Related page:

Metric Browser

このドキュメントでは、データベースエージェントによって収集されるメトリックについて説明します。メインの [AppDynamics] メニューからメトリックブラウザツリーの関連ブランチまでのメトリックへのパスを示します。これらのメトリックの一部はデータベースの可視性のユーザインターフェイスに表示されるため、ウィンドウの名前、カラム、セクション、およびメトリック名も記載しています。

メトリックブラウザのウィンドウ名は、次の形式を使用します。

  • Metric Browser - application_name:アプリケーションからメトリックブラウザにアクセスする場合。 
  • Metric Browser - Database Monitoring:インフラストラクチャからメトリックブラウザにアクセスする場合。

ブラウザのほとんどのタイプのメトリックでは、グラフ内のいずれかのポイントをクリックすると、その時点で観測されたメトリックに関する詳細情報を表示できます。表示される情報には、メトリック識別子、観測の日時、メトリックに関連する次のいずれかの値が含まれます。

  • Obs(観測値):該当期間に見られるすべてのデータポイントの平均。クラスタまたは時間ロールアップの場合、これはノード全体または時間の経過に伴う加重平均を表します。 
  • Min:該当期間に見られるデータポイントの最小値
  • Max:該当期間に見られるデータポイントの最大値。
  • Sum:該当期間に見られるすべてのデータポイントの合計値。
  • Count:その 1 点に集約された観測の数。たとえば、5 カウントは、1 分のデータポイントが 5 つあり、それらが 1 点に集約されていることを示します。

重要業績評価指標(KPI)

これらのメトリックは、サポートされているすべてのデータベース プラットフォームで使用できます。 

Calls per Minute1 分あたりのデータベースへの SQL コールの数。 

DB Availability:データベースが使用可能な(アクティブな接続がある)時間。データベースが使用できない場合、何もレポートされません。

Number of Connections:選択した期間中にデータベースで確立された接続の数(任意の時点)。接続は、データベースクライアントとサーバの間で確立されるセッションです。表示される値は時間範囲における平均接続数であるため、このメトリックには非常に低い数値または 0 が表示されることがよくあります。 

Time Spent in Execution (s):データベースが SQL ステートメントの実行に費やした現在の時間。 

Total Database Size(PostgreSQL のみ):データベースが使用しているディスク領域の量(MB 単位)。

Total Lock Time: データベースがロック状態になっていた合計時間(秒単位)。

Couchbase メトリック

Gc_num:ガベージコレクションされたオブジェクトの数
Gc_pause_time:ガベージコレクションの一時停止時間
Gc_pause_percent:ガベージコレクションの一時停止率

Memory_usage:現在 Couchbase によって使用されているメモリ(GB)
Memory_total:全期間に Couchbase によって使用されたメモリ(GB)
Memory_systemシステムによって使用されたメモリ(GB)。

Cpu_user_percent:ユーザが使用している CPU の割合
Cpu_sys_percent:システムが使用している CPU の割合

Request_completed_count:完了したリクエスト数
Request_active_count:アクティブなリクエスト数
Request_per_sec_1min:過去 1 分間の 1 秒あたりのリクエスト数
Request_per_sec_5min:過去 5 分間の 1 秒あたりのリクエスト数
Request_per_sec_15min:過去 15 分間の 1 秒あたりのリクエスト数
Request_time_mean:平均リクエスト時間
Request_time_median:中央値のリクエスト時間
Request_time_8080 パーセンタイルのリクエスト時間
Request_time_9595 パーセンタイルのリクエスト時間
Request_time_9999 パーセンタイルのリクエスト時間
Request_prepared:準備されたリクエスト数

cpu_utilization_rate:CPU 使用率
swap_total:使用可能なスワップの合計量
swap_used:使用可能なスワップの量
mem_total:使用可能なメモリの合計
mem_free:空きメモリの合計量

cmd_get:Compare and Swap の取得
couch_docs_actual_disk_size:ノードで使用される物理メモリ
couch_docs_data_size:ノードに関連付けられた Couch ドキュメントのデータサイズ
couch_spatial_data_size:空間ビューのオブジェクトデータのサイズ
couch_spatial_disk_size:空間ビューが使用するディスク領域の量
couch_views_actual_disk_size:Couch ビューが使用するディスク領域の量
couch_views_data_size:Couch ビューのオブジェクトデータのサイズ
curr_items:メモリのアクティブ項目の数
curr_items_tot:項目総数
ep_bg_fetched:1 秒あたりのディスク読み取り
get_hits:取得ヒット数
mem_used:エンジンの合計メモリ使用率
ops:空間操作
vb_replica_curr_items:メモリ項目数

DB2 サーバのメトリック

ACTIVE_SORTS:現在ソートヒープが割り当てられているデータベース内のソートの数。

AGENTS_TOP:データベースレベルでは、すべてのアプリケーションのエージェントの最大数です。

APPLS_CUR_CONS:現在データベースに接続されているアプリケーションの数。

APPLS_IN_DB2:現在データベースに接続されていて、データベースマネージャが現在リクエストを処理しているアプリケーションの数。

BINDS_PRECOMPILES:試行されたバインドおよびプリコンパイルの回数。この要素を使用して、データベースマネージャ内の現在のアクティビティレベルを把握できます。この値には int_auto_rebinds の数は含まれませんが、REBIND PACKAGE コマンドの結果として発生するバインドは含まれます。

CONNECTIONS_TOP:データベースがアクティブ化されてからのデータベースへの同時接続の最大数。

COORD_AGENTS_TOP:調整エージェントの最大数。調整エージェントのピーク数がこのノードにとって高すぎるワークロードを示している場合は、max_coordagents 設定パラメータを変更することにより、この上限を減らすことができます。

DDL_SQL_STMTS:実行された SQL データ定義言語(DDL)ステートメントの数。

DEADLOCKS:発生したデッドロックの数。

DIRECT_READ_REQS:次の式を使用して、直接読み取りで読み取られるセクターの平均数を計算します。direct_reads / direct_read_reqs

DIRECT_READ_TIME:直接読み取り操作の実行にかかった時間。

DIRECT_READS直接読み取りはユニット単位で実行され、最小で 512 バイトのセクターになります。これらは、LONG VARCHAR カラムの読み取り、LOB(ラージオブジェクト)カラムの読み取り、バックアップの実行時に使用されます。

DIRECT_WRITE_REQS:次の式を使用して、直接読み取りで書き込まれるセクターの平均数を計算します。direct_writes / direct_write_reqs

DIRECT_WRITE_TIME:直接書き込み操作の実行にかかった時間。

DIRECT_WRITES:直接書き込みはユニット単位で実行され、最小で 512 バイトのセクターになります。これらは、LONG VARCHAR カラムの書き込み、LOB(ラージオブジェクト)カラムの書き込み、復元の実行、ロードの実行、および MPFA が有効(デフォルト)の場合の SMS テーブルスペースに対する新しいエクステントの割り当て時に使用されます。

DYNAMIC_SQL_STMTS:試行されたダイナミック SQL ステートメントの数。

ELAPSED_EXEC_TIME_MS指定された期間内に特定のアプリケーションのすべてのステートメントを実行するために必要な合計時間(ミリ秒単位)。

ELAPSED_EXEC_TIME_S指定された期間内に特定のアプリケーションのすべてのステートメントを実行するために必要な合計時間(秒単位)。

FAILED_SQL_STMTS試行されたが失敗した SQL ステートメントの数。

INT_AUTO_REBINDS:データベースマネージャによって内部で開始されたコミットの数。

INT_COMMITS:データベースマネージャによって内部で開始されたコミットの数。

INT_DEADLOCK_ROLLBACKSデッドロックが原因でデータベースマネージャによって開始された強制ロールバックの数。ロールバックは、デッドロックを解決するためにデータベースマネージャによって選択されたアプリケーションの現在のワークユニットに対して実行されます。

INT_ROLLBACKS:データベースマネージャによって内部で開始されたロールバックの数。

INT_ROWS_DELETED:内部アクティビティの結果としてデータベースから削除された行の数。

INT_ROWS_INSERTED:トリガーによって発生した内部アクティビティの結果としてデータベースに挿入された行の数。

INT_ROWS_UPDATED内部アクティビティの結果としてデータベースから更新された行の数

LOCK_ESCALS複数行のロックからテーブルロックにロックがエスカレーションされた回数。

LOCK_LIST_IN_USE:使用中のロックリストメモリの合計バイト数。

LOCK_TIMEOUTS:オブジェクトをロックするリクエストが承認されずにタイムアウトになった回数。

LOCK_WAIT_TIME:ロックの待機に費やした合計経過時間(ミリ秒単位)。 

LOCK_WAITSアプリケーションまたは接続がロックを待機した回数。

LOCKS_HELD:現在保留されているロックの数。

LOCKS_WAITING:ロックを待機しているエージェントの数。

LOG_HELD_BY_DIRTY_PAGES:データベース内の最も古いダーティページとアクティブログの先頭との差異に対応するログの量(バイト単位)。

LOG_READ_TIME_NSロガーがディスクからログデータを読み取る際に費やした合計経過時間。テーブルに書き込むイベントモニタの場合、この要素の値は BIGINT データ型を使用してマイクロ秒単位で指定されます。

LOG_READ_TIME_S:データベースレベルでは、すべてのアプリケーションのサブエージェントの数です。

LOG_READS:ロガーによってディスクから読み取られるログページの数。

LOG_TO_REDO_FOR_RECOVERYクラッシュリカバリのために再実行する必要があるログのサイズ(バイト単位)

