Works with: 

    


Application Analytics のデプロイオプションは、モニタするデータやコントローラのデプロイなど、いくつかの要因によって変わります。This topic covers all of your options to deploy the Analytics Agent.

トランザクション分析のみ

次のトランザクション分析をキャプチャするには、Analytics エージェントが必要です。

  • Java エージェントバージョン 4.5.15 以前
  • 任意のバージョンの .NET、Node.js、および PHP エージェント
  • コントローラバージョン 4.5.15 以前

トランザクション分析を設定するには、次のようにします。

  • スタンドアロン マシン エージェントまたは Analytics エージェント(スタンドアロンバイナリ)のいずれかを各マシンにダウンロードしてインストールします。共有 Analytics エージェントインスタンスを使用することもできます。

  • アプリケーション エージェントの Analytics Dynamic Service を有効にします。

ログ分析のみ

ログ分析を設定するには、次のようにします。

トランザクション分析とログ分析

トランザクション分析とログ分析を設定するには、次のようにします。

  • スタンドアロン マシン エージェントまたは Analytics エージェント(スタンドアロンバイナリ)のいずれかをマシンにインストールします。

  • アプリケーション エージェントの Analytics Dynamic Service を有効にします。

SaaS とオンプレミス分析の設定

Analytics エージェントを使用して Analytics をデプロイする場合、設定要件はデプロイによって異なります。

SaaS
  • イベントサービスは、SaaS サービスの一部として提供されます。AppDynamics は、データを保存し、システムのサーバコンポーネントをホストします。システムの Analytics エージェントコンポーネントのみをインストールします。This is described in the section Agent Side Components.
オンプレミス
  • オンプレミスでは、ユーザ自身がコンポーネントをホストし、すべてのデータをオンプレミスで保存します。これは、エージェント側のコンポーネントと、「コントローラのデプロイ」と「イベントサービスのデプロイ」で説明されているコントローラコンポーネントとイベント サービス コンポーネントをインストールする必要があることを意味します。オンプレミスデプロイには、追加のセットアップと管理が含まれますが、独自のデータセンター内で分析データを保持できます。  

Analytics エージェント用の個別ホスト

Analytics エージェントが監視対象アプリケーションとは別のホストにある場合は、「リモート Analytics エージェントのサイジング」を参照してください。