次の手順は、合成プライベートエージェントを取得してインストールする方法を示しています。 

合成プライベートエージェントのインストールでは、システムに次の変更を加えます。

  • 合成プライベートエージェントをインストールします。
  • ブラウザをインストールします。
  • 複数の Windows レジストリ設定の変更など、Windows のさまざまな側面を構成して、ブラウザからパフォーマンスデータを収集できるようにします。
  • Windows ファイアウォールを有効にして、サーバへのインバウンドネットワーク接続を防止します。

前提条件

インストールを開始する前に、次のことを完了していることを確認します。

インストールの手順

合成プライベートエージェントをインストールするには、以下の手順を実行します。

合成プライベートエージェントの取得

AppDynamics ダウンロードに移動し、合成プライベートエージェントをダウンロードします。

管理者としてログインします。

合成プライベート エージェント インストーラをコピーして実行するには、その前に、合成プライベートエージェント用の専用 Windows マシンに管理者としてログインする必要があります。

合成プライベートエージェントを専用マシンにコピー/移動

  1. 合成プライベートエージェントを含む圧縮アーカイブファイル SyntheticAgentInstaller.zip  をこのマシンに移動またはコピーします。 

  2. アーカイブファイルを解凍します。
  3. ディレクトリ SyntheticAgentInstaller にインストーラスクリプト install.ps1 が含まれていることを確認します。 

アカウントと場所情報の準備

合成プライベートエージェントをインストールする前に、次の情報が必要になります。

  • EUM Account Name / EUM License Key
    1. SaaS コントローラに移動します。
    2. [License > Peak Usage] に移動します。
    3. [User Experience] セクションまで下にスクロールします。
    4. [Account Name] と [License Key] のフィールドの値をコピーします。
  • Location name:場所のユーザフレンドリな文字列。複数のコンピュータで同じ場所情報を使用すると、その場所にキャパシティを追加できます。たとえば、プライベートの場所が SF の会社オフィスから実行されている複数のマシンの場所である場合は、「SF Office」を使用できます。
  • Location ID:1 つ以上のエージェントが実行されている可能性がある場所を識別する 4 ~ 10 文字の一意の英数字文字列。この ID は、場所の名前に基づいて作成する必要があります。 
  • Latitude and longitude of the locationGPS Coordinates with Google Mapsツール(
    https://www.gps-coordinates.net/)に移動して、場所の緯度と経度を取得します。

インストーラの実行

アーカイブファイルを解凍した後、次の手順を実行します。

  1. PowerShell コンソールを開きます。
  2. ディレクトリ SyntheticAgentInstaller に移動します。

  3. PowerShell 実行ポリシーを Unrestricted に設定します。

    > Set-ExecutionPolicy Unrestricted
    POWERSHELL
  4. PowerShell スクリプト install.ps1 を実行して、合成プライベートエージェント、インターネットブラウザをインストールし、Windows の設定を変更します。

    > .\install.ps1
    POWERSHELL
  5. コマンドプロンプトで、最後の手順で準備した情報を入力します。

エージェントと合成サーバの接続(オプション)

デフォルトでは、合成プライベートエージェントは、アメリカのビジネス地域にある SaaS 合成サーバに測定結果を報告します。したがって、合成プライベートエージェントがアメリカのビジネス地域にあり、SaaS 合成サーバに報告している場合は、合成プライベートエージェントの起動を続行します。

合成プライベートエージェントがオンプレミスの合成サーバに測定結果を報告している場合、設定手順については合成エージェントと合成サーバの接続を参照してください。

EMAC または APAC のビジネス地域で SaaS 合成サーバに報告するように合成プライベートエージェントを構成するには、次の手順を実行します。

  1. 次の表の [EMAC] または [APAC] タブを選択し、地域内の SaaS 合成サーバへの URL を見つけます。

    SaaS Domains and IP Ranges

    Americas

    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Ranges

    Cisco Cloud Observability

    https://observe.appdynamics.comus-west-2-pdx-1a (AWS Local Zone)
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)https://pdx-sls-agent-api.saas.appdynamics.comus-west-2






    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP ranges for the us-west-2 region.
    Serverless Service
    Analyticshttps://analytics.api.appdynamics.com
    Controller Tenant

    https://my-controller-tenant.saas.appdynamics.com

    AppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.

