このトピックでは、Java環境の特定のバックエンドに対するカスタムイグジットポイント構成を作成するために使うことができる設定について説明します。

一般的に、カスタムイグジットルールは、クラスとメソッド名でカスタムバックエンドに対するコールをマッチします。分割の構成も必要な場合があります。以下の表には、各種タイプに対して使用するクラスとメソッドの名前が示されています。 

カスタムイングジットポイントUIの対応するフィールドに構成設定を入力します。以下のスクリーンショットは、EhCacheカスタムマッチルールの構成例です。

カスタムイグジットポイント作成の詳細については、カスタムイグジットポイントの作成」を参照してください

Oracle Coherence、EhCache、および Memcached のバックエンドは、高容量イグジットポイントとして自動的に検出されます。ここで説明するように、特定のバックエンドの分割と命名結果に対してバックエンドのカスタムイグジットポイントを作成することができます。


Coherenceイグジットポイント

イグジットポイントの名前

タイプ

メソッド名

Class Match Criteria

クラス/インターフェース/スーパークラス/注釈名

メソッド名

分割構成

Coherence.Put

キャッシュ


that implements an interface which

com.tangosol.net.NamedCache

put

getCacheName()

Coherence.PutAll

キャッシュ


that implements an interface which

com.tangosol.net.NamedCache

putAll

getCacheName()

Coherence.EntrySet

キャッシュ


that implements an interface which

com.tangosol.net.NamedCache

entrySet

getCacheName()

Coherence.KeySet

キャッシュ


that implements an interface which

com.tangosol.net.NamedCache

keySet

getCacheName()

Coherence.Get

キャッシュ


that implements an interface which

com.tangosol.net.NamedCache

get

getCacheName()

Coherence.Remove

キャッシュ


that implements an interface which

com.tangosol.net.NamedCache

削除

getCacheName()

EhCacheイグジットポイント

Name of the Exit Point

Type

クラスマッチ条件

Class/Interface/Superclass/Annotation Name

メソッド名

Splitting Configuration

EhCache. Get

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

get

getName()

EhCache.Put

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

put

getName()

EhCache.PutIfAbsent

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

putIfAbsent

getName()

EhCache.PutQuiet

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

putQuiet

getName()

EhCache.Remove

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

削除

getName()

EhCache.RemoveAll

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

removeAll

getName()

EhCache.RemoveQuiet

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

removeQuiet

getName()

EhCache.Replace

Cache

With a class name that

net.sf.ehcache.Cache

replace

getName()

LDAPイグジットポイント

Name of the Exit Point 

Type

クラスマッチ条件

Class/Interface/Superclass/Annotation Name  

メソッド名

LDAPExitPoint.Bind

LDAP           

With a class name that      

javax.naming.directory.InitialDirContext

bind

LDAPExitPoint.Rebind

LDAP

With a class name that

javax.naming.directory.InitialDirContext

rebind

LDAPExitPoint.Search

LDAP

With a class name that

javax.naming.directory.InitialDirContext

検索

LDAPExitPoint.ModifyAttributes

LDAP

With a class name that

javax.naming.directory.InitialDirContext

modifyAttributes

LDAPExitPoint.GetNextBatch

LDAP

With a class name that

com.sun.jndi.ldap.LdapNamingEnumeration

getNextBatch

LDAPExitPoint.NextAux

LDAP

With a class name that

com.sun.jndi.ldap.LdapNamingEnumeration

nextAux

LDAPExitPoint.CreatePooledConnection

LDAP

With a class name that

com.sun.jndi.ldap.LdapClientFactory

createPooledConnection

LDAPExitPoint.Search

LDAP

With a class name that

com.sun.jndi.ldap.LdapClientFactory

検索

LDAPExitPoint.Modify

LDAP

With a class name that

com.sun.jndi.ldap.LdapClientFactory

modify

メールイグジットポイント

イグジットポイントの名前

タイプ(Type)

クラスマッチ条件

クラス/インターフェイス/スーパークラス/注釈名

メソッド名

MailExitPoint.Send

メール サーバ

With a class name that

javax.mail.Transport

送信

MailExitPoint.SendMessage

メール サーバ

With a class name that

javax.mail.Transport

sendMessage

Memcachedイグジットポイント

イグジットポイントの名前

タイプ

クラスマッチ条件

クラス/インターフェイス/スーパークラス/注釈名

メソッド名

Memcached.Add

キャッシュ

With a class name that

net.spy.memcached.MemcachedClient

add

Memcached.Set

キャッシュ

With a class name that

net.spy.memcached.MemcachedClient

設定

Memcached.Replace

キャッシュ

With a class name that

net.spy.memcached.MemcachedClient

チカン

Memcached.CompareAndSwap

キャッシュ

With a class name that

net.spy.memcached.MemcachedClient

cas

Memcached.Get

キャッシュ

With a class name that

net.spy.memcached.MemcachedClient

get

Memcached.Remove

キャッシュ

With a class name that

net.spy.memcached.MemcachedClient


削除

MongoDBエクジットポイント

Name of Exit Point 

 Type

クラスマッチ条件

Class/Interface/Superclass/ Annotation Name 

Method Name

Splitting Config/Custom Exit Point Identifier

Snapshot Data Operation on Invoked Object

Collect Data From

Getter Chain Operation on Invoked Object 

MongoDB.Insert

JDBC

With a class name that

com.mongodb.DBCollection

挿入

呼び出されたオブジェクト

getDB().getName()

Parameter_0.toString()

MongoDB.Find

JDBC 

With a class name that

com.mongodb.DBCollection

検索

呼び出されたオブジェクト

getDB().getName()

Parameter_0.toString()

MongoDB.Update

JDBC

With a class name that

com.mongodb.DBCollection

update

呼び出されたオブジェクト

getDB().getName()

Parameter_0.toString()

MongoDB.Remove

JDBC

With a class name that

com.mongodb.DBCollection

削除

呼び出されたオブジェクト

getDB().getName()

Parameter_0.toString()

MongoDB.Apply

JDBC

With a class name that

com.mongodb.DBCollection

適用

呼び出されたオブジェクト

getDB().getName()

Parameter_0.toString()

過度なオーバーヘッドの回避

AppDynamicsでは、よく使われるメソッド(find()メソッドなど)のインストゥルメンテーションを避けることが推奨されます。これは、こうしたメソッドに関連するアクティビティにより、システムのオーバーヘッドが過度に高まる恐れがあるためです。

MongoDBのイグジットポイント構成例

SAPイグジットポイント

イグジットポイントの名前

タイプ(Type)

クラスマッチ条件

クラス/インターフェイス/スーパークラス/注釈名

メソッド名

SAP.Execute

SAP

With a class name that

com.sap.mw.jco.rfc.MiddlewareRFC$Client

実行

SAP.Connect

SAP

With a class name that

com.sap.mw.jco.rfc.MiddlewareRFC$Client

connect

SAP.Disconnect

SAP

With a class name that

com.sap.mw.jco.rfc.MiddlewareRFC$Client

disconnect

SAP.Reset

SAP

With a class name that

com.sap.mw.jco.rfc.MiddlewareRFC$Client

reset

SAP.CreateTID

SAP

With a class name that

com.sap.mw.jco.rfc.MiddlewareRFC$Client

createTID

SAP.ConfirmTID

SAP

With a class name that

com.sap.mw.jco.rfc.MiddlewareRFC$Client

confirmTID