データベースの可視性を使用して MongoDB をモニターするには、バージョン 2.2 以降を実行している必要があります。 

MongoDB クラスタのコレクタを設定する場合、クラスタ全体に対して設定する必要があるのは 1 つのコレクタのみです。クラスタ内の任意のノードを選択して接続することができ、クラスタ全体が自動的に検出されます。

接続の詳細

セクションフィールド説明
新しいコレクタの作成データベースタイプモニタするデータベースタイプ。
Agent(エージェント)コレクタを管理するデータベースエージェント。
Collector Nameコレクタを識別する名前。
接続の詳細[ホスト名] または [IP アドレス]データベースが実行されているマシンのホスト名または IP アドレス。
Listener Portデータベースエージェントとの間でデータベースが通信するポートの TCP/IP アドレス
Custom Connection String

データベースエージェントによって生成された接続文字列。カスタムの接続文字列を指定することもできます。これはカスタム認証オプションを設定する場合に有効です。

カスタム接続文字列でユーザ名とパスワードを指定しないでください。セキュリティリスクが発生する可能性があります。

SRV レコード接続文字列が mongodb+srv 含む SRV レコードを使用するには、このフィールドを有効にします。
[Username] と [Password]ユーザ名データベースエージェントを介してデータベースに接続し、データベースをモニタしているユーザの名前。ユーザは、「MongoDB のユーザ権限」で説明されている権限を持っている必要があります。
パスワードデータベースエージェントを介してデータベースに接続し、データベースをモニタしているユーザのパスワード。
CyberArkデータベースのユーザ名とパスワードに対して CyberArk を有効にする場合にクリックします。CyberArk を有効にすると、データベースのユーザ名とパスワードを取得するために、アプリケーション、安全、フォルダ、およびオブジェクトに関する情報が必要になります。データベースの可視性とともに CyberArk を使用するには、CyberArk Web サイトから JavaPasswordSDK.jar ファイルをダウンロードし、ファイルの名前を cyberark-sdk-9.5.jar に変更する必要があります。その後、この JAR ファイルをデータベースエージェント zip ファイルの lib ディレクトリにコピーする必要があります。 
詳細オプションExclude Databases除外するデータベース(カンマで区切ります)。
Monitor Operating System詳細については、「 サーバハードウェアをモニタするデータベースエージェントの構成」ページを参照してください。

コレクタを設定する場合は、特殊文字を使用するユーザ名とパスワードをエンコードします。

MongoDB のユーザ権限

2.6.X より前のバージョンの MongoDB では、AppDynamics データベースの可視性を使用してモニターするために、readAnyDatabase および ClusterMonitor の組み込みロールが必要です。MongoDB シャードクラスタの場合、モニターリングユーザーはすべてのシャードにアクセスできる必要があります。

MongoDB 2.6 以降では、read に加えて clusterMonitor 組み込みロールが必要です。

新しいユーザを作成して MongoDB をモニタする場合は、管理データベースでユーザを作成する必要があります。

次のサンプルクエリに示すようにユーザロールを設定できます。

use admin
db.createUser({ user: "tanujaAdmin",
pwd: "tanuja123",
    roles: [ 
	{ role: "clusterMonitor", db: "admin" },
  	{ role: "read", db: "admin" },
    ] 
})
CODE