このページの内容:

すべての製品に適用されるライセンスの制限事項は次のとおりです。

  • お客様が遵守する必要がある、AppDynamics ソフトウェアに含まれているサード パーティ コンポーネントに関するライセンスの制限事項は、 法的通知のページに記載されています。
  • サード パーティ コンポーネントに関する互換性についての制限事項は、 サポート環境のページに記載されています。 
  • お客様が、AppDynamics ソフトウェアに付属している MySQL データベースをその他の製品とともに使用すること、および、提供されている AppDynamics ソフトウェア以外の目的のために使用することは禁じられています。
  • 以下の「アプリケーション パフォーマンス管理」セクションに記載されている製品の各ユニットには、1 ユニット分のマシンエージェントおよびユニバーサルエージェントが無償で含まれています。ただし、このようなマシンエージェントおよびユニバーサルエージェントは、購入したユニットの監視対象である OS のインスタンス上でのみ使用するものとします。
  • 計測データ保持ポリシー:1 分刻みの計測データは 4 時間保持されます。10 分刻みの計測データは 48 時間保持されます。1 時間刻みの計測データは、365 日間保持されます。
  • イベントデータ保持ポリシー:以下に記載のとおりです。ただし、例外として、オンプレミス展開時の保持期間は設定可能です。
  • Peak Edition: AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、または AppDynamics for Node.js :該当する注文書に記載されているサブスクリプション ライセンスのライセンス期間中(または該当する場合は、永久ライセンスの保守およびサポート期間中)に、エンドユーザは、3 暦月ごとに 1 回、24 営業時間前に書面で通知することにより、AppDynamics Pro Edition for Java、AppDynamics Pro Edition for .NET、および AppDynamics Pro Edition for Node.js 間において 1 対 1 ベースでライセンスを交換することができます。また、これらの製品用の AppDynamics Test & Dev Edition のライセンスについても 1 対 1 ベースでライセンスを別途交換することができます。それぞれを「交換可能グループ」といいます。明確にするために付言しますと、各交換可能グループ(それぞれ、Pro Edition および Test & Dev Edition)内のすべての製品の表示価格は同じです。エンドユーザは、いかなる場合でも、そのような交換によって、該当する注文書に記載されている製品の合計表示価格を超える累計額分の製品を使用することはできません。
  • Peak Edition:Browser Real-User Monitoring(RUM)または Mobile RUM:該当する注文書に記載されているサブスクリプション ライセンスのライセンス期間中(または該当する場合は、永久ライセンスの保守およびサポート期間中)に、エンドユーザは、3 暦月ごとに 1 回、24 営業時間前に書面で通知することにより、AppDynamics Pro Edition for Browser Real User Monitoring および Browser Analytics のソフトウェアユニット用ライセンスを Mobile Real User Monitoring および Mobile Analytics のソフトウェアユニット用ライセンスと(逆も可能です)1 対 1 ベースで交換することができます。また、これらの製品用の AppDynamics Test & Dev Edition のライセンスについても 1 対 1 ベースでライセンスを相互に別途交換することができます。エンドユーザは、AppDynamics for Browser Real User Monitoring ライセンスのページビューを使用している年において、当該ライセンスを交換することはできません。明確にするために付言しますと、各交換可能グループ(Pro Edition および Test & Dev Edition)内のすべての製品の表示価格は同じです。エンドユーザは、いかなる場合でも、そのような交換によって、該当する注文書に記載されている製品の合計表示価格を超える累計額分の製品を使用することはできません。
  • APM Any Language:APM Any Language を使用しているお客様が必須の AppDynamics for SAP - ABAP エージェントを購入していない場合、お客様が SAP アプリケーションサーバ上で APM Any Language 用のライセンスを使用することは禁止されています。
  • アップグレード:製品をアップグレードすることにより、お客様には当該製品のライセンスが付与されます。
  • 標準大学サブスクリプション:「アプリケーション パフォーマンス管理」の見出しの下に記載されているソフトウェアのいずれかを購入したお客様は、本段落に定める条件に従い、自己ペースで使用できる AppDynamics University のライブラリにアクセスする権利を有するものとします。AppDynamics の 1 アカウントごとに 1 ヵ月あたり最大で 20 人の一意のユーザに、このアクセス権が付与されます。(i) サブスクリプションベースでソフトウェアを購入し、サブスクリプション ライセンス料全額(ある場合)を期日までに支払っているお客様、または (ii) 永久ライセンスベースでソフトウェアを購入し、保守およびサポート料金全額(ある場合)を期日までに支払っているお客様に限り、アクセス権を付与するものとします。お客様は AppDynamics アカウントのログイン情報を使用してログインすることができます。

