このページでは、カレンダーのバージョン管理によるすべてのエージェントリリースのエージェント拡張機能をリストします。

21.x エージェントリリース

分析エージェント

バージョン 21.10.0:2021 年 10 月 28 日

このリリースにはバグ修正が含まれています。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 23 日

このリリースにはバグ修正が含まれています。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 26 日

このリリースには以下の機能が含まれています。

  • パイプラインリソースへの認証
  • libjpeg アップグレード
  • Java Runtime Environment(JRE)のバージョン 1.8.0_292 へのアップグレード

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 24 日

このリリースには、Netty サードパーティライブラリのバージョン 4.1.65.Final へのアップグレードが含まれています。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 27 日

このリリースには、サードパーティライブラリの以下のアップグレードが含まれています。

  • Jetty のバージョン 2.34 へのアップグレード。 
  • Netty のバージョン 4.1.63.Final へのアップグレード。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 22 日

このリリースには、Jetty サードパーティライブラリのバージョン 9.4.39.v20210325 へのアップグレードが含まれています。 

バージョン 21.3.0:2021 年 3 月 25 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

  • マシンエージェント 20.8 にバンドルされている分析エージェントの機能強化
  • 分析エージェントの Jetty ライブラリをアップグレード
  • 分析エージェントの Jersey をアップグレード
  • Dropwizard ライブラリおよび Hibernate Validator ライブラリをアップグレード
  • 分析エージェントで未使用の HTTP メソッドを無効化

バージョン 20.2.1:2021 年 2 月 25 日

次のサードパーティライブラリがアップグレードされました。

  • com.fasterxml.jackson.core:jackson-databind:2.12.0
  • com.google.guava:guava:30.0-jre
  • commons-io:commons-io:2.8.0
  • guava: 30.0-jre
  • httpclient: 4.5.13
  • jackson-core: 2.12.0

  • jackson-databind: 2.12.0

  • jetty-server to 9.4.30.v20200611.jar
  • jetty-webapp to 9.4.33.v20201020.jar
  • junit:junit:4.13.1
  • netty-all: 4.1.55
  • org.apache.ant:ant:1.10.9
  • org.apache.httpcomponents:httpclient:4.5.13
  • org.bouncycastle: bcprov-jdk15on:1.67
  • org.eclipse.jetty:jetty-server:9.4.35.v20201120
  • org.eclipse.jetty:jetty-webapp:9.4.35.v20201120
  • org.exist-db.thirdparty.xerces:xercesImpl:2.12.1
  • org.hibernate: hibernate-validator:6.1.6.Final

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Android エージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0.2068:2021 年 6 月 22 日

Android エージェント 21.6.0.2068 には、ネットワーク要求にカスタム ユーザ データ プロパティを追加するカスタマイズが含まれています。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 17 日

Android エージェント 21.5.0 がリリースされ、マイナーな機能拡張とコード修正が行われました。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 18 日

マイナーバグ修正と次の API 機能拡張を含む Android エージェント 21.2.0 がリリースされました。

手動および自動のスクリーンショットは、10 秒間隔で 1 つのスクリーンショットに制限されます。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Apache Web サーバエージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 14 日

このリリースでは、クリーンアップタイマー AppDynamicsRequestCacheCleanupInterval を設定できます。Java プロキシのこの設定を使用して、要求キャッシュをクリーンアップできます。「Past Agent Releases」を参照してください。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

AppDynamics AWS Lambda Extension for Serverless APM

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 10 日

AppDynamics AWS Lambda Extension for Serverless APM を使用するには、以下のバージョンに対応する ARN 10 を選択します。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

C/C++ SDK

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.4:2021 年 7 月 28 日

このリリースには、データフィルタと input strings のアップグレードが含まれています。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

クラスタエージェント

バージョン 21.10.0:2021 年 10 月 28 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 28 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

  • データ型の一貫性を保つために、enableServerVizenableContainerHostId および enableDockerViz 変数の Infrastructure Visibility プロパティがブール型に変更されました。「Past Agent Releases」の InfraViz 構成設定を参照してください。
  • クラスタエージェント構成ファイルで labels を使用して、クラスタエージェントポッドにラベルを追加できるようになりました。「Past Agent Releases」の labels を参照してください。
  • クラスタエージェントは、Kubernetes の新しいバージョンでサポートされていない CustomResourceDefinitions API バージョンを使用します。そのため、Kubernetes 1.16 以降では、Kubernetes v1.22 以降のモニタリングをサポートするために、クラスタ エージェント オペレータの CustomResourceDefinitions API が更新されます。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 25 日

resourcesNetViz パラメータを infraviz.yaml フィレット内で使用して、ネットワーク可視性コンテナのリソースを設定できるようになりました。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.1:2021 年 3 月 26 日

このリリースには、クラスタエージェントによるインフラストラクチャの可視性に対するサポートが含まれています。クラスタ エージェント オペレータで infraviz.yaml ファイルを使用できるようになりました。詳細については、Install Infrastructure Visibility with the Cluster Agent Operatorを参照してください。

バージョン 21.3.0:2021 年 3 月 25 日

このリリースのクラスタエージェントには拡張機能は含まれていませんが、いくつかのマイナーな問題が修正されています。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 24 日

このリリースのクラスタエージェントには、次の更新があります。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Cordova プラグイン

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 18 日

Cordova プラグイン 21.5.0 リリースには、iOS および Android エージェント 21.5.0 が含まれています

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.1:2021 年 2 月 19 日

軽微な修正と機能拡張が行われた、Cordova プラグイン 21.2.1 がリリースされ、iOS および Android エージェントの最新バージョンが含まれています。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

データベースエージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 24 日

このリリースでは、MongoDB レプリカセットとシャードクラスタの次のロールがサポートされます。

  • プライマリ
  • secondary
  • 起動
  • リカバリ
  • startup2
  • 不明
  • arbiter
  • ダウン
  • ロールバック

これらのロールを [Topology] タブで表示するには、データベースエージェントのバージョンが 21.9 以降で、コントローラのバージョンが 21.11 以降である必要があります。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 22 日

このリリースにはバグ修正が含まれています。

バージョン 21.6.0.2406:2021 年 6 月 23 日

このリリースには、解決済みの問題が含まれています。解決済みの問題のリストについては、「過去のエージェントによる解決済みの問題」を参照してください。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 21 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

次を表示できるようになりました。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 17 日

このリリースのデータベースエージェントは、追加の Couchbase メトリックを収集します。解決済みの問題のリストについては、「過去のエージェントによる解決済みの問題」を参照してください。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Go SDK

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

IBM Integration Bus エージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 29 日

このリリースには、クロスアプリケーションのビジネストランザクション相関およびパーセンタイルメトリック登録のバグ修正が含まれています。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 27 日

IIB エージェント 21.5.0 がリリースされ、クロスアプリ BT の相関に対するバグが修正されました。

バージョン 21.4.1:2021 年 4 月 27 日

IIB エージェント 21.4.1 リリースでは、フローの可視化機能が導入されています。タイミングは、フローの開始と終了、およびフロー内からのすべての外部コールに対してのみ収集されます。したがって、特に複雑なフローの場合、エージェントを使用してフローをインストゥルメントする際に予想される CPU コストが削減されます。「IIB エージェントフローレベルの可視性」を参照してください。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 5 日

IIB エージェント 21.4.0 リリースでは、IIB アプリケーションを通過するビジネストランザクションの相関に役立つクロスアプリケーション ビジネス トランザクション相関機能が導入されています。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

iOS エージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.1:2021 年 8 月 13 日

このホットフィックスリリースには、ビーコンハンドラ NSURLSession を NSURLConnection に戻す変更が含まれています。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 9 日

このリリースでは、コレクタにビーコンデータを送信するために NSURLConnection を NSURLSession に置き換えています。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.1:2021 年 7 月 23 日

iOS エージェント 21.6.1 リリースでは、デバイスネットワークが使用できない場合にコレクタトラフィック中にクラッシュするバグが修正されました。

バージョン 21.6.0.2497:2021 年 6 月 22 日

iOS エージェント 21.6.0.2497 リリースには、カスタム ユーザ データ プロパティをネットワーク要求に追加するためのカスタマイズが含まれています。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 12 日

iOS エージェント 21.5.0 がリリースされ、マイナーな機能拡張とコード修正が行われました。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 16 日