    EUM Cloud
    https://col.eum-appdynamics.com or http://pdx-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)


    As part of a critical infrastructure upgrade, AppDynamics will be deprecating support for static IP ranges for the PDX/Oregon SaaS EUM collector https://col.eum-appdynamics.com/ on May 27th, 2022.  This upgrade is required to improve the scalability of the cloud infrastructure used by the AppDynamics EUM solution. If your organization currently utilizes firewall rules based on static IP ranges, you will need to update them to add the https://col.eum-appdynamics.com/ domain to the allowlist instead. This change needs to be made before May 27th, 2022, otherwise EUM data will be lost (including Mobile and Browser RUM) for any applications being monitored which sit behind the firewall. Please contact your account team or support team if you have any questions.

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP ranges for the us-west-2 region.

    IoT REST APIhttps://iot-col.eum-appdynamics.com
    Screenshot Servicehttps://image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Serverhttps://synthetic.api.appdynamics.com
    • 52.40.35.5 (Boardman, Oregon)
    • 52.201.103.47 (Ashburn, Virginia)
    Synthetic Server Feederwss://synthetic-feeder.api.appdynamics.com
    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP ranges for the us-west-2 region.
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Oregon Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 34.218.183.67 

    • 52.88.49.75

    • 34.218.135.55

    • 44.224.91.190

    • 44.224.93.208

    • 100.21.44.47

    • 35.163.240.75

    • 100.21.168.150

    • 44.224.41.204

    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Ranges
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)https://gru-sls-agent-api.saas.appdynamics.comsa-east-1













    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP ranges for the sa-east-1 region.
    Serverless Service
    Analyticshttps://gru-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenant

    https://my-controller-tenant.saas.appdynamics.com

    AppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.

    EUM Cloud

    https://gru-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://gru-api.eum-appdynamics.com (EUM API)

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP ranges for the sa-east-1 region.

    IoT REST APIhttps://gru-iot-col.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server Feeder

    wss://gru-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com

    Synthetic Server

    https://gru-synthetic.eum-appdynamics.com


    Synthetic Server Feederhttps://gru-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Sao Paolo Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 54.94.50.188

    • 54.233.178.89

    • 18.229.226.158


    EMEA

    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Range
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)https://fra-sls-agent-api.saas.appdynamics.comeu-central-1








    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region eu-central-1.
    Serverless Service
    Analyticshttps://fra-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenanthttps://my-controller-tenant.saas.appdynamics.comAppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.
    EUM Cloud

    https://fra-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://fra-api.eum-appdynamics.com (EUM API)

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region eu-central-1.


    IoT REST APIhttps://fra-iot-col.eum-appdynamics.com
    Screenshot Servicehttps://fra-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Serverhttps://fra-synthetic.eum-appdynamics.com

    52.48.243.82 (Dublin, Ireland)

    Synthetic Server Feederwss://fra-synthetic-feeder.eum-appdynamics.comPlease refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region eu-central-1.
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Frankfurt Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 18.195.41.33
    • 18.195.153.182
    • 18.195.58.148
    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Range
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)Coming sooneu-west-2









    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region eu-west-2.
    Serverless Service 
    Analyticshttps://lon-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenanthttps://my-controller-tenant.saas.appdynamics.comAppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.
    EUM Cloud

    https://lon-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://lon-api.eum-appdynamics.com (EUM API)

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region eu-west-2.






    IoT REST APIhttps://lon-iot-col.eum-appdynamics.com
    Screenshot Servicehttps://lon-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server Feeder

    wss://lon-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com

    Synthetic Serverhttps://lon-synthetic.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server Feederwss://lon-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the London Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 3.8.253.170
    • 18.135.187.156
    • 18.135.213.75


    APAC

    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Range
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)Coming soonap-east-1







    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-east-1.
    Serverless Service
    Analyticshttps://hkg-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenant


    https://my-controller-tenant.saas.appdynamics.com

    AppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.

