AppDynamics は、モバイル UI と Metric Browser のさまざまなダッシュボードでモバイル RUM の主要なメトリックを表示します 

App Crashes per Minute を除き、コントローラ UI に表示されるクラッシュ情報はイベントストアに保存されているデータに基づいていて、Metric Browser には表示されません。

クラッシュ

クラッシュの測定値は、Analyze イベントストアを使用して作成され、[Crash Dashboard] に表示されます。

  • Total Crashes: 選択した時間範囲におけるクラッシュの合計数
  • Total Unique Crashes: 選択した時間範囲におけるユニーククラッシュタイプの合計数
  • Impacted Users:クラッシュの影響を受ける固有ユーザーの合計数
  • Crashes by Usage Stats:デバイス、OS バージョン、キャリア、および接続タイプに基づくクラッシュの割合
  • Crashes by Geo Location: 選択した時間範囲における発信元別のクラッシュの合計数

クラッシュメトリック

  • App Crashes per Minute:算術平均のクラッシュ数


HTTP エラー

HTTP エラーは、HTTP リクエストが送信されて応答が受信されたが、エラーが発生したことが応答ステータスコードに示されている場合に発生します。これらのエラーは、ネットワークは正常に機能しているが、クライアント側(4xx ステータスコード)またはサーバー側(5xx ステータスコード)にリクエストの通常の処理を妨げた問題があることを示しています。

  • HTTP Errors Per Minute:400 ~ 599 の間の HTTP 応答コードを返すエラーの 1 分あたりの算術平均エラー数
  • HTTP Errors (total):選択した時間範囲における HTTP エラーの合計数([Geo Dashboard] に表示)

モバイルデバイスメトリック

  • Memory (RAM): デバイスの合計メモリ(例:8GB)とリソース消費量(例:デバイスのメモリの 34% が使用中)
  • Disk Space: デバイスの合計ストレージ容量(例:64GB)およびリソース消費量(例:デバイスストレージの 65% が使用中) 
  • Battery: デバイスのバッテリレベル(充電および低電力モードステータスを含む)

Android エージェントの場合、メモリ、ストレージ、およびリソース消費量のデバイス仕様メトリックは、デバイスに表示されるものと同じでない場合があります。API の制限により、エージェントが返すメモリ値には、デバイス予約メモリのセグメントが含まれない場合があります。たとえば、デバイスに 64GB のストレージと 8GB のメモリがある場合でも、エージェントは 53 GB のストレージと 6.5GB のメモリしか報告しない場合があります。これは、デバイスや製造元によっても異なります。

ネットワークエラー

ネットワークエラーは、HTTP リクエストが送信されないようにする、または HTTP 応答が正常に受信されないようにするあらゆる事象のことです。 

  • Network Errors per Minute:1 分あたりのネットワークエラーの算術平均
  • Network Errors (total):選択した時間範囲におけるネットワークエラーの合計数([Geo Dashboard] に表示)

ネットワークエラーの一般的な原因には次のものがあります。

    • ホストを解決できません
    • ホストで接続が拒否されました
    • 接続がタイムアウトしました
    • Device is offline
    • 一般的な接続の問題

ネットワーク要求

ネットワークリクエストのメトリックは、プラットフォームおよびインストゥルメント化されたモバイルアプリケーションごとに報告されます。

  • Network Request Time:モバイルアプリケーションがシステム API を呼び出してリクエストを開始した時間から、システムがアプリケーションに応答を返す時間までの算術平均間隔(ミリ秒単位)
  • Requests per Minute:1 分あたりの算術平均の HTTP リクエスト数
  • Total Requests:選択した時間範囲における 1 分あたりの HTTP リクエストの合計数([Geo Dashboard] に表示)
  • Request Content Length:リクエストの本文に含まれるデータの合計バイト数。本文は、ヘッダーの下にある空白行の後にある部分です。
  • Response Content Length: 応答の本文に含まれるデータの合計バイト数。