手動および自動のスクリーンショットは、10 秒間隔で 1 つのスクリーンショットに制限されます。リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」および iOS SDK のドキュメントを参照してください。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Javaエージェント

バージョン 21.10.0:2021 年 10 月 21 日

このリリースでは、次のサポートが追加されます。

  • GraalVM バージョン 21.3.0
  • JBoss Wildfly バージョン 25.x
  • OkHttp バージョン 4.9.2
  • gRPC バージョン 1.40.x
  • Kafka バージョン 2.8.1
  • logback バージョン 1.2.3

Java 対応環境」を参照してください。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 28 日

このリリースでは、JBoss EAP 7.3 のサポートが追加されています。「Java 対応環境」を参照してください。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 24 日

このリリースには、Java エージェントの grpc-netty-shadedsnakeyaml のアップグレードバージョンが含まれています。

バージョン 21.7.0:2021 年 8 月 11 日

このリリースには、次のサポートが追加されています。

バージョン 21.6.1:2021 年 7 月 12 日

このリリースでは、Mule 4.2.x のエントリサポートが追加されています。 

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 26 日

Java エージェント 21.5.0 がリリースされ、マイナーな機能拡張と修正が行われました。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 20 日

  • Java エージェント 21.4.0 で、Vert.x 4.0 のエントリとイグジットのサポートが追加されました。「Java 対応環境」を参照してください。

  • このリリースでは、WSO2 API Microgateway のイグジットサポートが追加されています。「Java 対応環境」を参照してください。
  • ノードのプロパティを使用して定期的に MBean サーバを再検出するオプションが導入されました。「アプリケーション エージェントのノードプロパティ」を参照してください。
  • JDK16 のサポートが追加されました。「Java 対応環境」を参照してください。

バージョン 21.3.0:2021 年 3 月 23 日

  • Java エージェント 21.3.0 では、Micronaut 2.0 のエントリとイグジットのサポートが追加されています。「Java 対応環境」を参照してください。

  • このリリースでは、WSO2 API Microgateway のエントリサポートが追加されています。「Java 対応環境」を参照してください。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 15 日

Java エージェント 21.2.0 では、SQL ステートメントの長さを切り捨てる新しいプロパティが追加されています。詳細については、「アプリケーション エージェントのノードプロパティ」を参照してください

バージョン 21.1.1:2021 年 1 月 28 日

  • Java エージェント 21.1.1 では、Tomcat 10 のサポートが追加されています。詳細については、「Java対応環境」を参照してください。
  • このリリースでは、Ktor および Netty フレームワークのサポートが追加されています。詳細については、「Java対応環境」を参照してください。
  • このリリースでは、Couchbase データベースの終了サポートが追加されています。詳細については、「Javaバックエンド検出」を参照してください。

バージョン 21.1.0:2021 年 1 月 18 日

Java エージェント 21.1.0 では、Maria DB の OOTB 検出のサポートが追加されています。詳細については、Java対応環境を参照してください。

JavaScript エージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 21 日

JavaScript エージェント 21.7.0 には以下が含まれます。

コントローラ 21.9.0 は、JavaScript 21.7.0 の自動インジェクションをサポートします。

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 29 日

JavaScript エージェント 21.6.0 リリースには以下が含まれます。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 17 日

リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Java サーバレストレーサ

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

マシンエージェント

バージョン 21.10.0:2021 年 11 月 2 日

このリリースには、マシンエージェントにバンドルされている分析エージェントの修正が含まれています。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 23 日

次のサードパーティライブラリがアップグレードされました。

  • Ant:1.10.11-rc1

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 27 日

このリリースには、Activate HTTP リスナーの改善が含まれています。マシンエージェント HTTP リスナー」を参照してください。

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 24 日

マシンエージェント 21.6.0 リリースには以下が含まれます。

  • プロセスメトリック Count および Total Process Count が変更されました。動的モニタリング モード メトリックのデフォルトが「Diagnostic」から「KPI」になりました。「デフォルトのモニタリングモード」を参照してください。

  • JRE 8 を Java 8 Azul Zulu ビルドバージョン 8.52 から 8.54 に更新しました。

  • JRE 11 を Java 11 Azul Zulu ビルドバージョン 11.45 から 11.48 に更新しました。

次のサードパーティライブラリがアップグレードされました。

  • Bouncy Castle 1.69
  • Commons-IO 2.10.0
  • Dropwizard 2.0.22
  • Jetty 9.4.41.v20210516
  • Oshi 5.7.4

バージョン 21.5.0-3130:2021 年 5 月 19 日

マシンエージェント 21.5.0 リリース:

  • metric.http.listener.host プロパティを廃止しました。

次のサードパーティライブラリがアップグレードされました。

  • Ant 1.10.10
  • Dropwizard 2.0.21
  • Fabric8-Kubernetes 4.13.3
  • Jackson 2.12.3

  • Jetty 9.4.40.20210413
  • OSHI 5.7.2

バージョン 21.4.0-3075:2021 年 4 月 22 日

マシンエージェントのこのリリースでは、

  • Java 8 Azul をビルドバージョン 8.52 に、Java 11 Azul をビルドバージョン 11.45 に更新しました。

  • Linux カーネルバージョン 4.18 以降で diskstats 出力をサポートしています。

次のサードパーティライブラリがアップグレードされました。

  • dropwizard: 2.0.20
  • guava: 30.0-jre
  • Fabric8 Kubernetes: 4.13.2
  • jackson-core: 2.12.0

  • jackson-databind: 2.12.0

  • jetty-server to 9.4.39.20210325
  • Log4j2: 2.14.1

バージョン 21.3.0-3059:2021 年 3 月 25 日

マシンエージェントのリリースは、分析エージェントおよびネットワークエージェントの最新リリースにバンドルされています。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 25 日

マシンエージェントが更新およびテストされ、次で機能することが認定されました。

    • org.eclipse.jetty:jetty-server 9.4.36.v20210114
    • org.eclipse.jetty:jetty-servlet 9.4.36.v20210114
    • org.eclipse.jetty:jetty-servlets 9.4.36.v20210114
    • org.bouncycastle:bcprov-jdk15on 1.68
    • commons-net:commons-net 3.7.2
    • commons-codec:commons-codec 1.15
    • commons-validator:commons-validator 1.7
    • io.dropwizard:dropwizard-jetty 2.0.18
    • io.dropwizard:dropwizard-util 2.0.18
    • com.google.guava:guava 30.1-jre
    • com.fasterxml.jackson.* 2.12.1
    • io.fabric8:kubernetes-client 4.13.1

バージョン 21.1.1:2021 年 6 月 11 日

  • マシンエージェントで NoClassDefFoundError: java/sql/SQLException の問題が解消されました。拡張クラスタローダで、すべての Java クラスに親ローダを使用するようになりました。

バージョン 21.1.0:2021 年 1 月 22 日

  • Linux バンドルのマシンエージェントとサーバの可視性が Java 11 Azul JRE に更新されました。Linux マシンエージェントを 21.1.0 にアップグレードする場合は、すべての拡張機能も最新バージョンにアップグレードして、マシンエージェント 21.1.0 をサポートする必要があります。詳細については「マシンエージェントの要件とサポートされる環境」を参照してください
  • マシンエージェントでは、バンドルされている分析エージェントがバージョン 20.10.0-7428 に更新されました。

.NETエージェント

バージョン 21.10.0:2021 年 10 月 15 日

このリリースには以下の機能が含まれています。

  • ダイナミック リフレクタ ライブラリでの WeakReference の使用。
  • Linux エージェントがコンソールの STDERR チャネルに対するエラー/警告を記録します。
  • AzureServiceBus の Linux インストゥルメンテーションは、Windows と同等です。
  • Poco Async インターセプタの未使用コードをクリーンアップし、タスク関連のインターセプタのリソース使用量を改善します。
  • ベンダーのサポートに合わせて、.Net エージェントのサポート対象バージョンのリストを更新しました。「.NET 対応環境」を参照してください。

バージョン 21.9.1:2021 年 9 月 30 日

このリリースにはバグ修正が含まれています。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 22 日

このリリースには以下の機能が含まれています。

  • ネイティブ依存関係の更新。
  • 環境変数(Windows エージェントパリティ)を介して Linux エージェントコンソール出力を管理できます。

バージョン 21.8.1:2021 年 9 月 7 日

このリリースには、CORECLR 環境値のログへの書き込みが含まれています。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 27 日