ライセンスの付与

AppDynamics ソフトウェアに関して、注文書に記載されている各ライセンスユニットにおいて、お客様に以下のとおりライセンスを付与します。

製品

付与するライセンス

Peak

Peak Edition:APM Any Language または AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、もしくは AppDynamics for Node.js(SaaS)



  • APM Any Language または AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、もしくは AppDynamics for Node.js(SaaS)1 ユニット、 および
  • Transaction Analytics(SaaS)1 ユニット、および
  • Network Visibility 1 ユニット、および
  • Server Visibility 1 ユニット

Peak Edition:APM Any Language または AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、もしくは AppDynamics for Node.js(オンプレミス)


  • APM Any Language または AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、もしくは AppDynamics for Node.js(オンプレミス)1 ユニット、 および、
  • Transaction Analytics(オンプレミス)1 ユニット、および
  • Network Visibility 1 ユニット、および
  • Server Visibility 1 ユニット

Peak Edition:Browser RUM または Mobile RUM(SaaS)

  • Browser Real User Monitoring(SaaS)1 ユニットおよび Browser Analytics(SaaS)1 ユニット、または
  • Mobiler Real User Monitoring(SaaS)1 ユニットおよび Mobile Analytics(SaaS)1 ユニット

Peak Edition:Browser RUM または Mobile RUM(オンプレミス)

  • Browser Real User Monitoring(オンプレミス)1 ユニットおよび Browser Analytics(オンプレミス)1 ユニット、または
  • Mobiler Real User Monitoring(オンプレミス)1 ユニットおよび Mobile Analytics(オンプレミス)1 ユニット
Peak Edition:APM Any Language Microservices(SaaS)
  • APM Any Language(SaaS)5 ユニット分相当のライセンスで、Docker Containers、すべての CloudFoundry ベースのプロバイダー、Redhat OpenShift、Heroku Dyno、Microsoft Azure App サービス(Azure WebApps、Azure WebJobs および Azure API Apps を含みます)、Microsoft App サービスプランでホスティングされる Microsoft Azure の機能、Microsoft Azure Service Fabric、Microsoft Azure Containers、 Amazon ElasticBeanstalk、Oracle PaaS(Java および Node.js のみ)および Bluemix Containers のみとともに使用可能なライセンス、および
  • Transaction Analytics(SaaS)1 ユニット、および
  • Network Visibility 1 ユニット、および

  • Server Visibility 1 ユニット

Peak Edition:APM Any Language Microservices(オンプレミス)


  • APM Any Language(オンプレミス)5 ユニット分相当のライセンスで、 Docker Containers、すべての CloudFoundry ベースのプロバイダー、Redhat OpenShift、Heroku Dyno、Microsoft Azure App サービス(Azure WebApps、Azure WebJobs、および Azure API Apps を含みます)、 Microsoft App サービスプランでホスティングされている Microsoft Azure の機能、 Microsoft Azure Service Fabric、Microsoft Azure Containers、Amazon Elastic Beanstalk、Oracle PaaS(Java および Node.js のみ)、および Bluemix Containers のみとともに使用可能なライセンス、および
  • Transaction Analytics(オンプレミス)1 ユニット、および
  • Network Visibility 1 ユニット、および

  • Server Visibility 1 ユニット

Advanced
Advanced Edition:APM Any Language
  • APM Any Language(オンプレミスまたは SaaS のいずれか該当する方)1 ユニット、および
  • Network Visibility 1 ユニット、および
  • Server Visibility 1 ユニット
Advanced Edition:APM Any Language Microservices
  • APM Any Language(オンプレミスまたは SaaS のいずれか該当する方)5 ユニット分相当のライセンスで、 Docker Containers、すべての CloudFoundry ベースのプロバイダー、Redhat OpenShift、Heroku Dyno、Microsoft Azure App サービス(Azure WebApps、Azure WebJobs、および Azure API Apps を含みます)、 Microsoft App サービスプランでホスティングされている Microsoft Azure の機能、 Microsoft Azure Service Fabric、Microsoft Azure Containers、Amazon Elastic Beanstalk、Oracle PaaS(Java および Node.js のみ)、および Bluemix Containers のみとともに使用可能なライセンス、および
  • Network Visibility 1 ユニット、および
  • Server Visibility 1 ユニット 