    EUM Cloud

    https://hkg-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://hkg-api.eum-appdynamics.com (EUM API)

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-east-1.








    IoT REST API

    https://hkg-iot-col.eum-appdynamics.com

    Screenshot Servicehttps://hkg-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server

    https://hkg-synthetic.eum-appdynamics.com

    Synthetic Server Feederwss://hkg-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Hong Kong Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 18.163.88.143
    • 18.162.92.41
    • 18.166.80.78
    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Range
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)

    https://bom-sls-agent-api.saas.appdynamics.com

    ap-south-1









    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-south-1.
    Serverless Service
    Analyticshttps://bom-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenant


    https://my-controller-tenant.saas.appdynamics.com

    AppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.

    EUM Cloud

    https://bom-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://bom-api.eum-appdynamics.com (EUM API)

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-south-1.

    IoT REST API

    https://bom-iot-col.eum-appdynamics.com

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-south-1.





    Screenshot Servicehttps://bom-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server Feeder

    wss://bom-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com

    Synthetic Server

    https://bom-synthetic.eum-appdynamics.com

    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Mumbai Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 13.232.191.174
    • 3.7.186.32
    • 13.127.49.48
    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Range
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics for OpenTelemetry

    https://sin-sls-agent-api.saas.appdynamics.com

    ap-southeast-1







    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-southeast-1.
    Serverless Service
    Analyticshttps://sin-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenant


    https://my-controller-tenant.saas.appdynamics.com

    AppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.

    EUM Cloud

    https://sin-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://sin-api.eum-appdynamics.com (EUM API)

    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-southeast-1.






    IoT REST API

    https://sin-iot-col.eum-appdynamics.com

    Screenshot Servicehttps://sin-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server

    https://singapore-synthetic.eum-appdynamics.com

    Synthetic Server Feederwss://sin-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Singapore Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 13.228.123.222
    • 54.169.20.120
    • 13.229.165.25
    Platform ComponentsDomainsAWS RegionIP Addresses/Range
    AppDynamics Content Delivery Network (CDN)https://cdn.appdynamics.com

    AppDynamics uses Amazon CloudFront for the CDN.

    See the CloudFront IP ranges for the possible IP addresses used for the AppDynamics CDN.

    AppDynamics OpenTelemetry Service (SaaS Controller)https://syd-sls-agent-api.saas.appdynamics.comap-southeast-2







    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-southeast-2.
    Serverless Service
    Analyticshttps://syd-ana-api.saas.appdynamics.com
    Controller Tenant


    https://my-controller-tenant.saas.appdynamics.com

    AppDynamics will provide a unique set of IP addresses at the time of provisioning the Controller Tenant within AWS.

    EUM Cloud

    https://syd-col.eum-appdynamics.com (EUM Collector)

    https://syd-api.eum-appdynamics.com (EUM API)


    Please refer to the AWS IP range JSON file for the IP range for the AWS region ap-southeast-2.






    IoT REST API

    https://syd-iot-col.eum-appdynamics.com

    Screenshot Servicehttps://syd-image.eum-appdynamics.com
    Synthetic Server

    https://syd-synthetic.eum-appdynamics.com

    Synthetic Server Feederwss://syd-synthetic-feeder.eum-appdynamics.com
    Synthetic Hosted AgentsSee Synthetic Hosted Agents.