このリリースには以下の機能が含まれています。

  • Linux での SQL データコレクタのサポート(既知の問題:SQL パラメータが 2 回表示される場合があり、非文字列パラメータは分析 UI に空として表示されます)
  • 最新のタグの Docker イメージが更新されました。「.NET Agent for Linux のアップグレード」の手順を参照してください。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 29 日

.NET Agent for Linux で、以下がサポートされるようになりました。

  • エージェントレス分析
  • POCO の定義に使用される属性(注釈)
  • カスタム相関
  • カスタムエラー検出
  • [HTTPリクエストデータコレクタ(HTTP Request Data Collectors)]
  • すべての HTTP バックエンドカスタム検出と命名構成オプション
  • メソッド呼び出しデータコレクタ(MIDC)
  • サービスエンドポイント設定

.NET Agent for Linux および .NET Agent for Windows のマイクロサービス エージェントは、基本的な .NET Core メトリックをサポートするようになりました。

vCPU 情報の定期的なレポート用に拡張された .NET マシンエージェント。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.1:2021 年 6 月 17 日

.NET エージェントが更新され、問題が解消されました。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 28 日

.NET Agent for Linux 21.5 では、アーキテクチャが大幅に変更され、.NET Agent for Windows に比べ Linux エージェントで欠落している機能の開発が加速されています。これらのアーキテクチャの変更は、.NET Agent for Windows(MSI およびマイクロサービス)には影響しません。

.NET Agent for Linux 21.5 は重要なアーキテクチャのアップデートであるため、広範なテストを実施しても、いくつかの問題が発生する可能性があります。ブロッキングの問題が発生した場合は、AppDynamics が回避策または代替オプションを提供している、優先順位の高いサポートチケットを開いてください。

通常、.NET Agent for Linux 21.5 は、.NET Agent for Linux 21.5 より前の既存の機能との間でパリティが維持されています。ただし、アーキテクチャの更新により、.NET Agent for Linux 21.5 以上とそれより前のバージョンとの間に違いが発生します。.NET Agent for Linux 21.5 にアップグレードする前に、「.NET Agent for Linux のアップグレード」を参照してください。  

Enhancements:

  • Linux 用の機密データフィルタ。詳細については、.NET エージェントを使用した機密データのフィルタ処理を参照してください。
  • Linux のカスタムイグジットポイント。詳細については、イグジットポイント検出ルールを参照してください。
  • classIgnoretypeMatch 'Signature''IsSubClass' list、および regex for Linux のインストゥルメンテーションの構成に対する機能拡張。
  • Linux 用 ASP.NET のインストゥルメンテーションに対する機能拡張。詳細については、ASP.NET Core のインストゥルメンテーション オプションを参照してください。
  • すべてのプラットフォームの IP アドレスエンドポイントに対する Redis バックエンドの検出。
  • Linux 用 .NET Core の EUM。「ブラウザ RUM 対応環境」を参照してください。
  • .NET は、すべてのプラットフォームの RabbitMQ クライアント 6.0.0 以上で BasicPublish および BasicConsume のサポートを拡張しています。
  • .NET エージェントは、Windows 用 Azure PaaS アプリサービスに対してのみ SSL 相互認証をサポートしています。 
  • Linux 上の .NET エージェントのダウンロード パッケージ オプションが更新されました。「.NET Agent - 64-bit alpine-linux」パッケージは廃止され、「.NET Agent - 64-bit linux」パッケージに置き換えられました。 
  • .NET エージェントは、すべての .NET Core Linux および Windows で信頼できるカスタム証明書の検証をサポートします。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 28 日

.NET エージェントは、.NET Full Framework および .NET Core アプリケーションの両方で Windows エージェントの相互認証(mTLS)をサポートします(Azure App Services などの Azure PaaS 環境を除く)。「解決済みの問題と既知の問題」を参照してください。

バージョン 21.3.0:2021 年 3 月 29 日

  • .NET Core 3.1 以降で実行されている .NET Agent for Windows は、HTTP を介した WCF サービスへの非同期終了コールをサポートします。リモートアドレス、完全な URL、ホスト、およびポートの識別プロパティと相関がサポートされています。
  • ..NET エージェントは、コントローラ サービス プロキシ機能をサポートしています。
  • ASP.NET Core の新しいインストゥルメンテーション オプション。 

詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 24 日

.NET 21.2.0 リリースには以下が含まれます。

  • .NET Core の Windows 用 .NET エージェントは、Microsoft.Extensions.Logging.ILogger API を実装するロガーのエラーを自動的にキャプチャするようになりました。標準のエラー検出設定オプションが適用されます。
  • Windows 上 .NET Core の CosmosDB がサポートされます。 

  • 非同期タスクトラッキングと Netviz ソケットトラッキングの最適化が追加されました。 

リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください

バージョン 21.1.0:2021 年 1 月 29 日

  • Windows エージェントは、自動ビジネストランザクション相関および自動 JavaScript エージェント インジェクションを含む、.NET Core 3.1 および .NET 5 で実行される ASP.NET Core Web アプリケーションのエンドユーザモニタリング(EUM)をサポートするようになりました。MVC と Razor ページの両方がサポートされます。
  • Redis インストゥルメンテーションは、Windows 上の .NET Full Framework と Core Framework の両方でサポートされるようになりました。 
  • Windows エージェントは、ASP.NET で EUM Cookie の HttpOnly フラグを自動的に false 設定できるようになりました。
    有効にするには、eum-auto-httponly-false ブールノードプロパティを true に設定します。

ネットワークエージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0:2021 年 3 月 25 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 25 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

Node.jsエージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 30 日

このリリースでは、Java プロキシのサポートが削除され、同期コールが改善されました。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 4 日

このリリースでは、Node.js バージョン 8 および 10 のサポートが削除されています。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 25 日

Node.js エージェント 21.6.0 のリリースでは、問題も解消されています。解決済みの問題については、過去のエージェントによる解決済みの問題」を参照してください。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 28 日

このリリースには以下の機能が含まれています。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 16 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「解決済みの問題と既知の問題」を参照してください。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 25 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 21.1.0:2021 年 1 月 29 日

  • Node.js 15 を使用できるようになりました。
  • また、エージェント設定で分析データの制限を調整することもできます。

Node.js サーバレストレーサ

バージョン 21.10.316:2021 年 10 月 18 日

このホットフィックスには、Axios バージョン 0.21.3 への更新が含まれています。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.286:2021 年 5 月 10 日

Node.js のサーバレストレーサが 21.5.286 に更新されました

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.278:2021 年 3 月 26 日

Node.js のサーバレストレーサで request 2.88.0 ライブラリが削除され、axios 0.21.1 ライブラリが追加されました。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 21.2.0

21.2 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

PHPエージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 29 日

このリリースでは、PHP 8 の PHP エージェントサポートが追加されています。Past Agent Releases」を参照してください。

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 22 日

PHP エージェントに PHP ZTS のサポートが追加されました。「PHP ZTS による PHP エージェントのインストール」を参照してください。

バージョン 21.5.0:2021 年 5 月 26 日

PHP エージェント 21.5.0 がリリースされ、バグが修正されました

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 24 日

このリリースでは、PHP エージェントの固有のホスト ID を設定する環境変数が導入されています。「PHP エージェントの構成設定」を参照してください

バージョン 21.1.0:2021 年 1 月 27 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「過去の解決済みの問題と既知の問題」を参照してください。

Pythonエージェント

バージョン 21.10.0:2021 年 10 月 27 日

このリリースには、Python エージェントのトランザクション分析のサポートが含まれています。「Python アプリケーションの分析の構成」を参照してください。

サポート終了通知

このリリースでは、次のサポートが終了します。

  • Python バージョン 3.4 および 3.5
  • Linux x86 32 ビットアーキテクチャ

AppDynamics サポート終了通知」を参照してください。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 30 日

このリリースには以下が含まれています。

  • ユーザ提供の例外を許可するように end_bt() API を更新しました。
  • 無効な設定値を処理するためのチェックを追加しました。
  • 入力文字列のサイズに最大範囲バインドを追加するように Python エージェント API を更新しました。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 31 日

このリリースには、Alpine Linux のサポートが含まれています。Python 対応環境」を参照してください。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 17 日

