マシンエージェントをアンインストールするには、次の手順を実行します。

  1. マシンエージェント(またはサービス)を停止します。ご使用の環境用のコマンドについて「マシンエージェントの起動と停止」を参照してください。
  2. マシンエージェントをサービスとしてインストールした場合は、このページで説明されているコマンドを使用して、サービスを削除します。
    Windows および Mac OS X では、サービスを削除するコマンドで、サービスが正常に停止します。 
  3. <machine-agent-install> インストールディレクトリを削除します。

エージェントサービスの削除

Linux RPM

次のコマンドを実行します。

sudo rpm -ev appdynamics-machine-agent
CODE

Windows

次のコマンドを実行します。

&gt; UninstallService.vbs
CODE

Mac OS X

次のコマンドを実行します。

sudo launchctl unload -w <machine_agent_home>/com.appdynamics.machineagent.plist
CODE

AppDynamics 管理エージェントを使用した削除

マシンエージェントの管理」の説明に従い、コントローラ UI からマシンエージェントを削除し、一方でマシンエージェントの実行元の JVM をシャットダウンしない場合、マシンエージェントは次回コントローラに接続するときに UI に再び表示されます。マシンエージェントがコントローラに接続しないようにするには、JVM 設定からマシンエージェントの設定を削除する必要があります。これにより、コントローラでエージェントに関連付けられているライセンスが解放され、別のマシンエージェントで使用できるようになります。