    Notes:

    All traffic originating from the Sydney Datacenter environment will have one of the following source IP addresses: 

    • 13.210.238.7
    • 13.54.206.49
    • 13.55.209.28

  2. ディレクトリ C:\appdynamics\synthetic-agent\synthetic-driver\conf に移動します。
  3. ファイル synthetic-driver.yml を編集します。
  4. 次に示すように、地域の SaaS 合成シェパードへの URL を shepherdUrl に設定します。

    ## Use the SaaS Synthetic Server URL from the table above for EMAC or APAC.
    shepherdUrl: http://<saas_synthetic-server_url>
    POWERSHELL
  5. 変更内容を保存して、synthetic-driver.yml ファイルを閉じます。

合成プライベートエージェントの起動

インストールが完了した後(インストーラによってコンピュータが再起動される場合があります)、デスクトップショートカット [Start Agent] をダブルクリックして、合成プライベートエージェントを起動します。

インストールが成功したことの確認

  1. SaaS コントローラに移動し、次に移動します。Synthetic Job List.
  2. [Create a Job] をクリックします。
  3. [Choose Locations] で、ドロップダウンから Private を選択して、アカウントに関連付けられているすべての合成プライベートエージェントを表示します。
  4. 使用可能な場所の 1 つとしてプライベートの場所が表示されていることを確認します。 

自動ログオンの構成

起動後のマシンが自動的に管理者アカウントにログオンするように、自動ログオンを設定する必要があります。自動ログオンを設定するには、無料の Microsoft Sysinternals ユーティリティAutologon.exe  を使用することをお勧めします。Autologon.exe は使いやすく、さらに重要なこととして、Windows レジストリに保存されているアカウントログイン情報を暗号化します。

自動ログオンを構成するには、次の手順を実行します。

  1. https://docs.microsoft.com/en-us/sysinternals/downloads/autologon から Autologon.exe をダウンロードします。
  2. 実行可能ファイル Autologon.exe をダブルクリックします。
  3. 要求された情報(ユーザ名、ドメイン、パスワードなど)を入力します。
  4. [Enable] をクリックします。

コマンドラインから Autologon.exe を実行することもできますが、パスワード内の特殊文字は必ずエスケープするようにします。

レジストリを編集して手動で自動ログオンを構成するには、「How to turn on automatic logon in Windows」を参照してください。使用している Windows のバージョンによっては、記載された手順が若干変わることがあるので注意してください。 

ログオン時に合成プライベートエージェントが起動するスケジュール設定

自動ログオンを設定したら、マシンが管理者アカウントにログインした後に合成プライベートエージェントを自動的に起動するようにスケジュールする必要があります。

  1. PowerShell コンソールを開きます。
  2. ファイル startagent.xml をダウンロードし、$HOME ディレクトリに保存します。

  3. $HOME ディレクトリに移動します。
  4. 「管理者」以外のユーザとしてログオンしている場合は、startagent.xml ファイルを編集して、次の XML 要素の値 "Administrator" をユーザ名に置き換えます(ユーザアカウントには引き続き管理者権限が必要です)。
    • <Author>
    • <UserId>
  5. 合成プライベートエージェントを起動するタスクをスケジュールします。

    &gt; schtasks /create /f /tn "Start the Synthetic Private Agent"/xml .\startagent.xml
    POWERSHELL
  6. マシンを再起動します。

  7. マシンが起動すると、「Administrator: Windows PowerShell」というタイトルの Windows コンソールが開いて、ログメッセージ「Synthetic-agent is running」が表示されます。

詳細オプション

複数のエージェントのインストール

1 つの合成プライベートエージェントをインストールした後、さらに合成プライベートエージェントをインストールする必要があるかどうかを検討する必要があります。

次の使用例では、複数のエージェントをインストールすることをお勧めします。

  • 複数の場所をテストする。test multiple locations 複数のマシンに合成プライベートエージェントをインストールし、インストール中にさまざまな場所情報を指定する必要があります。それぞれの場所は、Job Editor で個別に表示されます。
  • さらにテストを実行するためにさらにスループットが必要である。more throughput to run more tests 1 つの場所から多数の合成ジョブを実行すると、「Location is overloaded」のようなエラーが表示されることがあります。これは、マシンがキャパシティに達していて、別のマシンを追加する必要があることを意味します。別のマシンにエージェントをインストールすることにより、同じ場所情報を指定することができます。 
  • Internet Explorer の複数のバージョンをサポートする。support for multiple versions of Internet Explore 詳細については、ソフトウェア要件を参照してください。