Python エージェント 21.6.0 リリースには、次の機能が含まれています。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 2 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、過去の解決済みの問題と既知の問題を参照してください。

バージョン 21.1.0

21.1 リリースはありませんでした。

Python サーバレストレーサ

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0

21.2 リリースはありませんでした。

バージョン 21.1.0

21.1 リリースはありませんでした。

React Native エージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 17 日

このリリースには、軽微な修正と最適化が含まれています。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0:2021 年 4 月 5 日

このリリースには、カスタム HTTP リクエストを手動で追跡するための API が含まれています。「 React Native インストゥルメンテーションのカスタマイズ」を参照してください。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.1:2021 年 2 月 19 日

React Native エージェント 21.2.1 は、ネイティブクラッシュのレポートを受信する CrashReportCallback をサポートします。「React Native インストゥルメンテーションのカスタマイズ」を参照してください。

バージョン 21.1.0

21.1 リリースはありませんでした。

SAP

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 20 日

SAP 21.8.0 がリリースされました。リリースノートバージョン 21.8.0 を参照してください。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 26 日

リリースノートバージョン 21.2.0」を参照してください

バージョン 21.1.0

21.1 リリースはありませんでした。

合成ホステッドエージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0

21.9.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.8.0

21.8.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.7.0:2021 年 7 月 13 日

合成ホステッドエージェント 21.7.0 には、Azure ロケーションでの Chrome バージョン 86 のサポートが含まれています。

バージョン 21.6.0

21.6.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.5.0

21.5.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 16 日

Chrome ブラウザバージョン 86 がリリースされました。詳細については、「Chrome Version 64」を参照してください。

Xamarin エージェント

バージョン 21.10.0

21.10.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.9.0:2021 年 9 月 9 日

このリリースには、UI 要素を Xamarin.Forms でトラッキングするための新しい API が含まれています。「UI 要素の追跡」を参照してください。

バージョン 21.8.0:2021 年 8 月 12 日

このリリースには以下の機能が含まれています。

バージョン 21.7.0

21.7.0 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.6.0:2021 年 6 月 25 日

Xamarin エージェント 21.6.0 リリースには、以下の機能が含まれます。

バージョン 21.5.1:2021 年 5 月 18 日

Xamarin 21.5.1 エージェントには、次の用途で使用するために新たに公開された API が含まれています。

  • HttpMessageHandler を使用した半自動 HTTP トラッカーの設定
  • ネットワークリクエストに対応した URL の変換
  • スクリーンショットの設定、無効化、ブロック、ブロック解除

Xamarin インストゥルメンテーションのカスタマイズを参照してください。

その他の拡張機能:

バージョン 21.4.0

21.4 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.3.0

21.3 のリリースはありませんでした。

バージョン 21.2.0:2021 年 2 月 19 日

Xamarin エージェント 21.2.0 リリースには、21.2.0 の JavaScript エージェント、iOS および Android エージェントの修正が含まれています。

バージョン 21.1.0

21.1 リリースはありませんでした。


20.x エージェントのリリース

分析エージェント

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

20.11 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0

20.10 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.9.0

20.9 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

20.8 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0

20.7 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 25 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 26 日

  • Oracle JRE が Window 分析エージェントバンドルで Azul の Zulu JRE に置き換えられました。 
  • サードパーティライブラリがアップグレードされました。

バージョン 20.4.0

Analytics エージェントの 20.4 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 4 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.2.0

Analytics エージェントのリリースはありませんでした。

Android エージェント

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.1 - 2020 年 11 月 17 日

Android エージェント 20.11.0 がリリースされ、マイナーな機能拡張とコード修正が行われました。 

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 9 日

Android エージェント 20.10.0 では、CPU のタイプ、メモリ、ディスク領域、バッテリなどのデバイス仕様に基づいて、ネットワーク要求、クラッシュ、コードの問題といったパフォーマンスデータをフィルタ処理できるモバイルデバイスメトリックをキャプチャします。詳細については、「モバイル RUM のメトリック」を参照してください。 

バージョン 20.9.0

Android エージェントの 20.9 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

Android エージェントの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.1 - 2020 年 7 月 2 日

Android エージェント 2020.7.0.1710 がリリースされました。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

推奨事項
  • プロジェクトで Android Gradle プラグインのバージョン 4.5.1 より前を使用している場合は、Android エージェント 20.4.0 を使用します。

  • プロジェクトで Android Gradle プラグインのバージョン 4.5.1 以降を使用している場合は、Android エージェント 20.7.1 以降を使用します。

バージョン 20.6.0

Android エージェントの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 13 日

Android エージェントは Android Gradle プラグインの依存関係をバージョン 3.4.1 以上に更新しました。Android Gradle プラグイン 3.4.1 以降に更新できない場合は、Android エージェント 20.4.0 以前を使用することをお勧めします。

バージョン 20.4.0

Android エージェントの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.1:2020 年 3 月 31 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 4 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています。

バージョン 20.2.0

Android エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

Apache Web サーバーエージェント

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

20.11 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 21 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.8.0

Apache Web サーバーエージェントの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 27 日

Apache エージェント 20.7.0 がリリースされ、小さなコード変更と最適化が行われました。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 24 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 14 日

このリリースには、最適化と小さなコードの変更が含まれています。

バージョン 20.4.0

Apache Web サーバーエージェントの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0

Apache Web サーバーエージェントの 20.3.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.2.0

Apache Web サーバーエージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

AppDynamics AWS Lambda Extension for Serverless APM

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

AppDynamics AWS Lambda Extension for Serverless APM の 20.10 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 8 日

AppDynamics AWS Lambda Extension for Serverless APM がリリースされました。「AppDynamics AWS Lambda Extension を使用して、実行時にサーバレス APM をインストゥルメントする」を参照してください。

C/C++ SDK

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

C/C++ SDK の 20.11 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.10.0

C/C++ SDK の 20.10 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 30 日

このリリースには、新機能とバグ修正が含まれています。

  • C/C++ SDK がカレンダーのバージョン管理と互換性を持つようになりました。
  • appd_sdk_add_app_contextは、コントローラとアプリケーションの情報を記録するようになりました。詳細については、C/C++ SDK 参考資料を参照してください。 
  • C/C++ SDK でカスタムイベントがサポートされるようになりました。カスタムイベントを作成し、イベントにデータを追加し、イベントをコントローラに報告できます。「C/C++ エージェント SDK リソース管理」を参照してください。 
  • 分析レポートを有効または無効にできます。無効にすると、分析関連のロギングメッセージが抑制されます。「C/C++ SDK 参考資料」を参照してください。

バージョン 20.8.0

C/C++ SDK の 20.8 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.7.0

C/C++ SDK の 20.7.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0

C/C++ SDK の 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

C/C++ SDK の 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

C/C++ SDK の 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0

C/C++ SDK の 20.3.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.2.0

C/C++ SDK の 20.2.0 リリースはありませんでした。

クラスタエージェント

バージョン 20.12.1-1948 - 2020 年 12 月 18 日

このリリースの機能強化はありません。解決された問題については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.12.0-1937 - 2020 年 12 月 17 日

このリリースの機能強化はありません。解決された問題については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.11.0-1877 - 2020 年 11 月 25 日

このリリースには、次の機能強化が含まれています。

  • クラスタエージェントは、1500 のポッドと 3000 のコンテナ(ポッドあたり 2 コンテナ)または 2250 のポッドと 2250 のコンテナ(ポッドあたり 1 コンテナ)をモニターできるようになりました。「クラスタエージェントのパフォーマンス認定」を参照してください。 
  • クラスタエージェントに対する CPU リソースとメモリリソースの要求と制限を設定できます。Configure the Cluster Agent」の resources パラメータを参照してください。
  • instrumentationRules パラメータは、サポートされるアプリケーションの自動インストゥルメンテーションを有効化するために必須になりました。これにより、必要なアプリケーション展開に対して自動インストゥルメンテーションが有効になります。「Enable Auto-Instrumentation for the Supported Applications」を参照してください。
    instrumentationRules 内で matchString パラメータに値を指定しない場合、クラスタエージェントは defaultInstrumentMatchString で指定された値を使用し、デフォルト値を満たすすべての展開をインストゥルメント化します。「インストゥルメンテーション ルールのためのクラスタエージェントの構成」を参照してください。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 23 日