LOG_WRITE_TIME_NS:ロガーがログデータをディスクに書き込む際に費やした合計経過時間。テーブルに書き込むイベントモニタの場合、この要素の値は BIGINT データ型を使用してマイクロ秒単位で指定されます。

LOG_WRITE_TIME_Sデータベースレベルでは、すべてのアプリケーションのサブエージェントの数です。

LOG_WRITESロガーによってディスクに書き込まれたログページの数。

NUM_ASSOC_AGENTSデータベースレベルでは、すべてのアプリケーションのサブエージェントの数です。

NUM_INDOUBT_TRANS:データベース内の未処理の未確定トランザクション数。未確定トランザクションは、コミットされていないトランザクションのログスペースを保持するため、ログがいっぱいになる原因になることがあります。ログがいっぱいになると、追加のトランザクションを完了できません。この問題の解決には、未確定トランザクションをヒューリスティックに解決する手動プロセスが必要です。このモニタ要素により、ヒューリスティックに解決される必要がある現在未処理の未確定トランザクション数をカウントできます。

NUM_LOG_BUFFER_FULL:ログレコードをログバッファにコピーする際に、エージェントがログデータをディスクに書き込むまで待機する必要があった回数。

NUM_LOG_DATA_FOUND_IN_BUFFER:ログデータが低速なディスクからではなくバッファから読み取られた回数。

NUM_LOG_PART_PAGE_IO:部分的なログデータをディスクに書き込むためにロガーによって発行された I/O リクエストの数。現在のディスクがロギングに適しているかどうかを確認するには、このメトリックを log_writes、log_write_time、および num_log_write_io とともに使用します。

NUM_LOG_READ_IO:ログデータをディスクから読み取るためにロガーによって発行された I/O リクエストの数。現在のディスクがロギングに適しているかどうかを確認するには、このメトリックを log_reads および log_read_time とともに使用します。

NUM_LOG_WRITE_IO:ログデータをディスクに書き込むためにロガーによって発行された I/O リクエストの数。現在のディスクがロギングに適しているかどうかを確認するには、このメトリックを log_writes および log_write_time とともに使用します。

POOL_ASYNC_DATA_READ_REQS:オペレーティングシステムに対するプリフェッチャによる非同期読み取りリクエストの数。通常、これらのリクエストは複数ページの大規模なブロック I/O です。

POOL_ASYNC_DATA_READS:すべてのタイプのテーブルスペースの非同期エンジンディスパッチ可能単位で、テーブルスペースの物理コンテナから読み込まれたデータページの数。同期的に実行された物理読み取りの数を確認するには、このメトリックを pool_data_p_reads メトリックとともに使用します。

POOL_ASYNC_DATA_WRITES:非同期ページクリーナーまたはプリフェッチャのいずれかによってバッファプールデータページがディスクに物理的に書き込まれた回数。バッファページのクリーナーがどの程度適切に実行されているかを確認するには、このメトリックを pool_data_writes および pool_async_data_writes とともに使用します。

POOL_ASYNC_INDEX_READS:すべてのタイプのテーブルスペースの非同期エンジンディスパッチ可能単位で、物理テーブルスペースコンテナから読み込まれたインデックスページの数。プリフェッチャがどの程度正常に動作しているかを判断するには、物理読み取りの合計に対する非同期読み取りの比率を比較します。この情報を使用して、num_ioservers 設定パラメータを調整します。

POOL_ASYNC_INDEX_WRITES:非同期ページクリーナーまたはプリフェッチャのいずれかによってバッファ プール インデックス ページがディスクに物理的に書き込まれた回数。

POOL_ASYNC_READ_TIME:すべてのタイプのテーブルスペースの非同期エンジンディスパッチ可能単位で、物理テーブルスペースコンテナからデータおよびインデックスページの読み込みに費やされた合計時間(ミリ秒)。このメトリックを使用して、実行されている I/O 作業を分析します。

POOL_ASYNC_WRITE_TIME:データベース マネージャ ページ クリーナーによるバッファプールからディスクへのデータまたはインデックスページの書き込みに費やされた合計時間(ミリ秒)。このメトリックを使用して、実行されている I/O 作業を分析します。

POOL_DATA_FROM_ESTORE:拡張ストレージモニタから読み取られたバッファプールデータページの数。

POOL_DATA_L_READS:バッファプール(論理)からリクエストされた、通常のテーブルスペースと大きなテーブルスペースのデータページの数。ステートメントレベルでバッファプール情報を記録する機能は、API および CLP スナップショットリクエストでサポートされています。

POOL_DATA_P_READSテーブルスペースコンテナ(物理)から読み込まれた、通常のテーブルスペースと大きなテーブルスペースのデータページの数。ステートメント 7 レベルでバッファプール情報を記録する機能は、API および CLP スナップショットリクエストでサポートされています。

POOL_DATA_WRITESバッファプールデータページがディスクに物理的に書き込まれた回数。

POOL_DRTY_PG_STEAL_CLNS:データベースの被害側バッファの置換中に同期書き込みが必要だったためにページクリーナーが呼び出された回数。

POOL_DRTY_PG_THRSH_CLNS:バッファプールがデータベースのダーティページしきい値基準に達したためにページクリーナーが呼び出された回数。

POOL_INDEX_L_READS:バッファプール(論理)からリクエストされた、9 つの通常のテーブルスペースと大きなテーブルスペースのインデックスページの数。ステートメントレベルでバッファプール情報を記録する機能は、API および CLP スナップショットリクエストでサポートされています。

POOL_INDEX_P_READSテーブルスペースコンテナ(物理)から読み込まれた、通常のテーブルスペースと大きなテーブルスペースのインデックスページの数。ステートメントレベルでバッファプール情報を記録する機能は、API および CLP スナップショットリクエストでサポートされています。

POOL_INDEX_WRITESバッファ プール インデックス ページがディスクに物理的に書き込まれた回数。

POOL_LSN_GAP_CLNS:使用したロギングスペースがデータベースの事前定義された基準に達したためにページクリーナーが呼び出された回数。

POOL_NO_VICTIM_BUFFER:エージェントが、事前に選択された被害側バッファを使用できなかった回数。

POOL_READ_TIME:すべてのタイプのテーブルスペースの物理テーブルスペースからデータおよびインデックスページの読み込みに費やされた時間(ミリ秒)。

POOL_TEMP_DATA_L_READS:論理バッファプールからリクエストされた一時テーブルスペースのデータページの数。

POOL_TEMP_DATA_P_READS:物理テーブルスペースコンテナから読み込まれた一時テーブルスペースのデータページの数。

POOL_TEMP_INDEX_L_READS:論理バッファプールからリクエストされた一時テーブルスペースのインデックスページの数。

POOL_TEMP_INDEX_P_READS:物理テーブルスペースコンテナから読み込まれた一時テーブルスペースのインデックスページの数。

POOL_WRITE_TIME:バッファプールからディスクへのデータまたはインデックスページの物理的な書き込みに費やされた時間(ミリ秒)。

PREFETCH_WAIT_TIME:I/O プリフェッチャサーバがバッファプールへのページのロード完了を待機するのにかかった時間(ミリ秒)。

ROWS_DELETED:試行された行の削除数。

ROWS_INSERTED:試行された行の挿入数。

ROWS_READテーブルから読み取られた行の数。

ROWS_SELECTED選択され、アプリケーションに返された行の数。

ROWS_UPDATED試行された行の更新数。

SEC_LOG_USED_TOP:使用されるセカンダリログスペースの最大バイト数。

SEC_LOGS_ALLOCATED:データベースに現在使用されているセカンダリログファイルの数。

SELECT_SQL_STMTS:実行された SQL SELECT ステートメントの数。

SORT_HEAP_ALLOCATED:選択されたレベルと現在の時刻での、すべてのソートにおけるソートヒープ領域の割り当て済みページの数。

SORT_OVERFLOWS:ソートヒープを使い果たし、一時ストレージ用にディスク容量が必要になる可能性があるソートの数。

SORT_SHRHEAP_ALLOCATED:データベースに割り当てられている共有ソートメモリの合計量。

SORT_SHRHEAP_TOP:4k ページのデータベース全体の共有ソートメモリ最高水準点。

STATIC_SQL_STMTS:試行された静的 SQL ステートメントの数。

TOT_LOG_USED_TOP:ログスペースに使用された最大バイト数。

TOTAL_APP_COMMITS:クライアント アプリケーションによって発行されたコミットステートメントの合計数。 

TOTAL_APP_ROLLBACKS:クライアント アプリケーションによって発行されたロールバックステートメントの合計数。

TOTAL_CONS:データベースに対して新たに開かれた接続の数。

TOTAL_LOG_AVAILABLE:コミットされていないトランザクションによって使用されていない、データベース内のアクティブなログスペースのバイト数。

TOTAL_LOG_USED:現在データベースで使用されているアクティブなログスペースのバイト数。

TOTAL_SEC_CONS:サブエージェントによってノードのデータベースに対して確立された接続の数。

TOTAL_SORT_TIME:実行されたすべてのソートの経過時間の合計(ミリ秒)。

TOTAL_LOCK_TIMEデータベースがロック状態になっている合計時間。

TOTAL_SORTS:実行されたソートの数。

TOT_LOG_USED_TOP:使用されている合計ログスペースの最大量(バイト単位)。

UID_SQL_STMTS:実行された SQL UPDATE、INSERT、および DELETE ステートメントの数。

UNREAD_PREFETCH_PAGES:プリフェッチャが読み込み、使用されなかったページの数。

MongoDB サーバのメトリック

asserts_msg:メッセージアサートの数。これらは、適切に定義されたテキスト文字列がある内部サーバエラーです。これらのスタックトレースがログに記録されます。

asserts_regular:このプロセスが開始されてから発生した通常のアサートの数。

asserts_user:ユーザアサートの数。これらは、ディスク容量が不足している、またはキーが重複しているなど、ユーザによって生成される可能性のあるエラーです。

asserts_warning:このプロセスが開始されてから発生した警告の数。

BackgroundFlushing_flushes:データベースがすべての書き込みをディスクにフラッシュした回数。

BackgroundFlushing_total_ms:mongod プロセスがディスクへのデータの書き込み(例:フラッシュ)に費やしたミリ秒(ms)数。

Connections_available:データベースが提供できる未使用の使用可能な接続の数。この値と current の値を組み合わせて考慮することにより、データベースの接続負荷を把握します。使用可能な接続のシステムしきい値の詳細については『UNIX ulimit Settings』ドキュメントを参照してください。

