コントローラは、AppDynamicsプラットフォームのセントラルコンポーネントです。イベントサービスなどの他のコンポーネントは、コントローラに接続され、表示されるメトリックをストリームします。Enterprise ConsoleのCustom Installオプションにより、新規のコントローラおよびイベントサービスを構成可能な方法でインストールできます。また、Custom Install を使用して、古いプラットフォームサービスを発見およびアップグレードすることもできます。

このページでは、Custom Installを使用したコントローラのインストール方法について説明します。コントローラをEnterprise Consoleを使用してインストールする前に、Enterprise Consoleが実行中であり、ホストマシンがコントローラの要件を満たしていることを確認してください。

GUIを使用してコントローラをインストールする場合、プラットフォームを同時に作成できます。コマンドラインを使用する場合は、コントローラをインストールする前にプラットフォームを作成する必要があります。詳細については、「Enterprise Consoleの管理」を参照してください。プラットフォームの使用をできるだけ早く開始する必要がある場合には、「Express Install」を参照してください。

GUIを使用したコントローラのインストール

Custom Installによる新規のコントローラ、HAペア、またはイベントサービスクラスタのインストールは、シンプルです。これにより、プラットフォームデプロイを自由に構成できます。

Enterprise Consoleをインストールした後、GUIでプラットフォームのインストールプロセスを完了できます。

  1. 開始する前に、Enterprise Console の前提条件を満たしていることを確認します。

  2. ブラウザを開き、GUIに移動します。

    http(s)://<hostname>:<port>

    デフォルトのポートは9191です。

  3. [Install] ホームページに移動して、[Custom Install] をクリックします。

  4. プラットフォームの名前とインストールパスを入力します。

    インストールパスは、すべてのプラットフォーム コンポーネントがインストールされる絶対パスです。プラットフォームに追加されたすべてのホストに同じパスが使用されます。既存の AppDynamics コンポーネントがインストールされていないパスを使用します。
    選択したパスは、書き込み可能である必要があります。すなわち、Enterprise Console をインストールしたユーザーに、そのフォルダへの書き込み権限がある必要があります。また、Enterprise Console で管理されるすべてのホストで同じパスが書き込み可能である必要があります。

    サンプルパス: /home/appduser/appdynamics/product

  5. ホストマシンの関連情報(ホスト名、ユーザ名、秘密キー)を入力して、ホストを追加します。ここにコントローラとイベントサービスがインストールされます。

    OpenSSH バージョン 7.8 以降では、生成される ssh キーは、Ed25519 を使用した OpenSSH 形式です。ただし、Enterprise Console では、古い pem 形式を使用して ssh キーがフォーマットされることを想定しています。

    認証情報とホストを追加する方法の詳細は、「Enterprise Consoleの管理」を参照してください。

    コントローラがWindowsマシンにインストールされる場合、Enterprise Consoleも同じマシンにインストールされている必要があります。これは、Enterprise ConsoleでWindowsホストがサポートされていないためです。

  6. コントローラのインストール:
    1. Install を選択します。
    2. ドロップダウンリストから、利用可能な対象バージョンを選択します。

      この一覧には、Enterprise Consoleで認識されるバージョンが含まれています。すなわち、Enterprise Consoleインストーラがこれらのバージョンに対して実行されていれば、コントローラを中間バージョンまたは最新バージョンにインストールできます。

    3. コントローラのプロファイルサイズを選択します。サイジング要件の詳細は、「コントローラシステム要件」を参照してください。
    4. コントローラプライマリホストを入力します。
    5. HAペアをインストールする場合、コントローラセカンダリホストを入力します。

      特にHAインストールの場合、Enterprise Consoleを個別の専用ホストにインストールすることが強く推奨されています。そのため、推奨されるHA設定では、3つのホストが必要になります。Enterprise Console とコントローラが同じホストにある場合、そのホストが利用できなくなると、Enterprise Console で他のコントローラにフェールオーバーできなくなります。
      HAペアは、後で設定できます。追加の設定要件と、初期インストール後のセカンダリコントローラの追加方法については、「高可用性デプロイの設定」を参照してください。
    6. オプション:テナンシーモードを入力します。
    7. Advancedで、HAペアの追加情報を入力します。
    8. 必要なユーザー名とパスワードを入力します。デフォルトのコントローラ管理ユーザー名は、adminです。

      この時点でコントローラをインストールしない場合でも、後から GUI で [Controller] ページに移動し、[Install Controller] をクリックして、いつでもインストールできます。
  7. イベントサービスのインストール:
    1. [Install] を選択します。
    2. イベントサービスのプロファイルサイズを選択します。サイジング要件の詳細は、「コントローラシステム要件」を参照してください。
    3. オプション:インストールおよびデータディレクトリを入力します。

      イベントサービスのインストールでインストールディレクトリやデータディレクトリを指定するする必要はありません。指定する場合、プラットフォームまたはmysqlデータディレクトリとは異なるディレクトリを使用してください。

    4. オプション:Elastic Search、REST API管理、REST API、およびユニキャストポートを入力します。
    5. Events Service Hostにイベントサービスホストを入力します。単一のイベントサービスノードか、3つ以上のノードで構成されるイベントサービスクラスタをデプロイできます。イベントサービスクラスタの最小サイズは、3つです。Events Serviceページから、後でいつでも追加できます。

      スケールアップされたイベントサービスを、後で設定できます。追加の設定要件と、埋め込みイベントサービスのスケールアップ方法は、「Linuxにおけるイベントサービスのインストール」を参照してください。
      その時点でイベントサービスをインストールしない場合、GUI で [Events Service] ページに移動し、[Install Events Service] をクリックすることで、後からいつでもインストールできます。
  8. [Install] をクリックします。

[Install] をクリックした後、[Jobs] ページでプラットフォーム作成ジョブのステータスをモニターリングできます。これには、Add Hosts、Controller Install、および Events Service Install ジョブが含まれます。Controller Install ジョブは、他の 2 つのジョブと比べて完了までに大幅に長い時間がかかることに注意してください。ジョブが正常に完了したら、プラットフォームのステータスチェック、コントローラの URL 取得、プラットフォーム構成の更新、およびサービスのライフサイクル管理を実行できます。

インストールされた高可用性コントローラは、Controllerページに表示されます。すべての高可用性ライフサイクル操作(起動、停止、アップグレード、フェイルオーバーなど)を、このページから実行できます。