バージョン 20.9.1-1675 - 2020 年 9 月 30 日

クラスタエージェントによって使用される AppDynamics 演算子がバージョン 0.6.2 に更新されました。

バージョン 20.9.0-1662 - 2020 年 9 月 25 日

クラスタエージェントのこのリリースでは、次の機能強化があります。

バージョン 20.8.0 – 2020 年 8 月 26 日

クラスタエージェントがリリースされ、マイナーな機能拡張と修正が行われました。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 23 日

このリリースのクラスタエージェントを使用すると、次のことが可能になります。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 26 日                                                                                                            

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 29 日

クラスタエージェントは、Java アプリケーションの自動インストゥルメンテーションを有効にできるようになりました。「Java アプリケーションの自動インストゥルメンテーションの有効化」を参照してください。

バージョン 20.4 - 2020 年 4 月 28 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 6 日

  • クラスタエージェントは、正規表現とドメインに基づいてポッドをブロックリストや許可リストに登録できます。

  • アカウントに報告できるクラスタエージェントの最大数を設定できます。

  • 任意のクラスタエージェントに関連付けることができるポッドの最大数を設定できます。

バージョン 20.2.0

クラスタエージェントのリリースはありませんでした

Cordova プラグイン

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 19 日

Cordova プラグイン 20.11.0 がリリースされ、軽微な修正と最適化が行われました。Cordova プラグイン 20.11.0 は Android エージェント 20.11.1 に統合されています。 

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 16 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています。 

バージョン 20.9.0

Cordova プラグインの 20.9 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

Cordova プラグインの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 13 日

Cordova エージェント 20.7.0 は hybridAgentType および hybridAgentVersion をキャプチャします。 

バージョン 20.6.0

Cordova プラグインの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

Cordova プラグインの 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

Cordova プラグインの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 18 日

Cordova プラグインがテストされ、次で機能することが認定されました。

  • Cordova 9.0.0
  • Cordova iOS 4.5.5/5.0.0
  • Cordova 8.0.0
  • Ionic CLI 6.1.0
  • Node 12.16.1
  • npm 6.13.4

バージョン 20.2.0

Cordova プラグインの 20.2.0 リリースはありませんでした。

データベースエージェント

バージョン 20.12.0-2183 - 2020 年 12 月 16 日

  • データベースエージェントは、相互(クライアントとサーバー)認証をサポートするようになりました。詳細については、相互認証を参照してください。
  • MongoDB コレクタの構成中に、接続文字列内でサービスレコード(SRV レコード)を使用できるようになりました。「MongoDB コレクタの設定」の「SRV Record」を参照してください。

バージョン 20.11.0

データベースエージェントの 20.11 リリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 27 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 16 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題を参照してください。 

バージョン 20.8.0

データベースエージェントの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 28 日

データベースエージェント 20.7 以降は、コントローラバージョン 4.5.0 および 4.5.1 と互換性がありません。そのため、コントローラバージョンが 4.5.0 または 4.5.1 の場合、一部の機能が動作しないことがあります。

解決済みの問題については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.6.0

データベースエージェントの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 26 日

バージョン 20.4 - 2020 年 4 月 28 日

このリリースには、次の新機能が含まれています。

  • Microsoft SQL Server 2019 のサポート
  • Cassandra データベースのサポート 
  • サンプリング間隔のカスタマイズ 
  • データベースの可視性をアプリケーション フロー マップと統合するための詳細のキャプチャ

このリリースで修正された問題については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 20 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.2.0

データベースエージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

Go SDK

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

20.11 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0

Go SDK の 20.10.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.9.0

Go SDK の 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

Go SDK の 20.8.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0

Go SDK の 20.7.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0

Go SDK の 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

Go SDK の 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

Go SDK の 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0

Go SDK の 20.3.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.2.0

Go エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

IBM Integration Bus エージェント

バージョン 21.1.0

21.1 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

20.11 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0

IBM Integration Bus エージェントの 20.10 リリースはありませんでした。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 24 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.8.0

IBM Integration Bus エージェントの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 2 日

AppDynamics IIB エージェントでは、構成可能なログファイルサイズ設定を導入しました。詳細については、IIBエージェントのインストールを参照してください。

バージョン 20.6.0

IBM Integration Bus エージェントの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 14 日

  • AppDynamics IIB エージェントでは、AIX プラットフォームでの ACE 11 のサポートが追加されました。詳細については、IIB対応環境を参照してください。
  • このリリースには、最適化と小さなコードの変更も含まれています。

バージョン 20.4.0

IBM Integration Bus エージェントの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 31 日

トレーサのバージョンがカレンダーのバージョン管理と互換性を持つようになりました。このリリースには、新しい機能拡張は含まれていません。

バージョン 20.2.0

IBM Integration Bus エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

iOS エージェント

バージョン 20.12.0 - 2020 年 12 月 15 日

iOS エージェントがコレクタへのユーザーデータの送信を停止する機能を無効化できるようになりました。詳細については、iOS インストゥルメンテーションのカスタマイズを参照してください。 

バージョン 20.11.0

iOS エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0.2298 - 2020 年 10 月 7 日

iOS エージェント 20.10.0 では、CPU のタイプ、メモリ、ディスク領域、バッテリなどのデバイス仕様に基づいて、ネットワーク要求、クラッシュ、コードの問題といったパフォーマンスデータをフィルタ処理できるモバイルデバイスメトリックをキャプチャします。詳細については、「モバイル RUM のメトリック」を参照してください。 

iOS 14 のプライバシーガイドラインの詳細については、「iOS データ収集の開示」を参照してください。バグ修正については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.9.0

iOS エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0 – 2020 年 8 月 20 日

iOS エージェントがリリースされ、マイナーな機能拡張と修正が行われました。詳細については、リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題を参照してください。 

バージョン 20.7.0.2209 - 2020 年 7 月 8 日

ログレベルが verbose に設定されている場合、フィルタ処理された URL がログに記録されます。

バージョン 20.6.0

iOS エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

iOS エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

iOS エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 2020.3.0-2006:2020 年 3 月 2 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています

バージョン 20.2.0

iOS エージェントのリリースはありませんでした。

Java エージェント

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 27 日

  • Java エージェント 20.11.0 では、Vertx 3.9 の終了サポートが追加されます。詳細については、「Java対応環境」を参照してください。

  • このリリースでは、Executor モードが非同期トランザクションを処理するためのデフォルトモードになっています。詳細については、Java エージェントのスレッドの関連付けの構成を参照してください。
  • このリリースでは、最適化されたヒープモードを有効にするためのプロパティが追加されています。詳細については、ヒープ最適化モードを参照してください。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 20 日

  • このリリースでは、gRPC の非同期エントリとイグジットのサポートが追加されています。詳細については、「Java対応環境」を参照してください。

  • このリリースでは、Java 15 のサポートが認定されています。詳細については、「Java対応環境」を参照してください。
  • このリリースでは、HTTP4 Blaze クライアントのイグジットサポートが追加されています。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 22 日

  • このリリースでは、gRPC の同期エントリとイグジットのサポートが追加されています。詳細については、Java対応環境」を参照してください。

  • このリリースでは、Reactive Extension for Java(RxJava 2)において、スレッドハンドオフ Single に加えてスレッドハンドオフ Observable のサポートが追加されています。

バージョン 20.8.0 – 2020 年 8 月 21 日

このリリースでは、HotSpot JIT として Graal コンパイラを使用した GraalVM のサポートが検証されています。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 31 日

  • このリリースでは、MYSQL 6.0 および 8.0 のサポートが追加されています。Java対応環境」を参照してください

  • このリリースでは、v4.x までの MongoDB ドライバ(同期、非同期、およびリアクティブストリーム)のサポートが追加されています。Java対応環境」を参照してください

  • このリリースでは、Spring 5.2 のサポートが検証されています。Java対応環境」を参照してください

  • このリリースでは、Spring Cloud Gateway のサポートが追加されています。
  • このリリースでは、Reactive Extension for Java(RxJava 2)において、スレッドハンドオフ Single に加えてスレッドハンドオフ MaybeCompletable、および Flowable のサポートが追加されています。
  • サードパーティの依存関係のセキュリティ準拠バージョンを含めるための Java エージェント用追加アーティファクトが含まれています。Java バージョン 7 と互換性のあるエージェントは、PCF で実行される Java アプリケーションでは使用できなくなりました。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 23 日