Connections_current:クライアントからデータベースサーバへの接続の数。この数には、現在のシェルセッションが含まれます。このデータのコンテキストを理解するには、available の値を考慮します。この数には、現在のシェル接続と、レプリカセットまたはシャードクラスタをサポートするためのノード間接続が含まれています。

Cursor_timedOut:サーバプロセスが開始されてからタイムアウトになったカーソルの数。この数値が大きいか一定の割合で増加している場合、これはアプリケーションエラーを示している可能性があります。

Cursor_totalOpen:MongoDB がクライアント用に維持しているカーソルの数。MongoDB は未使用のカーソルを使い果たすため、通常、この値は小さいかゼロです。ただし、キューや古くなった追尾可能カーソル、または多数の操作がある場合、この値は増加する可能性があります。

globalLock_ActiveClients:接続されているクライアントの数。

globalLock_CurrentQueue:ロックを待機しているキューに入れられた操作の数。特に短い操作での一貫して小さなキューでは問題は発生しません。また、この値は、それぞれ読み取りロック(リーダーなど)と書き込みロック(ライターなど)を待機しているキューのサイズを考慮して検討します。

Mem_mapped:データベースによってマッピングされたメモリのメガバイト数。MongoDB はメモリマップされたファイルを使用するため、この値はデータベースの合計サイズにほぼ相当します。

Mem_resident:データベースプロセスで現在使用されているメガバイト(MB)単位の RAM の量。通常の使用では、この値は大きくなる傾向があります。専用データベースサーバでは、この数はシステムメモリの合計量に近づく傾向があります。

Mem_virtual:mongod プロセスによって使用される仮想メモリのメガバイト(MB)単位の量。ジャーナリングが有効になっている場合、virtual の値は mapped の値の 2 倍以上になります。virtual 値が mapped よりも大幅に大きい場合(たとえば 3 倍以上)、これはメモリリークを示している可能性があります。

Network_bytesIn:このデータベースによって受信されたネットワークトラフィックの量(バイト単位)。この値を使用して、mongod プロセスに送信されたネットワークトラフィックが予想およびアプリケーション間トラフィック全体と一致していることを確認します。

Network_bytesOut:このデータベースから送信されたネットワークトラフィックの量(バイト単位)。この値を使用して、mongod プロセスによって送信されたネットワークトラフィックが予想およびアプリケーション間トラフィック全体と一致していることを確認します。

Network_numRequests:サーバが受信した個別のリクエストの数。この値を使用して、bytesIn および bytesOut 値のコンテキストを提供し、MongoDB ネットワーク使用率が予想およびアプリケーションの使用状況と一致していることを確認します。

OpCounters_command:MongoDB に送信されたコマンドの数。

OpCounters_delete:削除操作の数。

OpCounters_getmore:GetMore 操作の数。

OpCounters_insert:挿入操作の数。

OpCounters_query:クエリ操作の数。

OpCounters_update:更新操作の数。

Oplog_Max_Size (4.5.4 の新機能):操作ログの最大サイズ

Oplog_Size (4.5.4 の新機能):操作ログのサイズ

OplogTimeDiff_in_sec(4.5.4 の新機能):ログの最初のエントリと最後のエントリの差(秒単位)

Repl_command:データベースに対して発行されたレプリケート済みコマンドの数。

Repl_delete:レプリケートされた削除操作の数。

Repl_getmore:GetMore 操作の数。クエリ数が少ない場合でも、このカウンタは高い場合があります。セカンダリノードは、レプリケーションプロセスの一環として getMore 操作を送信します。

Repl_insert:レプリケートされた挿入操作の数。

Repl_query:レプリケートされたクエリの数。

Repl_update:レプリケートされた更新操作の数。

Replication_MyState (4.5.4 の新機能):現在のメンバーのレプリカ状態を表す 0 ~ 10 の整数。

Index_missRatio:インデックスのミス数に対するヒット数の比率。インデックスミスが多い場合は、クエリを調べ、インデックスが最適に使用されているかどうかを確認する必要があります。クエリがより速く実行されるようにするには、新しいインデックスの追加が必要な場合があります。クエリを説明すると、ヒットしているインデックスクエリと合計実行時間を確認し、新しいインデックスを追加する前後のクエリのパフォーマンスを比較できます。

Microsoft SQL Server のメトリック

Active cursors:アクティブなカーソルの数。

Active Temp Tables:使用中の一時テーブル/テーブル変数の数。

Active Transactions:データベースのアクティブなトランザクションの数。 

AU cleanup batches/sec遅延ドロップされたアロケーションユニットをクリーンアップするバックグラウンドタスクによって正常に完了した 1 秒あたりのバッチ数。

AU cleanups/sec:遅延ドロップされたアロケーションユニットをクリーンアップするバックグラウンドタスクのドロップに成功した 1 秒あたりのアロケーションユニット数。アロケーションユニットのドロップにはそれぞれ複数のバッチが必要です。

Auto-Param Attempts/sec:1 秒あたりの自動パラメータ化の試行回数。合計は、失敗、安全、および安全でない自動パラメータ化の合計である必要があります。自動パラメータ化は、SQL Server のインスタンスがいくつかのリテラルをパラメータに置き換えて Transact-SQL リクエストをパラメータ化しようとした場合に発生します。これにより、結果としてキャッシュされた実行プランを複数の類似するリクエストで再利用できるようになります。自動パラメータ化は、新しいバージョンの SQL Server では簡易パラメータ化とも呼ばれています。このカウンタには、強制的なパラメータ化は含まれません。

Average Latch Wait Time (ms):待機する必要があるラッチリクエストの平均ラッチ待機時間(ミリ秒)。

Average Wait Time (ms):待機することになった各ロックリクエストの平均待機時間(ミリ秒)。

Backup/Restore Throughput/sec:1 秒あたりのデータベースのバックアップおよび復元操作における読み取り/書き込みスループット。たとえば、より多くのバックアップデバイスが並行して使用される場合や、より高速なデバイスが使用される場合に、データベースのバックアップ操作のパフォーマンスがどのように変化するかを測定できます。データベースのバックアップまたは復元操作のスループットにより、バックアップと復元操作の進行状況とパフォーマンスを判断できます。

Batch Requests/sec:1 秒あたりに受信した Transact-SQL コマンドバッチの数。この統計情報は、すべての制約(I/O、ユーザの数、キャッシュサイズ、リクエストの複雑さなど)の影響を受けます。高いバッチリクエストは、良好なスループットを意味します。

Buffer cache hit ratio:ディスクから読み取る必要なくバッファキャッシュで見つかったページの割合。この比率は、キャッシュヒットの合計数を、直近数千のページアクセスでのキャッシュルックアップの合計数で割った値です。比率はパーセンテージで表されます。長い時間が経過すると、比率はほとんど変化しません。キャッシュからの読み取りは、ディスクからの読み取りよりもはるかに低コストであるため、この比率は高いことが望まれます。通常、バッファキャッシュのヒット率は、SQL Server で使用可能なメモリの量を増やすことで上げることができます。

Bulk Copy Rows/sec:1 秒あたりに一括コピーされた行の数。

Bulk Copy Throughput/sec:1 秒あたりに一括コピーされたデータの量(KB 単位)。

By-reference Lob Create Count:参照によって渡されたラージオブジェクト(lob)値の数。参照による lob は、値によって lob が渡されるコストを回避するために特定の一括操作で使用されます。

By-reference Lob Use Count:使用された参照による lob 値の数。参照による lob は、値によって lob が渡されるコストを回避するために特定の一括操作で使用されます。

Cache Hit Ratio:キャッシュヒットとルックアップの比率。比率はパーセンテージで表されます。

Cache Object Counts:キャッシュ内のキャッシュオブジェクトの数。

Cache Objects in use:使用中のキャッシュオブジェクトの数。

Cache Pages:キャッシュオブジェクトで使用される 8 キロバイト(KB)ページの数。

Cached Cursor Counts:キャッシュ内の特定のタイプのカーソル数。

Checkpoint pages/sec:チェックポイントまたはすべてのダーティページをフラッシュする必要があるその他の操作によって 1 秒間にフラッシュされたページの数。

CLR Execution:CLR での合計実行時間(マイクロ秒)

Connection Memory (KB):サーバが接続を維持するために使用している動的メモリの合計量。

Count Lob Readahead:readahead が発行された lob ページの数。

Count Pull In Row:行外から行内にプルされたカラム値の数。 

Count Push Off Row:行内から行外にプッシュされたカラム値の数。 

Cursor memory usage:カーソルによって消費されたメモリの量(KB 単位)。

Count/sec:キャッシュされたカーソルの各タイプが使用された回数。Cursor memory usage:カーソルによって消費されたメモリの量(KB 単位)。

