このページでは、AppDynamics でのメトリックとグラフの概要について説明します。

AppDynamics は、モニタ対象システムのメトリックを経時的にレポートします。コントローラには、メトリックデータを可視化するさまざまなグラフやツールが用意されているため、アプリケーションのパフォーマンスを効果的に分析できます。

メトリック視覚化ツールについて

メトリックデータはコントローラの至るところに表示されますが、メトリックを検査する際はメトリックブラウザがメインのインターフェイスです。メトリックブラウザは、選択した期間に収集されたすべてのメトリック値を、展開可能なツリーとして表示します。 

このブラウザでは、メトリックをツリーからグラフにドラッグ&ドロップしてメトリックを比較したり、パターンを分析したりできます。

メトリックについて

AppDynamicsには、お使いのアプリケーションのパフォーマンスを反映するメトリックが豊富に用意されています。また、メトリックを一定の方法で拡張したり適合させたりすることも可能です。たとえば、インフォメーションポイントでは、メソッドパラメータや戻り値などのアプリケーションの値から収集されたデータに基づいてメトリックを作成することができます。また、パーセンタイルメトリックでは、ユーザーにとって有用な偏差点でメトリックを構成できます。

カスタムメトリックを使うことで、任意のアプリケーションパラメータからメトリックを作成できます。カスタムメトリックの詳細については、「拡張機能とカスタムメトリック」を参照してください。