(Java SDK、C/C++ SDK、REST API)を選択します。
  10. [App Key ] および [Collector URL] の値をコピーします。IoT データのレポートには両方を使用します。
  1. 上部のナビゲーションバーから [User Experience] をクリックします。
  2. [Connected Devices] タブを選択します。
  3.  Get Started.
  4. [Create Application] ダイアログから、[Create an Application using the Getting Started Wizard] を選択します。
  5. [OK] をクリックします。
  6. [Getting Started Wizard - Connected Devices] ページの手順 1 で、[Use an existing Application] を選択します
  7. ドロップダウンから既存のアプリケーションの 1 つを選択します。
  8. 手順 2 で、IoT データをレポートするために使用する方法(Java SDK、C/C++ SDK、REST API)を選択します。
  9. [App Key ] および [Collector URL] の値をコピーします。IoT データのレポートには両方を使用します。

既存のアプリケーションから作成された IoT アプリケーションは削除できません。アプリケーションの作成に使用した既存の IoT アプリケーションは削除する必要があります。

IoT アプリケーションの手動作成

コントローラから、次の手順を実行します。

  1. 上部のナビゲーションバーから [User Experience] をクリックします。
  2. [Connected Devices] タブを選択します。
  3.  Get Started.
  4. [Create Application] ダイアログから、[Create an Application manually] を選択します。
  5. IoT アプリケーションの名前を入力します。
  6. [OK] をクリックします
  7. [Connected Devices] タブで IoT アプリケーションを選択し、[] をクリックしてアプリケーションキーをクリップボードにコピーします。

IoT データのレポート

データのレポートで計画している方法に基づいて、アプリケーションキーを使用し、次のチュートリアルのいずれかの手順を実行します。