Cursor Requests/sec:サーバによって受信された SQL カーソルリクエストの数。Cursor worktable usage:カーソルで使用される作業テーブルの数。Data File(s) Size (KB):自動拡張を含む、データベース内のすべてのデータファイルの累積サイズ(KB 単位)。このカウンタのモニタリングは、たとえば、次の適正なサイズを確認する場合などに役立ちます。Database pages:データベースの内容を含むバッファプール内のページ数。

Cursor worktable usageカーソルで使用されている作業テーブルの数。

Data File(s) Size(KB)自動拡張を含む、データベース内のすべてのデータファイルの累積サイズ(KB)。このカウンタをモニタして、tempdb の適正なサイズを確認します

Database pages:使用中のデータベースページの数。

DBCC Logical Scan Bytes/sec:データベース コンソール コマンド(DBCC)の 1 秒あたりの論理読み取りスキャンバイト数。

Deferred Dropped rowsets:遅延ドロップされた行セットをクリーンアップするバックグラウンドタスクによってドロップされるのを待機しているオンラインインデックス作成操作が中断された結果として作成された行セットの数。

Dropped rowset cleanups/sec:遅延ドロップされた行セットをクリーンアップするバックグラウンドタスクによって正常にドロップされたオンラインインデックス作成操作が中断された結果として作成された 1 秒あたりの行セットの数。

Dropped rowsets skipped/sec:遅延ドロップされた作成済み行セットをクリーンアップするバックグラウンドタスクによってスキップされたオンラインインデックス作成操作が中断された結果として作成された 1 秒あたりの行セットの数。

Errors/sec:1 秒あたりのエラー数。

Event Notifications Delayed Drop:システムスレッドによってドロップされるのを待機しているイベント通知の数。

Extent Deallocations/sec:SQL Server のこのインスタンスのデータベースすべてで、1 秒あたりに割り当て解除されたエクステントの数。

Extents Allocated/sec:SQL Server のこのインスタンスのデータベースすべてで、1 秒あたりに割り当てられたエクステントの数。

Failed AU cleanup batches/sec:遅延ドロップされたアロケーションユニットをクリーンアップするバックグラウンドタスクによって失敗し、再試行が必要になった 1 秒あたりのバッチ数。障害は、メモリまたはディスク容量の不足、ハードウェア障害、およびその他の理由により発生した可能性があります。

Failed Auto-Params/sec:1 秒あたりの失敗した自動パラメータ化の試行回数。これは小さい必要があります。自動パラメータ化は、新しいバージョンの SQL Server では簡易パラメータ化とも呼ばれています。

Failed leaf page cookie:リーフページで変更が発生したためにインデックス検索中にリーフページ cookie を使用できなかった回数。cookie は、インデックス検索を高速化するために使用されます。

Failed tree page cookie:ツリーページの親ページで変更が発生したためにインデックス検索中にツリーページ cookie を使用できなかった回数。cookie は、インデックス検索を高速化するために使用されます。

Forced Parameterizations/sec:1 秒あたりに成功した強制的なパラメータ化の数。

Forwarded Records/sec:転送されたレコードポインタを通じて取得された 1 秒あたりのレコード数。

Free list stalls/sec:空きページを待機する必要があった 1 秒あたりのリクエスト数。

Free Space in tempdb (KB):FreeSpace ページで使用可能なスペースの量(KB 単位)。

FreeSpace Page Fetches/sec空きスペーススキャンによって取得された 1 秒あたりのページ数。これらのスキャンでは、レコードフラグメントを挿入または変更するリクエストに対処するため、アロケーションユニットにすでに割り当てられているページ内の空きスペースを検索します。

FreeSpace Scans/sec:レコードフラグメントを挿入または変更するためにアロケーションユニットにすでに割り当てられているページ内の空きスペースを検索するために開始された 1 秒あたりのスキャン数。各スキャンでは複数のページが検出される可能性があります。

Full Scans/sec:1 秒あたりの無制限のフルスキャン数。これらは、ベーステーブルスキャンまたはフルインデックススキャンのいずれかです。

Granted Workspace Memory (KB):ハッシュ、ソート、一括コピー、インデックス作成操作などのプロセスの実行に現在付与されているメモリの合計量。

Guided Plan Executions/sec:プランガイドを使用してクエリプランが生成された 1 秒あたりのプラン実行数。

HTTP Authenticated Requests:1 秒あたりに開始された認証済み HTTP リクエストの数。Index Searches/sec:1 秒あたりのインデックス検索数。これらは、範囲スキャンの開始、範囲スキャンの再配置、スキャンポイントの再検証、単一のインデックスレコードの取得、および新しい行の挿入場所を特定するためのインデックスの検索に使用されます。

Index Searches/sec1 秒あたりのインデックス検索数。これらは、範囲スキャンの開始、範囲スキャンの再配置、スキャンポイントの再検証、単一のインデックスレコードの取得、および新しい行の挿入場所を特定するためのインデックスの検索に使用されます。

Latch Waits/sec:すぐに許可されなかったラッチリクエストの数。

Lazy writes/sec:バッファマネージャのレイジーライターによって 1 秒あたりに書き込まれたバッファの数。レイジーライターは、ダーティな古くなったバッファ(バッファを別のページで再利用できるようにするためにディスクに再度書き込む必要がある変更内容を含むバッファ)のバッチをフラッシュし、ユーザプロセスで使用できるようにするシステムプロセスです。レイジーライターを使用すると、使用可能なバッファを作成するために頻繁にチェックポイントを実行する必要がなくなります。

LobHandle Create Count:作成された一時的な lob の数。

LobHandle Destroy Count:破棄された一時的な lob の数。

LobSS Provider Create Count:作成された LOB ストレージ サービス プロバイダー(LobSSP)の数。LobSSP ごとに 1 つの作業テーブルが作成されます。

LobSS Provider Destroy Count:破壊された LobSSP の数。

LobSS Provider Truncation Count:切り捨てられた LobSSP の数。

Lock Blocks:サーバで使用されているロックブロックの現在の数(定期的に更新されます)。ロックブロックは、テーブル、ページ、行などのロックされた個々のリソースを表します。

Lock Blocks Allocated:割り当てられたロックブロックの現在の数。サーバの起動時、割り当てられたロックブロックの数と割り当てられたロックオーナーブロックの数の和は、SQL Server によって異なります。

Lock Memory (KB):サーバがロックに使用している動的メモリの合計量。

Lock Owner Blocks:サーバで現在使用されているロックオーナーブロックの数(定期的に更新されます)。ロックオーナーブロックは、スレッドごとのオブジェクトのロックの所有権を表します。したがって、3 つのスレッドそれぞれでページに共有(S)ロックがある場合は、3 つのロックオーナーブロックがあります。

Lock Owner Blocks Allocated:割り当てられたロックオーナーブロックの現在の数。サーバの起動時、割り当てられたロックオーナーブロックの数と割り当てられたロックブロックの数は、SQL によって異なります。

Lock Requests/sec:ロックマネージャからリクエストされた、1 秒あたりの新しいロックおよびロック変換の数。

Lock Timeouts (timeout > 0)/sec:タイムアウトした 1 秒あたりのロックリクエストの数(NOWAIT ロックのリクエストを除く)。

Lock Timeouts/sec:タイムアウトした 1 秒あたりのロックリクエストの数(NOWAIT ロックのリクエストを含む)。

Lock Wait Time (ms):直前の 1 秒のロックの合計待機時間(ミリ秒)。

Lock Waits/sec:発信者に待機を要求した 1 秒あたりのロックリクエストの数。

Log Bytes Flushed/sec:フラッシュされたログバイトの合計数。

Log Cache Hit Ratio:ログキャッシュから見つかったログキャッシュ読み取りの割合。

Log Cache Reads/sec:ログマネージャキャッシュを介して 1 秒あたりに実行された読み取り回数。

Log File(s) Size (KB):データベース内のすべてのトランザクション ログ ファイルの累積サイズ(KB 単位)。

Log File(s) Used Size (KB):データベース内のすべてのログファイルの累積使用サイズ。

Log Flush Wait Timeログをフラッシュする合計待機時間(ミリ秒)。

Log Flush Waits/sec:ログのフラッシュを待機している 1 秒あたりのコミット数。

Log Flushes/sec:1 秒あたりのログのフラッシュ数。

Log Growths:データベースのトランザクションログが拡張された回数の合計。

Log Shrinks:データベースのトランザクションログが縮小された回数の合計。

Log Truncations:データベースのトランザクションログが切り捨てられた回数の合計。

Logical Connections:システムへの論理接続の数。

Logins/sec:1 秒あたりに開始されたログインの合計数。これには、プールされた接続は含まれません。

Logouts/sec:1 秒あたりに開始されたログアウト操作の合計数。

Longest Transaction Running Time:他のすべての現在のトランザクションよりも長い時間アクティブだったトランザクションの開始からの時間の長さ(秒単位)。

Mars Deadlocks:検出された Mars Deadlock の数。

Maximum Workspace Memory (KB):ハッシュ、ソート、一括コピー、インデックス作成操作などのプロセスを実行するために使用可能なメモリの最大量。

Memory Grants Outstanding:ワークスペースのメモリ付与の取得に成功したプロセスの合計数。

Memory Grants Pending:ワークスペースのメモリ付与を待機しているプロセスの合計数。

Mixed page allocations/sec:混合エクステントから 1 秒あたりに割り当てられたページの数。これらは、IAM ページとアロケーションユニットに割り当てられた最初の 8 ページを保存するために使用できます。