アプリケーション パフォーマンス管理

APM Any Language次の製品タイプ:AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、AppDynamics for Node.js、AppDynamics for PHP、AppDynamics for Python、App Dynamics for Web Server、AppDynamics for C++、AppDynamics for Go から 1 ライセンスユニット。IBM メインフレームキャパシティまたは IBM Integration Bus 16 バリューユニットを監視する権利。
APM Any Language Microservices(5 パック)APM Any Language 5 ユニット分相当のライセンスで、Docker Containers、すべての CloudFoundry ベースのプロバイダー、Redhat OpenShift、Heroku Dyno、Microsoft Azure App サービス(Azure WebApps、Azure WebJobs、および Azure API Apps を含みます)、 Microsoft App サービスプランでホスティングされている Microsoft Azure の機能、 Microsoft Azure Service Fabric、Microsoft Azure Containers、 Amazon ElasticBeanstalk、Oracle PaaS(Java および Node.js のみ)および Bluemix Containers のみとともに使用可能なライセンス

AppDynamics for Java

1 個の JVM インスタンスをインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

AppDynamics for Java Microservices

1 GB 以下のヒープを割り当てて、1 個の JVM インスタンスをインストゥルメントできます。

注:このライセンス付与は、AppDynamics for Java Microservices 1 SKU をライセンスした AppDynamics for Java Microservices の既存のお客様のみを対象とするものとします。このライセンス付与は、AppDynamics for Any Language ライセンスを使用する権限の付与とは相互に排他的です。

AppDynamics for .NET

1 個の Windows OS インスタンス上で CLR(数は無制限)をインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

APM Any Language Microservices の場合は、1 個のアプリケーションの 1 個のインスタンス上で CLR(数は無制限)をインストゥルメントできます。

Microsoft Azure for Cloud Services 上の .NET の場合は、Microsoft Azure の Web ロールまたは Worker ロールの 1 個のインスタンス内で実行されている CLR(数は無制限)をインストゥルメントできます。

AppDynamics for PHP

1 個の PHP ランタイムインスタンスをインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

AppDynamics for Node.js

1 個の OS インスタンスにつき最大で 10 個の Node.js プロセスをインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

AppDynamics for Python

1 個の OS インスタンス上で実行されている Python プロセス(数は無制限)をインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

AppDynamics for Web Server

1 個の OS インスタンス上の Apache Web Server インスタンス(数は無制限)をインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

AppDynamics for C++

ソフトウェア開発キットを使用して、最大で 3 個の OS インスタンス上の C++ ランタイムアプリケーション(数は無制限)をインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

Ruby エージェントを使用して、最大で 3 個の OS インスタンス上の Ruby ランタイムアプリケーション(数は無制限)をインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。

AppDynamics for Go

最大で 3 個の Go プロセスをインストゥルメントできます。アーカイブされていない限り、スナップショットが 14 日間保持されます。(これは、APM Any Language ライセンスの一部としてのみ可能です。)

AppDynamics for SAP - ABAP エージェント1 個のアプリケーションサーバをインストゥルメントできます。
AppDynamics for IBM Integration Bus1 個の OS インスタンス上の IBM Integration Bus プロセス(数は無制限)をインストゥルメントできます。 (これは、APM Any Language ライセンスの一部としてのみ可能です)

ユニバーサルエージェント

1 個の OS の 1 個のインスタンスを展開

エンドユーザモニタリング

Browser Real User Monitoring(SaaS)

