On this page:

Related pages:

合成ジョブは、サポートされている場所においてリモートブラウザでエンドユーザのアクションを模倣する、スケジュール設定された構成可能なテストです。合成ジョブは、URL 測定または合成スクリプトで構成されます。ジョブを作成するには、「ブラウザ合成モニタリングの概要」を参照してください。  

合成ジョブのサポート

ブラウザの互換性

  • IE6/7/8/9/10/11/Edge
  • Chrome(モバイルを含む)
  • Firefox(モバイルを含む)
  • Safari(モバイルを含む)
  • Opera

Python Libraries

合成ジョブの場所

URL 測定および合成スクリプトジョブの場合、合成エージェントは Docker コンテナ内で常に分離して実行されます。この場所は、設定されているブラウザの場所にマッピングされます。ただし、合成スクリプトは、セキュリティ上の理由から、設定されたブラウザとは別のマシンまたは場所で実行されます。詳細については、「合成エージェントの場所」を参照してください。

合成ジョブのキュー

合成ジョブを作成すると、作成タイムスタンプに基づいてキューに追加されます。スケジュール設定されたジョブには、合成ジョブのキューで実行される場合に影響を与える成熟度レベルが割り当てられます。

スケジュール設定されたジョブの成熟度レベル

スケジュール設定されたジョブには、作成時間に基づいて成熟度レベルが割り当てられ、合成ジョブのキューに追加されます。次の表で、サポート対象の 2 つの成熟度レベルについて説明します。

成熟度レベル説明
Junior

Junior 成熟度レベルは、2 時間以内に作成または更新された合成ジョブで構成されます。ジョブの最終更新または作成から 2 時間が経過すると、Junior ジョブ成熟度レベルが Senior 成熟度レベルに昇格します。十分な容量が割り当てられている場合のみ、Junior から Senior への成熟度の昇格が実行されます。これにより、現在実行中のジョブに悪影響が及ぶことを回避できます。

シニアSenior 成熟度レベルは、2 時間以上前に作成または更新された合成ジョブで構成されます。Senior 成熟度レベルの合成ジョブには、実行するためのリソースが十分に割り当てられています。

合成ジョブの実行

合成ジョブスケジューラは、次の cron ベースの式に従ってジョブを実行します。

<second> <minute> <hour> <day-of-month> <month> <day-of-week> <year>

ジョブをスケジュール設定する場合は、ジョブの実行頻度を選択します。小さな時間単位(分または時間)に均等に分割できる、大きな時間単位(時間または日数)を選択することをお勧めします。たとえば、ジョブが 15 分ごとに実行されるようにスケジュール設定されている場合、ジョブは 1 時間以内に 4 回実行されます。これにより、スケジュールを中断することなく、ジョブが 1 時間ごとに継続的に繰り返されるようになります。

ただし、50 分ごとに実行など、小さな時間単位に均等に分割できない大きな時間単位でジョブをスケジュール設定すると、ジョブは一定の時間で実行されません。たとえば、最初のジョブが 7:03 で始まる場合、ジョブは 7:53、8:03、8:53 のように実行され、その結果、スケジュールが中断されます。

ジョブの実行順序

合成ジョブの実行順序はジョブの優先度と作成時間によって異なります。合成サーバジョブは、ジョブタイプ、ジョブ成熟度、ブラウザ合成モニタリングライセンスなどのいくつかの要因に基づいて、ジョブの優先順位をマークします。次の表に、ジョブタイプ、ライセンスタイプ、およびジョブの継続期間に基づくジョブの優先順位を示します。実際のジョブの実行順序はジョブの優先順位と作成タイムスタンプによって異なります。 

ジョブの優先順位ライセンス タイプジョブの継続期間
メリットシニア
トライアルシニア
オンデマンド該当なしJunior
トライアル該当なし

合成ジョブのスロットリング

合成ジョブは、ジョブキューに存在する場合にのみ実行されます。ただし、最大ジョブキューサイズに達した場合、キューサイズが減少するまで、合成ジョブはキューに追加されません。最大キューサイズは、優先順位、ライセンス、タイプ、および成熟度レベルによって定義されます。

次の表に、最大キューサイズの計算方法を示します。

最大キューサイズジョブの優先順位ジョブの成熟度
合成エージェントの数 * 10(Pro)シニア
合成エージェントの数 * 10 * 0.5(トライアル)
合成エージェントの数 * 10 * 0.25該当なし
合成エージェントの数 * 10 * 0.5Junior

ジョブ実行エラー

次の表に、ジョブの実行エラーメッセージ、エラーの原因、および関連付けられたエラーコードを示します。 

エラーメッセージエラーの原因エラー コード(Error Code)
Skipped; still waiting for a previous job execution同じジョブからの以前の測定要求の前に、スケジュール設定されたジョブから高優先順位の測定要求をキューに追加しようとしました。ロケーションブラウザの組み合わせが処理されました。TARDY
Skipped while new capacity is being added同じジョブからの以前の測定要求の前に、スケジュール設定されたジョブから低優先順位の測定要求をキューに追加しようとしました。ロケーションブラウザの組み合わせが処理されました。TARDY_ONBOARDING
Skipped while new capacity is being added各キューの最大容量を超えて、Junior ジョブから測定要求をキューに追加しようとしました。ONBOARDING
Testing location is overloaded各キューの最大容量を超えて、Senior ジョブから測定を要求しようとしました。THROTTLED