Non-atomic yield rate:1 秒あたりの非アトミックなトランザクションが発生した回数。

NonSnapshot Version Transactions:スナップショット分離レベルを使用しておらず、[Number of active cursor plans] で行バージョンを生成したデータ変更を行った、現在アクティブなトランザクションの数。

Number of active cursor plansカーソルプランの数。

Number of Deadlocks/sec:デッドロックの原因となった 1 秒あたりのロックリクエストの数。

Number of SuperLatches:現在の SuperLatch であるラッチの数。

Optimizer Memory (KB):サーバがクエリの最適化に使用している動的メモリの合計量。

Page compression attempts/sec:ページレベルの圧縮のために評価されたページの数。大幅な節約を実現できるため、圧縮されなかったページが含まれます。SQL Server のインスタンス内のすべてのオブジェクトが含まれます。特定のオブジェクトの詳細については、「sys.dm_db_index_operational_stats (Transact-SQL)」を参照してください。

Page Deallocations/sec:SQL Server のこのインスタンスのデータベースすべてで、1 秒あたりに割り当て解除されたページの数。これには、混合エクステントと均一エクステントからのページが含まれます。

Page life expectancy:ページが参照されずにバッファプールにとどまる秒数。

Page lookups/sec:バッファプール内のページを検索する 1 秒あたりのリクエスト数。

Page reads/sec:1 秒あたりに発行される物理データベースページの読み取り数。この統計情報には、すべてのデータベースにわたる物理ページ読み取りの合計数が表示されます。物理 I/O は高コストであるため、より大きなデータキャッシュ、インテリジェント インデックス、より効率的なクエリを使用するか、またはデータベース設計を変更することによって、コストを最小化できることがあります。

Page Splits/sec:インデックスページのオーバーフローの結果として発生する、1 秒あたりのページ分割数。

Page writes/sec:1 秒あたりに発行された物理データベースページの書き込み数。

Pages Allocated/sec:SQL Server のこのインスタンスのデータベースすべてで、1 秒あたりに割り当てられたページの数。これには、混合エクステントと均一エクステントの両方からのページ割り当てが含まれます。

Pages compressed/sec:ページ圧縮を使用して圧縮されたデータページの数。SQL Server のインスタンス内のすべてのオブジェクトが含まれます。特定のオブジェクトの詳細については、「sys.dm_db_index_operational_stats (Transact-SQL)」を参照してください。

Percent Log Used:使用中のログのスペースのパーセンテージ。

Probe Scans/sec:インデックスまたはベーステーブル内の最大 1 つの限定された行を直接検索するために使用される 1 秒あたりのプローブスキャンの数。

Processes blocked:現在ブロックされているプロセスの数。

Range Scans/sec:1 秒あたりのインデックスで範囲が限定されたスキャンの数。

Readahead pages/sec:使用を予測して 1 秒あたりに読み取られたページの数。

Repl. Trans. Rate:パブリケーション データベースのトランザクションログから読み取られ、ディストリビューション データベースに配信された 1 秒あたりのトランザクション数。

Safe Auto-Params/sec:1 秒あたりの安全な自動パラメータ化の試行回数。安全とは、キャッシュされた実行プランをさまざまな類似の Transact-SQL ステートメント間で共有できるとの判断を意味します。SQL Server では多くの自動パラメータ化が試行され、そのうちのいくつかは安全という結果になり、その他は安全ではないという結果になります。自動パラメータ化は、新しいバージョンの SQL Server では簡易パラメータ化とも呼ばれています。これには強制的なパラメータ化は含まれません。

Scan Point Revalidations/sec:スキャンを続行するためにスキャンポイントを再検証する必要があった 1 秒あたりの回数。

Skipped Ghosted Records/sec:スキャン中にスキップされた 1 秒あたりの非実体レコードの数。

Snapshot Transactions:スナップショット分離レベルを使用している現在アクティブなトランザクションの数。ただし、[SOAP Empty Requests] は 1 秒あたりに開始された空の SOAP リクエスト数です。

SOAP Empty Requests:値が割り当てられていない包含入力パラメータを指定するため、値(NULL 値以外)を空の文字列として使用してストアドプロシージャ(またはテンプレート)に渡された SOAP メソッド呼び出しの数。

SOAP Method Invocations:1 秒間に開始された SOAP メソッド呼び出しの数。

SOAP Session Initiate Requests:1 秒間に開始された SOAP セッション開始リクエストの数。

SOAP Session Terminate Requests:1 秒間に開始された SOAP セッション終了リクエストの数。

SOAP SQL Requests:1 秒間に開始された SOAP SQL リクエストの数。

SOAP WSDL Requests:1 秒間に開始された SOAP Web サービス記述言語リクエストの数。

SQL Attention rate:1 秒あたりのアテンションの数。アテンションは、現在実行中のリクエストを終了するためのクライアントからのリクエストです。

SQL Cache Memory (KB):サーバが動的 SQL キャッシュに使用している動的メモリの合計量。

SQL Compilations/sec:1 秒あたりの SQL コンパイルの数。コンパイルコードパスが入力された回数を示します。SQL Server でのステートメントレベルの再コンパイルに起因するコンパイルが含まれます。SQL Server のユーザアクティビティが安定すると、この値は安定した状態になります。

SQL Re-Compilations/sec:1 秒あたりのステートメントの再コンパイル回数。ステートメントの再コンパイルがトリガーされた回数がカウントされます。通常、再コンパイル回数は少ないことが望まれます。SQL Server の新しいバージョンでは、再コンパイルは Microsoft SQL Server 2000 でのバッチスコープ再コンパイルではなく、ステートメントスコープです。したがって、SQL Server と以前のバージョンとの間でこのカウンタの値を直接比較することはできません。

Stored Procedures Invoked/sec:このカウンタでは、インスタンス内のすべてのキューモニタによって 1 秒間に呼び出されたアクティブ化ストアドプロシージャの合計数が報告されます。

SuperLatch Demotions/sec:最後の 1 秒間に通常のラッチに降格された SuperLatch の数。

SuperLatch Promotions/sec:最後の 1 秒間に SuperLatch に昇格されたラッチの数。

Table Lock Escalations/sec:テーブルのロックが TABLE または HoBT の細分性にエスカレートされた回数。Target pages:バッファプール内の理想的なページ数。

Target pagesバッファプール内の理想的なページ数。

Target Server Memory (KB):サーバが消費できる動的メモリの合計量。

Task Limit Reached:キューのタスクの最大数がすでに実行されていたためにキューモニタで新しいタスクを開始しようとして失敗した回数。

Task Limit Reached/sec:キューのタスクの最大数がすでに実行されていたためにキューモニタで新しいタスクを開始しようとして失敗した 1 秒あたりの回数。

Tasks Aborted/sec:エラーが発生して終了したか、メッセージを受信できないためにキューモニタによって中断されたアクティブ化ストアドプロシージャのタスク数。

Tasks Running:現在実行されているアクティブ化ストアドプロシージャの数。

Tasks Started/sec:インスタンス内のすべてのキューモニタによって 1 秒間に開始されたアクティブ化ストアドプロシージャの数。

Temp Tables Creation Rate:1 秒あたりに作成された一時テーブル/テーブル変数の数。

Temp Tables For Destruction:クリーンアップ システム スレッドによって破棄されるのを待機している一時テーブル/テーブル変数の数。

Total Latch Wait Time (ms):直前の 1 秒のラッチリクエストの合計ラッチ待機時間(ミリ秒)。

TOTAL_LOCK_TIME:データベースがロック状態になっている合計時間。

Total Server Memory (KB):バッファプールからコミットしたメモリ(KB 単位)。

Transactions/sec:1 秒あたりのデータベースに対して開始されたトランザクションの数。

Unsafe Auto-Params/sec:1 秒あたりの安全でない自動パラメータ化の試行回数。たとえば、クエリには、キャッシュされたプランを共有できないいくつかの特性があります。これらは、安全ではないと見なされています。これには強制的なパラメータ化の数はカウントされません。

Update conflict ratio:直前の 1 秒間で更新の競合が発生した、スナップショット分離レベルを使用しているトランザクションの割合。更新の競合が発生するのは、別のトランザクションによって最後に変更が行われ、スナップショット分離レベルのトランザクションの開始時にはコミットされていなかった行に対して、スナップショット分離レベルのトランザクションが変更を試行したときです。

Update Snapshot Transactions:スナップショット分離レベルを使用し、データを変更した現在アクティブなトランザクションの数。

Used leaf page cookie:リーフページで変更が行われなかったため、インデックス検索中にリーフページ cookie が正常に使用された回数。cookie は、インデックス検索を高速化するために使用されます。

Used tree page cookie:ツリーページの親ページで変更が行われなかったため、インデックス検索中にツリーページ cookie が正常に使用された回数。cookie は、インデックス検索を高速化するために使用されます。

User Connections:現在 SQL Server に接続されているユーザの数。

Version Cleanup rate (KB/s):スナップショット分離バージョンストアから行バージョンが削除されるレート(KB/秒)。

Version Generation rate (KB/s):新しい行バージョンがスナップショット分離バージョンストアに追加されるレート(KB/秒)。

Version Store Size (KB):バージョンストアの容量(KB 単位)。Version Store unit count:スナップショット分離バージョンストアのアクティブなアロケーションユニットの数。

Version Store unit creation:データベースエンジンのインスタンスが開始されてから、スナップショット分離ストアで作成されたアロケーションユニットの数。

Version Store unit truncation:データベースエンジンのインスタンスが開始されてから、スナップショット分離ストアから削除されたアロケーションユニットの数。

Workfiles Created/sec:1 秒あたりに作成された作業ファイルの数。たとえば、作業ファイルを使用して、ハッシュ結合とハッシュ集約の一時的な結果を保存できます。

