エージェントの起動

オンプレミスバージョンのデータベースの可視性を使用している場合は、データベースエージェントを起動する前にイベントサービスを開始する必要があります。エージェントを起動する前に、このファイルのプロパティを構成する必要があります。次のプロパティを指定する必要があります。

  • コントローラ ホスト プロパティ
  • コントローラ ポート プロパティ
  • アカウント アクセス キー プロパティ

コマンドシェルでのエージェントの起動

以下は、必要なすべてのパラメータが controller-info.xml で指定されていることを前提としています。controller-info.xml ファイルには、エージェントとコントローラ間の通信のプロパティが記述されています。<db_agent_home> は、データベースエージェントがインストールされている場所への絶対パスであることに注意してください。次に示すように、ヒープサイズを設定することを推奨します。「Database Visibility System Requirements」を参照してください。

Windows

cd <db_agent_home>
start-dbagent.bat -Xms<min_heap_size> -Xmx<max_heap_size>
CODE


Linux 

cd <db_agent_home>
./start-dbagent -Xms<min_heap_size> -Xmx<max_heap_size> &
BASH


サービスとしてのエージェントの起動

Windows サービスとしてのデータベースエージェントのインストール」、「Windows でのデータベースエージェントの自動起動」、および「Linux でのデータベースエージェントの自動起動」を参照してください。

エージェントの停止

コマンドシェルでのエージェントの停止

データベース エージェント プロセスがバックグラウンドで実行されている場合は、引数としてプロセス ID を指定して kill コマンドを入力するだけで停止できます。コンソールのフォアグラウンドで実行されている場合は、Ctrl+C を押してエージェントをシャットダウンできます。

Windows でのエージェントサービスの停止

Windows サービスアプリケーションで、[AppDynamics Database Agent] を選択し、[Stop] をクリックします。