分析を使用して、ブラウザ リクエスト イベント データを照会し、JavaScript 例外とエラーのサマリーダッシュボードを作成できます。

次の手順は、ブラウザ RUM の JavaScript エラーのレポートを設定して有効にしていて、イベントサービスに JavaScript エラーが存在することを前提としています。

ADQL を使用すると、エラーを検索してから、その結果を視覚化したグラフをカスタムダッシュボードにエクスポートできます。

  1. コントローラ UI の [Analytics] タブで、[Add] をクリックして Analytics Search ページにアクセスします。
  2. [Advanced] モードを選択し、次のクエリを入力します。
    SELECT scripterrordata.message, count(*) FROM browser_records WHERE scripterrordata.message IS NOT NULL。結果は、[Visualization] タブに次のように表示されます。
     
  3. 結果を可視化するグラフの種類を選択します。
  4. [Actions] メニューから、[Add to Dashboard] をクリックし、新しいダッシュボードを作成するか、既存のダッシュボードに追加します。
    これで、ラベルやその他のウィジェットおよびデータを使用して、必要に応じてダッシュボードをカスタマイズできます。

エラーをまとめてグループ化するために、scripterrordata.origin や pagename などの追加フィールドを利用することもできます。追加のフィールドは次のとおりです。

  • scripterrordata.linenumber
  • scripterrordata.origin
  • scripterrordata.timestamp