Worktables Created/sec:1 秒あたりに作成された作業テーブルの数。たとえば、作業テーブルを使用して、クエリスプール、lob 変数、XML 変数、およびカーソルの一時的な結果を保存できます。

Worktables From Cache Ratio:作成された作業テーブルのうち、作業テーブルの最初の 2 ページが割り当てられなかったが、作業テーブルキャッシュからただちに使用できるようになった作業テーブルの割合。(作業テーブルがドロップされると、2 つのページが割り当てられたままになり、作業テーブルキャッシュに返されます。これによりパフォーマンスが向上します。)

Write Transactions/sec:直前の 1 秒間にデータベースに書き込んでコミットしたトランザクションの数。

Microsoft SQL Azure のメトリック

avg_cpu_percent:サービス層の制限のパーセンテージでの平均コンピューティング使用率。

avg_data_io_percent:サービス層の制限に基づく平均データ I/O 使用率(パーセンテージ)。

avg_log_write_percent:サービス層の制限のパーセンテージでの平均書き込みリソース使用率。

avg_memory_percent:サービス層の制限のパーセンテージでの平均メモリ使用率。

MySQL サーバのメトリック

Aborted_clients:(MySQL サーバへの接続を正しく終了しなかったため)中断されたクライアントの数。一部のアプリケーションではこれは問題ありませんが、他の一部のアプリケーションでは値の追跡が必要な場合があります。中断された接続は、何らかの種類のアプリケーション障害を示している可能性があります。

Aborted_connects:MySQL サーバへの接続試行失敗の回数。

Bytes_received:すべてのクライアントから受信したバイト数。

Bytes_sent:すべてのクライアントに送信されたバイト数。

Com_alter_table:各 ALTERTABLE ステートメントが実行された回数。 

Com_create_index:各 CREATE INDEX ステートメントが実行された回数。 

Com_create_table:各 CREATE TABLE ステートメントが実行された回数。 

Com_delete:各 DELETE ステートメントが実行された回数。 

Com_insert:各 INSERT ステートメントが実行された回数。 

Com_optimize:各 OPTIMIZE ステートメントが実行された回数。 

Com_select:各 SELECT ステートメントが実行された回数。 

Com_update:各 UPDATE ステートメントが実行された回数。

Connections:MySQL サーバへの接続試行(成功または失敗)の回数。

Created_tmp_disk_tables:ステートメントの実行中にサーバによって自動的に作成されたディスク上の一時テーブルの数。

Created_tmp_files:mysqld が作成した一時ファイルの数。

Created_tmp_tables:ステートメントの実行中にサーバによって自動的に作成された、メモリ内の一時テーブルの数。Created_tmp_disk_tables が大きい場合は、tmp_table_size 値を大きくすると、一時テーブルをディスクベースではなくメモリベースにすることができます。

Handler_delete:テーブルから行が削除された回数。

Innodb_buffer_pool_pages_data:データ(ダーティまたはクリーン)が含まれているページの数。

Innodb_buffer_pool_pages_dirty:現在ダーティなページの数。 

Innodb_buffer_pool_pages_flushed:バッファ プール ページフラッシュ リクエストの数。

Innodb_buffer_pool_pages_free:空きページの数。

Innodb_buffer_pool_pages_misc:行ロックやアダプティブ ハッシュ インデックスなどの管理オーバーヘッドに割り当てられているためにビジー状態になっているページの数。この値は、Innodb_buffer_pool_pages_total として計算することもできます。

Innodb_buffer_pool_pages_total:バッファプールの合計サイズ(ページ単位)。

Innodb_buffer_pool_read_ahead_rnd:InnoDB によって開始されたランダムな先読みの数。これは、クエリがテーブルの大部分をランダムな順序でスキャンする場合に発生します。

Innodb_buffer_pool_read_requests:InnoDB が実行した論理読み取りリクエストの数。

Innodb_buffer_pool_reads:InnoDB がバッファプールから対処できず、単一ページ読み取りを実行する必要があった論理読み取りの数。

Innodb_buffer_pool_wait_free:通常、InnoDB バッファプールへの書き込みはバックグラウンドで行われます。ただし、ページを読み取りまたは作成する必要があり、クリーンページが使用できない場合は、最初にページがフラッシュされるまで待機する必要があります。このカウンタは、これらの待機のインスタンスをカウントします。バッファプールのサイズが適切に設定されている場合、この値は小さくなります。

Innodb_buffer_pool_write_requests:InnoDB バッファプールに対して行われた書き込みの数。

Innodb_data_fsyncs:これまでの fsync() 操作の数。

Innodb_data_pending_fsyncs:保留中の fsync() 操作の現在の数。

Innodb_data_pending_reads:保留中の読み取りの現在の数。

Innodb_data_pending_writes:保留中の書き込みの現在の数。

Innodb_data_read:これまでに読み取られたデータの量(バイト単位)。

Innodb_data_reads:データ読み取りの合計数。

Innodb_data_writes:データ書き込みの合計数。

Innodb_data_written:これまでに書き込まれたデータの量(バイト単位)。

Innodb_dblwr_pages_written:実行された doublewrite 操作の数。

Innodb_dblwr_writes:doublewrite 操作用に書き込まれたページの数。

Innodb_log_waits:ログバッファが小さすぎ、続行する前にフラッシュされるまで待機する必要があった回数。

Innodb_log_write_requests:ログ書き込みリクエストの数。

Innodb_log_writes:ログファイルへの物理書き込みの数。

Innodb_pages_created:作成されたページの数。

Innodb_pages_read:読み取られたページの数。

Innodb_pages_written:書き込まれたページの数。

Innodb_row_lock_current_waits:現在待機中の行ロックの数。

Innodb_row_lock_time:行ロックの取得に費やされた合計時間(ミリ秒)。

Innodb_row_lock_time_avg:行ロックを取得するための平均時間(ミリ秒)。

Innodb_row_lock_time_max:行ロックを取得するための最大時間(ミリ秒)。

Innodb_row_lock_waits:行ロックを待機する必要があった回数。

Innodb_rows_deleted:InnoDB テーブルから削除された行の数。

Innodb_rows_inserted:InnoDB テーブルに挿入された行の数。

Innodb_rows_read:InnoDB テーブルから読み取られた行の数。

Innodb_rows_updated:InnoDB テーブルで更新された行の数。

Key_blocks_used:キーキャッシュ内で使用されたブロックの数。この値は、一度に使用されていたブロックの最大数を示す、高水準点です。

Key_read_requests:キャッシュからキーブロックを読み取るリクエストの数。Key_writes:ディスクへのキーブロックの物理書き込みの数。

Key_reads:ディスクからのキーブロックの物理読み取りの数。Key_reads が大きい場合は、key_buffer_size 値が小さすぎる可能性があります。キャッシュミス率は Key_reads/Key_read_requests として計算できます。

Key_write_requests:キャッシュにキーブロックを書き込むリクエストの数。 

Key_writesMyISAM キーキャッシュから物理ディスクへのキーブロックの物理書き込みの数。

Open_files:開いているファイルの数。Open_streams:開いているストリーム(主にロギングに使用)の数。

Open_tables:テーブルキャッシュミスの数。値が大きい場合は、table_cache を増やす必要がある可能性があります。通常、この 1 秒あたりの開いているテーブル数は 1 または 2 未満にする必要があります。

Opened_tables開いているテーブルの数。開いているテーブルの数。Opened_tables が大きい場合は、table_cache 値が小さすぎる可能性があります。

Qcache_free_blocks:クエリキャッシュ内の空きメモリブロックの数。

Qcache_free_memory:クエリキャッシュの空きメモリの量。

Qcache_hits:クエリキャッシュヒットの数。

Qcache_inserts:クエリキャッシュに追加されたクエリの数。

Qcache_lowmem_prunes:メモリ不足のためにクエリキャッシュから削除されたクエリの数。

Qcache_not_cached:キャッシュされていない(キャッシュできない、または query_cache_type 設定が原因でキャッシュされない)クエリの数。

Qcache_queries_in_cache:クエリキャッシュに登録されているクエリの数。

Qcache_total_blocks:クエリキャッシュ内のブロックの合計数。

Questions:クライアントがサーバに送信したステートメントの数。

Seconds_Behind_Master:レプリカ SQL スレッドがプライマリバイナリログを処理した後の秒数。このフィールドは、MTTR に直接影響します。Seconds_Behind_Master の数が多いか増加することは、低速なディスク、またはデータベースを実行しているマシンの調整が不適切であることを示しています。この値が 45 分以上に達すると、クラッシュから、または手動フェールオーバー後に回復する機能に遅延が発生します。この値が MySQL 拡張機能を使用してマシンエージェントによって追跡され、概ね増加の傾向が示されている場合は、デススパイラルを示しています。 

Select_full_join:キーなしで実行された結合。これはゼロである必要があります。このようなクエリは少数あるだけでシステムのパフォーマンスが低下する可能性があるため、開発エラーを捕捉する適切な方法です。

Select_full_range_join:参照テーブルで範囲検索を使用した結合の数。

Select_range:最初のテーブルで範囲を使用した結合の数。この値が非常に大きい場合でも、通常、重大な問題ではありません。

Select_range_check:各行の後にキーの使用を確認するキーなしの結合の数。これが 0 でない場合は、テーブルのインデックスを慎重に確認する必要があります。

Select_scan:フルテーブルスキャンを実行したクエリの数。これらは問題ない場合もありますが、すべてのクエリに対する比率は一定である必要があります。値が増加している場合は、オプティマイザに問題があるか、インデックスが不足しているか、またはその他の問題が発生している可能性があります。