12 ヵ月ごとに 1,000 万ページビューをインストゥルメントできます。また、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。ページリクエストおよびセッションの raw データがイベントデータとして保持されます。また、Ajax またはその他のイベントリクエストの raw データをイベントデータとして保存することも選択できます。保存されたリクエスト 5 件ごとに 1 ページビューが消費されます。イベントデータは 8 日間保持されます。追加料金を支払うことで拡張機能として、30 日間、60 日間、または 90 日間にわたりイベントデータをさらに保持することができます。この場合、AppDynamics Browser Analytics(SaaS)を購入する必要があります。 

Browser Real User Monitoring(オンプレミス)

12 ヵ月ごとに 1,000 万ページビューをインストゥルメントできます。ページリクエストおよびセッションの raw データがイベントデータとして保持されます。また、Ajax またはその他のイベントリクエストの raw データをイベントデータとして保存することも選択できます。保存されたリクエスト 5 件ごとに 1 ページビューが消費されます。デフォルトでイベントデータは 8 日間保持されます。お客様は、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。

MobileReal User Monitoring(SaaS)

1 暦月ごとに 5,000 MAA をインストゥルメントできます。AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。さらに、各 MAA ユニットについて、1 日あたり 500 件のイベント(ネットワークリクエスト、セッション、パンくずリスト、およびカスタムデータ)がイベントサービス上にイベントデータとして保存されます。クラッシュレポートは 365 日間保持され、他のすべてのイベントデータは 8 日間保持されます。追加料金を支払うことで拡張機能として、30 日間、60 日間、または 90 日間にわたりイベントデータをさらに保持することができます。この場合、AppDynamics Mobile Analytics(SaaS)を購入する必要があります。

Mobile Real User Monitoring(オンプレミス)

1 暦月ごとに 5,000 MAA をインストゥルメントします。さらに、各 MAA ユニットについて、1 日あたり 500 件のイベント(ネットワークリクエスト、セッション、パンくずリスト、およびカスタムデータ)がイベントサービス上にイベントデータとして保存されます。デフォルトで、クラッシュレポートは 365 日間保持され、他のすべてのイベントデータは 8 日間保持されます。お客様は、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。

Browser Synthetic Monitoring - ホスティングエージェント(SaaS)

AppDynamics にホスティングされている合成ネットワーク上で 1 暦月につき 4 万個の 5 秒の時間ブロックを消費できます。また、該当する場合、13 ヵ月間保持される合成イベントデータに関するビジネス パフォーマンス モニタリング機能を使用できます。合成ジョブの各実行は、次の 5 秒間に切り上げられます。未使用の時間は翌月に繰り越されません。お客様には、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限が付与されます。いずれも本製品を使用するために必要なものです。

Browser Synthetic Monitoring - プライベートエージェント - ロケーションごと(SaaS)

1 つのロケーションから 1 ページに飛ぶ合成ジョブを実行できます (複数のロケーションから複数のページに飛ぶジョブを実行する場合は複数のユニットを組み合わせます)。また、該当する場合、13 ヵ月間保持される合成イベントデータに関するビジネス パフォーマンス モニタリング機能を使用できます。どのページにも飛ばなかったジョブは、1 ページとしてカウントされます。お客様には、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限が付与されます。いずれも本製品を使用するために必要なものです。

Browser Synthetic Monitoring - プライベートエージェント - ロケーション無制限(SaaS)
任意の数のロケーションから 1 ページに飛ぶ合成ジョブを実行できます。また、該当する場合、13 ヵ月間保持される合成イベントデータに関するビジネス パフォーマンス モニタリング機能を使用できます。 お客様は、1 暦月あたりのページビューが 50 万に制限されます。未使用のページビューは翌月に繰り越されません。 どのページにも飛ばなかったジョブは、1 ページとしてカウントされます。お客様には、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限が付与されます。いずれも本製品を使用するために必要なものです。
Browser Synthetic Monitoring - プライベートエージェント - ロケーションごと(オンプレミス)1 つのロケーションから 1 ページに飛ぶ合成ジョブを実行できます (複数のロケーションから複数のページに飛ぶジョブを実行する場合は複数のユニットを組み合わせます)。また、該当する場合、13 ヵ月間保持される合成イベントデータに関するビジネス パフォーマンス モニタリング機能を使用できます。どのページにも飛ばなかったジョブは、1 ページとしてカウントされます。 お客様は、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。
Browser Synthetic Monitoring - プライベートエージェント - ロケーション無制限(オンプレミス)任意の数のロケーションから 1 ページに飛ぶ合成ジョブを実行できます。また、該当する場合、13 ヵ月間保持される合成イベントデータに関するビジネス パフォーマンス モニタリング機能を使用できます。 お客様は、1 暦月あたりのページビューが 50 万に制限されます。未使用のページビューは翌月に繰り越されません。 どのページにも飛ばなかったジョブは、1 ページとしてカウントされます。 お客様は、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。
IoT for Connected Devices(SaaS)