  • Java エージェント 20.6.0 では、Oracle 10、11、12、18、および 19 ドライバのサポートが追加されています。Java対応環境」を参照してください
  • Spring WebFlux および WebClient 5.2 のサポートが追加されています。Java対応環境」を参照してください
  • HTTP レスポンスに重複する ADRUM ヘッダーが挿入されないようにするためのノードプロパティが追加されています。詳細については、アプリケーション エージェントのノードプロパティ(D ~ E)を参照してください。
  • Java エージェント 20.6.0 では、サービスプロキシ機能のサポートが追加されています。詳細については、サービスプロキシの概要を参照してください。 

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 21 日

  • Java エージェント 20.5.0 では、Vertx 3.8 のサポートが追加されます。詳細については、Java対応環境を参照してください。
  • MongoDB、DynamoDB、CassandraDB などのデータベースの raw SQL クエリをキャプチャできるようになりました。詳細については、コールグラフ設定を参照してください。

バージョン 20.4.0 - 2020 年 4 月 22 日

  • Java エージェント 20.4.0 では、netty バージョン 4.x の非同期出口に対するサポートが追加されています。Java対応環境」を参照してください。
  • このリリースでは、AdoptOpenJDK、Azul Zulu OpenJDK、Oracle、および Open Source OpenJDK 用の Java 14 認定が追加されています。Java対応環境」を参照してください。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 20 日

  • Java エージェントバージョン 20.3.0 では、netty バージョン 4.x の非同期エントリに対するサポートが追加されています。 
  • Rx Java 2 Single に対するサポートが追加されました。
  • Akka HTTP の非ルート DSL に対するサポートが追加されました。 
  • JBoss で SOAP:Header を使用したビジネストランザクション相関の有効化がサポートされます。JBoss に対してのみ相関を有効にするには、サーブレット除外ルールを作成する必要があります。 
エージェントレス トランザクション分析

バージョン 20.2.0

Java エージェントのリリースはありませんでした。

JavaScript エージェント

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

JavaScript エージェントの 20.11.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 21 日

JavaScript エージェント 20.10.0 がリリースされ、視覚的な完了時間(VCT)の計算方法などマイナーな最適化が行われています。バグ修正については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 15 日

JavaScript エージェント 20.9.0 がリリースされました。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.8.0 – 2020 年 8 月 5 日

JavaScript エージェントがリリースされ、バグが修正されました。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.7.0

JavaScript エージェントの 20.7.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0.3177 – 2020 年 6 月 17 日

Angular 9 がサポートされるようになりました。 

バージョン 20.5.0.3144 – 2020 年 5 月 15 日

拡張子またはドット(.)のないイメージが「other」ではなく「images」として分類されるようになりました。

バージョン 20.4.0.3090 - 2020 年 4 月 14 日

このリリースには、バグ修正が含まれていますが、新機能はありません。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください

バージョン 20.3.0-3009:2020 年 3 月 18 日

JavaScript エージェントは、デフォルトで、ページごとに報告される Ajax リクエストの数を制限します。このバージョン以降では、1 ページあたりの Ajax リクエストの数を無制限に報告できるよう JavaScript エージェントを設定できます。

バージョン 20.2.0-2928 - 2020 年 2 月 13 日

このリリースには、バグ修正が含まれていますが、新機能はありません。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

Java サーバーレストレーサ

バージョン 20.12.0

20.12 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.11.1400

Java サーバーレストレーサに環境変数 APPDYNAMICS_HTTP_TIMEOUT_MS が追加されました。これにより、トレーサによるすべての HTTP コールのタイムアウトをミリ秒単位で設定できます。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.10.0

Java サーバーレストレーサの 20.10 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.9.0

Java サーバーレストレーサの 20.9 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.8.0

Java サーバーレストレーサの 20.8 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.7.0

20.7 のリリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0

Java サーバーレス トレーサ エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

Java サーバーレス トレーサ エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

Java サーバーレス トレーサ エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.3.1391 - 2020 年 3 月 17 日

トレーサのバージョンがカレンダーのバージョン管理と互換性を持つようになりました。このリリースには、新しい機能拡張または解決済みの問題は含まれていません。

バージョン 20.2.0

Java サーバーレス トレーサ エージェントのリリースはありませんでした。

マシンエージェント

バージョン 20.12.0-3016 - 2020 年 12 月 16 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

  • マシンエージェントは、ログファイルにホスト名を付加するようになりました。
  • マシンエージェントが更新およびテストされ、次で機能することが認定されました。
    • com.fasterxml.jackson.core:jackson-databind:2.12.0
    • com.google.guava:guava:30.0-jre
    • commons-io:commons-io:2.8.0
    • junit:junit:4.13.1
    • org.apache.ant:ant:1.10.9
    • org.apache.httpcomponents:httpclient:4.5.13
    • org.bouncycastle: bcprov-jdk15on:1.67
    • org.eclipse.jetty:jetty-server:9.4.35.v20201120
    • org.eclipse.jetty:jetty-webapp:9.4.35.v20201120
    • org.exist-db.thirdparty.xerces:xercesImpl:2.12.1
    • org.hibernate: hibernate-validator:6.1.6.Final

バージョン 20.11.1-3044 - 2021 年 1 月 26 日

このリリースには、次の機能拡張が含まれています。

  • マシンエージェントが更新およびテストされ、次で機能することが認定されました。
    • com.fasterxml.jackson.core:jackson-databind:2.12.0
    • com.google.guava:guava:30.0-jre
    • commons-io:commons-io:2.8.0
    • junit:junit:4.13.1
    • org.apache.ant:ant:1.10.9
    • org.apache.httpcomponents:httpclient:4.5.13
    • org.bouncycastle: bcprov-jdk15on:1.67
    • org.eclipse.jetty:jetty-server:9.4.35.v20201120
    • org.eclipse.jetty:jetty-webapp:9.4.35.v20201120
    • org.exist-db.thirdparty.xerces:xercesImpl:2.12.1
    • org.hibernate: hibernate-validator:6.1.6.Final

バージョン 20.11.0.2915 - 2020 年 11 月 19 日

マシンエージェント Azul Zulu JRE バージョンが 8.50 に更新されました(OpenJDK バージョン 8u272 にマップされます)。マシンエージェント OSHI ライブラリがバージョン 5.3.5 にアップグレードされました。

バージョン 20.10.0-2813 - 2020 年 10 月 22 日

このリリースには、最適化と小さなコードの変更が含まれています。バグ修正については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 21 日

マシンエージェント 20.9.0-2763 がリリースされました。マシンエージェント OSHI ライブラリがバージョン 5.2.5 にアップグレードされました。リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.8.0.2713 - 2020 年 8 月 20 日

マシンエージェントがリリースされ、バグが修正されました。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.7.0-2694 - 2020 年 7 月 23 日

Docker の可視性を使用する場合、一意のホスト ID 設定がホストネットワークモードでコンテナ ID を使用するように構成されていない場合、マシンエージェントはコンテナ ID をホスト ID として使用してコンテナを自動的に登録するようになりました。「Kubernetes での Docker の可視性の使用」を参照してください。

バージョン 20.6.0-2676 – 2020 年 6 月 25 日

マシンエージェントは、コンテナ名のみでコンテナプロセスを識別できるようになりました。詳細については、Docker の可視性の設定を参照してください。

バージョン 20.5.1-2635 – 2020 年 5 月 29 日

マシンエージェントが更新およびテストされ、次で機能することが認定されました。

  • ant v1.10.8
  • commons-fileupload v1.4.0
  • hibernate-validator v6.1.5
  • snakeyaml v1.26

バージョン 20.5.0-2617 – 2020 年 5 月 20 日

Azul JRE 8.0.252 では、マシンエージェントに含まれているコンポーネントとして Oracle JRE を置き換えています。マシンエージェントの要件とサポートされる環境」を参照してください。

バージョン 20.4.0-2571 - 2020 年 4 月 27 日

マシンエージェントが更新およびテストされ、次で機能することが認定されました。

  • ch.qos.logback:logback-core:1.2.3
  • commons-codec:commons-codec:1.14
  • commons-io:commons-io:2.6
  • commons-net:commons-net:3.6
  • dropwizard-jetty 2.0.7
  • log4j-api:2.13.1
  • log4j-core:2.13.1
  • org.antlr:antlr4-runtime:4.8-1
  • org.apache.httpcomponents:httpclient:4.5.12
  • org.bouncycastle:bcprov-jdk15on:1.62
  • org.hibernate:hibernate-validator:6.1.2.Final
  • org.javassist:javassist:3.21.0-GA
  • org.jboss.logging:jboss-logging:3.4.1.Final