Slave_IO_Running:プライマリのバイナリログを読み取るための I/O スレッドが実行されているかどうかを示します。

Slave_open_temp_tables:レプリカ SQL スレッドが現在開いている一時テーブルの数。

Slave_SQL_Running:リレーログでイベントを実行するための SQL スレッドが実行されているかどうかを示します。

Slow_launch_threads:作成に slow_launch_time 秒を超える時間がかかったスレッドの数。

Slow_queries:--long-query-time よりも長時間のクエリ、またはインデックスを使用していないクエリの数。これらはすべてのクエリのごく一部である必要があります。増加すると、システムのパフォーマンスに問題が発生します。

Sort_merge_passes:ソートアルゴリズムが実行する必要があったマージパスの数。この値が大きい場合は、sort_buffer_size システム変数の値を増やすことを検討する必要があります。

Sort_range:範囲を使用して実行されたソート数。

SQL_Delay:レプリカがプライマリより遅れる秒数

Threads_cached:スレッドキャッシュ内のスレッド数。

Threads_connected:現在オープン状態の接続数。

Threads_created:これは低い必要があります。値が大きいほど、thread_cache の値を増やす必要があり、接続数が増加していることもまた、潜在的な問題を示している可能性があります。

Threads_running:スリープ状態ではないスレッドの数。

Oracle サーバのメトリック

bytes received via SQL*Net from client:Oracle Net Services を介してクライアントから受信した合計バイト数

bytes received via SQL*Net from dblink:Oracle Net Services を介してデータベースリンクから受信した合計バイト数

bytes sent via SQL*Net to client:フォアグラウンドプロセスからクライアントに送信された合計バイト数

bytes sent via SQL*Net to dblink:データベースリンクを介して送信された合計バイト数

CPU used by this session:ユーザのコール開始から終了までにセッションが使用する CPU 時間(10 ミリ秒)。ユーザのコールが 10 ミリ秒以内に完了した場合、この統計では開始と終了のユーザコール時間が同じであるため、0 ミリ秒が追加されます。

db block changes:consistent changes に密接に関連していて、この統計は、更新または削除操作の一部として SGA 内のすべてのブロックに対して行われた変更の合計数をカウントします。このような変更は redo ログエントリを生成するため、トランザクションがコミットされると、データベースへの永続的な変更になります。これは、データベースの合計作業量に近い値です。この統計情報は、バッファがダーティになっているレート(トランザクション単位または秒単位など)を示します。

db block gets:CURRENT ブロックがリクエストされた回数。「consistent gets」も参照してください。

db block gets from cache:バッファキャッシュから CURRENT ブロックがリクエストされた回数。これは db block gets 統計値のサブセットです。

DBWR checkpoint buffers written:チェックポイントに書き込まれたバッファの数

DBWR checkpoints:キャッシュをスキャンしてチェックポイントまたはリカバリの終了がマークされたブロックをすべて書き込むように DBWR がリクエストされた回数。この統計は、background checkpoints completed よりも常に大きくなります。

DML statements parallelized:並列実行された DML ステートメントの数。

enqueue conversions:テーブルまたは行ロック状態の変換の合計数。

enqueue deadlocks:異なるセッションでのテーブルまたは行ロック間のデッドロックの合計数。

enqueue releases:解放されたテーブルまたは行ロックの合計数。

enqueue requests:取得されたテーブルまたは行ロックの合計数。

enqueue timeouts:完了する前にタイムアウトになったテーブルおよび行ロック(取得および変換)の合計数。

enqueue waits:エンキューの取得が延期されたために、エンキューの変換または取得中に発生した待機の合計数

exchange deadlocks:プロセスが 2 つのバッファの交換時に潜在的デッドロックを検出して、再起動可能な内部エラーを発行した回数。インデックススキャンは、交換を実行する唯一の操作です。

execute count:SQL ステートメントを実行したコール(ユーザおよび再帰)の合計数。

gc current block receive time:読み取り一貫性リクエストが完了するまでに必要な合計時間。これは、読み取り一貫性ブロックのすべてのリクエストのラウンドトリップ時間を記録します。

index fast full scans (direct read):直接読み取りを使用して開始された高速フルスキャンの数。

index fast full scans (full):セグメント全体に対して開始された高速フルスキャンの数。

index fast full scans (rowid ranges):指定された rowid エンドポイントで開始された高速フルスキャンの数。

lob reads:セッション/システムで実行された LOB API 読み取り操作の数。単一の LOB API 読み取りは、複数の物理/論理ディスクブロック読み取りに相当する場合があります。

lob writes:セッション/システムで実行された LOB API 書き込み操作の数。単一の LOB API 書き込みは、複数の物理/論理ディスクブロック書き込みに相当する場合があります。

logons current:現在のログオンの合計数。V$SYSSTAT でのみ有効です。

Number of Small Readsphysical reads の合計数から physical read total multi block requests を引いた数。

Number of Small Writesphysical writes の合計数から physical write total multi block requests を引いた数。

opened cursors current:現在開いているカーソルの合計数。

Parallel operations not downgraded:並列実行が、リクエストされたパラレリズムの度合いで実行された回数。

parse count (hard):解析コール(実解析)の合計数。ハード解析は、作業ヒープおよびその他のメモリ構造体を割り当てた後に解析ツリーを構築することを要求するため、メモリ使用の観点からは非常にコストの高い操作です。

parse count (total):解析コール(ハードおよびソフト)の合計数。ソフト解析は、共有プール内にすでに存在するオブジェクトで、基礎を形成するオブジェクト上での許可が変更されていないか確認するためのチェックです。

parse time cpu:解析(ハードおよびソフト)で使用された合計 CPU 時間(10 ミリ秒)。

parse time elapsed:解析の合計経過時間(10 ミリ秒)。解析リソースの合計待機時間は、この統計から parse time cpu を減算して決定します。

physical read bytes:アプリケーション アクティビティのみ(他のインスタンスアクティビティは含まれない)によるすべてのディスク読み取りの合計サイズ(バイト単位)。

physical read IO requests:リクエストごとに 1 つ以上のデータベースブロックを読み取るアプリケーション アクティビティ(主にバッファキャッシュとダイレクトロード操作)の読み取りリクエストの数。これは、physical read total IO requests 統計のサブセットです。

physical read total bytes:すべてのデータベース インスタンス アクティビティ(アプリケーションの読み取り、バックアップとリカバリ、およびその他のユーティリティを含む)によるディスク読み取りの合計サイズ(バイト単位)。この値と physical read bytes の差によって、アプリケーション以外のワークロードによる合計読み取りサイズがバイト単位で示されます。

physical read total IO requests:すべてのインスタンスアクティビティ(アプリケーション、バックアップとリカバリ、およびその他のユーティリティを含む)のために 1 つ以上のデータベースブロックを読み取る読み取りリクエストの数。この値と physical read total multi block requests との差により、単一ブロック読み取りリクエストの合計数が判明します。

physical reads:ディスクから読み取られたデータブロックの合計数。この統計にはプロセス プライベート バッファへの読み取りも含まれるため、この値は、physical reads direct に physical reads cache を加算した値よりも大きい可能性があります。

physical write bytes:データベース アプリケーション アクティビティ(他のインスタンスアクティビティは含まれない)からのすべてのディスク書き込みの合計サイズ(バイト単位)。

physical write IO requests:リクエストごとに 1 つ以上のデータベースブロックを書き込むアプリケーション アクティビティ(主にバッファキャッシュとダイレクトロード操作)の書き込みリクエストの数。

physical write total bytes:データベースインスタンス(アプリケーション アクティビティ、バックアップとリカバリ、およびその他のユーティリティを含む)によるすべてのディスク書き込みの合計サイズ(バイト単位)。この値と physical write bytes の差によって、アプリケーション以外のワークロードによる合計書き込みサイズがバイト単位で示されます。

physical write total IO requests:すべてのインスタンスアクティビティ(アプリケーション アクティビティ、バックアップとリカバリ、およびその他のユーティリティを含む)から 1 つ以上のデータベースブロックを書き込む書き込みリクエストの数。この統計と physical write total multi block requests との差により、単一ブロック書き込みリクエストの数が判明します。

physical writes:ディスクに書き込まれたデータブロックの合計数。この統計値は、physical writes direct および physical writes from cache の合計値と等しくなります。

physical writes direct:バッファキャッシュを(ダイレクトロード操作で)バイパスしてディスクに直接書き込まれた回数。

physical writes from cache:バッファキャッシュからディスクに書き込まれたデータブロックの合計数。これは、physical writes 統計のサブセットです。

process last non-idle time:このプロセスが最後に実行された時間。

queries parallelized:並列実行された SELECT ステートメントの数。

Read Percent

recovery blocks read:リカバリ中に読み取られたブロックの数。

recursive calls:ユーザレベルとシステムレベルの両方で生成された再帰コールの数。Oracle は内部処理に使用されるテーブルを管理します。Oracle がこれらのテーブルに変更を加える必要がある場合、内部 SQL ステートメントが内部で生成され、再帰コールが生成されます。

recursive cpu usage:非ユーザコール(再帰コール)によって使用された合計 CPU 時間。CPU used by this session からこの値を減算することにより、ユーザコールで使用された CPU 時間を決定します。

redo blocks writtenこれは、書き込まれた redo ブロックの合計数です。この統計を「redo writes」で割った値は、書き込みごとのブロック数に相当します。

redo buffer allocation retries:redo バッファにスペースを割り当てるために必要な再試行の合計数。redo ライターの進度が低下するか、またはログスイッチなどのイベントが発生しているため、再試行が必要です。