接続されたデバイス(または複数のデバイス)に組み込まれているアプリケーションインスタンスを 1 暦月あたり 1,000 個インストゥルメントできます。また、1 日あたり 1 アカウントにつき最大で 50 GB のデータまで、AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。(i)接続されたデバイス(または複数のデバイス)に組み込まれており、(ii)AppDynamics for IoT でインストゥルメントするのに適格であり、(iii)お客様のエンドユーザが有効に使用しているアプリケーション インスタンスを少なくとも 10 万個有しているお客様のみに AppDynamics for IoT を使用する権利を付与するものとします。AppDynamics for IoT は、SaaS 版の AppDynamics を使用しているお客様のみが使用できます。「適格な」アプリケーション インスタンスとは、AppDynamics の C/C++ SDK、Java SDK または AppDynamics Rest API(いずれも IoT 用)を使用してインストゥルメントできるアプリケーションのことです。イベントデータは 8 日間保持されます。追加料金を支払うことで拡張機能として、30 日間、60 日間、または 90 日間にわたりイベントデータをさらに保持することができます。

ビジネス パフォーマンス モニタリング

Transaction Analytics(SaaS)

24 時間ごとに最大で 100 万件のビジネス トランザクション イベントをインストゥルメントできます。 次の製品タイプ:AppDynamics for Java、AppDynamics for .NET、および AppDynamics for Node.js について 1 日あたり 1 アカウントにつき最大で 50 GB のデータまで、AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。データ保持期間は 8 日間に制限されています。拡張機能として、30 日間、60 日間、または 90 日間にわたりデータをさらに保持することができます。

Transaction Analytics(オンプレミス)

ライセンスユニットごとに、24 時間あたり最大で 100 万件のビジネス トランザクション イベントをインストゥルメントできます(データ保持期間は 90 日間に制限されています)。お客様は、AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。 

Browser Analytics(SaaS)

12 ヵ月ごとに 1,000 万ページビューをインストゥルメントできます。また、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。ページリクエストおよびセッションの raw データがイベントデータとして保持されます。 イベントデータには、そのタイプごとに、デフォルトで 1 日あたり 1 アカウントにつき 50 GB という制限があります。また、Ajax またはその他のイベントリクエストの raw データをイベントデータとして保存することも選択できます。保存されたリクエスト 5 件ごとに 1 ページビューが消費されます。イベントデータは 8 日間保持されます。追加料金を支払うことで拡張機能として、30 日間、60 日間、または 90 日間にわたりイベントデータをさらに保持することができます。 

Browser Analytics(オンプレミス)

12 ヵ月ごとに 1,000 万ページビューをインストゥルメントできます。ページリクエストおよびセッションの raw データがイベントデータとして保持されます。イベントデータには、そのタイプごとに、デフォルトで 1 日あたり 1 アカウントにつき 50 GB という制限があります。また、Ajax またはその他のイベントリクエストの raw データをイベントデータとして保存することも選択できます。保存されたリクエスト 5 件ごとに 1 ページビューが消費されます。デフォルトでイベントデータは 8 日間保持されます。お客様は、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。

Mobile Analytics(SaaS)

1 暦月ごとに 5,000 MAA をインストゥルメントできます。AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。さらに、各 MAA ユニットについて、1 日あたり 500 件のイベント(ネットワークリクエスト、セッション、パンくずリスト、およびカスタムデータ)がイベントサービス上にイベントデータとして保存されます。 イベントデータには、そのタイプごとに、デフォルトで 1 日あたり 1 アカウントにつき 50 GB という制限があります。クラッシュレポートは 365 日間保持され、他のすべてのイベントデータは 8 日間保持されます。追加料金を支払うことで拡張機能として、30 日間、60 日間、または 90 日間にわたりイベントデータを保持することができます。

