Works with: 

 

このページでは、Java および .NET アプリケーション用のトランザクション分析を設定する方法について説明します。Node.js および PHP アプリケーションについては、「Node.js および PHP アプリケーション用のトランザクション分析の設定」を参照してください。

はじめる前に

Java エージェントバージョン 4.5.15 以降/.NET エージェントバージョン 20.10 以降およびコントローラバージョン 4.5.16 以降を使用している場合は、トランザクション分析を設定するためにローカル分析エージェントは必要ありません。詳細については、「Analytics エージェントを使用しない分析の展開」を参照してください。 

他のすべてのアプリケーション エージェントとコントローラバージョンには、分析エージェントが必要です。必要なコンポーネントがインストールされ、設定されていることを確認するには、該当するマニュアルを参照してください。

トランザクション分析の設定

必要なアプリケーションごとにトランザクション分析を設定する必要があります。トランザクション分析の設定は、分析するアプリケーションと特定のビジネストランザクションを選択することで構成されます。 

トランザクション分析を設定するには、次のようにします。

  1. コントローラ UI で、上部のナビゲーションバーから次を選択します。Analytics.
  2. 左側のパネルで [ Configuration ] を選択します。 
  3. [Transaction Analytics - Configuration] タブに移動します。
  4. 左側のパネルからアプリケーションをチェックします。[Enable Analytics] をオンにすることにより、すべてのアプリケーションを選択または選択解除できます。[Applications] の上の検索ボックスを使用して、特定のアプリケーションを検索します。 
  5. アプリケーションを選択すると、右側のパネルでビジネストランザクションが開きます。デフォルトでは、[All Other Traffic], を除くすべてのビジネストランザクションが選択されています。モニタしないビジネストランザクションは選択解除することができます。パネルの右上にある検索ボックスを使用して、特定のビジネストランザクションを検索します。 
  6. [Save] をクリックします。 

トランザクション分析の自動有効化

バージョン 4.3.x 以降では、すべてのアプリケーションのトランザクション分析を自動的に有効にすることができます。[Enable Analytics for New Applications] の横のトグルをクリックします。このオプションは、All Other Traffic として分類されたビジネストランザクションを除き、すべての新しいアプリケーションと各アプリケーションのビジネストランザクションすべてのトランザクション分析を設定します。 

[Enable Analytics for New Applications] は、機能を選択した後に作成されたアプリケーションに適用されます。[Enabled Analytics for New Applications] を選択する前に作成したアプリケーションとビジネストランザクションの分析は手動で設定する必要があります。  

古いエージェントのトランザクション分析は手動で設定できます。[Transaction Analytics - Configuration] に移動し、目的のアプリケーションを見つけます。アプリケーションをオフにして再チェックし、ビジネストランザクションを選択します。

もう一度トグルをクリックすると、[Enable Analytics for New Applications] はオフになります。この機能がオフになると、トグルはグレーになります。 

トランザクション分析設定の編集

トランザクション分析からは、アプリケーションとビジネストランザクションをいつでも追加または削除できます。 

トランザクション分析設定を変更するには、[Transaction Analytics - Configuration] タブで目的のアプリケーションとビジネストランザクションを選択または選択解除します。

トランザクション分析への変更を元に戻すと、AppDynamics は以前の設定状態を保存します。たとえば、あるアプリケーションと 1 つの特定のビジネストランザクションのトランザクション分析を有効にするとします。後でそのアプリケーションのトランザクション分析を無効にしてから、後日再度有効にするとします。そのアプリケーションを再度有効にすると、最初に選択したビジネストランザクションが AppDynamics によって自動的に選択されます。

セキュリティの制限事項

分析管理者は、トランザクション分析のすべてのアプリケーションに対する完全なアクセス権を持っています。他のすべてのユーザは、RBAC 権限に基づいてアクセス可能なアプリケーションのみを表示できます。 

Analytics Dynamic Service は、JVM インスタンスが少なくとも 2 分間実行された後に、有効になっているアプリケーションのトランザクション分析をロードします。