バージョン 20.3.2:2020 年 3 月 27 日

マシンエージェントが更新およびテストされ、次で機能することが認定されました。

  • okhttp 3.12.6
  • log4j-api 2.13.1
  • log4j-core 2.13.1
  • log4j-slf4j-impl 2.13.1

log4j_log4j 1.2.17 は除外されています。

バージョン 20.3.1-2476:2020 年 3 月 16 日

このリリースには、最適化とバグ修正が含まれています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.3.0-2468:2020 年 3 月 9 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています

バージョン 20.2.0

マシンエージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

.NET エージェント

バージョン 20.12.0 - 2020 年 12 月 18 日

このリリースの機能強化はありません。解決された問題については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 20 日

.NET エージェントは.NET 5.0 環境をサポートするようになりました。 

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 28 日

.NET エージェントには、次の拡張機能が含まれています。

  • .NET エージェントは、Windows 上のエージェントレス分析をサポートしています。「エージェントレス分析の概要」を参照してください。
  • .NET エージェントが Windows Server 2019 でサポートされるようになりました。
  • Linux エージェントのプレビュー機能としての ASP.NET ビジネストランザクション構成機能が削除されました。実稼働環境の Linux エージェントで HTTP バックエンドのカスタムバックエンド命名を実行できるようになりました。 

バグ修正については、リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 24 日

Azure Cosmos DB

.NET Linux エージェントは、SQL API を介して Azure Cosmos DB をサポートするようになりました。次の Azure バージョンの両方がサポートされています。

  • Microsoft.Azure.DocumentDB.Core(2.x)
  • Microsoft.Azure.Cosmos(3.x)

次のことに注意。

  • Azure Cosmos DB のバックエンド命名は {host}.{port} として検出されます。
  • exit タイプのバックエンドプロパティには、データベースアカウントとともに host および port が表示されます。
  • 「Linq によるクエリ」コールのスナップショットプロパティには SQL クエリステートメントが含まれていません。
  • Azure Cosmos DB の ConnectionString は、どのスナップショットプロパティにもバックエンドプロパティにも表示されません。
  • 次はサポートされていません。
    • 次のインストゥルメンテーション:BulkExecution
    • クエリの機密データフィルタ

詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題を参照してください。

バージョン 20.8.0 – 2020 年 8 月 24 日

.NET エージェントは、Windows 上のマイクロ サービス エージェントについて、トランスポート層セキュリティ(TLS)1.2 およびプロキシ関連の環境変数をサポートするようになりました。詳細については、「環境変数を使用したエージェントの設定」を参照してください。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 23 日

.NET Agent for Linux は、次のようになりました。

  • .NET Core 3.1 以降での WCF exit コールの検出を部分的にサポートします。詳細については、「.NETバックエンド検出」を参照してください。 
  • 環境変数として設定 APPDYNAMICS_AGENT_UNIQUE_HOST_ID をサポートします。 

このリリースにはバグ修正も含まれています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.6.1 - 2020 年 7 月 17 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題を参照してください。

バージョン 20.6.0 - 2020 年 7 月 1 日

  • .NET Agent for Windows は、デフォルトでビジネストランザクションとエンドユーザーモニターリングを関連付けるようになりました。 
  • 完全非依存モードのインストゥルメンテーションに改善が加えられました。MSCorlib が NGen としてロードされるときに、非 NGen アセンブリをインストゥルメント化できるようになりました。 

  • .NET Agent for Linux に追加された内部ライブラリのアップグレードとコードの改善。
  • RabbitMQ 非同期エントリポイントを検出するために .NET エージェントに追加された改善。

このリリースにはバグ修正も含まれています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 20 日

  • MongoDB クエリ式の機密情報がデフォルトでフィルタ処理されるようになりました。[コールグラフ設定] で MongoDB の raw クエリコレクションを有効にすることができます。 
  • RabbitMQ バックエンド検出は、現在 RabbitMQ クライアントバージョン 6 と互換性があります。詳細については、「.NET の RabbitMQ バックエンド」を参照してください。 

バージョン 20.4.1(Windows 用 .NET エージェント)- 2020 年 4 月 29 日

署名の問題により、Windows 用 .NET エージェントの 20.4.0 バージョンが 20.4.1 に置き換えられました。20.4.0 との機能の違いはありません。

バージョン 20.4.0 - 2020 年 4 月 28 日

このリリースには、Linux プロファイラにおけるログの改善およびバグ修正が含まれています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.3.1:2020 年 4 月 7 日

このリリースには、新機能はありませんが、バグ修正が含まれています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 26 日

このリリースには .NET Agent for Linux のみが含まれています。.NET Agent for Linux で、.NET Core 3.1 をサポートするようになりました。

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 25 日

このリリースには Windows 用 .NET エージェントのみが含まれています。

Windows 用 .NET エージェントの MSI インストーラに、.NET Core アプリケーションのサポートが追加されました。これにより、.NET Core および Windows 上の完全なフレームワーク アプリケーションの統合管理が実現します。自動 IIS モードが設定されている場合は、エージェントによる IIS での .NET Core アプリケーションのモニターが追加費用なしで行われます。 

  • MSI インストーラは、NET Core エージェントと既存の .NET フレームワークエージェントをバンドルし、適切な環境変数を作成します。 
  • サポートされる環境は、以前の .NET エージェントと同じです。 
  • .NET Core バージョン 2.0 以降がサポートされています。
  • IIS でホストされる .Net Core アプリケーションは、自動モードで設定された .NET フレームワークと同様にモニターされます。 
  • .NET フレームワーク アプリケーションを設定するのと同じように、.NET Core アプリケーションconfig.xml ファイルに設定できます。 

次のいずれかのシナリオで、config.xml ファイルに .NET Core アプリケーションを手動で設定する必要があります。

  • プロセスでホストされていないが dotnet.exe でホストされている ASP の .NET Core アプリケーションをモニターします
  • 現在はスタンドアロン アプリケーションをモニターしています

Windows 用 .NET エージェントでは Azure Functions 3.x および以下をサポートしています。

  • 非 IIS アプリケーションに対する Netviz エントリコールがサポートされるようになりました。
  • 機密データが環境変数でフィルタ処理されるようになりました。
  • CoreCLR ランタイムがコントローラに報告されるようになりました。
  • WCF サービスを ASP.NET 互換モードで操作している場合は、WCF エントリポイントとエージェントのネットワークの可視性サポートが含まれます。WCF サービスで ASP.NET 互換モードを使用していない場合、またはサービスでこのモードを使用しないリクエストを受信しない場合、この設定でネットワークの可視性が現在サポートされていないことを示す警告がエージェントによってログに記録されます。

バージョン 20.2.0

.NET エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

ネットワークエージェント

バージョン 20.12.0

ネットワークエージェントの 20.12.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0

ネットワークエージェントの 20.11.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.10.0

ネットワークエージェントの 20.10.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.9.0

ネットワークエージェントの 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0.2169 – 2020 年 8 月 26 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.7.0

ネットワークエージェントの 20.7.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 25 日

このリリースには、最適化と小さなコードの変更が含まれています。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 21 日

このリリースには、最適化と小さなコードの変更が含まれています。

バージョン 20.4.0

ネットワークエージェントの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0-2139:2020 年 3 月 9 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています

バージョン 20.2.0

ネットワークエージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

Node.js エージェント

バージョン 20.12.0 - 2020 年 12 月 8 日

バージョン 20.11.0

Node.js エージェントの 20.11.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.10.1 - 2020 年 10 月 16 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 15 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.9.0

Node.js エージェントの 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0-2169 – 2020 年 8 月 27 日

GraphQL を使用して、ビジネストランザクションを複数のクエリに分割できるようになりました。詳細については、「カスタムマッチルール」を参照してください。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 29 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 12 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 29 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.4.0 - 2020 年 4 月 29 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています。

バージョン 20.3.1 - 2020 年 3 月 27 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています。