Mobile Analytics(オンプレミス)

1 暦月ごとに 5,000 MAA をインストゥルメントします。さらに、各 MAA ユニットについて、1 日あたり 500 件のイベント(ネットワークリクエスト、セッション、パンくずリスト、およびカスタムデータ)がイベントサービス上にイベントデータとして保存されます。 イベントデータには、そのタイプごとに、デフォルトで 1 日あたり 1 アカウントにつき 50 GB という制限があります。デフォルトで、クラッシュレポートは 365 日間保持され、他のすべてのイベントデータは 8 日間保持されます。お客様は、AppDynamics にホスティングされている EUM クラウドおよび AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。

Log Analytics(SaaS)

24 時間ごとに 5 GB のログデータを公開およびインデックス化できます(データ保持期間は 8 日間に制限されます)。また、AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスできます。料金を支払うことで、拡張機能として8 日間を超えてデータを保持することができます。

Log Analytics(オンプレミス)

24 時間ごとに 5 GB のログデータを公開およびインデックス化できます(データ保持期間は 90 日間に制限されます)。お客様は、AppDynamics にホスティングされているイベントサービスにアクセスする権限を有しません。

インフラストラクチャの可視性

マシンエージェント

1 個の OS の 1 個のインスタンスをインストゥルメントできます。

Server Visibility

1 個の OS の 1 個のインスタンスをインストゥルメントできます。

Network Visibility

1 個の OS の 1 個のインスタンス上で Java ノード(数は無制限)をインストゥルメントできます。

Service Availability Monitoring60 個の HTTP ベースのサービスをインストゥルメントできます。

AppDynamics for Database

データベース(PostgreSQL、Microsoft SQL Server、MySQL、Sybase ASE、Sybase IQ、Couchbase Server、Oracle、IBM DB2)のインスタンス 1 個をモニタリングできます。

1 つの Microsoft Azure SQL データベースまたは 1 つの Microsoft Azure SQL マネージドインスタンスをモニタリングできます。

Mongodb データベース用の 1 つの MongoDB レプリカセット(または、レプリカセットが存在しない場合は、1 個のスタンドアロンの MongoDB インスタンス)をモニタリングできます。

イベントデータは、AppDynamics for Database のモニタリング対象であるデータベースごとに 10 日間保持されます。

AppDynamics for NetApp(オンプレミス)

1 個の NetApp コントローラ(FAS2nnn および FAS3nnn)をモニタリングできます。デフォルトでイベントデータは 14 日間保持されます。

1/2 個の NetApp コントローラ(FAS6nnn および FAS8nnn シリーズ)をモニタリングできます(NetApp コントローラ 1 個につき 2 つのライセンスユニットが必要です)。デフォルトでイベントデータは 14 日間保持されます。


定義

  • 「CLR」とは、共通言語ランタイムを意味します。
  • 「EUM クラウド」とは、エンドユーザデバイスからデータを受信して処理するエンド ユーザ モニタリング コンポーネントを意味します。
  • 「専用コントローラ」とは、エンドユーザのデータが他のお客様のデータと論理的に分離されているソフトウェアの中央リポジトリおよび分析エンジンコンポーネント一式を意味します。
  • 「イベントデータ」とは、ソフトウェアによって生成され、イベントサービスに保存されている raw データを意味します。
  • 「イベントサービス」とは、イベントデータを保存するコンポーネントを意味します。
  • 「GB」とは、ギガバイトを意味します。
  • 「インストゥルメント」とは、AppDynamics ソフトウェアを使用してデータ収集、監視、トラブルシュート、および管理を行うことを意味します。
  • 「JVM」とは、Java 仮想マシンを意味します。
  • 「計測データ」とは、ソフトウェアが一定期間にわたり収集したデータを集計したものを意味します。
  • 「月間アクティブエージェント」または「MAA」とは、任意の 1 暦月にデバイス上で起動された AppDynamics Mobile Real User Monitoring エージェントによってインストゥルメントされたアプリケーションの一意のインストールを意味します。
  • 「OS」とは、オペレーティングシステムを意味します。
  • 「ページビュー」とは、単一の Web ページ、仮想ページ、またはインターネットサイトのビューをロードするためのリクエストを意味します。