redo log space requests:アクティブなログファイルが満杯であるため、redo ログエントリにディスクスペースが割り当てられるまで Oracle が待機する必要のある回数。このようなスペースは、ログスイッチを実行することによって作成されます。

redo log space wait time:redo log space requests の合計経過待機時間(10 ミリ秒)。

redo size:生成された redo の合計バイト数。

redo synch time:すべての redo synch writes コールの経過時間(10 ミリ秒)。

redo write time:redo ログバッファから現在の redo ログファイルへの書き込みの合計経過時間(マイクロ秒)。

redo writes:LGWR による redo ログファイルへの書き込みの合計数。redo blocks written をこの統計で割った値は、書き込みあたりのブロック数に相当します。

session cursor cache count:キャッシュされたカーソルの合計数。この統計は、SESSION_CACHED_CURSORS > 0 の場合にのみ増分されます。この統計は、V$SESSTAT で最も有効です。V$SESSTAT のこの統計値が SESSION_CACHED_CURSORS パラメータの設定に近い場合は、パラメータの値を増やす必要があります。

session cursor cache hits:セッション カーソル キャッシュ内のヒット数。ヒットとは、SQL ステートメントを再解析する必要がなかったことを意味します。この統計を parse count (total) から引くと、実際に発生した解析数が算出されます。

session logical reads:db block gets と consistent gets の合計。これには、バッファキャッシュまたはプロセスプライベートメモリのいずれかからのデータベースブロックの論理読み取りが含まれます。

session stored procedure space:このセッションがストアドプロシージャのために使用しているメモリの量。

Small IO Percent:

sorts (disk):1 回以上のディスク書き込みを必要としたソート操作の数。

sorts (memory):メモリ内で完全に実行され、ディスク書き込みを必要としなかったソート操作の数。

sorts (rows):ソートされた行の合計数。

table scan rows gotten:スキャン操作中に処理される行の数。

table scans (direct read):直接読み取りで(バッファキャッシュをバイパスして)実行されたテーブルスキャンの数。

table scans (long tables):長い(または逆に短い)テーブルは、「table scans (short tables)」で説明している短いテーブルの条件を満たさないテーブルとして定義できます。

table scans (rowid ranges):並列クエリ中に、指定された ROWID 範囲で実行されたテーブルスキャンの数。

transaction lock background get time:内部デバッグの目的でのみ有用です。

transaction lock foreground wait time:内部デバッグの目的でのみ有用です。

transaction rollbacks:正常にロールバックされるトランザクションの数。

TOTAL_LOCK_TIME:データベースがロック状態になっている合計時間。

user calls:ログイン、解析、取得、または実行などのユーザコールの数

user commits:ユーザコミットの数。ユーザがトランザクションをコミットすると、データベースブロックに加えられた変更を反映して生成された redo がディスクに書き込まれる必要があります。多くの場合、コミットはユーザ トランザクション レートとほぼ同じです。

user rollbacks:ユーザが ROLLBACK ステートメントを手動で発行した、またはユーザのトランザクション中にエラーが発生した回数。

廃止されたメトリックの一部が削除され、次のメトリックがコントローラの 20.11 以降のバージョンに含まれています。


DB|Server Statistic|DB time
:すべての Oracle プロセスの CPU 消費量の合計と非アイドル待機時間の合計

DB|Server Statistic|OS System time used:システムコールに使用された合計 CPU 時間

DB|Server Statistic|OS User time used:ユーザコールに使用された合計 CPU 時間

DB|Server Statistic|SMON posted for instance recovery:インスタンスリカバリのために SMON がポストした合計カウントまたは回数

DB|Server Statistic|SMON posted for txn recovery for other instances:Oracle RAC またはクラスタ内の他のトランザクションの回復のために SMON がポストした合計カウントまたは回数

DB|Server Statistic|java call heap live size:Java コールヒープのライブサイズ

DB|Server Statistic|java call heap total size:合計 Java コールヒープサイズ

DB|Server Statistic|java call heap used size:Java コールヒープの使用サイズ

DB|Server Statistic|non-idle wait count:非アイドル待機イベントの合計数

DB|Server Statistic|non-idle wait time:非アイドルイベントの合計経過時間

PostgreSQL サーバのメトリック

blks_hit:ディスクブロックがすでにバッファキャッシュ内に見つかったため、物理ディスク読み取りが必要でなかった回数。これには、PostgreSQL バッファキャッシュのヒットのみが含まれ、オペレーティングシステムのファイルシステムキャッシュは含まれません。

blks_readデータベースから読み取られたディスクブロックの数。

confl_bufferpin固定バッファのためにキャンセルされたデータベース内のクエリ数。

confl_deadlock:デッドロックのためにキャンセルされたデータベース内のクエリ数

confl_lock:タイムアウトのためにキャンセルされたデータベース内のクエリ数。

confl_snapshot:古いスナップショットのためにキャンセルされたデータベース内のクエリ数。

confl_tablespaceテーブルスペースがドロップされたためにキャンセルされたデータベース内のクエリ数。

numbackends:現在データベースに接続されているバックエンドの数。

size_mb

tup_deleted:データベース内のクエリによって削除された行の数。

tup_fetched:データベース内のクエリによって取得された行の数。

tup_inserted:データベース内のクエリによって挿入された行の数。

tup_returned:データベース内のクエリによって返された行の数。

tup_updated:データベース内のクエリによって更新された行の数。

xact_commit:データベース内のコミットされたトランザクションの数。

xact_rollback:データベース内のロールバックされたトランザクションの数。

Sybase ASE および IQ サーバのメトリック

active_connections:現在データベースに接続されているユーザーの数

ActiveReq:現在リクエストを処理しているサーバースレッドの数を返します。

ActiveVersionsCount:アクティブなトランザクションバージョンの数。

ActiveVersionsCreateMB:アクティブなトランザクションのバージョンのサイズ(MB 単位)。

ActiveVersionsDeleteMB:アクティブなトランザクションのバージョンのサイズ(MB 単位)。

AIOs_delayed_due_to_engine_limit

AIOs_delayed_due_to_os_limit

AIOs_delayed_due_to_server_limit

BytesReceived:クライアント/サーバー通信中に受信したバイト数を返します。この値は、HTTP および HTTPS 接続では更新されます。

BytesReceivedUncomp:圧縮が無効になっている場合にクライアント/サーバー通信中に受信されていたバイト数を返します。(圧縮が無効な場合、この値は BytesReceived の値と同じです。)

BytesSent:クライアント/サーバー通信中に送信されたバイト数を返します。この値は、HTTP および HTTPS 接続では更新されます。

BytesSentUncomp:圧縮が無効になっている場合にクライアント/サーバー通信中に送信されていたバイト数を返します。(圧縮が無効になっている場合、この値は BytesSent の値と同じです。)

CacheFileDirty:ダーティである(書き込みが必要な)キャッシュページの数を返します。

CacheFree:使用されていないキャッシュページの数を返します。

CacheHits:データベースページのルックアップの数を返します。

CachePanics:キャッシュマネージャが割り当てるページの検索に失敗した回数を返します。

CachePinned:固定キャッシュページの数を返します。

CacheRead:キャッシュ読み取りの数を返します。

CacheReplacements:キャッシュ内の置換されたページの数を返します。

CacheScavenges:キャッシュマネージャが割り当てるページをスカベンジした回数を返します。

DiskRead:ディスク読み取りの数を返します。

mempages_alloced:割り当てられているメモリページの数。

mempages_freed:割り当て解除されたメモリページの数。

OtherVersionsCount:その他の db バージョンの数を表示します。これらのバージョンは、アクティブトランザクションによって参照されなくなったり参照不可になったりした場合、最終的にドロップされます。

OtherVersionsMB:他の db バージョンのスペース使用量を MB 単位で表示します。これらのバージョンは、アクティブトランザクションによって参照されなくなったり参照不可になったりした場合、最終的にドロップされます。

ProcessCPU:データベースサーバープロセスの CPU 使用率を返します。値は秒単位です。このプロパティは、Windows および Unix でサポートされています。このプロパティは Windows Mobile ではサポートされていません。

ProcessCPUSystem:データベースサーバープロセス CPU のシステム CPU 使用率を返します。これは、データベースサーバがオペレーティング システム カーネル内で費やした CPU 時間の長さです。値は秒単位です。このプロパティは、Windows および Unix でサポートされています。このプロパティは Windows Mobile ではサポートされていません。

ProcessCPUUser:データベースサーバープロセスのユーザー CPU 使用率を返します。値は秒単位です。これには、データベースサーバがオペレーティング システム カーネル内で費やした CPU 時間は除外されます。このプロパティは、Windows および Unix でサポートされています。このプロパティは Windows Mobile ではサポートされていません。

RequestsReceived:サーバーによって受信されたリクエスト数。

TempBufferCapacityCount:一時バッファのキャパシティ数。

TempBufferCapacityMB:一時バッファのキャパシティ(MB 単位)。

TempBufferLockedCount:ロックされている一時バッファの数。

TempBufferUsedCount:使用中の一時バッファの数。

total_bytes_received:クライアント/サーバー通信中に受信したバイト数。この値は、HTTP および HTTPS 接続では更新されます。

total_bytes_sent:クライアント/サーバー通信中に送信されたバイト数を返します。この値は、HTTP および HTTPS 接続では更新されます。

TOTAL_LOCK_TIME:データベースがロック状態になっている合計時間。

xacts:トランザクション数。

yields:適応型サーバーエンジンがオペレーティングシステムに対して生成した回数を返します。