バージョン 20.3.0 - 2020 年 3 月 26 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています。

バージョン 20.2.0

Node.js エージェントのリリースはありませんでした。

Node.js サーバーレストレーサ

バージョン 20.12.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.12.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.11.242

Node.js サーバーレストレーサに環境変数 APPDYNAMICS_HTTP_TIMEOUT_MS が追加されました。これにより、トレーサによるすべての HTTP コールのタイムアウトをミリ秒単位で設定できます。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.10.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.10.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.9.221 - 2020 年 9 月

このリリースには、マイナーな機能拡張とバグ修正が含まれています。

バージョン 20.8.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.8.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.7.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.178:2020 年 3 月 16 日

トレーサのバージョンがカレンダーのバージョン管理と互換性を持つようになりました。このリリースには、新しい機能拡張または解決済みの問題は含まれていません。

バージョン 20.2.0

Node.js サーバーレストレーサの 20.2.0 リリースはありませんでした。

PHPエージェント

バージョン 20.12.0 - 2020 年 12 月 16 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 24 日

このリリースでは、ノードの再利用機能がサポートされています。詳細については、「PHP エージェントのノード再利用」を参照してください。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 22 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.9.0 - 2020 年 9 月 15 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.8.0.4083 - 2020 年 8 月 26 日

PHP エージェントがリリースされ、バグが修正されました。「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 16 日

PHP エージェント 20.7.0 リリースでは、データフィルタ処理に関する一般データ保護規制(GDPR)のコンプライアンスが強化されています。

これにより、コントローラに表示される機密データ(URL、exit コール、または Cookie)を編集できます。詳細については、URL セグメントとクエリパラメータの編集」を参照してください。

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 23 日

PHP エージェント 20.6.0 リリースでは、データフィルタ処理に関する一般データ保護規制(GDPR)のコンプライアンスを導入しています。

これにより、コントローラに表示される機密データ(URL、exit コール、または Cookie)を編集できます。詳細については、「URL セグメントとクエリパラメータの編集」を参照してください。

バージョン 20.5.0 – 2020 年 5 月 29 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.4.0.3759 - 2020 年 4 月 29 日

このリリースでは、PHP エージェント用の CakePHP 4.0 および Magento 2.3 へのサポートが追加されています。PHP対応環境」を参照してください

バージョン 20.3.1:2020 年 3 月 26 日

このリリースでは、CentOS バージョン 8 用の PHP エージェントがサポートされるようになったほか、次のフレームワークに対するサポートが追加されています。

  • FuelPHP 1.8.1
  • Zend 3
  • Laravel 6
  • CodeIgnitor4

バージョン 20.3.0:2020 年 3 月 3 日

  • AppDynamics PHP エージェントに PHP 7.4 のサポートが追加されました。PHP対応環境」を参照してください
  • PHP エージェントで Symfony バージョン 3 および 4 をサポートするようになりました。PHP対応環境」を参照してください

バージョン 20.2.0

PHP エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

Pythonエージェント

バージョン 20.12.0 - 2020 年 12 月 18 日

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.11.411

Python サーバーレストレーサに環境変数 APPDYNAMICS_HTTP_TIMEOUT_MS が追加されました。これにより、トレーサによるすべての HTTP コールのタイムアウトをミリ秒単位で設定できます。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 25 日

Python エージェントがリリースされ、軽微な修正と最適化が行われました。詳細については、リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題を参照してください。

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 21 日

  • このリリースでは、ノードの再利用機能がサポートされています。 

  • このリリースでは、Python エージェント 3.7 以降のバージョンで Tornado 6 をサポートしています。

バグ修正については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。 

バージョン 20.9.0

このリリースには新しい機能は含まれていませんが、バグが修正されています。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.8.0

Python エージェントの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

Python エージェントの 20.8 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0.2292 - 2020 年 7 月 7 日

Python エージェントのアーティファクトを AppDynamics ダウンロードポータルからダウンロードできるようになりました。詳細については、Pythonエージェントのインストール」を参照してください。

廃止通知

Python エージェントの Mac OS X のサポートが削除されました。

バージョン 20.6.0

Python エージェントの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

Python エージェントの 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

Python エージェントの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0

Python エージェントの 20.3.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.2.0

Python エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

Python サーバーレストレーサ

バージョン 20.12.0

20.12.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.11.411

Python サーバーレストレーサに環境変数 APPDYNAMICS_HTTP_TIMEOUT_MS が追加されました。これにより、トレーサによるすべての HTTP コールのタイムアウトをミリ秒単位で設定できます。詳細については、「リリース別の過去の解決済みおよび既知の問題」を参照してください。

バージョン 20.10.0

Python サーバーレストレーサの 20.10.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.9.0

Python サーバーレストレーサの 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

Python サーバーレストレーサの 20.8.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.383 - 2020 年 7 月 29 日

Python サーバーレストレーサは、Python で記述された AWS Lambda 関数をモニターするために一般的に使用できるようになりました。トレーサは PyPi リポジトリで使用できます。使い始めるには、「Python サーバレストレーサ」を参照してください。 

React Native エージェント

バージョン 20.12.0

20.12.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 20 日

React Native エージェントがリリースされ、軽微な修正と最適化が行われました。 

バージョン 20.10.0 - 2020 年 10 月 16 日

このリリースには、マイナーな機能拡張とバグ修正が含まれています。React Native 0.60 がサポートされるようになりました。 

バージョン 20.9.0

React Native エージェントの 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

React Native エージェントの 20.8.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0 - 2020 年 7 月 8 日

React Native Agent 20.7.0 は、hybridAgentType および hybridAgentVersion をキャプチャします。 

バージョン 20.6.0

React Native エージェントの 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

React Native エージェントの 20.5.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.4.0

React Native エージェントの 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0

React Native エージェントの 20.3.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.2.0

React Native エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。

SAP

バージョン 20.12.0

20.12.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 23 日

SAP エージェントがリリースされました。詳細については、リリースノートバージョン 20.11.0を参照してください。

バージョン 20.10.0

SAP の 20.10.0 リリースはありませんでした。 

バージョン 20.9.0

SAP の 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

SAP 20.8.0 がリリースされました。詳細については、リリースノートバージョン 20.8.0を参照してください。

バージョン 20.7.0

SAP 20.7.0 がリリースされました。詳細については、リリースノートバージョン 20.7.0を参照してください。

バージョン 20.6.0

SAP の 20.6.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

SAP 20.5.0 がリリースされました。詳細については、リリースノートバージョン 20.5.0を参照してください。

バージョン 20.4.0

SAP の 20.4.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.3.0

SAP の 20.3.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.2.0

SAP の 20.2.0 リリースはありませんでした。

合成エージェント(ホステッドエージェント)

バージョン 20.6.0 – 2020 年 6 月 25 日

合成モニタリング:‘os’、‘socket’、‘subprocess’ の各モジュールは、新しいジョブに対して許可されません。詳細については、「Import Python Packages in Synthetic Scripts」を参照してください。

Xamarin エージェント

バージョン 20.12.0

20.12.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.11.0 - 2020 年 11 月 10 日

Xamarin エージェントがリリースされ、軽微な修正と最適化が行われました。 

バージョン 20.10.0

Xamarin エージェントの 20.10.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.9.0

Xamarin エージェントの 20.9.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.8.0

Xamarin エージェントの 20.8.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.7.0

Xamarin エージェントの 20.7.0 リリースはありませんでした。

バージョン 20.6.0

Xamarin エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 20.5.0

Xamarin エージェントのリリースはありませんでした。

バージョン 2020.4.0 - 2020 年 4 月 6 日

ブール型のプロパティ EnableAggregateExceptionHandlingtrue に設定することで、集約例外をクラッシュとして報告するように Xamarin エージェントを構成できます。プロパティが false に設定されている場合は、未処理の例外のみが報告されます。デフォルト値は false です。

バージョン 2020.3.3:2020 年 3 月 16 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています

バージョン 2020.3.2:2020 年 3 月 13 日

デフォルトでは、Xamarin エージェントが例外をクラッシュとして報告します。例外として行われるクラッシュの報告を無効にするように設定できるようになりました

バージョン 2020.3.1:2020 年 3 月 10 日

このリリースには、最適化と小さなコードに対する変更が含まれています

バージョン 2020.2.0

Xamarin エージェントの 20.2.0 リリースはありませんでした。