AppDynamicsコントローラUIは、バックエンドインフラストラクチャからサーバー、さらにはエンドユーザーのアプリケーションまで、アプリケーションランドスケープ全体をモニタリング、トラブルシューティング、分析するために使用するメインインターフェースです。

このトピックでは、コントローラ UI のいくつかの機能を紹介します。 

サポートされるWebブラウザ

AppDynamics コントローラ UI は HTML 5 ベースのブラウザアプリケーションであり、最新バージョンのモダンブラウザで最も適切に機能します。 

コントローラUIは、次のブラウザの最新バージョンとその1つ前のバージョンに対してテストされ、それらのバージョンに対応しています。

  • Safari
  • Chrome
  • Firefox
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer

コントローラUIの一部のページではFlashが使用されており、Flash Player 10以降が必要ですが、AppDynamicsではバージョン11を推奨しています。

一部の広告ブロッカーはコントローラUIの機能に干渉する場合があります。コントローラUIの使用中は広告ブロッカーを無効にすることをおすすめします。

UIのナビゲーション

コントローラUIを使ってAppDynamicsの構成と環境のモニタリングを始める際、使用頻度が特に高く、このドキュメントでも頻繁に言及されるコントローラUIの要素に慣れておくと便利です。

UIに表示される正確なコントロールと機能は、ユーザーアカウントとライセンス付与された製品モジュールから得られる権限によって異なります。たとえば、分析ライセンスでは、アプリケーションモニタリング画面で追加のコントロールが表示されます。ユーザ権限の詳細については、「Manage Users and Groups」を参照してください。

次の画像は、インターフェースのメイン要素を示しています。

次のUI要素があります。

  • 上部ナビゲーションバー:Alert & Respond や Dashboard & Reports など、主要製品エリアやクロス製品機能エリアをナビゲートするために使用します。 
  • 左ナビゲーションメニュー:製品エリアに固有のセクションにアクセスするために使用します。 
  • Settingsメニュー: UI環境のカスタマイズ、アカウント情報の表示、またはユーザーロールで許可されている場合は、ユーザーアカウントの追加や認証の構成などのUI管理設定の構成を行えるページにアクセスできます。
  • Time Range メニュー:UI で AppDynamics がどのメトリックデータを示すかを制御します。UIには選択した時間範囲で生成されたデータのみが表示されます。Time Rangeメニューの詳細については、次のセクションを参照してください。

UIの時間範囲

Time Range メニューは、ダッシュボード、メトリックブラウザ、および UI のさまざまな場所に表示されます。他の時間コンテキストが適用される Scalability Analysis ページなどのページの場合を除き、時間範囲の選択内容によって、UI 全体にわたり、メインパネルにどのデータが表示されるかが決まります。メニューから新しい時間範囲を選択した場合、UI 内の他のページに移動しても、アクティブな範囲のままになります。 

Time Range メニューには、事前構成された時間範囲が用意されていて、ユーザはそこから選択できます。または、カスタム時間範囲を入力することもできます。過去に終了したカスタム時間範囲を設定し、時間の経過に伴う傾向の分析に役立てることができます。 

カスタム時間範囲は、後で表示したり、チームメイトと共有したりすることができるように、名前付きの範囲として保存できます。時間範囲を保存するには、カスタム時間範囲を選択した後、メニューの横にある Save アイコンをクリックします。保存すると、カスタム名が付けられた時間範囲が Time Range メニューに表示されます。Time Range メニューでアクセス可能な Manage Custom Time Range オプションから、保存した時間範囲を削除、変更、共有できます。

フローマップの場合、自動更新機能を有効に選択できるのは、5分間および15分間の時間範囲についてのみです。標準時間範囲リストから、5分間または15分間を選択し、リストの下部にAuto-refreshチェックボックスを表示します。Auto-refreshチェックボックスを選択すると、選択した標準時間範囲でデータが自動的に更新されます。

他のユーザーとのビューの共有

アプリケーション問題のトラブルシューティングは、複数のコントローラUIユーザーが関与する共同作業になる場合がよくあります。フローマップやメトリックブラウザビューなど、特定のUIのビューをディープリンクを使用して他のユーザーと共有できます。

ディープリンクとは、UIで現在アクティブな時間範囲を保持する共有可能なURLです。現在の時刻に相対する時間範囲(直近の 15 分間など)は、URL で固定された時間範囲として表されます。 

ビューを共有するには、Settings > Copy a link to this screen to the clipboard をクリックします。次に、メールやチャットウィンドウなど、目的の場所に URL を貼り付け、共有できます。